スノーボード報道

ああ、忙しい。時間が本当に足りなくて、飯田フサキがもう一人ほしいなあ。
ここ最近毎日ワールドカップ取材。そして、さらにニュースの更新があり、これが以外に時間がかかる。通常だと30分以内ということも多いのだが、今日のはなかなかヘビーだったなあ。2時間とかあっと間だった。
ところで今日、フジテレビの方と話したのだけど、ウチのサイトを参考していてビックリした。参考にしたのは、以下のページ。
http://www.dmksnowboard.com/special/special-051.htm
実際、これで朝日の中村さんという方が連絡してくれて、秋に日本に帰った時に会った。そして、中村さんは本当に勉強熱心な方でしかも頭もいいし、ちゃんとスノーボードのことを報道してくれるようで、とても嬉しかった。
テレビというのは、どうなのだろうか? 一番影響力もあり、本当にもっと勉強してほしいぐらいなんだけど、今日あった方もほとんど知らないようだった。だから、何でも教えますよ、とは伝えたのだけど。
ともかく、スノーボードのことを一般テレビや新聞で出していただくことはありがたいし、嬉しいこと。だから、わからないことをガンガン質問して、良い形でリリースしてほしいなあ、と思う。

最近のこと

なんだか、最近ますます忙しいなあ。みんなに発表したいこともあるのだけど、まだ残念ながら言えない。あと、まだ誰にも言えない重要ニュースもある。ともかく、これからの飯田フサキ&dmkは、ずいぶんといろいろと状況が変わりそうだ。1つ言えるのは、良い意味でみんなをもっとビックリさせることができるということかな。ともかく、お楽しみに!
さて、最近やったことで印象に残っているのは、やはり昨日の撮影のミッチャン。良いパウダーのところでカッコよく飛んでいて、いい撮影ができた。ミッチャンも今年は充実しているようで目が輝いていたなあ。何度もハイクしていたけど、良い疲れが残ったのではないだろうか。
あと、シモンが我が家にやって来てインタビューを行った。なかなかおもしろいこと言っていたね。
例えば、いつも朝は一人で滑りに行く。2、3本は一人で集中して滑る。その後、適当に見ず知らずのスノーボーダーと出会って、いっしょに滑る、とか。
今、日記を読んでいる人も、一人でも行くという人は多いと思う。そんな人はシモンのように、同じようなスタイルの仲間を見つけて、本日の滑り友達を見つけるといいだろうね。そんなこと恥かしくてできないという人は、ぜひdmkクラブに集合! 新しい滑り友達必ず見つかるよ。

ミッチャン来る

今日はベビーシッターの方に来てもらって、朝からずっと仕事、仕事、仕事。
ドカーンとやったお陰でかなり片付き、ハードディスク増設作業もできた。オレはパソコン関係の苦手で、これちゃんとできるかな?と思っていたけど、実際には10分も掛からなかった。
夜にはミッチャン(橋本)から電話があった。久々のウィスラーでいっしょに滑ることができて楽しみ。来週からはキッズたちも来るようなので、なんだか忙しそう。しかし、ミッチャンもdmkクラブに参加するということだ。クラブ員たちも喜ぶだろうなあ。
しかし、ウチのクラブも不思議な存在だ。シーズン初めにはシモンとフレイザーがいたので、追いかけて行ったし、またタクミ関係で若手のプロも合流したり。そして、今回はミッチャンが来てくれるし、なんだかキャンプみたい。実際にはキャンプでなく、いっしょに滑ってdmkクラブ活動をエンジョイするというものだけど。
ミッチャンに「朝8時半集合だよ」、と言ったら、「ちゃん早寝しなくちゃ」なんて、言っていた。ともかく、ミッチャンが来ると、現場も3倍明るくなって楽しくなるからなあ。早く活動がある明後日が来ないかなあ。

ルーブ

昨夜はルーブと日本料理レストランに行った。ルーブは魚が食べれなくて、いつも日本食だと困っているらしいので、他にもこんなにおいしい食べ物があるよ!と教えてあげたかったから、インタビューの場所に選んだのだ。だけど、ルーブと久々にこうくいう話せる機会だったから、結局ルーブのこれからのこととか話していたら、そっちに焦点が行きインタビューはまた明日にでも、ということになった。
ルーブも20代後半になり、いろいろ将来のことを迷っているようだった。自分は酔った勢いもあり、かなり正直に強く助言をした。具体的に言えば、彼がやるべき撮影、大きなプロダクションともフイルム撮影を後押ししたようなアドバイス。
例えば、1つの大きなフイルムカンパニーだと、あるメーカーのライダーを使うと、そのメーカーから350万円ふんだくるビジネスをしている。
ルーブの場合だとナイトロだから、例えばマーク・フランク・モントーヤがあるプロダクションの撮影をすることになったら、ナイトロがそこのプロダクションに250万円を払うということだ。そこにルーブが撮影に加わると便乗した形になり、プラス100万円で350万円ということになる。
ルーブはそうなった場合に、必ず映像を残す使命になり、もし失敗して自分のパートを残せなかったら、ナイトロから白い目で見られ、首になる可能性も高い。ルーブはそのことが恐いのだ。何せルーブの1年間の大きな収入はナイトロだし命綱なのだ。
大きなプロダクションはジャンプでもトリックでも要求されるレベルは高くなる。ルーブは、今まで飛んだことのないようなクリフを飛ぶことにもなるだろう。しかも、メイクができなければ、フッテージは残らない。そしてバックカントリーの撮影では何度も同じところで飛べるわけでもない。着地だってパウダーだから難しい。パウダーだから安全ということもあるけど、しっかりした着地は難しくなる。
ルーブはウィスラーの小さなプロダクションが作った作品を気に入っているようだった。そこに行くことも可能だし、きっとその世界では優遇されるだろう。しかし、そこで撮影しても、彼のスポンサーが喜ぶわけではない。やはり大きなフイルム・カンパニーで成果をあげて、専門誌だってどんどん載らないといけないのだ。だから、ルーブが突き進む道は、例え大きなプロダクションで失敗しても、そこに行くしかないのである。
バックカントリーというのは、経験がものを言う世界でもある。パークがいくらうまいライダーでも経験が浅いライダーは良い映像を残せない可能性が高い。ルーブはライダーとしてのセンスもあるし、経験もある。実際、ルーブの先輩大御所ライダーたちよりもテクニックはあると思うのだ。彼に必要なのは自信だったから、オレはルーブにおもいっきり強く自信を持つように導いていたのだった。
その他にもいろいろ細かい相談に乗ったけど、考えてみたら国境を越えてこんな話ができることはありがたいことだと思う。自分は今でも英語はあまりうまくないし、カナダ人の友達も少ない。だけど、ルーブは昔からオレを兄のように慕ってくるし、相談も持ちかけてくれる。カナダの数少ない弟分のために、オレは彼に精一杯のエネルギーを注いでいた。
テーブルに付いた時のルーブの目はあまり生き生きとしていなかったけど、最後の方には5、6年前に会った時のギラギラしているような目になって安心した。

バンクーバーで買い物

本日は久々にショッピングのためにバンクーバーへ。最近、行っていないからかなりお金を使ってしまうなあ、と思っていたら案の定ドカーンと使ってしまったようである。
今日、主だった買い物内容は、
胚芽米25キロ、カレーのルー、シチューのルー、お惣菜関係、糊、味噌、有機栽培醤油、インスタントラーメン。以上が、日本食材屋さんで買ったもの。他にももっと買ったけど、こんな感じだ。
あと大きなスーパーで、クレアちゃんのクリスマスプレゼントの赤ちゃんおままごとセット。これが電池でお話できるので、ちょっと高かった。オレは、「クレアちゃんは電池のものよりも、こっちの普通のがいいんじゃない?」とシャーリーに言ったら、「クレアはいつも大したもの買ってもらえなくて大河はたくさんおもちゃあるんだから」と反論。確かに、オレ、大河のおもちゃはよく買うし、大河の方がお金を使っていると思う。まあ、こういう時はカミさんの言うことを聞いていた方がいい。あとで、「セコい」とかガミガミ言われる方が、オレには厄介なので。
あとスーパーでは、クレアちゃんのシューズに大河とクレアちゃんそれぞれの雪対応のグローブ。ちなみに我が家ではグローブとくつ下はすぐになくすアイテムトップ2なので、こればかりはしょっちゅう買っているような気がする。まあ、みんな血液型がO型だから、大雑把なのかも?
その他には冷凍モノやら、野菜、果物、ジュース関係にドレッシングなど。まあ、カナダも物価は安いけど、日本のデフレと違ってご立派な値段をするのも少なくないから、結構な出費になってしまう。改めて思うけど、ファミリーというのはお金が掛かるものだ。

手を殺す

あいかわらず耳の方はよくなくて、聞き難い症状なのだけど、金曜日はクラブ活動の日なので、山に上がった。今期初のウィスラーだ。ちなみにオープンは昨日。
朝いきなりパウダー・ラン。だけど、まだシーズン初めでどこに岩が潜んでいるのか、ちょっと心配だった。だけど、岩にはヒットせずに気持ちいいランを楽しんだ。
その後はカービングの撮影やらパークの撮影。
自分もカービングを撮影してもらった。
いつもビデオ見ると、「ヤベっ」なんて思うけど、今回も発見。トゥサイドに入る時の後ろヒザがどうも内に入ってしまうのだ。このビデオを見た後は、そこを直す意識で滑った。
ビデオを撮って、自分の滑りでよくなった点は上半身の力がかなり抜けてきたこと。特にバックサイドでは上半身が寝ているようにおしなしくリラックスしているのだ。これは下半身できちんと運動している証拠である。
あとフロントサイド180。実を言うと、最近調子いいと思っていたけど、これも「ヤベっ」。軸がズレている。自分では乗れたいたと思っていただけにちょっとガックリ。タクミから手を使ってやっているので、手を殺してやった方がいい、とアドバイス。これに納得して、その後は手を殺して180をやっていた。そうすると、いかに自分が上半身のスイングに頼って180をやっていたかよくわかった。だから、きちんとしたスタイルが確立されなかったのだ。しばらくは、この手を殺したスピン系というテーマで行きたい。
ところで、まだ180があまりできない人。その人は手に頼った方がいい。ターンと同じでできるようになったら手を殺す意識を。すると、上達するよ。

中耳炎かな

ここ3日間は、耳がうまく聞こえない症状で、遂に気がかりになり医者に行った。
お医者さんは、
「これは風邪よりも悪いよ。耳の中がインフェクションしている。それに熱だってあるぞ。喉も腫れている。」
英語の病名は難しいので、オレの病名がはっきりとしたわけでないが、どうやら、風邪から中耳炎になったようだ。この症状を例えるなら、飛行機に乗った時。よく気圧の変化で聞こえなくなることってあるでしょ? あれがずっと続いているのだ。
あと車を運転している時も、どうももう1つバランスが悪いというか、いつもよりも動作が遅くなりがちでちょっと危ない感じがする。耳がちゃんと聞こえないので、平均感覚を失っているようなのだ。どうりで昨日はスノーボードの調子が悪いハズだ。一度なんかボックス手前であり得ないような引っ掛かりで転倒しそうになったし。
普段いろいろな方、特に会員さんからもメールをいただくのだが、「安静に」と忠告してくれた人がいた。あれは、本当に当たっているね。風邪の時でも、何でもできる、と思い込んでいたけど、本当に風邪って安静にしておいた方がいいのだ。たぶん家で仕事している分には良かったのだけど、山に行ったのが良くなかったと思うんだよなあ。
だけど、オレもバカだね。もう最初に風邪を引いて2週間ぐらいも経つ。やっぱり安静にしておいた方が治りは早かったし、帰って遠回りしてしまったようだ。みなさんも風邪を引いたら、潔く安静にしてください。
ともかく、残念だけどしばらく山はお休みだね。バイタミンジブでイメトレだ!

オレだけが知っている真相!松井と戸田菜穂の交際

今日は山に行ったけど、調子が悪かった。自分が思ったことが、まったく動作につながらない酷い日だった。だけど、楽しかった。メンバーが楽しかったのだ。そして学ぶことも多かった。こういう日もある。こんな日に、自分がどんな考えを持ち、これからのスノーボードに対する気構えができるのか、それが大事だと思う。
ところで、今日は「松井と戸田菜穂が交際!パリ熱愛旅行」というニュースが出ていた。
自分は大の松井ファンだが、これでもし結婚になれば、さらに活躍できるのでは、と勝手に親心のような感じで一安心。
この松井と戸田菜穂の交際のことだけど、日本では誰も報道していないことをオレが言ってみようか、と思う。以下のことはあてずっぽだけど、もしかしたらちょっとは当たっているかも!?
海外に住む人なら、今年の「戸田菜穂」という存在は大きかったハズだ。何せ、オレたち日本人は、よくテレビジャパンを見ているし、自然とそのテレビに出て来る存在は大きくなるのだ。例えば、日本が大昔、1つとか2つとかチャンネルがなかった頃(そんな時代あったのかわからないけど)、その頃出ていたテレビ・スターは、今の時代のスターよりも相当大きな存在だっただろう。それと同じように、海外に住む日本人でオレのように、よくテレビジャパンを見る人にとって、そこで見るドラマは1つの影響を与えるし、出てくる俳優などはとても大きな存在に感じるものだ。
松井は、以前、試合の終わった後、日本語テレビを見てリラックスするという発言していたが、今年、戸田菜穂が出演していたNHK大河ドラマの再放送、「ええにょぼ」はちょうど試合が終わった頃に見れる時間帯にやっていた。西の時間で夜11時だから、東の時間では夜中2時にやっていたことになる。そう、確実に松井は毎日、戸田菜穂を拝める時間に試合を終えて、ホテルや自分のマンションに戻ってテレビを見ていた、と推測されるのだ。
この戸田菜穂を毎日見ていた松井は、巨人時代から親交があった彼女にますます上せていった可能性は高いと見た!どうだい、凄い推測だろ。万が一、オレの日記を読む方で松井に直接尋ねられる方がいたら、ぜひこのこと聞いてみてください。「ちょっとは関係あった」と発言するかも!?
ちなみにオレは今年、冬のソナタのチェ・ジウさんに惚れました。オレの韓国の友達のスノーボーダーのソンベは、幸運にも結婚式には、チェ・ジウさんにお祝いをいただき、さらにヨン様にはスノーボードを教えた仲だと。それで、オレはソンベに「チェ・ジウさんがもしウィスラーに来ることがあったら会わせてね!」とお願いしておいた。さらに、ヨン様にはぜひ冬ソナ版のウィスラー・スノボ・ツアーをやりたいということも伝えておいた。このツアーに来られたおば様方は転ぶたびに、ヨン様からサポートを受けられる。そして、ツアーコンダクターのムラッチョが、その背後からお馴染みの音楽をCDをかけるのだ。「テレレン。テレレンレン、テレレン~」ってやつをね!
●海外ではお馴染みのテレビジャパンのサイト。これ見るとわかるけど、結構いろいろな番組が見れるのです。
http://www.tvjapan.net/

ガヤガヤ

今日も元気にクラブ員たちとスノーボーディング。
風邪の方はだいぶ良くなり体のコンディションも上々。だけど、今日はドクターメーメーの撮影を行い、カメラを持って行ったので、あまり自分のライディングはできなかった。それでもところどころカービングのテーマやポコジャンのテーマを出して自分なりに滑っていて、楽しかった。
ランチ後にはユキエちゃん(上田)とレストハウスで合流し、久々のお話。リルのプロデューサーのユキエちゃんは、あいかわらずおもしろいアイデアを持っていて、今年の展開もいろいろありそうだ。くわしいことは、残念ながらまだリリースできません。すみません。
その後、ユキエちゃんに「いっしょに滑ろう」と誘ったのだけど、今日はレギュラースタンス(注:ユキエちゃんはグーフィースタンス)にセッティングして地味練習している、ということで断られた。残念だけど、いっしょに滑るのはあきらめた。
ユキエちゃんの気持ちはわかる。人に見られるのどーのこーのでなく、一人で練習したいという気分だと思うのだ。オレもともかく友達とガヤガヤ滑るのではなく、一人で滑りたい、と思う時がある。だけど、今年はなんかシーズン頭から続いているタクミ&クラブ員といっしょに滑るのがおもしろい。タクミは話をしていて、気持ちよく突っ込めるのでおもしろくい。自分の気持ちを晴らしてくれる良きパートナーだ。スノーボードでいつもチャレンジしている姿も見ていて気持ちいいし。というわけで、今年のオレはしばらくガヤガヤと滑っている気配である。

ちかやんからの卵酒

チキショー、まいっちゃうなあ。この風邪は。
頭がボーっとして仕事の能率が、悪くなって仕方ない。
それで執筆関係の仕事を控えていたのだけど、昨日は結局、なんでも掲示板のことが発奮材料となって、1つコラムを書いてしまった。「改めてプロフェッショナルとは?」というコラムを。これ書いた後、読んだけど、オレ偉そうだねえ。だけど、いつも思うんだ。原稿って正直で強いメッセージがあった方がいいって。本当に自分が思ったことをさらけ出すことが大切だ、と。だから、OKってことで出しちゃった。
あと昨日はマーク・アンドレの仕事を終わらせた。
仕込みは先週終わらせておいたから、大変でなかったけど、最後の仕上げの時に頭がボーッとしているのにはまいったなあ。集中力を上げるためコーヒー飲んで、叫ぶようにして原稿を読んだよ。こうして声を出して原稿を読むと、客観的に原稿が見えてくるのでいい。この原稿はマークが言ったことをオレがまとめて話しているような感じなんだけど、まるでマークが自分に乗り移ったかのように語るという書き方。結構、おもしろいものができたと思う。この特集は発売が1月6日かな。実際このハウツーで最近の自分のライディングにも良い影響を及ぼしていて、また多くの人に受け止めてもらえる内容だと思うので、ぜひ見てほしい、と思う。
ところで今日はあのおばばボーダーのちかやんからメールが来た。
風邪はもう大丈夫でっか?若いからもう治っちゃったかな?
おばばの場合は、卵酒飲んで汗いっぱいかいて、翌朝暖か~いミルクティーでも飲んだら
一発(この言い方がおばばっぽいね)で治っちゃうんだけどね。
卵酒って時点でかなり、おばば発言だけど(笑)。このメールをいただいて、まるで卵酒を飲んだかのように、心が温まるような気がした。
あいかわらず最高だね。結構、メルマガ出していて、多くの人から「元気もらったとか」、また「私もおばばボーダーです」ってクラブに入会した方もいるけど、この人の文章はかなり人の奥深くまで食い込む。今回いただいたメールもかなりおもしろくて・・・、どうしようかなあ。とりあえず、ちかやんに相談して、また続おばばボーダーという形で特集にしてみようかな。
だけど、ちかやんはいつもこんなにドラマティックな考えを持って、人生を送っているのだろうか。きっとそんな気がするのだけど、それだったらぜひ本を出してほしいよね。

たくさん

朝から夜遅くまでかなりの時間パソコンの前で仕事をして、目がショボショボ。今日は貯まった仕事をかなり片付けたぞ。そろそろ終わりにしよう。
途中、シャーリーがいなくてクレアちゃんが昼寝から起きた後、やることなくて、バイタミンジブを見ながらヨガマットでジブトレ。いやあ、これはスノーボードよりも疲れるね(笑)。どうもシモンのようにオーリーができないんだよなあ。これじゃあ、ハウツー天使として失格だから、オーリーの完成度を上げるようにしないと。ちなみに昨年はできていたと思っていたカービングターンも、まだまだと気づいて、それも今年はテーマになっている。スノーボードを20年もやっているけど、やること、まだたくさんだよ。

最終戦争

いやあ、参っちゃったなあ。ここのところ風邪で。
いつも風邪になると、思い出す。健康って最高!ってことを。
それで健康の時に不摂生だから、風邪引いちゃうんだよね。
だけど、今日山に行けないと、明日も明後日もシャーリーの仕事の関係で行けなさそうだったので、とりあえず朝ちょっと滑りに行った。山に行けば行ったで、とても楽しいし、やるテーマもいろいろあるんだけど、どうも自分のイメージに体が付いていかない調子が悪い日だった。だけど、山の空気を吸って、早く回復できるぞ!という気運が高まった。

ところで今日もシモンはフレイザーといっしょに滑っていた。本当にあいつらよく滑るなあ。世界的にも有名なライダーになったシモンだけど、常に滑って調整する努力型の精神は健在だね。

写真は、一昨日の大河。こいつは風邪を引くと喘息になるから、こうした吸引式のようなマシーンで薬を投与するのである。実を言うと、クレアちゃんも風邪になって、その前にシャーリーも風邪で肺炎にまでなったから、こう聞くとなんだか家もずいぶん病気の根暗ファミリーである。だけど、家族みんないたって明るく元気で、ただ風邪を引いちゃっていつもの調子でないなあ、という感じだけなんだけど。

ここ最近は寝るたびにいつも明日はよくなっているぞ!と思い寝るのだけど、翌日いつもダメな感じ。だけど、そろそろ体内の風邪ウイルス菌との対戦も最終戦争状態だから、明日こそ、という感じだけど。ともかく、明日は貯まった仕事をやっつけないといけない。

ところで今日は松井の契約のニュースが出ていたね。何でも4年で61億円だとか。やっぱ福耳ってあるのかなあ。オレのよく知っている社長で羽振りの言い方も福耳だったし。自分の家族では・・・、うーん、残念ながらいなさそうだ。