Category: 特集

スノーボード 板のステッカー貼り方講座

 

スノーボードのステッカー貼り方講座をお届けします。

うまいスノーボーダーの板を見ると、カッコ良くステッカーが貼ってあります。だけど、実際に自分でステッカーを貼ってみると、うまくいかないってこと、ありませんか?
そういう方は、ステッカーの貼り方の基本や技を知らないのかも!?

今回、教えてくれたのは、スノーボードのステッカーを貼ることにおいてこの人!というセッキー。
セッキーは、これまでにも数多くのスノーボード雑誌などでその貼り方の技を伝えて来た達人です。

スノーボードにステッカー貼ってみると、あなたのボードはさらにカッコよく変身!
さらにステッカーが貼ってある板は、盗難予防にもつながりますよ。
こちらのハウツーを参考に、ぜひあなたの板もカッコいいステッカー・チューンをしてみましょう。

news141018q

>>>> 続きを読む

夏でも滑れる!グレーシャーレポート2017 by おかまい

 

北米最大規模を誇るスキー場で、世界でもトップ・クラスのウィスラーは、ともかくシーズンが長い!
ウィンターのレギュラーシーズンは、11月中頃から後半に開幕し、5月末までクローズ。
しかし、そこから2週間ほど小休憩クローズした後、再びブラッコム・グレーシャーでのサマーシーズンを迎える。
夏でも滑れるウィスラーは世界中からスキーヤー、スノーボーダーたちを受け入れ、一年中雪上にいたい滑り手たちを魅了する。
そんな魅力的なブラッコム・グレーシャーをウィスラーの夏「初」体験のライダー、「おかまい」がレポートしてくた。
来夏来たい方は、ぜひご参考に!!

日本では暑い夏で、スノーボードなんてまだまだ遠いという感じかもしれませんが、こちらカナダでは、ちょうどウィスラーの夏スノーボード・シーズンが終わったところです。
ウィスラーのスノーボード環境は素晴らしく、7月16日まで、ブラッコム頂上付近のグレーシャーという氷河ゾーンで夏スキーが楽しめましたよ!
私は一日でもスノーボーディングがしたい思いと、またシーズン中はフリーランが中心でジブの練習する時間がなかったので、グレーシャーのシーズンパスを買って上がりました。
いつか、このサマーシーズンのスノーボーディングがしたい方のために、この夏、味わったグレーシャー体験をお届けしますね。

 

岡真衣(おか・まい)プロフィール
京都府京都市出身。
2013~2016までヒューマンアカデミーにてスノーボードを学び、野沢温泉スキー場ではスノーボード・インストラクターとしても活躍!
周りを明るくさせるキャラクターで、スノーボード・メーカーさんのハートをキャッチし、スポンサーを次々に獲得。
現在は、カナダのウィスラーでスノーボードをしながらガイドさんとしても活躍中。
元々カナダでは留学経験があり、その他、スペイン留学も得て、英語とスペイン語が堪能。
趣味は、海外旅行という超行動派。
スポンサー:atirom-avs, Westbeach, Jam’s wax, BMZ

>>>> 続きを読む

【特集】今年こそ行きたい!ニュージーランドでスノボー天国

 

news150609g

Text: Fusaki Iida

南半球のニュージーランドは、日本とは季節が真逆。僕たちが一番暑い夏を味わっている時、ニュージーランドではパウダーも楽しめます!
英語圏だけど、日本人にフレンドリーな土地柄で、観光スポットやスキー場には、日本語表記、日本語サービスなどもあり、初めてニュージーに行く人も安心でしょう。
今年こそニュージーランドに行きたい!という方のためにニュージーランドでのスノーボーディングするための情報をまとめてお届けします。
ぜひ、この特集記事を参考に南半球、ニュージーランドのスノーボードを楽しみましょう!

シーズンは6月~10月

そもそもニュージーランドの滑れる期間ってどれくらいだろう?日本とは逆の気候なので、いつがピークなんだかわかり難いよね。そこで教えます!
期間は、だいたい6月中旬から10月初旬ぐらいまで。
特にピークとなるのは8月で、この時期なら雪はかなりの確立で良くなる。パークを狙う人も、ピークシーズンから遅い時期がオススメ。早い時期だとパークが、まだできていないしね。
だけど、その時期は混むし、ホテル代も高くなるのでその覚悟も必要だ。

news150606f
(日本とまったく逆の時期にスノーボードを楽しめるニュージーランド。)

>>>> 続きを読む

【特集】まだまだ滑りたい!飛びたい!オフシーズン施設一覧

 

オフシーズンですが、この時期でもスノーボードを楽しみたい!上達したいという方も少なくないでしょう。
そんなわけで、まだまだ滑りたい!飛びたい!オフシーズン施設一覧を大紹介します!

今回は、オフシーズン施設にくわしいプロ・ライダー、加賀大貴に協力をいただいて初めて行く方でも心配ないように、とても良いアドバイスもいただきました。
ぜひ、ご参考にしてください!

news160617c

 

雪ではなく人口ブラシを使ってセーフティーマットを使って安全にジャンプを楽しめる施設

ジャンプの練習ならキングス、クエストを代表とするバグジャンプの施設がオススメです!着地がエアマットなので、安全に新しい技にチャレンジすることができます。
オーリーを綺麗にできるようになりたい、グラブがつかめるようになりたい!スピンにチャレンジ!など、青空の下、スノーボードが楽しめます。

>>>> 続きを読む

2018最新スノーボード・ギア情報!

 

2月にパシフィコ横浜で開催された展示会、インタースタイルSBJから、最新ギア情報をご紹介!

毎年2月にパシフィコ横浜で開催されるスノーボード展示会は、来季の最新ギアの動向を紐解く上で、とても重要だ。
DMKでは、恒例のレポート行事にもなっている。

思えば昨シーズン記録的な雪不足のダメージを受けたスノー業界。
今季は、かなり降ったとは上、降った時期の遅さや西日本での雪不足を受け、業界全体ではかなり苦しい声も聞かれた。

また、1月にデンバーで開催されたスノー業界展示会のSIAでも、全米全体で17%ダウンという打撃というレポートも上がって来ている。
そんな中、開催されたパシフィコ横浜での展示会。この苦境を打破するために、各ブランド様々な新発想で気合が入っていた。

ここで紹介する新ギアは、これまでDMK NEWSで紹介して来た一部のブランドになるが、来季の新たなスノーボード界の動きに注目してほしい!

Photo & Report: Fusaki Iida

 

>>>> 続きを読む

2016年度DMK人気記事ランキング

 

いよいよ2016年も幕を閉じようとしていますが、今年もDMKは毎日更新して来ました。
そしてたくさんのスノーボーダーの方に、ご覧になっていただきました。
一年に締めく括りに人気記事を振り返る特集です。
どんな記事が人気が高ったのが、ご覧ください。

紅白歌合戦と共に、7:15にアップいたします!

 

1位 【コラム】カナダ人がヘルメットをかぶる理由

【コラム】カナダ人がヘルメットをかぶる理由

2位 【特集】SANDBOXかぶりこなしファイル一挙大公開!!

【特集】SANDBOXかぶりこなしファイル一挙大公開!!

3位 【速報】角野友基AIR+STYLE LA 優勝!!!

【速報】角野友基AIR+STYLE LA 優勝!!!

4位 プロ・スノーボーダー岩垂かれんが週刊プレイボーイに登場!

プロ・スノーボーダー岩垂かれんが週刊プレイボーイに登場!

5位 カナダでさらなる飛躍を誓う!/藤森由香

カナダでさらなる飛躍を誓う!/藤森由香

 

6位 【動画】強烈なカービングターン!

【動画】強烈なカービングターン!


7位 【ハウツー】加賀大貴 流行りの(?)リバースターン

【ハウツー】加賀大貴 流行りの(?)リバースターン

 

8位 平野歩夢が掟破りのヨーローフリップでX-Games金メダル!

平野歩夢が掟破りのヨーローフリップでX-Games金メダル!

 

9位 【ハウツー動画】広野あさみが教える!ドルフィンターン

【ハウツー動画】広野あさみが教える!ドルフィンターン

10位 指定外選手でもワールドカップ出場可能!オリンピックも出場可能に!

指定外選手でもワールドカップ出場可能!オリンピックも出場可能に!

DMK SELECT BRAND

 

スノーボードのファッションに興味がある方なら、ぜひとも知っていただきい。
DMKがオススメするセレクト・ブランド。
最新カタログと共にブランド・ストーリーをご紹介します。

 

Westbeach

カナダ・バンクーバー生まれの老舗ウェア・ブランド。1980~90年代に革新的なデザインで圧倒的な人気を誇った。スノーボード・ファッション界に新し い風を吹き込み、バギーパンツやネルシャツ風ウェアのブームのけん引役は今でも語り草となっている。一時、停滞期間があったが、2010-11シーズンに 日本に再上陸を果たすや、人気が広がった。近年、最も上昇ブランドながら、製作数は絞り込んであり、そのビンテージ感はさらにその人気の拍車を掛 けている。
今季は80年代に流行したスタイルも復活させ、現代風にハイクオリティに蘇ったモデル、BOADCIOUS JACKETは世界中のトレードショーでも大きな話題となった。

 

Sandbox

カナダのウィスラーでレジェンド・ライダー、ケビン・サンサローンが始動したヘルメット・ブランド。前身は、2004年に作られたカナダのネクスト・ジェネレーションをスター前線に送り出すためにスノーボード・ムービープロダクションションズの名称だった。2007年、ウィスラーのダブルブラック(超上級者)パークがヘルメット義務化の際、クールなヘルメットを提供したいという思いから、プロダクツチームが結束し商品化。ファッション前線を牽引するライダーたちの意見を取り入れて、瞬く間にカナダで大人気となり、現在は世界のスノーシーンで最もポピュラーなスノーボード・ヘルメット。

>>>> 続きを読む