スノーボード選びのエキスパート!中本店長に聞く「初心者が気を付けるべきこと」

これからスノーボードを始めよう!ぜひ、新しいギアを買いたい!という方は必見です。
都内にスノーボード・ショップを構えて、この道、25年にもなるエキスパート、HEAVEN STORE.Bのオーナー店長、中本健太郎さんに「初心者が気を付けるべきこと」を教えていただきました。

HEAVEN STORE.Bには、オリンピックやXゲームで活躍する戸塚優斗など、国内で大活躍するプロ・スノーボーダーも在籍するプロ・ショップです。
これまで当サイトのオススメの用具選びでも、アドバイスをいただき大いに参考にさせていただきました。
そんなこと聞くと、なんとなく近寄り難いレベルに感じるかもしれませんが、ご安心ください。
中本さんは、これまでにも数多くの初心者さんに接客して来たベテランの店員さんでもあります。

今回は、スノーボード・ギア選びのポイントを、一からわかりやすく教えていただきます。
これから、ボード(板)、ビンディング、ブーツを買う人は、ぜひこちらをチェックしてからショップに行きましょう。
それでは、中本さん!よろしくお願いしまーす。

まずはボードよりも先にブーツを選ぼう!

--早速ですが、まず最初にこれからスノーボードを始める初心者の方は、何から選ぶべきですか?

最初は、ブーツを選ぶのがオススメです。
初心者の方に限らず、上級者の方も一番大切なのはブーツだと思います。
ブーツは動きの伝達に直結してるギアで足にフィットしてるかしてないかで上達に大きな差が出ます。

--なるほど。もう少しくわしく教えていただけませんか?

最初だからなんでもいいやと選ぶと、運良く足に合うブーツが購入できれば本当にラッキーですが、しっかり選ばないと90%以上の方が違和感を感じます。
足にフィットしてないということはブーツの中で足がズレたり擦れることによって靴づれの様に痛くなったりする原因になります。
足が痛いとテンションも下がって楽しいスノーボードができなくなります。
という事は上達しなくなるのです。

--間違わないブーツを購入するためのポイントは?

まずはショップには足のサイズを測る測定定規の様なものがあるので、必ず自分の足のサイズを測ってもらいましょう。
左右同じサイズの方はとても珍しく必ずと言っていいほど左右の足の長さのサイズが違います。
左右どちらが大きいかを確かめてください。
そして、大きい足の方のサイズを基準にブーツを選んでいきましょう。
そうすれば、必ず小さいサイズのブーツを選ぶ事がなく、小さくて痛いというネガティブポイントもなくなります。

--大きな足サイズの方でブーツを選ぶというが、ポイントですね。

足サイズの長さでなく、幅と甲の高さを店員さんに見てもらいましょう。
あとはアキレス腱も太いか細いかも見てもらうといいです。
さらに詳しい店員さんは、くるぶしの位置も確認してフィットしそうな物を選んでくれます。

ブーツは3種類くらい履き比べよう!

--単純に足サイズだけでなく、幅、甲の高さ、くるぶしなどチェックするところは、いろいろあるものですね。

はい、ブーツはスノーボーダーにとって大事な要素なので、ぜひ細かくチェックしてほしいです。
次はその足に合いそうなブーツを価格を問わず、ともかく3種類ほど選んでもらいましょう。
必ず3メーカーくらいか3種類くらいを絶対に履き比べてください。
これ重要です!

そして足の大きいサイズの方の片方のブーツを先入観なしで試し履きしてみてください。
フィッティングの仕方は腰掛けた状態で、膝を軽く曲げ伸ばしできる高さで、ブーツを履いてからカカト側にトントンと収まるように履きます。
そしてカカトをつけたままBOAやシューレースを締め上げます。
次は、立っていただきブーツの底を全体に床へ叩きつけるように、2、3回叩きつけてくるぶしの位置をしっかりポジションに合わせます。

--なるほど、スノーボーダーにとっては欠かせない様々な衝撃具合も、ここで確認できるのですね。
他にも気を付ける点はありますか?

あとは、スノーボードのスタンスくらいに足を広げて少しだけ前傾にします。
その時にカカトのズレが一番少ないブーツを選べばほぼ間違い無いでしょう。

もしその感覚が分からない場合は、店員さんにカカトの外側のシェルを手のひら全体で包み込むようにして押さえ込んでもらいます。
前傾すればカカトのズレがあるかすぐにわかります。

店員さんが不慣れな場合は、店頭のサイズの合うバインディングを貸してもらいバイン(ビンディング)をその場ではめさせてもらうとイメージできますよ。

--思っている以上にチェック項目がありますね。

まだまだ、ありますよ(笑
よく聞かれるのがフレックスと言って硬さの度合いですが、これは各メーカーの商品のカタログに必ず表記されてます。
ここでポイントは初心者=柔らかいブーツが必ずではございません。

--えっ、そうなんですか!てっきり初心者は、柔らかめの方が良いように思っていましたが…。

弊店の場合はミドルフレックスをお勧めしてます。
もちろん柔らかいブーツは履いてて扱いやすく楽かもしれませんが、ターンを覚えるのにはしっかりと板の重心を外さず乗らないとその操作性は意味がありません。
最近は上級の方が柔らかいブーツをパウダーで選ぶ傾向もありますが、初心者の方はゲレンデメインになりますので、圧雪してある少し固めのバーンを滑るので、少しブーツのフレックスが手助けしてくれてターンのできる程度のフレックスのあるブーツを選べば上達が早いと思います。
ミドルフレックスブーツを最初から履いても大丈夫です。
以上の事をポイントにブーツ選ぶに役立ててください♪

--いやあ、勉強になります。
あと、最後にシューレース(紐タイプ)、クイックタイプ、気軽にダイヤルで締めるBOAとありますが、初心者にオススメはありますか?

スピードシューレースのBOAも簡単に締め上げできるので両方お勧めできますが、一つだけポイントがあります。
スピードシューレースもBOAも大体2種類あります。
そればシングル(1本)で締め上げるタイプか、ダブル(2本)で締め上げるタイプかです。
しっかりブーツのフィッティングがほしい場合がダブルをお勧めします。
ダブルとは足の甲の部分とすねの部分を分けて、締め上げる事が出来るタイプです。
DEELUXEのように全体を締め上げる1本と、足首部分を締め上げる1本あるダブルタイプでもいいですね♪

シングルタイプは簡単ですが、やはりダブルタイプよりはフィッティングが弱いです。
このポイントは押さえといてください。

--実際、初心者の方で人気が高いのは、どちらですか?

ブランドの商品構成にもよりますが全体では6:4くらいで、スピードシューレースの若干多い気がします。

--メディア的に、BOAを推す傾向が強いので、BOAの方が人気が高いようなイメージがありましたが、実際に現場で販売している実感としては、まだシューレース派が多いのですね。

BOAを推してるイメージあるかと思いますが、メーカーによりますがまだまだメーカーの商品構成が7:3位なので、そのような実績になるのだと思います。
ただ以前、ヨーロッパや日本市場ではBOAが低迷した時を考えますと、凄い復活だと思います。
北米の市場では、特にBURTONがBOAを扱いだして変わったことが大きいと思います。
ちなみにBOAでもワイヤーだけでなく、紐BOAも増えて多様化してますね。

--これまで主流であったワイヤーのBOAに加えて、紐BOAが増えたということですが、紐タイプの良いところは?

BOAの紐は、まず切れにくくワイヤーよりソフトに締め上げます♪
でもしっかりしたフィッテイングがあります。
そしてタンやアウターの磨耗にも優しいのでブーツの耐久性が上がります。
BURTONのBOAは素晴らしいですよ。
ただまだWIDE FIT(アジアモデル)のモデルが多くないので、足が合わないと残念な感じです。
北米は売れてると思います。


--お話を伺ってブーツというのは、スノーボード・ギア選びにおいてひじょうに重要なアイテムであり、またパーソナルなものである、と思いました。
それだけに、実際にお店に足を運んでフィッティングし、何足かトライすることが必要だと思いました。
「これがいい!」ということは、なかなか言い難いかもしれませんが、中本さんが考える、今季オススメの初心者ブーツ、メーカー名とモデル名を教えていただけませんか?

メンズですと、BURTON  RULER WIDEFITやDEELUXE  IDあたりから履いて大丈夫だと思います。
レディースですとBURTON LIMELIGHT BOA WIDEFIT、そしてDEELUXE  ID LARAもオススメです。

ブーツの次に選ぶのビンディング!
ブーツとの相性をチェックしよう!


--中本さん、ブーツを決めた後には、次は何を選べばいいでしょうか?

ブーツを決めた後はビンディングを選びましょう♪
ギアの買い方の基本はボードが1、 ブーツとビンディングが1、 それを1+1=2がギアのセットになると考えた方がいいでしょう。

--なるほど。
ブーツとビンディングは、1つという考え。
そして、切り離してまたボード選びということですね。

はい、なぜならブーツとビンディングがとても密接な関係性を持っているからです。
スノー業界では毎年マッチングテストというのが行われていまして、どのメーカーブーツと、どのメーカーのビンディングが相性がいいかを品評しています。これを元に販売店等は情報を得てお客様へフィードバックしていきます。
やはり相性やフィッティングがいいセットを選ぶことが先決ですね。

(以下、日本スノーボード産業振興会(SBJ)による2017-2018ブーツ・バインディングマッチングテスト)
http://www.sbj.org/files/1718ALL_BINDING_MATCHING.pdf

ブーツが決まれば、そのブーツメーカーがビンディングも販売しているか注目してみてください。
例えば、BURTONのブーツを選べば必ずBURTONのバインディングをお勧めします。
なぜなら当然のことながらブーツとビンディングを合わせて生産しますので、ベストなセットになりますね♪

もし選んだブーツメーカーが、ビンディングを生産していない場合は、必ず店頭でブーツと他のメーカーのビンディングを試着してあげてください。
ポイントはカカトのフィット感をまず見ます。サイズにもよりますカカトとの丸い楕円とビンディングのヒールカップの楕円がぴったり合うかそしてつま先の両サイドのウォール部分が指1本はいらないくらいの選ぶのがポイントです。
また、つま先部分に隙間がないか?遊び部分が多くなく、ぴったりとしているか。そのへんもチェックしてみましょう。
ここは販売店のSTAFFへ聞くとがいいでしょう♪

もしビンディング単品購入の場合でも、ご自分のブーツを販売店に持参して汚れてる部分をビニール等で覆って試着させてもらってください。これは結構重要です。

サイズ等にもよりますがHEAVEN STOREの取り扱いに商品の限定になりますが以下を参考にしてみてください。

ブーツ→ビンディング 相性良い◎注意△
BURTON→BURTON ◎ FLUX◎ UNION◎ NOW◎ SALOMON◎
SALOMON→SALOMON◎ FLUX◎ UNION ◎ NOW◎ BURTON △
DEELUXE→UNION ◎ BURTON◎ FLUX◎ NOW◎ SALOMON◎

ほとんど大丈夫な商品構成ですが、SALOMONのブーツサイズ等によってBURTONビンディングの適正サイズに合わない場合とかもございます。ぜひ参考にしてみてください。

--ビンディングを単品で買って、ブーツと合わなければ宝の持ち腐れになっちゃいますね。ここはぜひ気を付けたいところです。
他に考慮する点は、ありますか?

フレックス等の硬さをチェックしましょう!
店頭の販売員かメーカーカタログで確認して、硬さが同じくらいのを選ぶのが最初はいいでしょう。
中上級者になると好みによりフレックスの硬いブーツに柔らかいバインディングを選ぶこともありますし、柔らかいブーツに硬いバインディングを選ぶこともあります。

--ほお~、それは興味深いお話です。
通常、硬いブーツには固いビンディングを。結果、高速安定性に優れるかと思います。あえて、硬さがマッチングしないブーツ&バインの組み合わせをする方は、どんな意図があるのでしょうか?

中上級者になるとブーツとバインディングを1と考える方が増えるので、全体のバランスをとても重要視します。
フレックスの硬いもの同士ですと、カービング・カテゴリーやパイプで威力を発揮します。しかし、今は山全体の事を考えてバランス良くする方が増えています。
例えばカービングやパイプも好きだけどパウダーも好きなんて方も多いですよね。そういう方はブーツは硬いけどパウダーの時は少し柔らかい動きがしたいから、わざと柔らかめのビンディングを選んでる方もいます。
パイプの時やカービングの時は、わざとフォワードリーンを強く入れれば反応も早くなるし、意外とバランス良くなります。
そのように多様性を求めてバランスを考えて滑る方が、このようなチョイス方法を取り入れてますね♪
逆にブーツ自体は硬いのがあまり好きじゃないけど、いざとなったら反応いいターンがしたい方とかは硬いバインディングをセレクトしてその逆のバランスを選ぶ方も多々います。

--なるほど、マニアックだけど、こういう知識を得ることで、よりスノーボード・ギアの選び方が楽しくなって来ます。
実際に、中本さんのショップで初心者の方によく売れているビンディングは?

よく店頭で売れているのは、BURTONだとMISSION。あとはUNIONのFORCE、FLUX DSですね。

ボード選びのポイントは事前情報収集!

--さあ、中本さん!ブーツを選んで、ビンディングを選んで、いよいよここはボードを選ぶということでよろしいでしょうか?

はい!次は遂にメインディッシュのボードですね♪

--初心者が、スノーボード(板)の選ぶ時には、どんなことを考えればよろしいですか?

まずはしっかり事前にボード情報を得てください♪
例えば、先にスノーボードをやってる友人や先輩とか、または購入しなくてもいいので販売店のSTAFFに直に聞くとかです。
そしてWEBではDMKさんを参考にしてですね(笑)。

--ありがとうございます!(笑)
事前情報収集が大事ということですが、どんな情報をゲットするようにしたらいいですか?

どういう情報を得るかと言いますと、以下の4個に注目してください。

1 自分の身長と体重に合わせたボードレングス(長さ)をしっかり理解する
2 ボードの形状をしっかり理解する(ディレクショナル/ディレクショナルツイン/ツイン)
3 ボードのソール形状をしっかり理解する(キャンバー/ハイブリッド/フラット/ダブルキャンバー)
4 自分のブーツサイズとボードのウエスト幅があっているかを理解する

そして以上の4個を含んで最後はボードのフレックス(硬さ)を合わせて選ぶのが最適かと思います。
細かいボード形状の数字等は最後店頭にてSTAFFにて最終確認は絶対に必要です。

--なるほど、わかりやすいです。まずは以上の4項目を把握しておき、最終的にはフレックスを含めた専門店での最終確認ですね。
実際に、HEAVEN STOREさんでは、どんな長さをお勧めしているのですか?

HEAVEN STOREの場合以下のような感じです。
例えば、

お客様
男性 19歳
身長173センチ 体重68Kg
脚のサイズ27cm
初心者の方(過去にレンタルで2回) 
高校の部活野球部出身

そんな方には、

1 ボードレングスは153cm〜156cmくらいをお勧めします。
2 ディレクショナルかディレクショナルツインをお勧めします。
もしくはツインの場合は最初セットバックセッティングをさせる(初心者の方には方向性があるボードのほうが手助けしてくれます)
3 キャンバーかハイブリットをお勧めします(※元野球部ということで筋力がありしっかり体重もあるので)
4 脚のサイズが27cmなのでバインディングはMサイズを使用なのでウエスト幅は24.5〜25.5くらいまでで選ぶ

そして最後のフレックス(硬さ)はミドルフレックスを選びます。
筋力があり上達が早そうのなので、ソフトフレックスだとすぐ物足りなくなりそう。なのでこれから先、2年以上そのボードを乗りこなすと考えるとミドルフレックスがオススメです。

結果HEAVEN STOREでは、BURTON CUSTON 154をチョイスします!

--おーお、名機じゃないですか!僕だって、このボードほしいですよ。

はい、以上のように初心者=柔らかいボードではないということは知っていてもらいたいです。
逆に体重がなくて非力の場合はフレックスは絶対に柔らかくすることが重要なので、やはり乗り物なのでそれぞれの体格や骨格でセレクトできれば間違いないボード選びになると思います。

--ちなみに、柔らかめというと、どんなボードがありますか?

柔らかめのボードで男女で共通する良いモデルあります。
SCOOTERのG8はツインですが女性サイズから取り揃えていてセットバックすればとても乗りやすいモデルです!
国産なので日本人の脚力にもあってますよ♪

--G8は、特集記事の【2020-21年版】オススメのスノーボード板レディース10選でも、ご紹介しましたが、初心者から上級者まで満足できる板、ということでメーカーさんも一押し。乗りやすそうな板ですね。
ところで、買ったばかりの板、チューンナップとはどうすれば良いでしょうか?

まずは絶対にWAXは必要です。
販売店で必ずかけてくれるかと思いますので絶対に聞いてください。
あとダリングをマナーとして必ず行ってください。

HEAVEN STOREでは、ご購入者のすべての方にサービスとして行っています。
ダリングというのは、トップとテールの余分なエッジを丸めることです。これで、衝突の時に怪我を防止できます。
また余計な逆エッジも防げます。
メーカーによっては最近は最初からダリングされたボードもあります。

--メーカーによっては、売っている状態でもう使えるみたいな情報も聞いたことがありますが、そのへんどうでしょうか?

これはメーカーごとに本当にまちまちですが、大体に分けるとご購入してもらったボードが日本製か外国製かをぜひ知ってください。
国産メーカーでしたらほぼダリングしてWAXしてもらえればそのまま滑りに行けますよ。
海外メーカーは千差万別で、それぞれSTAFFに聞くことが重要になるかもです。
良い例ですとCAPITAはとても工場出荷の状態が良いのでそのまま滑れます。

そこで海外製のボードはプレチューン or フルチューンというを入れるのをお勧めしてます。
海外のメーカー工場で出荷されたソールはムラがある場合があるので、まずはサンディングでソールを1枚剥いてもらいます。
次にトップテールのダリングとエッジのビベルをお勧めします。そうすれば逆エッジにかかりにくいかと思います。
また春先で滑るという方がフルチューンのプラスαでストラクチャーを入れる等もお勧めできますね。
ここは各販売店にてやってる有料サービスですのでぜひ聞いてみてください。

--ちゃんとしたチューンアップを考えてる方には、重要な情報ですね!
あとは、最近は海外でもヘルメットをしているスノーボーダーが増えて来ましたが、中本さんからそのへんのアドバイスもしていただけませんか?


これからはヘルメットの着用も日本ではどんどん必要になっていきます。
初心者の方の逆エッジ転倒による頭部打撲は未だに多いです。
またその先にはなりますがパークやバックカントリーでもヘルメット着用の義務が増えてくるかと思いますので、最初からヘルメットの着用は100%お勧めしますね♪
みなさま安全に楽しく滑りましょう!!

安い3点セットに気を付けて!長く使えるギア選びを考えよう!

--僕は写真撮影が好きなのですが、カメラは、高いと上級者。安いと初心者向きみたいなイメージがあります。
しかし、実際に良い一眼レフを使用してみると汎用性があり、極端な話、iPhoneよりも撮りやすいということを感じます。
同じように、高いスノーボード・ギアが、意外にも初心者でも使いやすいとうことを感じますか?

高いというより品質にこだわると、価格が高めになるのかもしれません。特にブーツとバインは価格を問わず買えれば嬉しいですね。
ボードは例えば昨年モデルでコスパがいい場合もあるので、うまく組み合わせると良いと思います。

--なるほど。まずは足回りのブーツ&バインをしっかりと考え、その上でボードという考え方ですね。おそらくスノーボードを長年やっている方の多くが共感する考えだと思います。
今季はスケートブームもあって、これまでスノーボードしていなかった方も、スノーボードに挑戦してみようかな?と思う人も出るかと思います。
スケート・ギアと違って、スノーボードのギアは高くなりますが、これからスノーボードを始める人は、ギアを揃えるのに、いくら必要になると思いますか?

一概には言えませんがNEWモデルと昨年モデル組み合わせて大体10万〜12万くらいは用意してもらえれば、きっと良いアイテムにたどり着くと思います。
余裕がある人はすべてNEWモデルで15万あればほぼ確実でしょう。
余裕がない人は最低でも8万はみてください。昨年モデル等で探し出せれば可能な金額です。
3点セット5万以下は安く感じますが、スノーボードにハマったとしたらだいたいみなさん1、2年で買い換えることが多いので、結局2年で10万は超えます。元量販店販売員でしたのでよく見ました(笑)。

--最後に中本さん、ご自身で使用するギアを参考までに聞かせてください。また選んだ理由も知りたいです。

フリースタイル時
ボードBURTON CUSTOM156、バインBURTON STEP ON、ブーツBURTON SWATH STEP ON
ゲレンデではとにかく早く軽やかに(笑)
滑る本数と体力を求めるとSTEP ONに辿り着きました♪

フリーライド時(ハイク時)
ボード TJ BRAND/WINTERSTICKコラボ173、バインBURTON GENESIS、ブーツBURTON ION LEATHER
ハイク時のブーツチョイスでレザーブーツは調子がいいです♪ 
バインもハイバックを取ってましてBURTONの別売パーツFREEDBACKを付けています♪
パウダーでのバックサイドターンが粘れます。

--おーお、スーパークールなチョイスですね!さすが店長、妥協のなさを感じれます。それだけ、スノーボードが大好きで、スノーボードしている時間を大切にしたいということかな、と思います。
中本さん、今回は本当にありがとうございました!
やはり現場の声をたくさん聞いて来た、最前線で活躍する方のアドバイスは貴重です。

量販店のマネージャーとしても活躍されていたし、そして現在オーナーさんとして多くのお客さんと接し、また国内のトップライダーとの交流も深い中本さんは、スノーボード界の持つトップのエネルギーやカルチャーをうまく一般スノーボーダーに伝えてくれていると思いました。ひじょうにわかりやかったです。

ぜひ、参考にしていただければ、と思います。またお店の方もぜひ遊びに来てください!
今年はコロナ禍でのスノーシーズンです♪ そしてラニーニャの発生により寒い冬が予想されます♪ スノーボードは蜜ではございません!!インバウンド需要が見込まれない中、特に日本の滑り手のみなさまにとって素晴らしいシーズンになるでしょう。
スキー場施設にはしっかりとした配慮をしていただき、建物内ではマスクの着用・アルコール消毒等。ぜひ GO SNOW RESORTへ!!
皆様の素晴らしいシーズンを祈っております♪
ありがとうございました!

●参考リンク

【2020-21年版】オススメのスノーボード板メンズ 15選
https://dmksnowboard.com/2020-21-mens-best-snowboards/

【2020-21年版】オススメのスノーボード板レディース 10選
https://dmksnowboard.com/20-21-best-ladys-snowboards/

HEAVEN STORE.代表 中本健太郎プロフィール

20歳の大学在学中SNOWBOARDに出会い、魅了され滑りまくる。アメリカトリップも経験。
大学卒業後 (株)ヴィクトリアに入社し、5年間店舗のスノーボードマネージャーとして勤務。
ヴィクトリア退社後、都内スノーボードプロショップにて3年間勤務。
2004年8月6日埼玉県所沢市に『HEAVEN STORE.』をOPEN。
2011年9月16日 東京都西東京市に『HEAVEN STORE.B』をOPEN。
2016年7月に所沢店を閉店してHEAVEN STORE.Bへ統合する。

HEAVEN STORE.コンセプト

HEAVEN STOREのコンセプトテーマはSNOW/SKATE/JUNK/LIFEです。
SNOWBOARD、SKATEBOARD、JUNK(TOY、SNACK、DRINK、CD…)、LIFESTYLE(Tour、Party、Music、Live…)
をそれぞれで提案し、それらを合わせてお客様のHAPPYでFUNなライフをサポートします。
お客様のSNOWBOARD人生のトータルサポートも目指します。
SNOWBOARDERとして一歩目を歩み始めたばかりの方にはその先に続くスペシャルなSNOWBOARD LIFEを、すでにハマっている方にはさらにDEEPなSNOWBOARDやヨコノリの世界を、
ベテランの域に達した方にはそこから30年続けられる飽くなき情熱の源を、
さらには、10代以下のKIDS、YOUNGライダー達にはSNOWBOARDの夢と希望をご提供致します。

EVENT & SHOP INFO
■ シーズン10回以上のバスツアー/BCツアー開催!!
■ 飲み会やインストアイベントも毎月行っています!
■ ICE TUNE FACTRYのチューンアップも年中受付中!!

・電話番号:042-451-7791
・住所:東京都西東京市芝久保町4-20-11 大谷ビル1F
・営業時間:14:00~23:00 (土)12:00~23:00 (祝)12:00~22:00
・定休日:毎週水曜
・駐車場:2台

・WEB:http://www.heavenstore-jp.com
Facebook / Twitter / Instagram