スノーボードのビンディング ハイバック(フォワードリーン)角度の調整

スノーボードのビンディング(バインディング)設定には、主にスタンス幅と角度設定があります。
また、今回ご紹介するハイバック角度の調整(※フォワードリーン調整とも呼ばれる。)があります。

スタンス幅やスタンス角度は、具体的にセンチ単位や度数が表示されるので、わかりやすいです。一方、このハイバック角度の調整方法は、ビンディングのメーカーによってまちまちで、一般の方にわかり難くなっています。

明確な角度で表示されないことが多いので、こんな会話になってしまいます。

「オレは、フォワードリーンの角度を結構入れている」とか、
「僕は、1メモリだけ入れています。」とか、
「私は、だいたい真ん中くらいかなあ。」
なんて。

会話をする当事者たちが、同じメーカーの同じような種類のビンディングを使用していれば話は通じるけど、そうでない場合、根本的な設定などがまちまちなので、感覚に頼ることになります。

ちなみに同じメーカーの同じモデルでも、シーズンによって調整方法が変わることがあります。
例えば、ギザギザがあるブロック状のもので調整していたものが、翌年はダイヤルのようなものを回して調整するようになったりなど。

そこで、まずは基本的な考え方として、フォワードリーンを入れると滑りにどんな影響を与えるのか、お伝えします。

ハイバック(フォワードリーン)角度を入れるとよりキレる滑りがしやすくくなる

ハイバック(フォワードリーン)角度の調整は、特にハイバックを利用してエッジングするヒールサイド(カカト側)のターンで影響を及ぼします。
ふくらはぎがハイバックにより掛かる運動が加わり、フォワードリーンを入れた場合、より強いエッジングを得れるのです。
結果、キレるターンができます。

感覚的には、常に足首を曲げれるように、道具(ハイバック)が求めて来るので、力強いターンができる一方で筋力の疲れも伴います。

ハイバック(フォワードリーン)角度を入れないととズラしやすい

一方でハイバックを立てた場合。つまりフォワードリーンの角度が、おそらく買ったままの状態だと、棒立ちのような姿勢が取りやすく、その結果ボードはズラしやすくなります。

逃げやすいという印象もあります。

常にリラックスしたような立った姿勢ができるので、感覚としては楽。

例えばボックスやレールなど強いエッジングを使わないケースでは、 こうした逃げやすい設定が有効になります。

次にプロ・スノーボーダーやインストラクターが実際にどのような考えを持って、フォワードリーンの調整しているのか、具体例をご紹介していきましょう。

フリースタイル派はフォワード角度入れない傾向

もちろんすべてのフリースタイルライダーが当てはまるわけではないですが、多くのフリースタイルを愛好するライダーたちは、フォワード角度入れない傾向です。

ウィスラーで滑っている中村一樹プロは、キッカージャンプからジブまでこなすライダーですが、角度はまったく入れない。立てたままにしている、とのことでした。

また、マイルン動画でお馴染みの中谷ルンちゃんは、元々スロープスタイルの選手でもあったけど、その時には一樹プロ同様に角度を入れなかったとのこと。
しかし、最近はちょっと入れるようにしていて、また様々なシチュエーションでより角度を入れることも考えています。

例えば、アイスバーンの時やバンクドスラロームのような大会では、強いエッジングが求められるので、フォワードリーン角度を入れてみたいとのことでした。

前足以上に後ろ足を入れる派が多い

実を言うと、フォワードリーンの角度は、前足と後ろ足を同じにせず、後ろ足により角度を入れるというライダーも多いです。
この春、出会ったデモンストレーター界の巨人、ラマさん(平間和徳)もより後ろ足を入れる派です。

スノーボードは、後ろ足の方がしっかりと曲げるライディング・シチュエーションが求められるケースが多いので、このようなライダーが多いのでしょう。

ハイバックの角度を入れたことがないという方は、両足を入れてみるのもいいけど、まずは後ろ足だけ入れてみるのも手ですね。

ハイバックの角度はブーツ角度分だけ入れるというインストラクター

僕の友人のスノーボード・インストラクターは、ハイバック角度は、スノーボード・ブーツの本来持つ角度に合わせると言います。
確かにスノーボードのブーツは、一見すると突っ立っているようなデザインですが、実を言うとちょっと前寄りに角度が入っています。

この表現方法は、ひじょうにわかりやすいですね。
先にご紹介したように、スノーボードのビンディング・メーカーによって角度設定の方法は様々だから、早い話、ブーツの角度分だけ入れれいいや、という考え方です。

そうすると、結果的には立ったところから、ほんのわずかだけ入れるという形になります。

以上、これまであまりフォワードリーンを考えてアジャストしていなかった方は、ぜひ参考にしてみてください。

グなら可能なのか、尋ねてみましょう。

飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴35シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWingでは、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、レッスンも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!
AmazonのKindleストアで最新書籍『スノーボード入門 スノーボード歴35年 1万2000人以上の初心者をレッスンしてきたカリスマ・イントラの最新SB技術書』絶賛販売中!!

電子書籍は、パソコンやスマートフォン・タブレットなどで閲覧できます!いつも自分が使っている端末をそのまま使うことができますので、ぜひみなさんご購入を検討されてみてください。