ワールドカップNZ大会現地レポート 1,2フィニッシュで沸いた舞台裏の真実

 

日本人の1、2フィニッシュでスノーボード界だけでなく、一般メディアまで大きな話題を振る舞いたニュージーランドで行われた男子スノーボード・ハーフパイプW杯。
戸塚選手、平野選手の表彰台は、日本中のスノーボード・ファンに夢を与えたが、一方、そこには見えていない舞台裏の真実もある。

平岡卓の後援会の会長で、長年、ワールドカップ、オリンピック大会を視察して来た山田 幸彦氏が、現地ニュージーランドでワールドカップ「生」観戦。これまでメディアが伝えて来なかったディープな内容レポートを自身のフェイスブックで発表した!

現地視察した関係者ならでの興味深いレポート。山田氏に許可をいただき、ここにリリース!!

Report & Photos: 山田 幸彦(HOOD,INC 代表)

今回、遠かったけど久しぶりで南半球のFISワールドカップNZ大会に、卓や日本チームを応援に行って本当に良かった。
昨シーズンはいろんな事があって、すごく心配した年だったけど、今こうやってワールドカップの初戦を迎えられ、これまでたくさんご心配いただいた方々、またチーム再編成に向けてご尽力いただいた皆様に本当に感謝したいと思います。

ちょっと長くなるけど、日本チーム全員の滑りを生で見てきた者として、僕なりにWC杯の決勝を振り返ってみました。
予選の結果は、すでにたくさんのNEWSやSNS等で発信されてますので省略させてください。

>>>> 続きを読む

W杯スノーボード・クロス アルゼンチン大会ハイライト動画

 

雪上の格闘技とも言われるスノーボード・クロス。
4人の選手が一同にスタートし勝敗を決める戦いはスリル満点。

アルゼンチンで行われたワールドカップでのスノーボード・クロス男女のハイライト動画がアップされたので、ご紹介しよう。

女子リゾルト
https://data.fis-ski.com/dynamic/results.html?sector=SB&raceid=14191

男子リゾルト
https://data.fis-ski.com/dynamic/results.html?sector=SB&raceid=14192

2017-2018 OGASAKA Snowboards PV Vol.2がアップ!DVD無償配布実施中!!

 

2017-2018 OGASAKA Snowboards プロモーション・ビデオ Vol.2がアップ!
OGASAKA契約ライダー達の華麗な滑りを堪能しよう。

このビデオDVDは、OGASAKA Snowboards通販サイトで無償配布を実施中!くわしくは以下ページから。
http://www.ogasakashop.com/shopbrand/54/

ワールドカップで活躍するBurtonライダー使用ボード

 

ニュージーランドで行われているワールドカップでバートンチームライダーが活躍!
先日の女子スロープスタイルでは鬼塚雅が準優勝、女子ハーフパイプでは、クロエ・キムが優勝、ケリー・クラークが準優勝。
さらに男子ハーフパイプでは平野歩夢が準優勝した。

ショーン・ホワイト、ベン・ファーガソン、平野歩夢など彼らが愛用しパフォーマンスを引き上げているスノーボードってどれだろう?

バートン・ジャパンからいただいたリリースをご紹介しましょう。

>>>> 続きを読む

【動画】TAKERU OTSUKA NZ TRIP 2017

 

Burtonが期待するルーキー達を集めた世界アップカマー7人で編成されるチーム『KILROY』に所属。世界の雪山でスノーボードのスキルを磨く高校生、大塚健。
この夏にニュージーランドを訪れた際の映像がQuest Snowboard Academyから公開!

撮影された映像、編集も素晴らしく見応え抜群の作品!!

 

気軽、軽い、値段が手ごろ!Sandbox LOW RIDERは新たなカテゴリー・ヘルメット

 

欧米では、もはやヘルメットをするのは当たり前なところがあるけど、まだまだ日本でのヘルメットの浸透率が低い。
「ヘルメットってカッコ悪い」とか「ヘルメットをするのってバリバリにうまい人だけでしょ?」なんて、意見も聞かれる。
そんなあなたには、ぜひSandboxのLOW RIDERというモデルを知ってほしい。
これは、ヘルメットに似た新カテゴリーの頭を守るギアとも言える。しかも、オシャレ!

そもそもSandboxが、ヘルメットに参入したというきっかけは、スノーボーダーの方にヘルメットをかぶってもらうことだった。
今では、カナダでは最もスノーボーダーに人気が高いヘルメット。特にフリースタイラーに人気が高く、その飛び火はスノーボーダーに留まらずスキーヤーにも及んでいる。

>>>> 続きを読む

W杯1、2フィニッシュを決めた戸塚、平野のハイライト動画!オリンピックの鍵となるトリックは?

 

ニュージーランドのカードローナで行われたワールドカップ男子ハーフパイプ、トップ3選手のハイライト動画。

改めて振り返ろう。1、2フィニッシュを決めた戸塚優斗、平野歩夢の決勝ルーティーン。

平野歩夢
バックサイド・インディ→フロントサイド・ダブルコーク1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド・ダブルコーク1260→バックサイド540

戸塚優斗
フロントサイド1080→キャブ・ダブルコーク1080→フロントサイド1260→バックサイド540→フロントサイド・ダブルコーク1080

オリンピックの鍵となるトリックは?

平野は最初の1本目、巨大メランコリーを狙ったいってようだが、バランスを崩しインディで対応。
しかし、2つ目のフロントサイド・ダブルコーク1080は鮮やかに決めて、すでにランを落ち着かせることに成功している。このあたりはさすが。
さらにキャブ・ダブルコーク1080からのフロントサイド・ダブルコーク1260という高回転のオンパレードで迫力を感じる。

戸塚は、全体的なランの印象としてパーフェクト感があり、また1080以上の技を4つも入れている点で、平野を上回った。しかし、一方の平野は2本目に失敗こそしたが、フロントサイド・ダブルコーク1440(ヨーロー・フリップ)をトライしたということで、より高いレベルを目指しオリンピックへ向かっている。

ヨーロー・フリップと言えば、あの前回ソチ五輪でユーリ・ポドラチコフが決めた技で、あの時、多くのスノーボード関係者は、「ユーリは、その技だけが強調され平野よりもジャッジングの得点は上回ったが、平野の方がより高い演技をした。」と言われた。

平野にしてみれば、あの二の舞はしないとばかりに、フロントサイド・ダブルコーク1440を習得に励んでいるのかもしれない。
今後、大会で決めるのも時間の問題ではないだろうか。

4年前のオリンピックに比べて男子ハーフパイプも着実にレベルアップ。フロントサイド・ダブルコーク1440は1つの大きな鍵となるトリックとなりそうだ。

 

【動画】NZワールドカップ女子トップ3ハイライト オリンピック展望

 

ニュージーランドのカードローナで行われたワールドカップ女子ハーフパイプ、トップ3選手のハイライト動画。

優勝を逃し2位に甘んじたケリー・クラークだが、やはり一発目の高さあるエアー、力強さは他を圧倒する印象。
フロントサイド1080は着地がやや乱れたところもあったが、決めるあたりはさすが女王。
最後に決めたコークは、オリンピックでダブルコークを決める布石か。

一方、優勝したクロエ・キムは、全体的に乱れなくスムースに決めることに成功し、優勝につながった。
メソッドからのフロントサイド1080、さらにキャブ720、アーリーウープ、そして最後はマックツイスト。

当日は、悪天候で選手も本来の実力を出すのが難しいコンディションであったと言われているが、そんな中でもスムースに決めることができたクロエに軍配が上がった。

オリンピック女子ハーフパイプ展望

今回、スムースなランでクロエが優勝したように、オリンピックでも、ちょっとしたミスが致命傷となりうることが予想され、選手はオリンピックまでに持ち技の完成度をどこまで上げるかが、勝負の鍵となるだろう。

肝心のルーティーンとしては、フロントサイド1080からのキャブ1080という1080コンボが出そうな感じがする。
実際、クロエは今回決めることできなかったが試みていて、すでに練習では何度かメイクしているようだ。

また、女子の方でもダブルコークなど縦回転による高難度トリックが出て来ることは間違いなし。
フラットスピンでは900から1080、さらにダブルコークなど3D系トリックを織り交ぜて、ルーティーンを組み立てることが予想される。

石川敦士が始動!最新スノーボード・ムービー【RE:】(アール・イー)

 

石川敦士が始動!
【RE:】(アール・イー)初のフルレングスムービー予告編第1弾が公開!

石川敦士と言えば、SCLOVER(スクローバー)作品を通じて長年に渡り日本のスノーボード界を牽引。しかし、なぜ今、SCLOVERという形でなく、RE:という新プロジェクトを立ち上げたのか?

「SCLOVERの中心メンバーから新たなジェネレーションへ。そして、【RE:】start(リスタート)という意味が込められています。
【RE:】のコンセプトはSCLOVER時代から変わらず、若いライダーのバックアップ!
ムービー・スター、フィルム・プロダクションを通したDVD販売の時代から、SNSで個人発信できる時代に変わりました。今では誰でも自分の表現をSNS上にアップしています。
【RE:】は変わらず撮影クルーを持ち、シーズン通して撮影をクルーで行なっています。吐き出し方はDVDではないですが、これからショートムービーだけでなく、フルレングスムービーも配信して行きます。
そして、これからを目指していくライダー達の一つのプラットホームになれたら、と思っています。」

Riders
石川敦士[Atsushi Ishikawa]
壁田竜一[Ryuichi Kabeta]
瀧川 航[Kou Takikawa]
宮澤悠太郎[Yutaro Miyazawa]
齋藤一也[Kazuya Saito]
井前直樹[Naoki Inomae]
&Friends