スノーボード3点セット買うなら絶対2点セットが良い理由

広告

スノーボードに必要な道具の板、ビンディング、ブーツがセットになった3点セットの価格はとても安く、初心者のスノーボーダーの方にはきっと気になるものでしょう。だけど、ちょっと待ってください!あなたがせっかく憧れのスノーボーダーになろうと思っても、良いギアを使用していないと上達の弊害になり、そもそもスノーボードを楽しみたかったのに、キツい思いをするかもしれませんよ。

私はスノーボードを37年間やって来て思うのですが、昨今の最新ギアは安いモデルでも数十年前のモノと比べれば、ずいぶんと良くなったと思います。
一方で、3点セットの安いスノーボード・ギアは、「本当にこれでいいのだろうか?」と思うところもあります。

結論から伝えると、スノーボード3点セット買うなら絶対に2点セットの方をおすすめします。そして、スノーボードを楽しむための生命線とも言えるギア、ブーツに関しては、必ず実際に履いてみてあなたが納得がいくものを選んでほしいのです。

広告

これから、そのことを説明していきます。

「スノーボード 3点セット」で検索すると、一番上には楽天市場の3点セットのページを出て来ます。クリックしてみると、3点セットがズラリ。いったいどんなギアが出ているのか、試しに一番上の「ロシニョール スノーボード 3点セット メンズ 21-22」をチェックしてみました。

まず板のロシニョールですが、形状的にはノーズとトップがロッカーになっていて、初心者にはやさしさそうな印象。ツインチップですが、本当なら前に進みやすいディレクショナルシェイプの方が若干ベター。だけど、セットバックすれば問題ないでしょう。

ベースのEXTRUDED 4400は、安価な部類のものですが、実を言うと初心者には最適かも!というのも高価なベースほどワクシングを小まめにしないとその性能は落ちるからです。逆にこうした安いベースは、ワクシングをしていなくても滑走性能はある程度、保てます。滑走性能には劣りますが、大雑把で扱いやすいという特徴があります。

だから、ボードは合格点!!

次にビンディングですが、このZUMAってやつ。どうでしょうか…。一見すると作りがガサツです。自分の友人だったら、勧めたくないですね。
それでも、シーズンで5回も行かずに、まあレンタルよりは安価でしょ!というくらいの方ならOKかと思います。というのもレンタルギアは、もっととんでもないガサツなギアもあるので。

最後にブーツですが、このPERLE(ペルレ)っていかにもインターネット・ブランドという感じがします。ネットブランドは、いわゆる有名メーカーのレベルよりも落ちる印象は否めません。

特にスノーボードのブーツは、スノーボードを快適に楽しむための生命線です!ブーツだけは、実際にいろいろ履いてみて判断した方がいいです。
最悪のケースでは、無理に自分の足型に合わないブーツを履いて、雪上で痛い思いをします。甲部分が当たって痛かったり、踝の部分が当たってヒリヒリするような痛みを感じたり。

スノーボードのブーツというのは不思議なギアで、自分にとって良いブーツを巡り合った時は、「これだ!」というような感覚になります。ブーツの大切さは、スノーボード経験者の多くが語ってくれています。
せっかく待望のスノーボードを始めようと思ったのだから、絶対に楽しむためにもブーツだけはある程度、妥協なきよう選んでほしいのです。

となると、ブーツは自分で購入し、残りの2点(ボードとビンディング)セットです!

以上3つが上位検索の2点セットですが、まあ、どれもちょっと厳しいかな(笑)。
何度も言うようだけど、レンタルよりは良いと思います。
でも、せっかく買うのに、これではちょっとなあ…。
もうちょっと探してみましょう。

さすがムラスポ!かなり良い感じのものが出て来ましたね。メーカー品であるサロモンに、ビンディングはHEADです。
お値段は、44,000円まで上がってしまいましたが、それでも安い!こっちの方がおすすめです。

2点セットの旧モデルで検索すると、人気ブランドのRIDEまで出て来ました!!

ざっと2点セットでチェックしていくと、SALOMON、RIDE、HEAD、SIMSを見つけることができます。
こうした2点セットで名の知れたブランドを見つける方法が良いと思います。

先にも伝えましたが、ツインチップの板でもスタンス位置を2センチほど後ろにするセットバックすれば、初心者は十分に対応できます。
また、長さに関しては、ボードを自分の真横に立ててみて、アゴぐらいの高さがいいでしょう。
例えば、僕は身長が165cmですが、ボードの長さは、152cmあたりがベストだと考えています。平野歩夢選手は僕とほぼ同じ身長ですが、彼は150cmのバートンのカスタムに乗っています。(以下クリックでバートンのページへ)

icon icon

身長が170cm台の方なら、ボードの長さは154cm~156cmあたりが良いかと思います。
あとは、初心者なら短めが有利とか、パウダーなら浮きやすい長めが良いなど、いろいろ考慮するポイントはあります。
詳しいボードの選び方は、以下ページ『スノーボード初心者 板の選び方 5つの要素 安い3点セットは気を付けよう』をご参考ください。
また、そのページにある体重、身長によるボード(長さ)目安表も付けておきますので、そちたも参考に。

https://dmksnowboard.com/wpdmk/wp-content/uploads/2017/11/boardlenghth.pdf

僕が初心者の方におすすめしたいブーツは、バートンならBOAタイプで履きやすいルーラーです。
新しいルーラーは、価格が46,200円になりますが、このブーツはシーズン中に20日間履いても4シーズンくらいは楽に行けるような気がします。バートンの中では、真ん中ぐらいのレベル、あるいはその下になるのですが、初心者から中級者に最適で、上級者でも満足できると思います。
またバートンにはその下レベルのモトというモデルがあり、そちらの方はさらに安い36,300円です。ただ、そちらはBOAが1つだけでサイズ調整するようになっていて、僕としてはあまりおすすめしません。どうせなら、頑張ってルーラーを買いましょう!

ルーラーとモトもノーマルの足サイズのタイプと幅広に応じたワイドがあります。自分の足は幅広という方は、ぜひワイドを選ぶといいでしょう。
以下、画像をクリックすると、僕が初心者におすすめするルーラーの公式販売ページへ飛びます。ぜひご参考にしてみてください。

icon icon

その他、有名なスノーボードのブーツメーカーには、DEELUXE(ディーラックス)、THIRTYTWO(サーティトゥ)、VANS、DCなどがあります。
1つのメーカーの絞らず、様々なメーカーのものを試して、自分にはどこのブーツが合うのか、チェックしてみましょう。

ブーツの選び方に関しては、以下ページに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

※スノーボードの専門誌が出している最新カタログ号では、22-23の新しいギアが紹介されています。1,500円でご購入できますので、ぜひそちらの方も参考にしてみてください。よけいに迷っちゃうかもしれませんが、楽しいギア選びのトリップに行けますよ!(以下、画像リンク参考)

飯田房貴(いいだ・ふさき) プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴37シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ、ウェブ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWingでは、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、レッスンも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして、世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!2020年から英語版ハウツーを開設。
著書に『スノーボード入門 スノーボード歴35年 1万2000人以上の初心者をレッスンしてきたカリスマ・イントラの最新SB技術書』 、
スノーボードがうまくなる!20の考え方 FOR THE LOVE OF SNOWBOARDING』がある。

広告