【動画】世界選手権金メダリスト ローリー・ブローインとは?

 

カナダのオリンピック放送ステーションでもあるCBC Sportsから、先日、スペインの世界選手権で金メダルを獲得したローリー・ブローインを紹介するインタビュー動画がアップされた。

インタビューアーが、世界チャンピオンになって変わったことを聞くと、
「私自身は何も変わってない。」と回答。

チャンピオンになったことをクールに自然に受け止めている様子。

ご存知のように、これまで女子のスロープスタイル競技では、プログレッションが弱いとも言われて来た。
何年もジェイミー・アンダーソンが女王であり、その決めトリックも男子のスロープのプログレッションとは比較にならないような同じようなものばかり。

しかし、近年の女子スロープスタイルは、アンナ・ガッサーが引っ張る形で、全体的にもの凄い進化を遂げている。
その中にあって、このローリーも突如出て来た印象だが、彼女は、オリンピックを目標にひじょうにハードな練習を積んで来てチャンピオンを狙っていた。

世界選手権では、キャブ・ダブルバックフリップもメイク。一昔前の女子では、考えられないようなトリックだ。
ローリーはインタビューの中で、「最近の女子のプログレッションは激しくなり、それはとても喜ばしいこと」と歓迎している。

来季のオリンピックでは、いったいどんな女子トリックが飛び出すのか。
ますますその進化から目が離せない。
その中にあって、このローリー・ブローインは要チェックのライダーである。

【動画】野沢のディープパウダーを満喫するザビエ・デラルー

 

世界最高峰のエクストリーム・スノーボーダーと言われるフランス出身のザビエ・デラルーが、来日。野沢温泉のディープパウダーを味わった。

この動画は、お馴染みDIYシリーズのチャピター8で公開されたものだ。

世界中のパウダーを食べつくしているザビエにとっても、
このパウダーの味は格別のものとなったようだ。
これぞ世界のスノーボーダーたちが目指すジャパウ。

Season two of Xavier De Le Rue’s DIY kicks off with JAPANUARY.

Timeline Missions

きっずsession2017@ルーデンス湯沢 3月26日開催まだまだ募集中

 

今年もプロライダーと一緒に滑りましょう。
初参加、大歓迎です。

日時 3月26日
場所 ルーデンス湯沢

募集50名(定員になり次第締め切りとさせて頂きます)

エントリー費5000円
*リフト・昼食代も含まれます。

エントリーはこちらのフォームからお願います。
http://www.ck4vm.com/kidsession/2017_03yuzawa.html

*きっずSESSION参加の保護者の方で、リフト券をお求めになる方は1日券が2.000円で特別購入できます。

*事前予約された方のみ(割引価格での当日の購入は出来ませんのでご注意下さい。)

募集対象キッズ
キッズ(男女・15歳まで)
・1人でリフトに乗ることができ、ゲレンデの初心者コースを滑れる元気なキッズボーダー!
・ターンは出来なくても可。初めてBOXやウェーブなどに挑戦したいキッズボーダー!
*滑走中はヘルメットの着用をお願い致します。
*参加の際は必ず保護者同伴でお願い致します。

参加プロライダー
米野舜士 浅野雅俊 加賀ひろき  高橋あおい 武井裕太

協力 ルーデンス湯沢 ALLIAN LIBTECH GNU

FISレース・ディレクターの上から目線発言に世界中で批判殺到!

 

遂に本音が出てしまったか。

スイスで行われたFISフリースタイルスキー世界選手権。DMKではこれまでわかりやすくスノーボード世界選手権というふうに紹介して来たが、正式名称は以上の通りでスキーのフリースタイル競技も行われている。FIS国際スキー連盟が主催するフリースタイルスキー(※スノーボードも含む)の世界選手権で、毎年数戦開催されるワールドカップと異なり、2年に1度だけ開催されている。

このスキー・スロープスタイル競技の進行中に、普段X-Gamesなどで活躍しているプロ選手たちが、大会の運営、コースの悪さ、イベントの貧弱さなどをFISレース・ディレクター、ジョー・フィッツジェラルド氏に訴えた。その時、ジョー・フィッツジェラルド氏は、選手の要望に腹を立て、「YOU GUYS DON’T DO ANYTHING!(お前たちは何もしないじゃないか!)」と発言。

その模様をビデオ撮影していた者がいて、スイスのフリースタイルチームのフェイスブックからシェアされてしまい、たちまち炎上!
現在、日本時間の朝8時の時点で、10万回も再生されて世界中のスノーボーダーからも大批判を浴びている。

「お前たちはテレビ放映をしない。お前たちはスポンサーにお金を払わない。お前たちは何もしない!」というコメントには、まさに現在のFISの実態が出てしまったようだ。オレたちが何ができるかということを決めるというフィッツジェラルド氏の言い方は、完全上から目線と言っていいだろう。
今後さらに大きな波紋を生み、大問題となるかもしれない。

これまでスノーボード競技種目は、無理やりな形でFISというスキー協会の傘下に入り、オリンピック・スポーツとして開催されて来た。そのことから様々な問題が発生。今後もスキー協会であるFISがスノーボードのオリンピック種目、スキーフリースタイルのオリンピック種目を管轄している限り、このような問題が再び出て来ることになるだろう。

そろそろスノーボーダーが。フリースキーヤーが。手を取り新しい団体を作り、オリンピック種目を動かす時が来たのかもしれない。

DMK FACEBOOKでスイスチームの投稿をシェア。この動画がご覧できます。
https://www.facebook.com/DmkSnowboardClub

 

 

Hightide MfgのAsymtripの未来シェイプ・ボードに選ばれる!

 

パウダー・リゾートとして知られるアメリカのジャクソンホールにて、毎年コアなイベント、JH PowWowが行われている。
このイベントは、スノーボード界のシェイパーが集まって、未来のスノーボード板シェイプを提案し合うというものだ。スノーボード好きなコアな連中が集まるイベントとして、これまで5回に渡って行われて来た。
参加するブランドは、Gnu、Jones、Never Summer、Arbor、Winterstick、Gentemstickなど。

その中にあって、SNOWBOARD誌が選んだ6つの未来シェイプ・ボードに、これまでDMKで何度か紹介して来た、Hightide MfgのAsymtripが選ばれた!
https://snowboardmag.com/stories/six-people-shaping-snowboardings-future-jh-powwow-jackson-hole-mountain-resort

Hightide Mfgは、ウィスラーから北上した片田舎ペンバートンというところで作られている。
一人ひとりに丁寧に作る板は、コアなライダーたちから強い支持を受けている。

このAsymtripボードは、これまでにも何度か登場し発売の可能性が示唆されて来たが、いよいよ今年、10月頃にリリース決定したもの。気になる方はお早めにお問い合わせを。

 

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187

addhighmfg
http://dmksnowboard.com/hightidemfg/

【動画】トミー再び登場!Sunday in the Park 2017エピソード11

 

カルフォルニアで暴れているトミー(Tommy Okubo)が、再びSunday in the Parkに登場!!

スタイリッシュなバック7など披露しているぞ。
しかも、スコッティ・バインの後って、「カッコ良過ぎ!」

instagramでローカルたちとショートムービーも作ってるので、ぜひチェックしてみよう!
https://www.instagram.com/tommyokubo/

Sunday in the Park 2017 : Epsiode 11 | TransWorld SNOWboarding

Riders: Kyle Kelley, Sam Buckmelter, Johnny Hancheck, Scotty Vine, Tommy Okubo, Melissa Evans, Mike Gray

 

【動画】The WKNDRS | Vail

 

タイラー・ニコルソン、マイキー・シカレリ、マーク・マムモリス、セベ・デ・バック、ベン・ファーガソン、レッド・ジェラード、ループ・トンテリ、US OPENで集まったライダーたちが、パークやパウダー・セッションを楽しむ動画、The WKNDRS | VailがSHREBOTSからアップ!

現代のスノーボード王子が結集し、スタイリッシュなライディングを披露する。

SHREDBOTS JAPAN FACEBOOK
https://www.facebook.com/shredbotsjapan

 

Shredbotsお問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187


http://shredbots.com/

PLENTY HUMANWEAR 春コレクションのキャンペーン・サイトがローンチ!

 

カナダ・ケベック生まれのPLENTY HUMANWEAR。
スノーボーダーにも愛好者が多いストリート・ウェアだ。
春コレクションのキャンペーン・サイトがローンチ!

https://plenty-humanwear.com/pages/campaigns

We are ready for the Spring season! 🙌 Our new collection is now available on our web site. Don’t forget to go peep the lookbook section 📷!

SHOP LIST
SLASH OKAYAMA 710-0834 086-425-8863  http://www1.megaegg.ne.jp/~slash/
LOUXOR YAMAGUCHI 754-0002 083-976-5995 http://webshop-louxor.com
YAMANO HOLDINGS TOKYO 151-0051 03-3378-2949  http://www.y-spsys.co.jp/ev/powers/
THREESQUAD HYOGO 678-0241 0791-43-3017  https://www.facebook.com/THREESQUAD/
MSP SHIZUOKA 418-0046 0544-23-6766 www.msp-snow.jp
H.L.N.A TOKYO 150-0001 03-6459-2391   http://zozo.jp/search/?p_keyv=plenty+humanwear
TAIYO SPORT TOYAMA 930-0061 076-422-2911  http://www.taiyosp.co.jp/

Plenty Humanwear
カナダ東部の自然豊かで歴史のある街 ”ケベック” で2008年に立ち上げられたブランド。スノーボード・スケートボード・サーフィンなどのカルチャーをルーツにもちながら、北米の伝統的なアウトドアシーンやファッションからインスパイアされたデザインのアパレルを生み出している。
都市とアウトドアフィールドを境い目無く冒険する為のプロダクトはオーセンティックで温かみと懐かしさを感じさせてくれるデザイン。
そんなPLENTY HUMANWEARを支える ローカルヒーロー達は、スノーボーダー・スケーター・サーファーのみならず、フォトグラファーやミュージシャンまで多岐に渡り、それぞれのローカルヒーロー達がブランドに様々なインスピレーションを与えている。
国内においては、一部スノーボード・ショップとZOZOTOWNで販売。

FACEBOOK ページ
https://www.facebook.com/plentyhumanwearJPN/

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

news150720f
http://plenty-humanwear.com/

 

 

【動画】マクモリス兄弟が一日でサーフィン、スノーボード、スケート

 

オリンピックのコメントテーターとしても活躍するクレイグ・マクモリスと、実際にオリンピックに出場するマーク・マクモリスの兄弟が、一日でサーフィン、スノーボード、スケートボードを楽しむという企画。
それができたのは、やはりカルフォルニアだった。

やはりこの兄弟、どの横ノリもうまい。

Surfing, Snowboarding and Skateboarding: The Ultimate Mark/Craig Day

CBC Sports

BEEFIVEでWESTBEACHメンズ30%OFF開始!

 

セレクトしたアイテムを販売するインターネット・スノーボード・ショップ、BEEFIVEでWESTBEACHメンズ30%OFF開始!

https://beefive.theshop.jp/

さらにDMKのクラブ会員、またはWEB会員になるとお得な情報も!
以下、無料で会員なれるWEB会員登録ページへ。
http://dmksnowboard.com/webmember

 

 

世界選手権でアンナ・ガッサーが女性初!バックサイド・ダブルコーク1080で金

 

女性ビッグエアー・シーンをリードするアンナ・ガッサーがさらなる進化をした。

スペインで開催されたスノーボードの世界選手権、女子ビッグエアーでアンナ・ガッサーが、バックサイド・ダブルコーク1080で金メダルを獲得。
このトリックを大会で決めたのは女性初!!!このスーパーなトリックに、なんと100点満点スコアが出た。

また、男子ではバックサイド・トリプルコーク1440と、フロントサイド1440を決めたステール・サンドベックが優勝。

以下、男女結果とハイライト動画。

女子ビッグエアー結果
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7058/2017SB7058RLF.pdf

男子ビッグエアー結果
http://medias4.fis-ski.com/pdf/2017/SB/7059/2017SB7059RLF.pdf

 

 

 

 

AM JAM 2017 結果

 

AM JAM 2017が、神立高原にて開催。大会最終エントリー人数 120名。
観客数 400~500人と大変盛り上がった。また、試乗会参加人数120名も参加!
来シーズンはさらにパワーアップして戻って来るこだろう。