ホーム タグ マーカス・クリーブランド

タグ: マーカス・クリーブランド

マーカスがナックルでノーリー1440!?

0
マーカス・クリーブランドの最新の動きが、いつも見逃せない。今日は、ナックルでノーリー4回転!?ということは、1440も回しているのか。グラブつかみ損ないも、転んでいるところも、逆に勢い感じさせるフッテージで魅力的だ。 この投稿をInstagramで見る Juices it a bit...

マーカス・クリーブランドがスキー仲間とナックルでセッション!

0
今や欧米のフリースタイルシーンでは、スキーヤーとスノーボーダーがお互いリスペクトし合いセッションするのは、普通のシーン。 そんな中、ノルウェーが生んだ天才ライダー、マーカス・クリーブランドが同国出身のプロ・スキーヤーと共にナックル・セッションを行う。その様子、Norwegian Knuckle Delights with Kleveland, Bråten & TjäderをRed Bull Snowがアップ!マーカスはもちろんうまいけど、スキーヤーのレベルの高さにも、本当驚かされる。 https://youtu.be/RdA-0MH0pf4 Skier: Øystein Bråten, Jesper TjäderRider: Marcus Kleveland

初雪で待ちきれずに裏庭ボーディングするマーカス

0
今季は世界各地で、寒い冬の兆し!そんな中、ノルウェー出身の天才ライダー、マーカス・クリーブランドが住むところでも早くも初雪。早速、裏庭でスノーボーディングを楽しんだ姿がインスタからアップされた。 この投稿をInstagramで見る First snowfall! Making the...

逆エッジもトリックに見せるマーカスのテクニック

0
この映像、あり得なくない!? この投稿をInstagramで見る Make? Vid: @petterulsletten ...

マーカス・クリーブランドが対空時間長めのレイバック

0
冒頭、身体を寝かせながら一瞬何やっているの?と思ってしまったが、しっかりとレイバックを決めていたのだ。 まるで両足を投げ出し、ベッドの上でリラックスしたポーズのよう。この対空時間が長めのレイバックができるのは、マーカス・クリーブランドならではの技! この投稿をInstagramで見る Saturday vibes... Laid back...

マーカス・クリーブランド BTS RED BULL SHOOT

0
クローズしたスキー場を利用して、RED BULLの協力の元、3日間のシューティングに挑むマーカス・クリーブランド。そのビハインドシーンを収めたBTS RED BULL SHOOT。 今、最もノリに乗ったプロ・スノーボーダーの最新ライディング映像は注目だ。 https://youtu.be/HzHkG3KPrD8 20-21 NITRO ナイトロ BEAST × VOLCOM 151 155 158 157 ミッドワイド ビースト × ボルコム ツイン キャンバー メンズ 板 2021 マーカス・クリーブランド...

サイドヒッツを気持ち良さそうに飛びまくるマーカス・クリーブランド

0
スノーボーダーなら大好きだろう!サイドヒッツを気持ち良さそうに飛びまくるマーカス・クリーブランドの動画、『Feel-good side hits with jibmaster Marcus Kleveland in Stryn』がRedBullメディアからアップされた。 https://youtu.be/SZMhCZ0MIbk サイドヒッツは、人工的に作られたパークのジャンプ台とは違って自然の地形を利用して作られたジャンプ。そのサイズも大小様々だが、もっともスノーボーダーの技量が問われる。 というのもパークのキッカーは、そのアプローチの長さやスピード、キッカーの大きさによりある程度、どのライダーでも同じような飛距離のジャンプとなる。一方サイドヒッツの場合、蹴り方のタイミングが合わなければ、例え脚力があっても小さなジャンプになりがち。逆にうまく合わすことができれば、まるでスーパーマリオのゲームのように、ピョーンと急激に飛ぶことだって可能だ。 意外に知られていないが、比較的に安全なアイテムでもある。というのも、パークのキッカーの場合、技術がなくても大きく飛べてしまうので、度胸だけで技術がない勘違いスノーボーダーが、大きな怪我をしてしまうことがある。一方のサイドヒッツは、うまくなければ高く飛ぶこともできないので、初心者ジャンパーなら低いジャンプで危険度も弱まるというわけだ。 さらにサイドヒッツの良いことは、パークならジャンプできる回数が制限されるが、サイドヒッツはゲレンデによって無数に広がっているので、パークの何倍もジャンプ練習ができてしまう。まさにフリースタイル入門の最高の道場とも言えるわけだ。 90年初め、まだゲレンデにパークがない頃は、多くのライダーたちは、サイドヒットでフリースタイル技術を高めたものだった。現代でも多くのライダーたちに愛されるサイドヒッツ。ぜひ、今回のマーカスの映像を参考にしてみよう。 19-20 NITRO / ナイトロ BEAST×VOLCOM マーカス・クリーブランド メンズ 板 スノーボード 2020posted with カエレバ楽天市場Amazon
CSBA

 

DMKSTORE