るるぶ

ガイド雑誌としては有名だろう「るるぶ」が送られて来た。
基本的にオレはどんな仕事でも拒まずという姿勢だから、来たものは何でも受けるのである。それでこのような仕事もその一環でスノーボード以外の仕事と言える。まあ、一応、ライターでフォトグラファーでもあるのだから、このような仕事をしてあたり前だ。

この雑誌、かなり情報も多いし、スノーボード雑誌でよくやるウィスラー・ビレッジ紹介もの以上に、しっかりと細かい情報が掲載されている。もちろん編集からもそういった厳しい要求が来るので、この仕事をするたびに鍛えられることも多い。

ただ、このような雑誌は、自分の主観をかなり消されるのでつまらないとも言える。あたり前のことだけど、ここに「フサキ節」とか「フサキ的なスタイル」というものは存在しない。まあ、こういった自分のスタイルを消した時に、自分がどれだけプロフェッショナルな執筆ワークができるのか、という実験はできるので、そういった意味では感謝かな。

どんなメディアにも言えることだけど、その内容を決めるのはある意味、受信者とも言える。
例えば、あまりよけいな主観が入ったコメントを聞きたくないという人はNHKのニュースを見るだろうし、きちんとそのニュースの意味や背景もわかっておきたいという人は民放のニュース番組を参考にするだろうし、さらにニュースにくわしくない方は日曜日の朝にやっているような番組を楽しんでいる人もいるだろう。

自分なんかはそのレポーターの主観がいろいろ入った方が好きだ。そもそもNHKが言う公平な報道というのも怪しいものだ。公平を目指すということならいいけど、人間は絶対に確かな公平の報道など無理である。そういった意味では、NHKは何かおごっているというふうにも言える。このことを教えてくれたのは、養老孟司という人。みんなもこの人の「バカの壁」という本のタイトルを見た方もいるのでは? かなり売れたベストセラーだと思う。ちょっと話は外れるが、買って損はないと思う。

新聞なんかでは一般誌よりも、夕刊フジとかの方が主観的。こちらはどちらかという右だろう。愛国心旺盛の記事は多いし、石原慎太郎が好きなような感じである。逆に左なのはみんなもご存知の朝日新聞。こちらの方は社会党のような(?)誌面作りだ。
この夕刊フジというのは、MLBのニュースでもその記者の独断の慣性たっぷりでおもしろい。その取材背景などもちょっと披露していることもあり、親しみが沸く内容になっている。

ウチのサイトのニュースでもなるべく広いニュースをお伝えしたいと思っているが、何せ人不足。メディアリリースと言ってメーカーさんやショップなどからいただく情報。または日本にいるミノルから来る情報の他には、ほとんど自分が調べて来るニュースだからメチャクチャに偏っている。だけど、まあ自分で感じたことを正直に伝えるので、いいかな、とも思っているのだけど。自分が思ったことを書いているのは紛れもない事実。その内容をどう取るかは、受信者の判断なのだ。

ちなみに最近のニュースでよく買収の話とか、メーカーの経営状況などの話があるは、あの文章を書くのは結構時間が掛かる作業だ。たかがニュースなのに調べるために2時間ぐらい掛かることもある。その一方でいただいた情報をホイホイと載せて10分ぐらいでアップできるものもあるのだけど。

なんだか、「るるぶ」の話題からいろいろ飛んでいるけど、
以上、自分はその人の主観がたっぷり入った原稿の方が好きという話でした。
その人を信用するなり、好きになるなりして、原稿を読む方が楽しいかな、と。

dmkクラブ

日中、クラブ活動3連チャン目があったので、ちょっと疲れた。滑ると太ももが疲れて、その後、PC仕事をすると腰が疲れるのである。あまり無理するといけないので、今日はそろそろ仕事を終えようと思っている。さっき、今週のメイン・コンテンツであるクラブ活動も更新したし。

更新していて思ったのは、「dmkクラブって、ずいぶん楽しそうな大きな団体だなあ」ということ。最初にdmkクラブを始めた時には、今、現実にやっている活動を想像することができなかった。なんとなくこの楽しい気持ちが他の人にも伝わったらなあ、と思っていたけれど。現実、自分で始めたことが、ここまで成長していると何か客観視してしまったりする。

このクラブの不思議な気風は、いつの間にかただのクラブ員がスタッフになっているところ。「えっ、書くの好きなの? じゃあ、今度レポート書いてよ」という展開なるし、「えっ、写真撮ってくれるの? じゃあ、今度撮影係りになってね?」となっているし、「えっ、チューンナップ好きなの? じゃあ、今度ワックス講習会をやってよ」ということで、どんどんといつの間にか、オレでも知らないところでスタッフが増えているのだ。

人間というのは好きなことは極めようとするし、また極めて行けばそれを伝えたくなるもの。dmkクラブは、うまくそういったことが働いていて、みんなでクラブを作って行こう!という雰囲気である。
まあ、オレがウエルカム気質で来る者拒まず。やりたいなら、ぜひやってみてよ!という口なので、そういった気風が生まれたのかもしれない。

dmkクラブというのは、今までいろいろな方のサポートがあり、ここまで来ている。そして現在も様々なキーパーソンがいることで成り立っている。しかし、ムラッチョに会えたことは機縁だったと思うし、今、実質クラブを動かす牽引役となっているアヤちゃんを紹介してもらったことは本当に幸運だったと思う。

今の活動内容はアヤちゃんがどんどん率先して動き、ムラッチョがdmkというものを完全に理解してくれて見えないところで大きなサポートをしてくれている。まさしく、dmkにとってはなくてはならない2人なのだが、初めて2人に会った時に今のような展開は想像できなかった。

というのもムラッチョは中学の同級生でその後、近所の銭湯に行った仲。お互い社会人になっても銭湯でいろいろなことを毎日語り合っていたという仲なのだ。

アヤちゃんはムラッチョの高校の後輩で、フサキに紹介したいということで知り合った。もちろん男女としての関係ではなく、アウトドア系の2人はまさに合うと思ったのであろう。
アヤちゃんは車とかガンガン運転する男のような女の子で、さらに海外にもどんどん一人で行くというところで凄いエネルギッシュに感じた。だけど、今のようにクラブをガッツリ動かせる子であるとは、当時思いもしなかった。
また10年近く後に、dmkクラブがここまで大きくなってずっと活動を続けているということも想像できなかったのも事実である。

ムラッチョとアヤちゃんの好きなところは物怖じをしないこと。これはオレにも言えることかもしれないが、オレたちは目の前にどれほどの有名人がいたとしても、普通に会話をするような気がする。もちろん、そこにはトキメキとか、ミーハー心が出ることも考えられるが、それ以上にどれだけ肩書きである人間であろうと、きちんとその人をしっかりと見つめるような気がするのだ。だから、ナショチ・コーチという大きな肩書きを持ったワタキチもオレたちの気質を見て、自然な感覚で仲良く付き合ってくれていると思う。

オレのウィスラーの知り合いでソンベという韓国人がいるのだが、彼は冬のソナタに出てくる主演女優のチェ・ジウさんとも親交がある。それで結婚式には、お祝いをいただいたということだ。そして、その主演男優であるペ・ヨンジュンさんはスノーボードが好きということなので「今度、ツアーをやりたいね」と話した。ペ・ヨンジュンさんに教わる40代以上の女性限定ウィスラー・ツアー。初心者の女性をペ・ヨンジュンさんが救う姿はまさに感動!? もう、これは史上最高のプレミア・ツアーになることは間違いない。

もちろんこのツアーを行うためには、様々な大きなハードルがあるだろうが、もしこういったツアーが行った時にも、物怖じせずにやってしまうのがムラッチョ&アヤちゃんだと思うのである。

dmkクラブは、大きくすることを目的としていないが、これからも徐々にスノーボードの楽しさを広げる団体に成長して行ってくれたら、と思う。そして、このクラブが楽しさの他にもちょっとした人生のカンフル剤のようなものになれば嬉しい。

いきなり大きくなったものはモロいと思うので、成長はゆっくりでいい。毎年、反省すべきことは反省し、徐々に活動の域を広げて行く。そうして、自分は死ぬまでこの活動に携わって行けたら、素敵な人生になるような気がするのだ。

(写真はdmkクラブの昨日の活動日に撮影した記念撮影)

英文

最近、nomisのスタッフとよくメールしているので、英文がちょっと上達したような気がする。小さい会社というイメージであるが、いろいろ担当者の方がいるのだ。代表のマットに、ライダー担当のマーク、さらにデザイン担当かなのジェイミーにその他、メディア・リリースを送るマーリーなんてのもいる。それらの方と頻繁にメールしていているのである。
最近やっとのことでライダーを把握したところだけど、今度はきちんとスタッフの内容を把握しとかないと。
だけど、このスタッフってdmkのように普段は違う仕事をやっている方もいるのかな。ウチなんかも本当に普段の仕事はいろいろだから。
ウエブ全般をやって来たヒロミちゃんはマイクロソフト、ビデオ製作でウエブのデザイン系さらにはいろいろアドバイスを送ってくれるアキはビデオ編集&ウエブ製作会社、ミノルはムラサキにいて、あと最近PCのいろいろフォローしているケイくんもコンピュター関係。まあ、普段はみんな違った仕事をして生計を立てていて、dmkも手伝ってもらっている。自分なんかもまだまだ本業はスノーボード雑誌の仕事で、このウエブ製作というのはまだ利益が少ないので、投資に近い意味合いもある。
だけど、このようにいろいろな仕事をもった連中が集まると協力な力になる。きっといつか羽ばたくぞ!という思いで、毎日更新作業をしているのだ。
英文メールを書く時や、メール内容をチェックする時には、ウエブの辞書が欠かせない。今、これ使っているのだけど、どうなんだろう?
http://dictionary.goo.ne.jp/
適当に検索して見つけたのだけど、もし何かいいのがあったらみなさん教えてください。
今日やったことをきちんと書いた日記ではないが、まっ、いいや。あったことよりも思ったことを書く日記の方がおもしろいような気がするし。

タロウくんとパオくん

いやあ、ポカしちゃった。1つ会う約束があったのだけど、撮影していたら夢中になっていて忘れちゃった。ちゃんとそのミーティングの方の電話番号など、わざわざ財布にしまっていたのに。もう、家に着いたら、犬の散歩やら食事の支度など、バタバタしちゃった。というか、「ああ、疲れた。ビールでも1杯」ってやってしまったから忘れちゃったんだね。ビールは1杯しか飲んでいないけど、それでバターンという状態になったから。
ところで最近、不思議なニュースやっているね。あの中国の日本コノヤロー騒動。意味がわからないから、例えば子供のケンカという形で考えて直してみた。
日本人のタロウくんのおもちゃを中国人のパオくんが壊した。タロウくんは壊したので弁償してほしい、誤ってほしいと言った。だけど、パオくんは「お前の死んだおじいさんは昔、ウチのおばあさんに酷いことをしたんだぞ。あの時、きちんと誤っていないし、オレがお前のおもちゃを壊したのもそれが原因だ! ちゃんとあの時のことを誤れ!」
さて、このような状態の時、タロウくんはなんて言えばいいでしょうか?
a)タロウくんはパオくんに「昔、おじいさんが酷いことしてごめんね」と素直に謝る
b)おもちゃを壊したことを法律ルールに則り弁償請求する
みんなはどう思う?
もちろん答えはいろいろあるけど、もしオレだったら、こう言うだろうね。
「昔、おじいさんがやったこと、まだ心に傷があるんだね。ごめんなさい。」
そうすれば、パオくんだって反省する気持ちが生まれるのではないかな?
あと、パオくんはタロウくんが死んだおじいさんの墓参りに行くことも怒っているようだ。そのことについては、こう言うだろう。
「おじいさんがやったこと酷かったと思います。すみません。だけど、おじいさんは今の僕を生み出した祖先。だから、墓参りするんです。おじいさんが行った善悪により墓参りするのではなく、僕を愛したおじいさんに対し、僕もおじいさんに向かって愛する心をただ発信するということなんだ」って。
人間というのは、疲れている時、怒っている時には、思考が低下してしまうと思う。怒っている人に対しては、怒りを持って対応することは油に火を注ぐこと。怒っている人には、まずその怒りの炎を弱めることが必要だろう。そうすれば思考が生まれ、何が正しくて、何をすべきか、ということがわかって来ると思うのだ。
オレから見たら、今の中国には2つの流れがあって1つは子供レベルのケンカ理論、もう1つはそれ利用した大人のズルい政治駆け引き。その導火線となっているのは、まさに子供ケンカ理論だから、それを消すためには大人の思案が必要だと思う。
「こちらが謝罪したら、向こうには後、どんなケンカのカードが残っているのだろうか?」
第二次世界大戦の例では、日本が欧米諸国の言うように満州を引き払ったら、向こうはどんなカードが残っていたのだろうか? 本当に引き払うことがロシアからの恐怖となり、ロシアは行動を起こしていただろうか。
いつの時代にも、その大きな問題を解決するカードは、奇策だと思う。向こうと同じ戦いのリングに上がらずに、むしろ違ったところから攻める。そう、謝罪というのは、負けることでなく、まさに向こうの思考論理を打ち崩す、最高のカードだと思うのだ。
子供の頃、戦争ゲームというのがあって、ジョーカーに勝てるカードがなぜか弱いハズの3だったのだが、まさに謝罪ってカード3だと思う。
タロウくんはパオくんを憎い。
パオくんはタロウくんを憎い。
絶対に解決しない思案。
タロウくんはパオくんと仲がいいに決まっている
パオくんはタロウくんと仲がいいに決まっている。
解決の糸口がみつかる思案だ。
唐突だけど、オレはアメリカ人とか中国人があまり好きではない。
なんか、彼らって謝らないイメージがあり、傲慢なイメージがある。謙虚でなく、威張っている。だけど、個々の人間と接してみれば、そういったイメージもずいふんと払拭する。間違いなく、人は他の国の人と仲良くした方がいいと思う。そんな考えを巡らせて行けば、アメリカ&中国は扱い憎い才能あるティーンの面倒を見るような気持ちで見ていく、大人の思案に徹すればいいのではないかな、と思う。アメリカや中国を利用して良い意味で得してしまえば、とも考える。
みんなそれぞれの考えはあるし、今日のオレの考えと明日のオレの考えも変わることも否定できないけど、今のオレの考えはそんなとこ。難しい話しているから、ちょっと疲れたな。せっかくタロウ&パオくんの話だったにね。もう、この話題は控えよう。

ガンガン

麻雀で勝っている時や今日のヤンキース戦の2回の猛攻などのように、勝っている時はガンガンに乗っていかないといけないと思う。そして、今日、オレは仕事が乗っていた。ガンガンにやっつけた。この調子で明日もガンガンやっつけたい。

あーあ

あーあ、今日書いた日記、誤って消しちゃった。
最後の一文書いたところでね。
久々に名作が書けたと思ったので残念。大作だったけど・・・。
まあ、いいや、その文章を誰にも見せることはできなかったけど、もしかしら文章の神様が見ていたに違いない。そんな神様いないかもしれないけど。
人知らずして憤らず。
って、境地で我慢しよう。

マーク、ケール、シモン

今日、山はオフ。いい充電日となった。

昨日はマークの撮影で楽しかったけど疲れたなあ。あまり撮影者のことを考えない、容赦ないスピードで現場を移動するから。まあ、最終的には良い撮影になっからいいけどね。いろいろおもしろい話も聞けたし、やはり仕事をすると情報が入るものである。

そう言えば、撮影途中でケール(スティーブン)に会った時のお互いのあいさつが、なんかよそよそしかったなあ。あいつらきっとあまり仲が良くないのだろう。以前、ブラウナー(クリス)も、マークのスタイルは好きでないような、ことを言っていたような気がする。オレから見たら、マークのビッグ・エアー技も尊敬に値するし、またケールやブラウナーたちが行うバックカントリーでのジャンプも本当にカッコ良くて、どちらも好きだけどね。

個人的に最近、夢中になっているのはやはりシモン。やっている難しい技を、これだけ簡単に見せるライダーも本当珍しい。それこそ、レール上のチョッカリ50-50だけ取っても、本当にカッコいいんだ。シモンは来月にウィスラーに帰って来るというし、早く撮影するの楽しみだなあ。