スノーボード初心者 板の選び方 ①長さ ②幅 ③重さ ④硬さ ⑤形状

LINEで送る
Pocket

 

はじめてのスノーボードの選び。スノーボード初心者の方にとってスノーボードの板選びというのは、最もワクワクすることでしょう!
レンタル・ボードと違って、マイボードでのスノーボードはやはり俄然やる気度が違います。
自分の長いインストラクター経験でも、マイボードを持っていた初心者の方の方が、レンタルの方よりもうまくなる傾向があります。
それだけスノーボードに対する思いが強いということでしょう。

だけど、様々な情報が溢れる中で、何を買っていいか、わからないという方もいるかと思います。
せっかく買った板が自分に合わなくて、苦労して水の泡になってはいけません。
そこで、長年スノーボードの雑誌やビデオ等でハウツーを配信して来た私が、初心者の方にわかりやすくスノーボード板の正しい選び方をご紹介しましょう!

5つの板選びの要素

板選びの要素としては、大きく分けて5つあります。

①長さ(長いか短いか)
②幅(幅が広いか狭いか)
③重さ(重いか軽いか)
④硬さ(硬いか柔らかいか)
⑤形状(ディレクショナルかツインか。もしくはキャンバーかロッカー他か)

初心者の方のスノーボードで選びで、何より大切なことは、最初のターンをいかにやりやすくするか、ということです。
スノーボードを始めると、最初のターンが一番難しいもの。
だけど、最初のターンさえクリアすれば、上達が早くとても楽しくなります。

以下、5つの要素をわかりやすいように説明していきましょう。

 

適切なスノーボードの長さとは?

適切な板の長さを選ぶのにあたり、もの凄く極端な例を想像してみましょう。

まずは、自分よりも背丈がある板に乗っていることを想像してみてください。
とても取り回し難くなりそうですね。

次にまるでスケートボードのように短い板を想像してみましょう。
メチャクチャにコントロールしやすそう。だけど、こんなに短い板でいいのだろうか?と不安な気持ちにもなります。

実際、もの凄い短い板で滑ると、確かにクルクル回しやすいもの。だけど、スピードの安定性がなく、滑っていて板が暴れて不安感を抱きます。

だからあなたに合った適切な長さが必要になります。

自分に合った適切な長さの板を決めるには、様々な要素が関連して来ます。
板の形状、固さにも影響するし、さらに使用される方の脚力にも影響すること。
なので、一概には言えませんが、だいたいボードを自分の真横に立ててみて鼻からアゴの高さが良いでしょう

目安としては口の高さ。口よりも長ければちょっと取り回しは大変だけど、高速安定性に優れます。
また、口よりも短いボードならコントロールしやすくなります。

だけど、身長が低い方が、口あたりの長さのボードを使うとなると、ちょっと短く感じるかもしれません。
逆に、身長が高い方が、口あたりの長さのボードを使うとなると、ちょっと長く感じるかもしれません。

つまり平均身長あたりの方は、口あたりの長さでいいと思うけど、平均身長よりも高かったり低かったりする方は、一般的に言われている長さに若干、長さを考慮することが必要になって来ます。

実際、多くのトップライダーは、身長が低い人が多いです。きっとクラスでも身長は前から5番目以内だけど、その分、足が速くて運動神経が良いタイプだったのかもしれません。そういう人は、ちょっと長いけど鼻あたりのボードの長さでもOKということです。例えば、身長165cmの人なら、154cmあたりのボードが良いかもしれませんね。

逆に運動神経に自信がなかったり、脚力に自信がない方は、ちょっと短めの板を選ぶといいでしょう。

ちなみに現在のスノーボードの世界では、板の選び方というのは、まるでゴルフ・クラブを選ぶように、その用途によって長さを決める傾向もあります。
これも極端な例ですが、身長が低いライダーでもアルペン種目、ジャイアントスラロームに出場するような選手は、170cmもの長い板を使用します。
また、フリースタイル競技では、より高回転を狙うために、コントロール性が高い短めの板を選ぶケースが多く、148cm~152cmの短い板を使用する男性フリースタイル選手もいるのです。

まとめると、以下のようになります。

初心者の方には、だいたい口あたりの長さの板がいい。
身長が低い方は、ちょっと背伸びして長めの鼻あたりの板でもOK。(※脚力にある程度自信がある方)
身長が高い方は、ちょっと短めでアゴあたりの板。

初心者にとっては、ともかく最初のターンをすることが大切なので、迷ったらちょっと短めにするとコントロールし易くて良いでしょう。

以下、『体重、身長によるボード(長さ)目安表』になりますので、ご参考にしてください。

http://dmksnowboard.com/wpdmk/wp-content/uploads/2017/11/boardlenghth.pdf

板の長さ選び方おさらい

長い板は高速安定性が高まるけど、板の取り回しやすが低下する。逆に板が短かければ、取り回しやすさが上がるので初心者にも最適。
適度の長さは、アゴから目の高さ。できれば口ぐらいの高さ、もしくはそれ以下でもOK。

 

幅の広さに気を付けよう!

次に板の幅について。
初めてのスノーボード、様々考慮するポイントがある中で、板の幅に関してはあまり難しく考えなくてもいいでしょう。
ただ、大事なポイントがあるので、それを説明しておきます。

板の幅が広いと安定感が増します。
一方で幅が広いと、エッジの切り替えしが鈍くなり、コントロール性に欠けます。

逆に幅が狭い板というのは、安定感は弱くなりますが、コントロール性が高まります。
具体的には、つま先からカカト側へのエッジング、またその逆のカカト側からつま先への切り替えしがより素早くなるということです。

ただ、これからみなさんが購入する板というのは、板の長さに応じてた太さになっているものなので、それほど考慮しなくても大丈夫です。
例えば、長い板ならそれなりに板の幅は広くなるし、短い板なら狭くなっているものなのです。

気を付けなくてはいけないのは、自分の足の大きさが他の人よりも極端に小さかったり、大きかったりする方です。

例えば、足が大きい人が狭いボードに乗ると、ブーツがはみ出してしまいます。
だから、メーカーによっては、同じ長さの板で、太い板もリリースしているところもあります。
こうした配慮は、足の大きい方にはありがたいし、また足の大きい方で短い板を好む方には助かります。

以下、僕のボートとブーツの写真をご覧ください。

一見、ブーツの先とカカトが板よりも若干出ている感じがするけど、実を言うとこれぐらいがちょうどいいのです。
むしろ、もうちょっとだけボードは狭くてもいいくらいです。なぜなら、その方がしっかりとエッジングもできるし、コントロール性が高まるからです。

しかし、あまりにも狭い板に乗ると、ターン中に板を寝かした状態で、ブーツのつま先やカカトが雪面に当たるという症状が出てきます。こうなると、エッジが抜けてスコーンって怖い転び方をしてしいます。足が大きい方で幅が狭い板に乗ると、こうした症状に遭遇します。

以下のイラストは、わかりやすく板の適切な太さ(幅が広いか狭いか)を表現した例ですが、だいたいこんな感じの板の太さを選ぶといいでしょう。

次に足が小さい方の例を。
女性で足の大きさが23センチ以下という方は、そのブーツ・サイズに合わせたボード幅が必要になります

以下の写真は、撮影用にブーツを後ろへズラしてわかりやすく表現したのですが、ブーツの先がエッジまで届いていません。
ボード幅に対してブーツ(足の大きさ)が小さい例です。
ブーツの先とカカトでボード幅が余った状況なので、なるべくブーツに合うように幅の狭いボードを選ぶようにしましょう。

板の幅のおさらい

板の幅が広いと安定感が高まるが、エッジの切り替えが鈍くなる。
大切なことは、自分の足の大きさに合っていること。

スノボ初心者の方はなるべく軽い板を!

重い板は、スピードを出した時に安定しますが、初心者の方にとっては取り回しが難しい頑固さを感じます。
使っていると、グングン走って飛ばしてくれて、なおかつ安定性が高い。まるで高級車で高速を走っているような感覚に。だけど重い板は、初心者が一番覚えたいターンする時にはちょっと厄介なのです。

逆に軽い板というのは、コントロールしやすいので初心者向きです。特に初心者の方はあまりスピードを出さないものなので、軽い板を選びましょう。

どのようにして軽いボードを見つけるのか?

実際にボードを購入する時には、残念ながら多くのケースでは重さなど表示されていないものです。そういった意味では、どの板が軽いのかわかりません。
だけど、お店で気になるボードを実際に持ってみると、「ああ、この板はちょっと軽いなあ」というようなことはわかって来ると思います。

 

板の重さのおさらい

重い板は高速での安定性は高まるけど、初心者にはちょっと大変。
ターンを覚えることが大切なので、なるべく取り回し易い軽い板を選ぼう!

 

初心者には柔らかい板が最適!

スノーボードの板には、硬いものもあるし、柔らかいものもあります。
初心者に最適なのは、柔らかい板です。
硬い板は、反発も強い傾向があるのでうまくなった人が、高速でカービングターンしたりするのに適しています。
しかし、初心者の方はともかく初めは、板コントロールが不自由なために、より自由にコントロールしやすい柔らかい板がいいのです。

 

ボードの柔らかさをチェックする方法

ボードの柔らかさをチェックする方法を説明します。
ボードの先を片方の手でしっかりとつかみ、もう片方の手でボードの中央当たりを押してみます。
ボードを押した時に反動でビヨーンと跳ね飛ばないように、ボードのテールは、しっかりと地面に押し込むようにしましょう。
反動で板が吹っ飛ぶことを気になるようだったら、片方の足(以下の写真で言う左足)をテールに添えておくといいでしょう。

スノーボードの板は、どんなに力強く押したところで壊れるものではないので、安心して押してみてください。
最初は不慣れでうまくいかないかもしれませんが、様々な板をチェックしていく内にうまくなっていくでしょう。
そして、市販されている板によって、フレックス(=硬さ柔らかさ)が違うことにも驚くかもしれませんね。

「習うより慣れろ」という言葉がありますが、大切なことはどんどんチェックしていくことです。だから、ショップへ足を運んだらどんどん板を煽ってみてください。
きっと板選びがより一層おもしろくなっていくことでしょう。

 

板の硬さおさらい

初心者はコントロールしやすい柔らかい板を選ぼう!
硬い板は、高速安定性には優れるけど、初心者にとって操作性で頑固者。

【予備知識】フレックスとトーション

実を言うと、板の硬さの表現を方法は大きく分けて2つあります。
1つは、板そのものの硬さと柔らかさを表現する「フレックス」。
もう1つは板の捻じれの強さを表現する「トーション」です。

トーションが強いとエッジングが強くなる傾向があるので、カービングターンに適しています。
またハーフパイプで高速な中で安定したエッジングをしてジャンプすることも可能になります。
初心者の方は板選びでここまで考えることはないですが、将来のために予備知識として覚えておきましょう。

 

スノーボードの形状は多く分けて2種類

スノーボードの形状については、大きく2つに分かれます。
まず最初にその板が、前方方向に進みやすいディレクショナル・シェイプか、後ろ側(スイッチ・ライディングと言う)にも滑りやすいツインチップか。
次にボードを真横から見た時に、真ん中が上がっているようなキャンバーか、逆に下がって船底の形になっているようなロッカーか。もしくはフラットか。

さらにくわしく説明していきましょう!

ディレクショナル・シェイプとツインチップ

スノーボードは通常、トップを前にして滑り、テールは後ろ側にあります。
しかし、ボードを滑走中に180度回転させて、逆向きに滑る(スイッチ・ライディング)をすることもできます。
両サイドに滑れることで、スノーボードの魅力は広がるのです!

しかし、通常、どんなにうまいスノーボーダーでもそれほど長い時間スイッチで滑っているわけではありません。
たぶん、多くのスノーボーダーは、80パーセント以上ノーマルのスタンスで滑っていて、スイッチで滑ることはあまりないか、と思います。

そんな方には、ボードの形状がより先に進みやすいディレクショナル・シェイプをオススメします。

初心者の時は、ちょっと大変でもうまくなったら、どんどんスイッチで滑ったり、フリースタイルのトリックをやってみたい!という方はツインチップが良いでしょう。

ディレクショナル・シェイプとツインチップ・シェイプの大きな違いはスタンスの位置にあります。(以下、イラスト参考。)

スタンスの位置がよりテール側に寄ることで、ボードの先が長くなるのがディレクショナル・ボードです。
ボードの先が長くなることで、より前方方向への安定感が増します。

スタンスの位置がど真ん中にあるのが、ツインチップ・ボードです。
前後どちらにも行きやすいけど、ディレクショナルに比べて前方方向への安定性は下がります。

 

【予備知識】ディレクショナルに近いディレクショナル・ツインとは?

前後対称な形状のツインチップでも、よりディレクショナルな乗り心地を追求するために、あえてスタンスを後ろに下げるセットバックという方法もあります。
また、ボードの形はツインチップながら、推奨スタンスの位置にビンディングをセッティングすると、まるでディレクショナルのようにボードの前方がより長くなるような板をディレクショナル・ツインと呼びます。

初心者の方は、最初はともかく前に進んでターンを覚えることが大切になって来るので、このディレクショナル・ツインか、ディレクショナル・ボードを選ぶといいでしょう。
ただし、先に説明したようにツインチップでもあえて、スタンス設定を後ろにすることで、前方向に進みやすくすることもできます。

 

キャンバー、ロッカー、フラット

最後に考える項目として、ボードを真横から見た形状であるキャンバー、ロッカー、フラットをご紹介しましょう。

そもそもスノーボードの板は以前は、真ん中が反りあがった形状のキャンバーしかありませんでした。
しかし、ここ10年ほどで、ロッカー形状が現れ、さらにフラット形状が登場し、スノーボーダーの選択幅は広がりました。

キャンバー形状の板というのは、しっかりとボードを踏み込むことで、ボードがたわみ板の反発を発揮することができます。
しかし、初心者にとっては、エッジが引っかかりやすいというマイナス面があります。

そこで現れたのがロッカーなんですが。
そもそもロッカー形状が現れた背景には、ボードを雪上でグルグル回すようなトリック、グラトリをやり易くしたり、パークにあるボックスやレールでエッジを引っかけないでうまく乗りたいために生まれた歴史があります。

このロッカー・ボードは、以上説明したようなフリースタイル感覚で生まれたのですが、その後にパウダーでも滑りやすい、またエッジが引っかかり難く初心者にも最適!ということもわかり、たちまち人気が出ました。

一方、ロッカー形状の弱点は、エッジが掛かり難い分、高速での滑走中のグリップ力の弱さです。

そこで生まれたのが、その中間的な要素を持つボードの底がフラット形状のもの。
これは、滑走性の安定感が良いことと、操作性が良いことで、初心者にとって最適!というショップ店員さんの意見も多い板です。

キャンバー:スピード滑走に優れる。初心者やグラトリ愛好者にとってはエッジが引っかかりやすい懸念も。
ロッカー:操作性が高いが、高速でのライディングで弱さを感じる
フラット:キャンバー、ロッカーの中間的な要素があるので、初心者に最適!という意見が多い。

てっとり早くターンを覚えるなら、ロッカーが良いでしょう。
しかし、近い将来ターンを重要視するだろうから、フラットがオススメ!
さらに、将来、力強いターンを実現したい!というタイプの方は、最初はちょっと苦労すかもしれないけど、キャンバーを選ぶ選択肢もあります。

そもそもスノーボードを30年以上やっている私は、初心者の方でもキャンバーでOK!と思ってしまいます。
だけど、初めてロッカーに乗った時に、思っている以上に操作性が良いので驚きました。
まるで、目線を送った方にすぐにボードが舵取りするような印象もありました。
ロッカーとか、フラットというのはそういう感覚に近い板でもあります。

 

【予備知識】近年人気のダブルキャンバーとは?

センター部分はキャンバーのように反り上げっていて、ビンディングを設置するところがロッカー形状になり、結果、Wのような形状になっているのがダブルキャンバーです。


キャンバーとロッカー、それぞれの長所を融合させていると言われていて、カービングターン、パウダー、フリースタイルなど、どんな要素にも適した魔法のような板と言われています。
もちろん嘘ではないけど、良いとこ取りした分、キャンバーやロッカーの長所まで達しないというところもあると思います。
カービングを目指すなら、キャンバーがいいだろうし、板を回すならロッカーの方が最適でしょう。
でも、どんなスタイルにも対応し易いということで、このダブキャンバーは画期的なアイデアであり、近年人気が高まっています。

 

まとめ

正しい知識を得て、ぜひ初心者の方のボード選びに役立てたい!という思いで、ここまで記事を書いて来ましたが、情報が多過ぎて頭が整理できていないという方もいることでしょう。
そこで、最後のまとめとして、具体的なボードの選び方例を紹介します。

まずは自分の身長や体重に合わせたボードの長さを考えてみてください。
また、脚力がある人はちょっと長めにして、さらに将来的に高速安定性を求める方もちょっと長めを考えましょう。

次にシェイプ。ディレクショナルかセミ・ディレクショナルを選んでください。
横から見た形状は、将来的な用途に合わせてキャンバーにするのも良いですが、フラットの方がターンは覚えやすいでしょう。

ここまで大ざっぱに決めてみたら、今度はグラフィックのデザインの好みも考えてみてもいいでしょう。
これまで紹介していなかったけど、せっかくスノーボードをやるからにはテンション上がるデザインのボードが良い!
センスの良い服を着ていたらほめられるように、ボードだってカッコいいものがほしいでしょうから。

その選んだボードが、信頼おけるメーカーだったらさらに安心ですね。
バートン、ナイトロ、K2、サロモンなど、誰からも知られているボード・メーカーは、多くの人に使用されて来た歴史があります。

いくつか候補のボードを決めたら、いざショップへGO!

重さチェックをしましょう。
硬さチェックしましょう。
そして、自分の足サイズに合ったボード幅か確認を。

最後の助けとなるのは、ショップの店員さんです!
不安なことを訪ねてみてください。きっとわかりやすく説明してくれることでしょう。
知識豊富な店員さんは、あなたがスノーボーダーでいる限り将来のカウンセラーでもあります。ボードのことでわからなくて困っている方を助けるくれる大事なパートナーでもありますね。

ショップは、スノーボーダーにとっては楽しい空間でもあるので、まずは足を運んでみてください。
最初はちょっとドキドキかもしれませんが、きっと楽しい気持ちなることでしょう!

 


飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴30シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWing誌では、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、シーズン中に一回は日本へ帰国しコーチングも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、今なお世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!

 

【はじめてのスノボ】 ボード、ブーツ、ウェアなど必要なもの教えて!

スノーボードの正しいスタンス幅、角度の決め方

【はじめてのスノボ】初心者でも安心!5つのステップであなたもターンができる!

LINEで送る
Pocket