Nomisラウリ発売のお知らせ

スノーボード・クラブ12年のベテラン会員の山本一徹さんは、
80年代アイドル世代を生き抜き、スノボでは飛びよりもフリーランを愛好する人だ。
しかし、以前のスノーボードのモチベーションは消えうせ、
毎年山に行くことは、1つの義務感のようなものになりつつあった。
滑っていてあまり楽しいとは思えなかったのだ。
しいて言えば、ランチ時のビール一杯、そして帰りの温泉が1つの楽しみだった。

しかし、そんな山本さんにある転機が訪れた。
それは新規dmk会員のミナミちゃんの存在だ。
dmkツアー中の昼食で、たまたまミナミちゃんと隣同士に座り話が弾んだのだ。

「ミナミちゃん、このパーカー可愛いね」
「そうでしょ、山本さん。これラウリ・モデルよ」
「えっ、そのローリって何?」
「やだー、山本さん。12年もdmk会員でラウリ知らないの!
ローリじゃなくて、ラウリよ。
パークだってバックカントリーだって何でもうまいライダーなの。
しかもルックスも最高!」
「えっ、そうなんだ。」
「これ山本さんにも似合うんじゃない。どう着てみて」

タジタジする山本さんに、無邪気なミナミちゃんは強引にも
今、自分が着ていたフーディを山本さんに着せようした。
ミナミちゃんの可愛さに押されて山本さんは着てみたのだった。

「うわあ、山本さん似合うわ。これで10年も若返っちゃうよ」
「そうかな」と思いつつも山本さんは、近くの売店の鏡を見てみた。
すると、そこにはいつもとは別人のイメージの自分が立っていた。

「うわっ、派手だ。だけど、カッコいい!このカラーならオレでも問題ないじゃん」

そこで山本さんは後日、神田のショップに行ってラウリ・フーディを買いに行った。
しかしない、ない、どこにもないのだ!
どうやら売り切れのようだ。

落ち込む山本さんに朗報が届いた。
それは、dmkサイトで特別販売でラウリ・モデルが売り出されたのだ!

山本さんは、即効、フーディをオーダーすることにした。
ついでに普段履くジーンズは、3年間履いていたリーバイスしかなかったので、
ラウリ・ジーンズも購入。
帽子と言えば、学生の頃にジャイアンツ・キャップを買った以来だが、
ミナミちゃんをビックリさせるため、ラウリ・ハットまで!
この帽子で、メガネを付けた山本さんは、まさに絵描きおじさん。
まるで、オバケのQちゃんの小池さんのユニークな風貌になるのだが・・・。

そして実際にフーディなどを手に入れた山本さんはウキウキになった。
10年前、夢中になってスノーボードを始めた時のことも思い出した。
ファッションというのは、こんなにも人を変えてしまうものだったのか!

後日、次のdmkツアーでラウリのフーディをバッチリ着込んだ山本さん。
しかし、そこにミナミちゃんの顔はなかった。
ミナミちゃんは、今回は不参加。そう、彼との大事なデートがあったのである。

そんなことも知らない山本さんは、ミナミちゃんにカッコいいところ見せる、
と息巻き、8年ぶりにキッカーでメソッド・エアーの練習を開始した。
久々にエビゾリになるこのエアーを決めて、ご満悦の山本さんだった。
しかし、このエビゾリのメソッドが通常ギャルメソと呼ばれるレベルに
なっていることを山本さんは知らなかった。

「ミナミちゃん、次回こそdmkのツアーに参加してくれ。見てくれ、オレのラウリ姿。
このメソッド・エアーでキミのハートをドキュンしちゃうよ」

80年代アイドル時代を経験している山本さんにとって「キミのハートをドキュン」
は最高にナウイ言葉だった。しかし、この「ナウイ」も「ドキュン」も
現在では死語になっていることは知るよしもなかった。

しかし、そんな山本さんをハッピーにしてしまうNomisラウリ・セットが
本日から本当に発売されたのだ!
そう、そのことれだけは本当の話だったのである。

ファッションは気分を高揚させます。
ハッピー・スノーボードのために。
みなさんのオーダーお待ちしております。

(以下ニュースコーナーにて本日発売開始!)
http://www.dmksnowboard.com/news/

カメラマンの旅

今年は雪が多いからだろうか。たまたまそういう時代なのだろうか。
ともかくライダーが張り切っているような印象を受ける。
 
ウィスラーのカメラマンと言うと、大御所マルくん、そして最近、多方面で活躍したジュリアンがいる。
マルくんはハングリーに撮影をこなす。冬の間はバックカントリーがメインになっている。
ジュリアンは大会を回っている。昨日、Xゲームから帰って来たばかりである。
この二人がとても忙しい。
それで、残り物でオレがいるというワケだ。
お陰様で売れっ子カメラマンになっている。
 
今まで自分は雑誌社からの決められた仕事ばかりを引き受けていたが、今年から積極的に、良い写真を撮りに行っている。そんな気構えもライダーたちを引き寄せるようだ。
 
それでいろいろ撮影した結果、かなり良い写真が撮れた。だから北米の雑誌にも自分の写真を送ろうと思っている。
 
中でも気に入っている写真は、石坂リョウ(2枚)、渡辺ユウタ(1枚)、イチゴウ(1枚)。
明日も朝7時半からイチゴウとバンクーバーの方に行くことになった。
 
こんな感じで、3月までに良い写真が集まれば、写真の大会にエントリーしてみようか、と考えている。確か20枚必要だ。だけど、これまで2ヶ月でたった4枚だ。ってことは、あと2ヶ月あっても8枚? うーん、このペースでは無理だ。やっぱりプロカメラマンって凄いな。だけど、オレもプロになれる時間がある。結局のところ、その時間が長くなって報酬が増えてくれば、プロ・カメラマンということになるのだろう。だけど、やることたくさんでそれは無理だ。でも、小さな一歩でも確実に登れば、いつかは頂上ってわけで、そんな目標を持ちつつ、これからもスノーボードの仕事を楽しんで行こう。何より、一流の方のエネルギーを感じれるようになること。自分としては、それが一番の目的かな。そのためにも、カメラマンの旅はおもしろそうだ。

ラスベガスから帰って

ラスベガスから帰って来て、いろいろ仕事が貯まって。
だけど情報盛りだくさんだから、ニュースをアップするのが大変。
結局、朝8時から夜の12時までぶっ通しで机に座っていたかな。
いやいや途中、子供を保育所からピックアップしたり、
夕食のカレーライスを作ったり、それが良い息抜きになった。
 
それにしてもラスベガスは楽しかったなあ。
ひじょうに身のある仕事ができた。
ビジネスの話は、英語だけ話せてもダメ。それ以上に、素直に意見を言う勇気。そして、その意見の後、相手の反応がどうなるか考えていること。ある意味、将棋の一手一手を先を読む、ということに似ているかな。交渉の前に、落としどころを考える。決着をどう付けるのか決めておかないと、交渉もへったくれもない。まあ、あたり前のことなんだけど。
 
ムラッチョがいて、助かったことも多かった。ムラッチョとは考えてみたらもうかれこれ25年くらいの付き合い。この間オレたちは毎日行っていた銭湯での会話を含めて、どれだけ長い時間いっしょに過ごし、会話をしたのだろう。
 
ところでギャンブルやったか、って?
もちろんしたよ!楽しかったなあ。
夜10時から2時くらいルーレットをやったり。ビールが無料だから、ほとんど飲みに行った感じ。ギャンブルやりながらのビールっておいしかったなあ。同じテーブルの人たちと会話したり。ディーラーと会話したり。凄い国際的で、みんな社交的。アメリカ人って最初に会った時から、お友達感覚だ。カナダ人の方がもっとシャイで律儀な感じだけど。
 
勝てたか、って?
負けちゃったんだけど。でも、また行きたいなあ。いや、絶対に行くぞ。

ラスベガスへ

昨日は恒例毎週日曜日の大河とのスノーボーディング。いつも息子に教えている時には厳しくなりがちだけど、昨日はともかく「怒るまい」という決心の元、山に行った。
 
スノボ始めた時から直滑降からのストップのスタイルで滑る大河に、ここ2週間前からはフロント、バックのつながるターンをなんとかできるように伝えたかった。それで、止まってジェスチャーで教えた。
 
「フロントではおばあちゃんのように手を突くようにしては滑ってはダメなんだぞ」
「お父さん、おばあちゃんもスノーボードできる?
「そうじゃないよ、おばあちゃんスノーボードやるハズないだろ。ボウケンジャーのビデオは撮ってくれるけど。
つま先のターンでは、おしっこするみたいに体を起こすんだ。頭を下げたり、腰を曲げたりしたらダメ。」
 
さらに大河が滑る段階になり、ボードのテールを持ってあげながら、
「大河ちょっとターンの真似してみろ」と言った。
そうしたらなかなか良い格好。
「よしっ、行け!」
と勢いよく後ろから押した。
 
そうしたら、しっかりとターンしているのではないか!苦手だったフロントサイドもきれいに回っていく。
思わず「イエー!!!」と声を上げた。
そしたら、周りにいる人も歓声を上げたり、手を叩いたり。どこかのおばさんは、
「こんなに可愛いシーン見たことないわ」
と大層なコメントまで。
カナダの人、とても温かいです。
 
ハッピー・スノーボーディングの後は急いで空港へ行く準備。
お父さんはその夜からラスベガスに行くのです。
ギャンブルでないよ。仕事で。
 
午後2時のバスで空港へ。
アメリカ入国の超面倒な手続きなどやって。
緑のフォームがないから戻れとか、いろいろドタバタ劇もあり。
途中、デバンなどのワイルドキャット軍団に会ったり。
ともかく夜8時過ぎの飛行機に乗ってラスベガスへ。
 
飛行機の中では、とかくも話好きのおじいさんにつかまって、
歴史の話、宗教の話、哲学の話など、
かなり眠くなる話を3時間ぶっ通しで聞かせれました。
歴史と英語の授業を休憩なしでやらせれた気分。
 
ベガスの空港では真夜中なのに、大変な混みよう。
荷物もなかなか出てこないし、ターンテーブルも最初は13番だったのに、
結局11番に変更で出て来た。
 
空港から出てシャトルバスに乗ろうと思ったら、ここでも凄い行列。
どうやらバスのチケットを買うための行列のようだ。ここでも30分待ち覚悟か。
こういう時は、ともかくあたりを探索せよ、とは下町のガキ時代からの慣わし。
そうしたらやはりあった!
その場所からさらに奥の方によりローカル色の強いシャトルバスがあったのだ。
そこは待ちナシで乗れた。
 
ホテルに到着したら、ここでも凄い列。
チェックインで30分も待っちゃった。アメリカ人凄い短気でかなり怒っている人いた。
実際にコンチキショーとか文句言う人もいて、よけいに混乱。
ホント笑わせてくれるぜ。こいつらの我慢の限界値低過ぎだ。
 
「チェックンでいつもこうなの?」
と聞くと、飛行機に遅れが出てこんなになったとのこと。
ともかく、こうして部屋に入り、シャワーあびて
寝た時には夜1時30分だった。
 
しかし、今朝は早く起き、バイキング朝食(10ドルでした)をたらふく食べて
ウ○コも快調なのが出て、とっても元気。
ムラッチョは今、ロス。もうすぐラスベガスに到着だ。
よっしゃ、nomisブースで祭りだ、祭りだ!!

子供は恐ろしい

ここ最近はずっとキララキッズ・モードで忙しい日々。橋本ミッチャンが見て来たキッズがウィスラーにやって来たのです。
 
昨日はパーティがあり、忠くん、平岡アキくんも登場!
ウチの大河とクレアも連れて行きました。
 
おいしい食事をいただき、いろいろな方たちとお話をしていて。楽しいひと時。そんな時、後ろから、
「おじさん、疲れた。もう勘弁・・・」
と、アキくんの声が。
大河はアキくんのヒザあたりにおもっきり空手で習っていた蹴りをぶっこんでいました。
「バカヤロウ、東京ドームのヒーローの大事なヒザに何やっているんだ!」って。

いやあ、子供ってのは本当恐ろしいものです(汗)。

急げ

山で撮影し、疲れて家に帰り、すかさず夕食を作り、食って眠くなり、
だけど大河がテレビマガジン最新号もらったので、その付録を作ってあげて(これかなり時間が掛かる!)、
さらに本を読ませて寝かせて、
その後、パソコンチェックしたら、今日中って仕事が2つもあった!
えっ、スノーボーダー誌のハウツーって今日締め切りだったっけ!? いつもオレ締め切りよりもかなり早く送ってしまうので、編集の方がケツを叩いてくれなくて、今日突然、締め切りとの宣言!アチャー。
それで、即効、ニュースをアップ。
さらにスノーボーダー誌のハウツーに取り掛かった。突貫工事の割にはよく書けた。
よしっ、あと1つだ。
メールはかなり貯まっているけど、とてもじゃないけど今日は太刀打ちできそうもない。
こんなことしている場合ではないぞ。急げ。

雪が多くて事故が多い

雪が多くて事故が多い。
事故になると交通麻痺。
バンクーバーからウィスラーまで通常2時間が、倍になり、さらに倍になり、またまたさらに倍になって8時間も掛かった、ということもあった。
これでオリンピック、大丈夫かな。