冨田せな表彰台まであと一歩!W杯4位に

 

アメリカのコロラド、カッパーマウンテンで行われた女子ハーフパイプで日本の冨田せなが大健闘!
表彰台まであと一歩となる4位に入った。

優勝は、バック・トゥ・バック1080を決めたクロエ・キム(アメリカ)、2位は、マディー・マストロ(アメリカ)、3位は、ケリー・クラーク。

女子ハーフパイプ結果
http://medias1.fis-ski.com/pdf/2018/SB/7326/7326RLF.pdf

 

@chloekimsnow wins @coppermtn #halfpipe #snowboardworldcup again. here is why!

FIS Snowboard World Cupさん(@fissnowboard)がシェアした投稿 –

 

【動画】マクモリス優勝!Banana Openハイライト

 

中国で開催されたスロープスタイル大会、Banana Openハイライト動画。

優勝はマーク・マクモリス、2位にステール・サンドベック、3位は、トルゲイル・バーグレム。
日本勢では、大塚健が5位、稲村奎太が11位だった。

 

【動画】トースタイン・ホグモ Snowboarding epicness

 

コンペティションから身を引き、これからはさらに映像でスタイリッシュなライディングを伝えるトースタイン・ホグモの最新動画、Snowboarding epicness。

ストリートからバックカントリー、パークも!
いつ見てもトースタインの映像は、気分が上がる。

ベスト・パウダーボード賞にHightide MFG Draft Dodger選ばれる!

 

世界のリーディング・スノーボード専門誌トランスワールド誌が認めるベスト・パウダーボード賞Best Powder Boards of 2018に、DMKでもオススメするカナダのハンドメイド・ブランドHightide MFGのDraft Dodgerが選ばれた。

これまで数多くの賞に輝いたHightide MFGだが、本当にトランスワールド誌のテスターたちに愛されているようだ。
専門誌に広告も出せないような小さな会社が、名誉ある連続受賞となった。

その他に選ばれたのは、Bataleon The Surfer、MISS Snowstick Performance Quad 54、Nitro Squash 153、SPring Break Tree0Hunter Miniとなっている。

 

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187


http://dmksnowboard.com/hightidemfg/

【動画】Burton Presents: The Thinkers ダニー・デービス、マーク・ゴンザレス

 

Burtonからリリースされた最新動画、『The Thinkers』。
ダニー・デービスが、マーク・ゴンザレスのところを訪ねた様子を紹介しているようだ。

マーク・ゴンザレスと言えば、1980年代後半から90年代において、最も影響力のあるスケートボーダーとして人気。デザイナーとして
ストリートファッションカルチャーを作り上げた人物としても知られる。
彼とのコラボ商品はやたらと人気にもなり、Burtonのダニー・デービスのシグネチャー、DEEP THINKERでも採用されている。

フリースタイルを楽しみつつも、パウダーでも力を発揮できると評判の板。

 

2つ目のメダルに向かって!大久保勇利がW杯予選1位通過!!

 

先日、ドイツのワールドカップで2位に入った大久保勇利が、またまた大仕事を成し遂げた!
ワールドカップのビッグエアーで予選2組に出場し、見事に1位通過を果たしたのだ。

予選2組には、クリス・コーニング、ライアン・スタッセル、カイル・マックなど地元アメリカ勢の強力選手がいて、かなり手強いヒートとなっていたが、大久保はバックサイド1620という高回転トリックを決めて、94.66というハイスコアで予選1位突破!

予選1組で1位通過を果たしたカナダのマックス・パロットでも90点止まりとなり、この日、最高得点で決勝へ弾みをつけた。

期待されていた国武大晃は、2本とも失敗ランに終わり、49位に終わった。

男子予選結果
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2018/SB/7325/7325RLQ.pdf

@yuuriookubo #japanslopestylebigairteam #usgrandprix #copper 📷 @lee_ponzio

Japan Snowboard Teamさん(@japansnowboardteam)がシェアした投稿 –

 

W杯藤森由香が最高得点で予選1位通過!

 

コロラドのカッパーマウンテンで行われているワールドカップの女子ビッグエアー予選2組に出場し、藤森由香が、2本目で驚異のハイスコア92点を出し、見事に予選1位通過!
アメリカ、スロープスタイル女王も参加した中で、この日、誰よりも高いスコアとなった。

昨日の練習では、テーブルに落ちる転倒があり、お尻が腫れていて痛かったというが、1本目ではバックサイド720を決め、2本目では決勝に残るためにさらにスピン数を上げてバックサイド900を決めた。
Yuka Fujimori Officilal Blog

 

しかし、日本勢にとって喜ぶニュースはこれだけではなかった。
予選1組に出場した岩渕レイラも90点という高得点を叩き出し、見事に予選1位通過を果たしたのだ。

その他、日本勢では広野あさみは、大会で初となるフロントサイド900を決めるも点数が伸びずに28位に。残念ながら予選敗退となった。

成績を見ていただければわかるように、かつて表彰台の常連だったスペンサー・オブライアン、ヘイリー・ラングランドなども予選敗退となっていて、ここへ来て女子ビッグエアー戦線は凄まじいレベルアップがされているようだ。

女子予選結果
http://medias3.fis-ski.com/pdf/2018/SB/7324/7324RLQ.pdf

 

今日は予選です。 @yukafujiforest #japanslopestylebigairteam #usgrandprix #worldcup

Japan Snowboard Teamさん(@japansnowboardteam)がシェアした投稿 –