ホーム タグ マーカス・クリーブランド

タグ: マーカス・クリーブランド

北京オリンピック スノーボード完全観戦ガイド【ビッグエア編】

0
ビッグエアは90年代の中頃から注目されるようになり、スノーボード競技の中でもとても人気が高いです。雪山だけでなく都市でも開催されるため、かつては東京ドームで開催したこともありました。最も有名で伝統的なビッグエア大会は、1994年にオーストリアのインスブルックで始まったAIR+STYLE(エア+スタイル)です。オリンピックでは、先の平昌オリンピックから採用されました。 競技説明 選手は、49メートルという高いところから、まるでジェットコースターのような40度という超急斜面を下り、発射台から大きなジャンプを披露するジャッジング競技。ジャンプの飛行距離は36メートル以上に達することもあり、見る者も壮観です!ジャッジは6人いて、最高点と最少点のスコアは除外され、残り4人の中スコアを合算されます。このことによって、極めて高いスコアを出したものと極めて低いスコアを出したものが省かれ、より公平なジャッジングができると言えるでしょう。例えば、ある選手のジャンプ(演技)得点は、6人のジャッジに、以下のような評価を受けたとします。86点、83点、82点、84点、83点、78点すると、最高の86点と最低の78点が省かれ、残りの4つのスコアが計算され、そこから平均得点が出せれます。その選手のスコアは83点となります。その他、ヘッドジャッジというリーダーがいて、事前にどんなトリックがどれくらいの点数になるのか相談する指導をしたり、あるいはもしも6人のジャッジがおかしな採点をした時に修正するようなアドバイスもしています。 予選では、2本滑ることができ、最高得点が採用されます。各選手は、決勝に残るトップ12位までに入れるようにエアを放ちます。また決勝では、12位の選手から滑るので、そのへんの駆け引きも必要になります。後から滑る選手は、前の選手よりも良いエアを披露すれば、より上の順位に行けます。だから、決勝では比較的に後に滑る選手の方が有利になるのです。過去には、予選でギリギリ通過した選手が優勝したこともありましたが、通常は予選で6位ぐらいまでに入った選手たちの争いになります。 決勝では、3本滑ることができるのですが、選手は同じ方向の回転技ができません。スノーボードの回転技は、正面側から回るフロントサイトと呼ばれるスピン・トリックと背中側に回るバックサイドと呼ばれるスピン・トリックがありますが、同じスピン技を放っても得点にならないということです。例えば、ある選手は最初にバックサイド1620を決めて得点を加えたら、今度は同じバックサイド技を放っても得点にならないので、フロントサイドで1440を狙ったりします。そのフロントサイドの技が残念ながら転倒した場合には、そもそもそのフロントサイドの技の得点スコアがかなり低いので、もう一度狙ったりするような展開になったりします。ようは、ある選手が得意な技があっても、まったく同じ技では得点を伸ばせないというルールです。 以上のような点を理解して観戦すると、よりビッグエアという競技が楽しめると思います。 ちなみに減点対象としては、完全に転倒した場合にはかなり低いスコアになります。一方でちょっと手が付いただけなら、ややスコアを低くするぐらいになります。その手の付き方もソロっとなのか、かなり手を付いたことで転倒を防いだのか、そのへんの評価もジャッジに委ねられます。ともかく選手は、ストンプと言って、かなり安定した着地をすることが、より高得点になります。もちろん、より難しい技を行えば、着地も難しくるなるので、そのへんが難しいところ。2021 世界選手権のスコアを見ていると、バックサイドで1620、フロントサイドで1440あたりまで回せば上位のスコアとなっています。しかし、オリンピックでは、さらにその上のスピン数ということになるでしょう。おそらくは、1800回転での争いになると思います。ちなみにカカト側で蹴って、ジャンプにつなげることが多いフロントサイドのトリックは、つま先側で蹴ってジャンプをするバックサイドよりも回転数が低くなる傾向になっています。ワールドカップなど見ていて、バックサイドでのスピン数が、フロントサイドよりも回転数が増える傾向があるのは、このアプローチでの「つま先側」「カカト側」に影響されているのです。 さらに選手は、ジャンプをしている時にボードをグラブしますが、そのグラブする箇所でも難易度が変わって来るので、ジャッジングはそのへんも細かくチェックしています。 会場:ビッグエア首鋼(首钢滑雪大跳台) ビッグエアイベントは、首鋼工業団地にあるビッグエア首鋼(首钢滑雪大跳台)で開催されます。 会場は世界初となる常設ビッグエア施設で、大会終了後は一般の人々がレクリエーション目的で使用する予定になっています。このプラットフォームは、北京のダウンタウンに位置する唯一のスノースポーツの競技会場です。きっと北京からも多くの市民が、空を舞うスノーボーダーたちに声援を送ることでしょう。 この投稿をInstagramで見る Beijing...

X GAMESビッグエアはマーカス・クリーブランドが金メダル!初参加の長谷川帝勝は6位

0
X GAMESビッグエアはマーカス・クリーブランドが金メダル!フラットスピンでのバックサイド1800を敢行した。(※高回転になるほど縦回転を入れないスピンは難易度がアップする。)初参加の長谷川帝勝は果敢に攻めたが6位に終わった。若武者にとってこの経験は大きい。来季もぜひX GAMESに参加してリベンジしてほしい。 https://youtu.be/bbiAqaDalwY https://youtu.be/xIgDzNiI1x8 https://youtu.be/7igSVWLDo8Y Men's Snowboard Big Air Final RankNameRun 1Run 2Run 3Run 4Run 5Best Two1Marcus Kleveland42.0036.0011.0040.0012.0082.002Max Parrot40.0034.0011.0037.0041.0081.003Rene Rinnekangas41.0039.009.0013.0010.0080.004Mark McMorris12.009.008.0035.0014.0049.005Mons Røisland11.0013.0032.0010.0010.0042.006Taiga Hasegawa20.009.0016.0010.009.0030.007Sven Thorgren10.0014.0010.0024.008Chris Corning8.0010.009.0018.00

X GAMESスロープスタイルはマーク・マクモリスが金メダル!

0
やはりこの男は大一番で強かった。本日、コロラドのアスペンで行われたX GAMESスロープスタイルはマーク・マクモリス(カナダ)が金メダルを獲得!北京オリンピックに向けて大きな弾みを付けた。銀メダルにはマーカス・クリーブランド(ノルウェー)、銅メダルにはスヴァン・ソーグレン(スウェーデン)とお馴染みの実力者が揃った。以下、トップ3のメダルランとハイライト動画。 https://youtu.be/nZB62qlkAcM https://youtu.be/R5-j4cCMyJE Jeep Men's Snowboard Slopestyle Final RankName1Mark McMorris2Marcus Kleveland3Sven Thorgren4Red Gerard5Rene Rinnekangas6Darcy Sharpe7Max Parrot8Ståle Sandbech9Mons Røisland10Dusty Henricksen

絶体カムバック不可能と言われたマーカス・クリーブランドの復活劇ストーリー

0
絶体カムバック不可能と言われた怪我を負ったマーカス・クリーブランドの復活劇ストーリーを記したドキュメンタリー動画、PUNKTUM。最初にドクターが、マーカスのヒザをメスで開いた時、あまりにも酷い状況で、治すのは不可能だと思ったと言う。しかし、手術した後、ドクターは歩くことが可能になるだろう、と思い、またいつか友人といっしょに楽しくスノーボーディングができるだろう、と思った。そんなマーカスが、まさか現在のように世界トップレベルでスノーボードができるまで復活するとは! https://youtu.be/CqBNQAFUA6g 動画を見る

マーカス・クリーブランドが1980を披露!世界の選手がこの秋にレベルアップ急上昇!!

0
先日、中国の選手、杨文龙(Yang Wenlong)が、バックサイド・クワッド1980をメイクしたことで話題となったが、スロープ王者のマーカス・クリーブランド(ノルウェー)もバックサイド1980を披露した。 この投稿をInstagramで見る Marcus Kleveland(@marcuskleveland)がシェアした投稿 この秋から冬に掛けた時期、世界のトップ選手たちは、イタリアやスイスなどで雪上トレーニングを行っているのだが、スロープスタイル&ビッグエア選手も、ハーフパイプ選手も軒並みこれまでにないスーパートリックを決めている報告が増えている。 「これまでできなかった技が、急にできるようになるものなのか?」と思われるが、おそらくは夏場のトレーニング姿勢で練習し、北京オリンピックの今季、遂に解禁して披露したというのが真相ではないだろうか。 またこのスイスのパーク施設がひじょうに良いようで、選手もこれまで以上のパフォーマンスが発揮できるようだ。 以下は、ジャパンチームからの最新動画。ここからも彼らの成長ぶりが伝わって来る。果たして、各選手レベルアップする中で、果たしてオリンピックでは誰がメダルに輝けるのか。新たにネクストレベルに上昇したスノーボーディングが、全世界の人に驚きを持って伝わるのは時間の問題だろう。 https://youtu.be/7F53bRMy40k イタリア...

レースカーでスノーボードの集中感覚を補うマーカス・クリーブランド

0
ノルウェーが生んだ若き天才ライダー、マーカス・クリーブランドをフューチャーする最新動画、『Marcus Kleveland is obsessed with speed | Dual Focus Episode 3』。 このデュアル・フォーカスのシリーズ動画は、あるプロ・スノーボーダーが、もう1つのハマりモノを紹介するコンテンツ。マーカスの場合は、何よりスピード愛好家で、レースカーでスノーボードの集中感覚を補うという。 おそらくレースカーを運転をしながら、攻めるスピード・ライディングを成長させる役目があるのだろう。なかなか興味深い内容だ。 スノーボーダーにとってはオフシーズンはちょっと寂しいものだけど、みんなも何か、スノーボーディングの役に立つ遊びをするといいのでは! https://youtu.be/9Fs9gyrbcak Subscribe to Red Bull Snow on Youtube: https://win.gs/SubToRedBullSnow

マーカス・クリーブランドが表現するビデオ向けのスタイリッシュ・トリック4連発

0
今季、ワールドカップなど世界のコンペティションシーンで大活躍したマーカス・クリーブランド。FISランキング王者にも輝き、1年後に迫った北京オリンピックまで絶好調シーズンだった。 そんなマーカスは、これまでにもインスタ等で数多くのスタイリッシュな映像を見せて来た。とりわけ有名なのが、キッカーのランディング部分ナックルを使ったトリックだが、そんなマーカスが、今回はビデオ向けのスタイリッシュ・トリック4連発を披露。 一発目はインディでフロントスピンを掛けたと思ったら、そこからジャパンにまで発展させるトリック。これが、超カッコいい!2発目は、ただ空中で身体を棒立ちするだけのスピントリック。3発目は、キッカーを使ったバタートリック。日本向けで言うと、キッカーでグラトリという感じかな。そして、4発目は、グラブもせずにひたすら高回転スピン。 この後の5発目以降は、いわゆるノーマルなスロープスタイル大会向けの技の繰り出し方になるけど、こうした引き出しの多いスタイルが、マーカスの魅力。世界中の多くのスノーボーダーからリスペクトされる要因だろう。 この投稿をInstagramで見る Marcus Kleveland(@marcuskleveland)がシェアした投稿