アドバンテージ

朝一番で大河とクレアが友達の家に行った。今日は久々に仕事ができるぞ!という環境である。だけど、その後、ハワイから来たというファミリー3人がやって来た。なんでも、今度家を交換するのだそうだ。つまり家のファミリーがハワイに行く時に、その家に泊まらせていただき、そのファミリーが同時にウィスラーに来て家に泊まるということである。
このファミリーは2、3日前シャトーウィスラー(ホテル)で行われたイースターバニーの子供向けイベントでシャーリーが知り合ったファミリー。向こうも3歳の女の子がいるので世間話に花が咲いたのであろう。それなら今度、交換しようね、と話したに違いない。
リゾート気質とでも言うのだろうか、そのへんはとても気軽である。元々ウィスラーに住む人もそういった気軽に物事を動かすところもあるし、きっとハワイに住む人もそうであるに違いない。
実際会ったところとても良い印象の方たちで機会あればぜひハワイに行って、家をお借りしたいと思った。
午後は猛烈に執筆をした。1つの山を越えた感じ。この原稿は書けそうだ、という感触。ついでにもう1つの企画を考えた。このように1つの企画を考えると、自分の場合にはそのまま報酬につながるので、とても大事である。雑誌の仕事などはページなどで報酬が決まったりするのだが、例えば6ページ分の仕事を考えれば、それでもう日本にチケット代ぐらいは稼いでしまう。しかし、アイデアというのはなかなか出ないもので、また自分の場合にもイチローであることを心がけるから、難しいという面がある。
イチローというのは、ヒットを打つこと。自分が出したアイデアは、人気にしたいという使命感のようなものがあるから、アイデアもしっかりと練るのだ。
良いアイデアを出すコツは、やはり読者の立場を理解すること。だから、クラブを通じて一般スノーボーダーたちと接することは重要であるし、またトップ・ライダーの気持ちも理解していないといけない。以外にこういう立場の方は少ないようで、そのへんが自分の1つのアドバンテージにもなっている。さらに言えば、20年スノーボードをやっているのも強みで、歴史背景から現状で起きていることも分析できるところもアドバンテージだろう。
ともかく発信者は引き出しをいろいろ持っている方が良く、例えばお父さんで2人の子供がいて、カミさんがカナダ人というような立場も1つのアドバンテージになるのだ。さらに英語が話せて海外ライダーとも交流も持ち、一人でどんどん海外のイベント取材なども行えば、さらに仕事の幅を広くできる。
自分が恵まれているなあ、と思うのは、今、仕事上で付き合っている方々に可愛がってもらって育ててもらったこと。お返しができるように力をつけて行きたい、と思っているのだ。

企業買収時代を考える

金曜日はdmkクラブの飲み会があった。ウィスラークラブ員のタケシくんのおわかれ会、そしてこれから日本に行くトオルの激励もかねて。
土曜日は更新日。子育てもあるオレにとっては、かなり苦労の1日である。更新してから、メールマガジンを送る作業は、いつも夜遅くなってしまう。疲れていたせいか、どうも納得行く内容のものでなかった。
実を言うと、次回の更新ではビデオ批評ものをやろうと思ったのだが、その原稿が間に合わなかった。犯人は自分で、その批評座談会したテープをまだ文章に起こしていないので、とてもとても間に合わない。それで何かメイン的なコンテンツをやらなくちゃいかんと思い悩んだ。しかし、いいアイデアが出ない。そんな時、かなり興味深い情報が入った。残念ながら、今、この場で話すことはできない。内容の方は、今日のニュースで更新した買収の話。間違いないだろうけど、まだ今出すのはあまりにも危険だ。フライングになってしまう。
いつもニュースを更新するのは、30分ほどの作業になるが、今日はいろいろ調べることもあって、なんだかんだ言って、途中休憩を入れつつ、文章構成をして2時間以上掛かってしまった。世間の人は、「あんなに短い文章でずいぶん時間かけるね」と思うかもしれないが、実を言うと短くてさっぱりした文章ほど時間を掛けていることが多い。ちなみにドクタービーバーの文章だって、短い分、大変なんだよ。
さて、そのニュースを製作していたら、急に1つの企画が浮かんだのである。「緊急特集企画、プロ・スノーボーダーに捧げたい、企業買収時代に生き残る方法」なるもの。かなり大それたタイトルで、書ける自信はなかったが、書き始めるうちに筆は進んだ。まだ出せるものに仕上がるかどうかわからないけど、まあ自分の責任でやっているサイトだし、最後は「エイ、ヤー、出しちゃえ!」のごとく出してしまうに違いない。結構、そういう気分で出した原稿というのは意外に評判がいいので、今後の自分の執筆に期待したい。自分のことなのに、他人行儀のような言い方だがよくそういった心境になることが多い。雑誌の原稿にしても自分がこのライダーと仕事をしたら、どんなものになるのだろう?と期待しつつ、やったりするものだ。
今回のような原稿を作ると、いろいろ調べることも多い。それで戸棚の本をチェックしたり、だけど横道に反れて気付いたら関係ないことを調べている。そんな調べごとを楽しんでいたら、もう本日も寝る時間が近づき、今、慌てて日記を書いているわけである。
日記らしく、今日やったことを簡単にまとめておこう。
犬の散歩2回。子供の面倒、夕食の支度、掃除、執筆仕事。
天気は雨、時より晴れ間も。山の上は雪模様。
ちなみに今週はずっと里は雨、山は雪が続くようだ。

ダウン・ダウン・ダウン・・・

風邪は朝になって良くなった。昨日よりはかなり良くなっただろう。まだちょっとダルイ感じがしたが、毎週木曜日のウィスラークラブ活動へGO!
山はマイナス9度ということだったけど、風邪を引いているのでずいぶん寒く感じた。特に背中が寒くて、「うーん、ちょっと困った」。それでも、2時過ぎまで活動を行い下山。
ビレッジで温かいホットチョコを飲んだ後に家に帰った。
とても熱いお風呂にサブン。「フゥー」。まさにその一言に集約できる。
お風呂から出た後は5分ほど、ベッドの上で横たわったドデーン。
この後、タクミ坊やが現れて、借りていたDVDを返して、再び他のものを貸した。タクミは意外とビデオのチェックしていないようで、昨年のものも含めて借りて行った。
タクミというのは、こうしていろいろなところをウロチョロしているのだろう。ともかく、ウィスラーで一番顔が広いと思われる日本人だ。日本人に会って「タクミ知っている?」と聞けば、ほぼ100%に近い人が「知っている」と答えるだろう。そして、こうしてウロチョロした結果、まだ17歳、いや18歳だったかな?の坊やの脳みそには様々な情報が入って行く。プロ・スノーボーダーを目指しているのだが、別な方面でも活躍しそうなほど、動きは良い。
その後、夕食を作った後は一人で買い物へ。風邪薬を買いに行った。
夕食後、ソファーにグデン。このまま眠りの世界に行きそうだったが、「ニュースをアップしていない」ということで、最後の力を振り絞り更新作業。そして、今、日記を書いているのだが、まあ、こちらは自分勝手に書いているのでお気楽なもの。だけど、もうダウン、ダウン、ダウン・・・、です。

今日よりも明日は楽だろう

ああ、チキショー、風邪はもっと酷くなった。熱もある。体温計ないから何度かはわからないけど、あるのは確かだ。鼻水、くしゃみ、せき、頭痛、だるい、など風邪の症状すべてが出揃った。

だけど、ただグデーとテレビを見ていても風邪はどこにも行ってくれないようなので、午前中サクッと大河と山に行った。1日だとヘビーだけど、半日ぐらいなら返って体を動かした方がいいし、何より外の空気を吸いたい。

大河は今までにスキーへ5、6回行ったのかな。今日は記念すべき、ボーゲン完成の日となった。これで晴れてスピード・コントロールができてご機嫌だった。こちらで子供にハの字を伝えることを「ピザ」と言う。確かに日頃ピザを食べている子供たちは馴染み深く、ちょうどスキーの形がピザと同じだ。だけど、大河は普段ピザを食べないので、あまり効き目がなかった。結局「三角」という言葉でやっとのことで納得できたようだ。子供は話すよりも、ボディ・ランゲージと思ったから、何度もハの字を作る姿勢を伝えた。

スキーが終わると、オレと大河はいつものコーヒー屋へ。ここでクッキーとウィッピング・クリームが入ったホットチョコを飲むのが定番。普段、大河にはチョコレートとかアイスクリームを食べさせていないから、この甘い飲み物がとてつもなくおいしく感じるようだ。ホットチョコを飲んだ後は、ご機嫌な笑顔。

午後は1時間ほど昼寝。ちょっと体調が良くなった。だけど、今、夜になって調子はまた悪くなったけど。

ところで、今日のニュースは「やっぱり来たか!」という感じだった。クイックがロシを買収したというもの。以前、このようなニュース掲載にあたりロシ・サイドからクレームのようなご連絡をいただき、その後に謝罪のニュースも載せたことがある。その時は、何人かの業界関係者の方から、励ましのメッセージをいただいた。「フサキ、間違いなくそういう話は出ているよ。だから誤報でもないだろう」というコメントもあった。ただ、この時には「そういう話は出ているにしろ、きちんとメディアリリースが出ていないところで、これでロシに働く方にご迷惑をかけてしまった」と素直に反省もした。ちょっと先走った、という感じ。

ともかく、今回の買収でスノーボード業界はどう変わるのだろうか?と思う。
良い方向に考えると、クイックのライダーというのは、クイックのサポートもあり、大手全米メディアに登場したことがあったと思う。例えば、トッド・リチャーズの伝記本は普通の本屋さんで並べられたし、スケート界の大御所であるトニー・ホークはグラミー賞のプレゼンテーターもやっていた。もちろん彼らはその世界で大活躍したということは何よりの力だろうが、大手ブランドのクイックがサポートについたことも大きいだろう。例えば、トッドにしてもクイックから伝記的なムービーを出した、ということも聞いたことがあるし。このような流れで、今後、ロシのライダーもどんどん大手メディアに登場し、スノーボードが多くの人にさらに認知されるチャンスに恵まれる可能性もあるのだ。

それにしても買収額は320ミリオン・ドルということで、その企業価値はかなり高かったと思う。dmkの会社の価値はいくらだろう?なんて考えてしまった。2、3ミリオンでも売れるなら売ってみたいね。そうしたらそのお金で一生遊んで暮らせるなんて不純なことを考えたりして。まあ、オレはまだまだアマちゃんだから、ダメだろうね。dmkの価値観もビジネス的に見て、まだまだ小さい。日々、勉強することが多すぎる。その度に自分の存在が思っていたよりも小さいもののように思えて来るのだ。だけど、クラブとかやっていると、みんなの笑顔が最高のご褒美だね。変な話だけど、このような笑顔に囲まれて死んだら、人間というのは幸せかもしれないなあ。

さてさて、明日はクラブ活動。なんとか風邪を治さなければ。きっと今日よりは明日は楽だろう。そんな気がする。自分が楽しませないと、相手を喜ばす貯金はないからね。何より、自分が元気にならないと、と思うのだ。

松井は偉い

チキショー、風邪をひいた。かなり気をつけていたが、結局、家族全員全滅か。今日から大河も鼻水を垂らしている。

午前中は大河の友達が来て、4人もの子供たちが来た。ウチのと合わせて6名の子供がいて賑やかである。今日は天気もいいし、雪も最高ということで、スノーボーダーなら山に行くべき日であったが、体調も悪いし、シャーリーも大変そうだったので、子供たちの面倒をすることにした。

この子供たちを見る行事(?)は、シャーリーの友達仲間が基点になっている。同じ職場のママさんが同年代の子供たちを順番に見るというもの。例えば、今週、家に他の友達2名が来たら、来週と再来週は大河をその家に預かってもらえるもの。ちょっとした保育園のようになる。子供たちも大きくなって、みんなプレ・スクールやデイ・ケア(どちらも保育園のような準備学校のようなもの)に行くようになり、この集まりは消滅したが、今週から春休みになり学校もないので復活したのだ。そして、不思議なことに3家族でそのまま2人目の子供がいて、つまり今日は6人の子供を見る日となったのである。

チビッコ・ギャング団たちが家で暴れた後には、外へ散歩。その後はみんなにホットドックをつくってあげた。泣いたりはしゃいだり、いろいろあったが、お昼にはみんな家に帰って行ったのである。

ところで、今日はイースターなのだ。よくその意味はわからないけど、茹でた卵に絵を描いている、不思議なイベントだ。それって確か隠したりするのだけど、子供たちはシャーリーから、そのカラーリングされたりステッカーが貼られた茹で卵をお土産に持って帰った。

シャーリーといのは、イベントはきちんとやるタイプで、こういうことに抜かりはない。ハロウインだの、クリスマスなど、かなり気合いを入れて準備をする。気質が下町の不良と似ている。ウチの地元でも、高校などはろくに行かない仲間が多かったが、お祭りなどにはきちんと参加するし、また同窓会などあっても必ず参加する。

そうそう、午前中には突然、タクミ坊やが現れた。前に日記にも登場したウィスラーの高校に行くスノーボーダー。dmkの有望株だ。浪人のDVDを借りに来たのだが、もうすでに山に行ったと言うのだ。「あれ、天気も雪もいいのに、なんでこんなに早く降りたの?」と聞いたら、今年一番の混雑だったということ。ここのところのウィスラーは季節外れの雪が到来で、なんと1週間の間に86センチの積雪量があったのである。だから、この時とばかりにバンクーバーからスキーヤー、スノーボーダーたちが押し寄せて来たようだ。不景気で泣きが入っていたウィスラーも、これで少しは潤うだろう。何人来たのかはわからないけど、例えばリフト券が一人あたり60ドルから70ドル。食事など考えて、一人が落とす料金は100ドル。お客さんが500人増えたら、50000ドルか。適当な計算かもしれないけど、雪が降ることにより、ウィスラーは1日で500万円の売り上げ高になるのかも? いや、もっとかな? まさにスキー場経営はギャンブルだよね。

午後これから、夕食を作ろうという時には、ハジメとクラブ員のアヤちゃんが来た。アヤちゃんが、リルのビデオを借りに来たのだ。日本ガールズの腕前をチェックしたいのかな?
このビデオに関しては、いろいろな意見は出ているが、間違いなく売れている。だから、ユキエちゃんの手腕というのも大したものだ。ただ、いろいろな意味で、これからがリルの正念場だと、オレは考えている。

この風邪、明日はどうなっているのだろう。少しはまともになるのか、このままさらに悪くなるのか。昨日から調子悪くなったから、今日で2日目になる。明日はちょっと良い感じがするけどなあ。ともかく、明後日はクラブ活動だし、それまでに体調をバッチリ・カムバックさせたい。唐突だけど、ヤンキースの松井は偉いねえ。巨人時代から一度も試合を休んでいないからね。その体調に対する気配りは、世界でも超一流だろう。ちなみに、オレはプロ野球選手では、松井が一番好き。レッドソックス戦での活躍はシビれるね。

季節外れの大雪

朝起きたらビックリ。なんと家の前にヒザ下まで降り積もった雪があったのだ。ここ最近、ウィスラーはまったく降らなくて、本格的なバッド・スノー・イヤーになったなあ、と思っていたら、見事に良い方向で期待を裏切った。これから火曜日までは雨や雪ということだから、間違いなく上では雪だろう。これはかなり積もりそうだ。本当に良かった。

昨日は日記を書いていなかったけど、毎度のことながら更新作業で目が疲れてしまった。疲れれば体調も悪くなり、能率的な仕事もできないし、良いアイデアも出ないから、すぐに寝てしまう。

人というのは疲れると、不機嫌になる。不機嫌になると些細なことで怒るようになる。怒ると問題を起こす。よけいに非経済的になる。

元気だとたくさん仕事ができる。しかも良い仕事ができる。だから潔く疲れていたら仕事を休むのだ。

だけど、これはオレのような自由業だけに与えられた特権だろう。前に大日本印刷に就職していた時は、熱が出ても仕事に行ったちほぼ毎日寝不足だった。だから、今、日本で仕事している苦労は多少なりともわかる。

ただ、オレのような仕事でも本当に逃げれらない辛い時はある。確かあれは一昨年か3年前のスノーボード・キャンプだろう。オレのキャンプで40名以上ものキャンパーが集まってくれて。だけど、インフルエンザで体調を壊し、初日の晩にトイレで吐きまくり、ほとんど死人のような心境で翌日コーチを行った。体調の悪いことはかなり隠せたと思うけど、あの時は辛かったなあ。

その帰りの時、ウチでコーチングなどもしてもらっている青木宴会部長から、いろいろ体にいい食べ物など教えてもらった。そう、あの時からキムチ、ゴマをよく食べるようになった。今ではほとんど毎日食べているものだ。忙しい撮影期間中の朝には、温かいご飯にまずはおいしい生卵(卵はいつも一番高い良質のものを買っている)をぶっかけて納豆、キムチ、ゴマを混ぜたものを入れるのだ。これでどんなに食欲が弱い朝でも、おいしく朝食をいただける。

シャーリーは午後から仕事なので、午後から子供の面倒。いつもならシャーリーはチャリンコで職場まで行くのだが、今日はガッツリ雪が降ったので、車を持って行かれてしまった。買い物はいけないので、潔くあるもので食うしかないし、近所にいるしかない。

ただ、今日はクレアちゃんがシャーリーの風邪を移されて体調を悪くした。だけどこの子の特徴で風邪を引いてもそれほどムズがったりしない。昼寝から起きた後には、ただオレのヒザの上でグデンとしている感じ。あまり散歩をする気も起きない天気だったので、しばらくそのまま大河も含めてテレビを見ていた。今日は「ポチタマ」がやっていたのだ。まあ、暇つぶりしはいい番組だ。

だけど、この日本語チャンネルの番組チョイス方法というのはどういったものなのだろう。まず主体はNHK番組で9割以上。だけど、ポチタマやどっちの料理ショー、ドラマ相棒のように、NHK以外の番組もやっているようである。自分もよくわからないけど、この番組はNHKでないよね? 欲を言えば、もっと民放のおもしろい番組も見れるといいんだけどなあ。まっ、ウィスラーにいながら日本の番組が見れる、というのもありがたいことだけど。ニュースは生放送だし。

夕方から夜にかけて雨になってしまったけど、山では確実に雪だろう。そして、これから冷え込めばまた里にも雪が降るに違いない。これから改めてウィスラーのシーズンが再スタートかな!?

オレ流生きるヒント!ってなものでもないけど

チキショー、なかなか仕事が進まんなあ。ウエブの最低限やらなくてはいけない、メールの返答や更新だけでいっぱいいっぱいである。ベビーシッターの方にお願いして、もっと時間を作る必要があるぞ。
昨日は朝からルーブとウィスラークラブ員たちの撮影。
その後は大河とサッカーをして、お風呂。さらに夕食をかねたミーティングがあり、2杯のビールしか飲んでないのに、かなり疲れて眠たくなってしまって、気付いたら大河のベッドで寝ていた。だから日記やお休み。
そして、今日。朝からいろいろ用事などがあり、午後は子供が昼寝していた2時間ほど仕事。また夜子供を寝かした夜8時過ぎから仕事である。
改めて考えるのだけど、子供が小さいとずいぶんと時間が取られるなあ。そして知らない間にエネルギーも取られる。こうして夫婦の関係もどんどんドライになるので、ベビーシッターにお願いしても、もっとシャーリーと散歩したり、映画したり、という時間を作っていかないといけない、と思う。
最近、本や人などからいろいろと人間の心理やコミュニケーションといったことを学んでいる(と言うほどのレベルでもないけど)のだけど、誰かに1つのネガティブなことを伝えないといけない時には、あと4つポジティブなことを伝えないといけないそうだ。例えば、オレが子供に「お前はここがけしからん。こうしないとダメだよ」と言ったところで、あと4つポジティブなこと「お前のやっていることは素晴らしいし感謝している」と褒めないと聞く耳を持てない、ということだ。
確かに人間は褒められると気持ちいいし、そういったところでパワーが沸くと思う。早速、コーチングでも活用したい、と思ったのだけど、結構、そうやっていたようにも思える。ただ、子供やスタッフにはどうかな?と思った時、やっていなかったなあ、と思うのだ。まあ、その人によってもよりけりだと思うが、この人を褒めたり指摘したりする方法は、今後活用していきたい。
さらにもう1つ生きるヒントを知ったので、伝えよう。
人間は常に罪悪感に苛めるが、その罪悪感をきちんと消す方法を探しておかないといけない、と。例えば、オレが何か大事なことをやっている時や忙しい時に大河が「お父さん見て、僕こんなに偉いことやったよ」と言いに来る。だけど、そういったことを見ていられない状態だから、「今は見れないよ」ということになるのだが、そこでちょっとした罪悪感が出る。だから、きちんとそのへんをフォローするようなことをやっておかない、といけないと。
仕事でも同じだと思う。せっかく撮影の仕事をいただいてもちょうど他の仕事などや大事な家庭の用事とバッティングしていたら「すみません」と断るしかない。だけど、そこで罪悪感が残ってしまうから、しっかりとそのフォローすることをやっておかないといけないのだ。その方法は様々あるのだが、例えば何かメールを出す時に「先日はせっかくいただいた仕事ができなくてすみませんでした。次回こそぜひ頑張ります!」というようなことを伝えたら、いいと思う。直接、会った時に伝えるのもいいだろう。
これに付随するような話で、自分がここ2、3年ずっと続けていることは、年賀状は必ず手書きで、一人ひとりに違った感謝の言葉を伝えること。まあ、時間を置いて改まって言葉で伝えるのは照れくさいし、こうして年賀状を利用して(言葉は悪いけど)、きちんと感謝の念を伝えるのだ。大したことでないかもしれないけど、こういったことがスノーボード不況時代で、毎年きちんと仕事をいただいている要因なのかもしれない。
まっ、基本的にはこの業界、実力がなければ生き残れない、と思い、常に勉強しているわけだが。というか、フサキと付き合っていたら何かおもしろいことが起きそうだなあ、と思われたいし、オレ自身、良い意味で人を驚かすのは大好きなのである。すぐに往来の観念にハマッてしまう自分もいるけど、常に新しいものを発信する努力や考えを持とう、としている。