Category: コラム

【コラム】地域育成とナショナルチームとの関係強化を!

 

Text: Fusaki IIDA

先日、『キングスレイーズ押部氏がSAJに怒り爆発!』という記事を上げたところ、フェイスブックからのリーチが2万を超えました。この記事の注目度を伺わすハイ・アクセス数です。

一方、「いいね!」をした方は、200人ほどに留まり、押部氏の意見に賛同しているのかどうか、この数字から読み取れませんが、注目は高いことは確かだし、SAJに対して否定的な方も少ないように感じました。
実際、DMKのフェイスブックの書き込みには、「SAJの資金を選手達に、分配するべきです。」というご意見が寄せられました。

news150918e
(地域育成現場から、将来のヒーローが飛び立つ!だからこそ、もっとコミュニケーションが大切だ。)

ただ、僕が長年聞いたSAJの予算というのは、常にキツキツの中でやっているという印象があります。
ナショナルチームというコーチの方の報酬もあまり良いイメージはなく、まさにコーチをしたい!という情熱でやっている方が多かったように思います。

また、こんな話も聞いたことがあります。あるSAJの役員さんは、スノーボード大会の普及のため、自腹のような形で大会を開いていると。
もし、それが本当なら、これも苦労された話です。協会からはスノーボード普及となる大会費用などなかなか出ない。でも、ナショナルチームは作らないといけないので、大会を開かなければならない。そこで、お偉いさんが自腹を切ってやったということだから。

以上の噂のような話から察するに、SAJというのは苦労しながら活動しているのが現状だと思います。

考えてみれば、今や国民の大人気のなでしこジャパンでさえ、選手は前回ワールドカップでエコノミークラスで向かったということだから、ウィンターのような協会になかなか資金が回るハズがないのかもかもしれません。

>>>> 続きを読む

【コラム】若い時の経験が役に立つ

 

Story: Fusaki IIDA

Burtonの広告でマーク・ソラーズの写真を使われる度に、あの時の経験が役に立っているな、ということを思い出します。

news150905c

この長髪の男の人。Butonの広告ではお馴染みでしょ!
自分が今、最も好きなプロ・ライダーの一人、マーク・ソラーズ。
地球上で五本指に入るお気に入りライダーかな。

>>>> 続きを読む

【コラム】今季さらなるスロープスタイル進化はあるのか!前人未到の角野友基の神ランを振り返る

 

Story: Fusaki IIDA

ニュージーランドではワールドカップが開幕し、オーストラリアでは世界のトップ・ライダーたちが集結したザ・マイル・ファイルが開催された。南半球では、一足早くスノーボード大会の戦線火蓋は切って落とされた。

現在のスノーボードのコンペティション・シーンにおいて、スロープスタイルほど熱い種目はないかもしれない。
同じフリースタイル競技であるハーフパイプも魅力的だし、トリック進化は見られるが、スロープスタイルの進化の方が激しく感じるのだ。
まして、スロープスタイルはビデオスターたちの宝庫で、映像で活躍するトップライダーがそのまま競技という面でも活躍するところが嬉しい。

例えば、ビデオと競技両方で活躍する選手となるとざっとこんな感じだ。

ステール・サンドベック
マーク・マクモリス
トースタイン・ホグモ
セバスチャン・トータント

など。

こういう傾向は、他のスノーボードの競技ではなくなって来ている特徴である。
(注:ここではスロープとビッグエアーに出ている選手がほぼ同じであり、また同じような環境であることもあるので、ビッグエアーもスロープという仲間で語らせていただく。)

>>>> 続きを読む

【動画】世界最強ノースポンサーライダー アンドレのキャブ1080

 

世界最強ノースポンサー・ライダーとも言われるアンドレ・ベノワのキャブ1080インディが、DMK GLOBAL TVからアップ!

【コラム】スポンサーを自ら解放した男

文:飯田房貴

スノーボード界を20年以上見て来たが、自らスポンサーを解消し、ここまでスノーボードに取り組む男を見たことがない。
ここの動画で紹介するアンドレ・ベノワだ。

彼を知ったのは、もう10年以上も前に遡るだろう。
当時、アンドレはまだスポンサーとか気にしてた。スポンサーが求めるバックカントリー撮影も経験していた。
だけど、すでにアンドレは、こんなことを言っていた。

「撮影はかったるい。待ち時間が多くて、スノーボーディングができない。」

この言葉は、ハッとさせられる。
確かに撮影のためのスノーボードというのは、ある種のナンセンスな行為だ。プロ・スノーボーダーと撮影者は、画作りのための共同ワークをしていて、そこに僕たちがイメージするスノーボーディングというのはあまりない。だいたい2秒から8秒ほどの間の画のために、何分、いや何時間も掛けて写真なり映像を残す作業をしているのだ。まさにそれは仕事と言えるだろう。

>>>> 続きを読む

【コラム】彼女は五輪に出ていなかった

文:飯田房貴

鬼塚雅が、世界選手権で最年少の優勝を遂げて、様々なテレビ番組などで取り上げられています。それは嬉しいことなんだけど、複雑な気持ちは僕だけではないのではないでしょうか?・・・。

news150211e
(世界選手権での金メダルに、テレビや新聞に引っ張りだこの鬼塚選手。それは嬉しいけど・・・、なぜ五輪に出させなかったんだ!って考えるのは、僕だけじゃないよね?)

忘れてはいけないのは、彼女はオリンピックに出ていなかったということだよね。

>>>> 続きを読む

【コラム】バートンある意味で冷たくもカッコいいかな

news150130i

文:飯田房貴

昨日ニュースをアップしていて思ったのだけど、ジェレミー・ジョーンズがスポンサードを失ったということを聞いてビックリしました。
えっ、まさかバートン!?
と思いつつ、バートンのサイトを見ると、確かにジェレミーの名前がありませんでした。

一瞬、バートン、「冷たくないか?」とも思ってしまいました。

>>>> 続きを読む

【コラム】見たかアメリカ・ファン!角野下馬評覆す活躍!!

文:飯田房貴

X Games、花形種目とも言われるハーフパイプではショーン・ホワイトが登場し、大きな話題となったが、あまりトリックの進化は見られなかった。むしろ、ダニー・デービスのいぶし銀のテクニックが光り、回転数以上にそのスタイリッシュさに評価が高まったように思う。
一方、ビッグエアーの方は、さらに回転数が高まり、そのトリック進化が見られた。自分的には、パイプで平岡卓の活躍っぷりに嬉しく思ったが、単純に競技のバトルとしては、ビッグエアーの方が熱かったように思う。

ちょっと前までのセバスチャン・トータント、チャズ・グレデモンドなどはもうダメなのだろうか。否、そんなことはあるまい。他の選手の進化が高まり、さらに激戦になっているのだ。

以下の画像をご覧ください!

news150124m

これはX-Gamesを視聴していた主にはアメリカのファン投票による、誰が優勝するか直前の結果だ。

ここでは、マーク・マクモリスが筆頭で50%の支持、2番目にトースタイン・ホグモが来ている。
続いて、ステール・サンドベックとマックス・パロットが並んでいて、この中で角野は一番下の評価。優勝する確率は5%と思われていた。

ところがどうだい!見事な結果、銅メダル。
この進化したビッグエアー激戦の中で見事に結果を残しているのだ。
下馬評覆す角野の活躍、おもわず「あっぱれ!」と叫んでいるのは自分だけではあるまい。

先日の世界選手権の鬼塚雅の優勝といい、日本のスノーボード界はますます楽しみな展開になって来た!

 

 

【コラム】レギュラーとグーフィの決め方は存在するのか?

news150117f

初心者のスノーボードのレッスンをしていると、よーくスタンスで悩む人がいます。

つまり、自分が左足が前足に来るレギュラースタンスなのか。
右足が前足に来るグーフィスタンスなのか。

それで、片足スケーティングのレッスン中に左足から右足、もしくは右足から左足に変えたりする人がいます。

>>>> 続きを読む

【コラム】スノーボード・ムービーの現代的な予告編の考え方

文:飯田房貴

この時期になって、またまた頻繁的にスノーボード・ムービーの予告編が増えて来ています。
でも、ここ2、3年間の中ではおとなしいような印象も受けます。

かつてスノーボード・ムービーの王道を歩んでいたマックダウ、スタンダード・フィルムをはじめ、多くのフィルム・クルーが撤退したし、また作品数も減って来ているのだと思います。

撤退クルー組の大きな理由は、スノーボードのビデオ作品が、かつてのVHS & DVD売上全盛時代のように収益が生まれ難いから。
自分のウィスラーの知り合いのフィルマーも、結婚を機にフィルマー(撮影者)&エディター(編集者)の仕事を辞めました。世界的に販売していたフィルム・クルーだったから、ある程度の収益はあったのだろうけど、将来を考えた場合、好きな気持ちだけではやってられない、ということだったのだと思います。

ともかく、こんな厳しいスノーボード・ムービーの世界なんですが、今日は僕なりに現代的な予告編の考え方というのを提案したいと思います。
まず現代のスノーボード業界を考えた場合、二層に向けたビジネスから外せません。特に日本は!
このことは僕がカナダに20年以上住んだ後、1年間日本で過ごして来て感じたことです。

この業界は、独りよがりなところがあります。

>>>> 続きを読む

【コラム】日刊ゲンダイのお粗末な茶番スノボニュース

文:飯田房貴

またまた、出てしまいました!日刊ゲンダイのお粗末な茶番スノボニュース。『大麻栽培で逮捕 元スノボ王者の悲しき転落人生』。
以下、リンク。

http://nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/151190/1

news140623d

記事の内容を拝見すると、元スノボ王者であった石橋一さん。その職業であるプロ・スノーボーダーというものは、賞金で稼ぐことは難しく、スノーボーダーの生活は過酷というもの。

確かに、プロ・スノーボーダーが生きていきためには大変なんだけど、その切り口がお粗末。
一部のプロ大会シリーズに焦点を当てて、それがあたかもプロ・ライダーのすべてというふうに伝えているのです。

>>>> 続きを読む

【コラム】立ち位置を考える

文:飯田房貴

今回は、これからライダーを目指す人。
もしかしたら、学生さん、若い社会人の方にも良いアドバイスかな?ということを書いてみたいと思います。

news140527b

先日、バラエティ番組を見ていたところ、元プロレスラーの佐々木健介に対して、あるお笑い芸人が、

「健介さんって、結局、具志堅さんみたいな立ち位置ですよね」

ということを言っていました。

なるほど、確かに芸能界にも立ち位置というのがあって、キャラがかぶれば出演できないこともあったり、逆に個性的なキャラを確立して自分の立ち位置をしっかりとキープができる芸人さんもいるのだろうな、ってことを思いました。そして、これはスノーボードの世界でも同じことが当てはまるということを思いました。

>>>> 続きを読む

【コラム】スノーボード・バブル

文:飯田房貴

みなさんは、スノーボード・バブルという言葉を知っているだろうか?

よくよく考えてみれば、これは僕が言い出したことかもしれないのだけど。あの狂騒の時代。僕は、そう呼んでいる。
きっとあの時代を経験した方なら、この言い方、許してもらえるだろうし、そもそも自分だけが「スノーボード・バブル」と呼んでいたのではなく、他にも呼んでいた方がいたか、と思う。

news140517e

ご存知、80年代後半のバブル時代。
僕も高校生の時、渋谷までディスコに行って踊って、帰りのタクシーをつかまえるのに大変だった思いがある。
お金のあるサラリーマンたちは、1万円札をタクシーの運チャンに見せびらかして、タクシーを停めていた。

テレビ番組では、8時だよ全員集合が終わり、オレたちひょうきん族が台頭。お笑いブームがやって来て、ツービートやB&Bらが大活躍。当時のお笑いタレントは、相当羽振りが良かったと聞く。

どっかのお金持ちが、世界中の絵画を買い漁り。土地で大儲けした人は、どんどんスキー場を建設。田舎の土地をリゾート化してさらに土地代を上げて、まさにバブリー。そのおじさんは苗場の上空から舞い降りて、カーペットで誘導されていた。

それが、91年から93年の頃になると、ドッカーン!と大爆発。まさにバブルが弾け飛んだ。
銀行がつぶれて、土下座して謝るオジサンがいて、銀行には人だかりで大混乱。

まさにそんな時、バブルの波をも弾け飛ばす勢いで上がって来たのが、スノーボードだ。
92年~95年だったかと思う。

>>>> 続きを読む