Category: コラム

【コラム】二つの枝

文:齋藤 稔

ここ数日シーズン前のイメージトレーニングにとスノーボードのビデオをいろいろと観ているのですが、そのなかにオリンピックのビデオがありました。アルペン競技とHP両方の競技を観ていて思ったのですが、オリンピックを境に、スノーボードというスポーツが変化してきていることを感じました。もともとは雪の上で遊ぶことを目的に発展してきたスノーボード。その中の流れでトリックを重視するフリースタイル、スピードを重視するアルペン、大きくわけて二つの流れができてきました。同じ木の幹から枝分かれしてきたこの二つの枝ですが、オリンピックを境に枝分かれではなく、分離してしまったのではないかと思います。

アルペンの人気が下降してきていると言われはじめて久しいのですが、これはアルペンの競技のビデオや雑誌のアルペン記事を観ていると、スキーの道具からスノーボードの道具に代わっただけというイメージを受けるからではないでしょうか? 実際は全く違うスポーツなのですが、メディアでの扱い方、競技の方法など、スキーと同じ傾向にあると思うのです。「アルペン=スピードレース」の図式ができあがってしまっていて、「自由に楽しく」というスノーボード本来の魅力をアピールしていないからだと思います。フリースタイルのような独創性はあまりなく、スキーでやっていることをスノーボードでもやっている。それだけのスポーツに見えてしまうのです。これが僕の感じるスノーボードという一本の木からの枝分かれしているのではなく、分離してしまったと言うことなのです。

オリンピック前は、雑誌でもフリーランの楽しさを出したアルペンの記事が多かった気がします。オリンピックを境にそれらの記事は「いかに早く、上手く滑るか?」に変わってしまいました。本当はカービングの最中のG感覚だとか、エッジの切り返しの時の操作感覚だとか、すばらしい魅力を秘めているのに、メディアやプロの人達がそれを表現しようとしていない。雑誌によっては「そんなことはない!」と反論される場合もあると思うのですが、多くの雑誌はその傾向にあると言うこと否定できないと思います。

普通のこれからスノーボードを始めようと言う人のスノーボードに関するイメージは「ゲレンデを楽しく滑ること」であって、ポールをくぐったり、ビッグエアーをしたりでは無いと思います。多くの人はゲレンデで楽しく1日遊ぶことを目的にスノーボードを始めるのだと思います。この「楽しむ事」にはアルペンもフリースタイルも関係ないのです。ちょっと飛んでみたいとか、スピードを感じたいと言うのならばアルペンでも飛べるし、フリースタイルでもスピードを感じることはできるのです。アルペンの不人気の原因は、スピードレースのイメージの影響で、「特別な人がやっているスノーボード」という認識ができあがってしまったことにあると思います。話は前後しますがメディアを始め、スノーボード業界全体がオリンピックを境にアルペンに関しては「楽しさ」ではなく、いかに「速く滑るか」を追求し始めてしまい、これから始めようとしている人を全く無視しているように感じます。初心者向けの本にはフリースタイルだけが取り上げられ、「アルペンは上級者のレース」と言った扱いが多々観られます。この流れを変えていかなければならないのでは無いでしょうか?

スノーボードと言うスポーツをさらに広めるため、また業界の活性化のためにも、この分離してしまった二つの枝をもう一度一つの幹に戻すことが必要なのではないでしょうか?

【コラム】プロになってなにがしたいの?

文:齋藤 稔

実はこの質問、僕がフサキ編集長に「プロになりたいんです。」とメールを出したときに聞かれた事。この質問に答えることが僕の第一歩だった。(残念ながら未だにプロにはなれそうもない)たぶん、他の一線で活躍している人に言っても同じ質問が返ってきたと思う。プロのライダーも口をそろえて言う「プロの資格を取るのがゴールなのではなく、プロの資格を取るのがスタートラインなんだ。」

スノーボードを始めた人ならかなりの確率で「スノーボードを職業にしたい。プロになりたい」と一度は思うのではないだろうか?確かに自分な好きなことで生活できるなんて夢のような話だ。しかし、現実はそんなに甘くない、思いつきでプロになれる人など一人もいない。また、プロの資格を取ってもスノーボードだけで飯を食っていけるのはわずかに一握りのトップだけだ。

他のスポーツも見てみよう。たとえばボクシング。プロとして初めて試合をやるファイトマネーはわずかに4万円ほど。年間4試合やっても16万円にしかならない。世界チャンピオンになって初めて良い暮らしができるのだそうだ。ゴルフはどうだろう。トーナメントプロとして第一線で活躍している人はかなりの年収がある。が、多くはゴルフのみで生活なんかできてはいない。人気の野球ならどうだろう。二軍でもそこそこの年収を稼ぐ選手もいる。しかし、国内でプロを目指してがんばっている人数を考えればわずかな人数というのがわかると思う。これを見てもプロとなりそのスポーツで生活していくのがいかに大変かよくわかると思う。スノーボードも例外ではない、むしろさらに厳しいと言って間違いない。

それでも10代後半~20代前半の人が会社を辞めてまでスノーボードに賭けてみると言う。別にそれは否定しない。その人の人生だからその人の自由だ。ただ、これからそのような生活をしようと思っている人はもう一度じっくりと考えてみてほしい。「会社を辞めてスノーボードに賭ける」なんだかかっこよく聞こえるが、大変な決意と情熱が必要なのを本当に理解しているだろうか?今の仕事がイヤだからスノーボードで一発当ててやるなどと考えている人は止めた方がいい。そんな気持ちでは多くのライバルに蹴落とされるだけだ。強い信念を持ち、すべての困難を克服する意志がある人だけが、初めて挑戦権を得ることができるのだと言うことをもう一度考えて欲しい。成功するのはそういったものを持っている人だけなのだから。

本当にスノーボードが好きで、本気でプロになりたいと思っている人、あなたは質問にはっきりとビジョンを持って答えられますか?厳しい現実を受け止めてそれに打ち勝つ強さがありますか?

【コラム】大胆予想!21世紀のスノーボードはこうなる!!

文:齋藤 稔

謹賀新年
あけましておめでとうございます。本年も皆様にとって良い一年であること願います。

いろんな雑誌等で次の100年はこうなるとか、次の10年はこうなると言った特集なんかが組まれていますね。そこで、「大胆予想!ミノルの21世紀のスノーボードはこうなる!!」
をお送りします。別に裏付けもないし、個人的な大予想ですので軽い気持ちで…

キッズの大躍進
近年クローズアップされているキッズの面々。もはや大人顔負けのスーパースターのショーン・ホワイト(バートン)はもちろんのこと、日本のスーパーキッズの成田三兄弟(ムラサキ)達が、体の成長に伴い、スーパートリックを連発!彼らが20代になる頃には無敵の状態になってくるでしょう。特に成田三兄弟には期待度大ですね。

業界再編
スキー業界を見てもらうと解るのですが、スキーブーム最盛の頃と比べ、業界全体が変わっています。無尽蔵にあった在庫・どこにでも置いておある激安スキーセット。こんな状態が終わり、現在ではスキーは高品質・低価格でないと売れない状況です。日本のスノーボードブームの時にも激安の粗悪品スノーボードが数多く出回りました。現在では、メーカー側の再編が進み、徐々に健全な状態になってきていると見て良いでしょう。近い将来には高品質・低価格のスノーボードが普通となり、無駄に高い物はユーザー側から敬遠されると言った状態になるのは間違いありませんね。

リゾート革命
今年も革命が進んでいるスノーリゾート。多くのスノーリゾートやゲレンデが独自のカラーを出しています。広大なゲレンデが売りの所、パークが充実しているところ、アフタースノーボードが充実のスノーリゾート・パウダーゾーンなど、我々スノーボーダー一人一人がゲレンデを選んで楽しめるようになると思います。シーズンパスもいくつかのゲレンデが協力して、共通シーズンパスと言う物もでてきています。ゲレンデ側がもっと便利にもっと快適にとお客さん主体のサービス向上に努めてくれることでしょう。

第二次スノーボード・ブーム到来
これは間違いなく来るでしょう。第一次スノーボードブームの人が結婚して子供ができ、さて、何して遊ぼうとなったときに「そうだ、スノーボードがあるじゃないか!」となるわけです。と言うことでゲレンデには家族連れのスノーボーダーが増えて、「お父さん・お母さんかっこいい!」という中年層のスノーボーダーも増えるんじゃないでしょうか?

どうでしたか?大胆予想。でもこれは今の状態ではちょっと難しいんですよね。地球の温暖化か環境破壊が進むとスノーボードどころじゃなくなっちゃいます。最後の最後にネガティブな話題で申し訳ないのですが、これも現実問題なのです。みなさん今からでも遅くはありません。少しでも環境問題に取り組んでください。そうすれば夢のようなスノーボードライフはみなさんのものですよ。

【コラム】自然を相手に

文:齋藤 稔

今年は雪の当たり年のようで、日本各地で大雪のニュースが流れている。実際今年の雪の量は半端じゃない。一日で車がすっぽり埋まってしまうくらいの降雪量が各地で報告されている。こんな事は、ここ数年無かったこと。我々スノーボーダーにとってこれ以上ない新世紀の幕開けとなった。

雪が降ればパウダーが滑れると言うことで多くのスノーボーダーが山に向かっていることだろう。dmkでも先日クラブのツアーで白馬岩岳に行って来たが、二日目はとんでもないパウダーに遭遇した。普通のゲレンデなのに足首から腰までのパウダーが楽しめる。しかも山の一番上から一番下まで全部。生まれて初めての経験に頭の中が真っ白になるまでパウダーを堪能した訳だが、いくつか気になった点もあった。氷点下なのに薄着の人たち。雪が降っているのにニットキャップやゴーグル無しで滑っている人たち。どう考えても山をなめているとしか思えない人たちがいるのだ。

人工的に整備されたゲレンデとは言え、実際は自然の山が相手だと言うことを忘れている人が多いんじゃないだろうか?リフトやゴンドラで簡単に上まで登れてしまうし、パトロールやスキー場のスタッフもいる。でも最低限の事は自分でやらなければならない。例えば雪が降る中ニットキャップやゴーグル無しで滑ることがいかに危険か考えたことがあるだろうか?ゴーグルは吹雪の中でも視界を確保してくれる便利な道具。視界を確保できないと言うことは、状況判断ができなくなり、コース外に落ちてしまったり、人にぶつかったり、そんな危険がでてくる。ニットキャップは頭と耳の保温を行い、髪の毛が凍り付いたりしないように守ってくれる。髪の毛が凍り付くと言うことは冷凍庫の中で頭に氷を付けて我慢しているのと同じ事。どのくらい体に悪いかはすぐに想像がつくだろう。

パウダーを滑るのは最高に楽しい。たぶんスノーボードの原点を感じるからなのだろう。でも、ゲレンデだからと言って山をなめては行けない。バックカントリー用の装備をとまでは言わないが、暖かい格好とニットキャップ・ゴーグルくらいは装備して、山に向かおう。自然を相手に楽しむ最低限のマナーなのだから。

【コラム】バートン

文:齋藤 稔

掲示板でバートンの話が盛り上がっているので今回はバートンについてです。

最近はバートンの天下と言ったイメージも薄くなり、ブランドごとに良いところ悪いところがはっきりとしていて、「とりあえずバートンを買えばOKでしょう」と言った感じは無くなってきました。でも依然としてバートンはトップブランドです。アンチバートン派がいるのは野球で言えばアンチ巨人がいると言った状況で、バートンはやはり影響力が強いのです。

ではなぜバートンがトップブランドとして君臨しているのでしょうか?理由は多くあります。トップライダーの在籍。長い歴史に裏打ちされた商品のクオリティー。補償制度などの充実。豊富なラインナップで誰でも自分にあった道具が選べる。など、ちょっと考えただけでもこんなにでてきます。最近では一時期の勢力が無くなったとはいえゲレンデに行って雪玉を投げれば必ずバートンの近くに落ちます。(これは言い過ぎかな?)ここ数ヶ月いろんな所にジェイクバートン(バートンの創始者)が露出して盛んにPRを繰り広げていますが、こういった広報活動の良さもバートンが売れる理由の一つでしょう。

アンチバートン派の意見としては、「高い」・「みんな持ってる」この辺が一番の理由じゃないでしょうか?僕もその一人です。同じクオリティーの物を低価格で提供してるメーカーも最近では少なくありません。業界の改革が進み、品質の悪い物は売れなくなりましたし、何より無くなってきました。この辺も「別にバートンじゃなくても…」の理由の一つですね。

僕は食わず嫌いでアンチバートンではありません。バートンに乗っていた時期もあります。だからバートンの良さもわかります。一番スノーボードの発展に貢献してきたのも知っています。だからこそバートン以外に頑張って欲しいのです。一社独占の状態をうち破り、良い意味での競争の状態になって欲しいと思います。もう数年したら、アンチバートンなんて話は無くなって、「俺はこのメーカーが好きだな」・「私はここに惚れてるのよ」と言った状況になって<特別なメーカー>と言ったイメージは無くなるでしょう。その時にこそバートンの本当の評価でできるんじゃないでしょうか。

「野球は巨人が強くないと盛り上がらない」よく耳にしますね。スノーボードはそうなってほしくはありません。バートン派・アンチバートン派なんて話よりも自分はここが好きなんだよ。と言えるそんなスノーボードになってほしいですね。

【コラム】達人に学ぶ マイケル・ジョーダン編

文:齋藤 稔

「僕は今まで9000以上のショットを外した。約300試合に負けた。26回、ゲームのウィニングショットを任されて外した。僕は今まで何度も何度も失敗した……だから今、成功している」
マイケル・ジョーダン バスケットボールの神と呼ばれた男

バスケットボールをよく知らない人でもこの人は知っているだろう。マイケル・AIR・ジョーダン。コート上を鳥のように飛ぶ華麗な姿のファンは引退した今でもまだ多い。上の言葉は彼のスポンサーであるシューズメーカーのCMの時に彼が言った言葉。まさに神の領域に達したマイケル・ジョーダンであるが、彼もまた人並みな失敗をしていると認めている。別に意外なことでも何でもない。何事もはじめには失敗は付き物なのだから。ただ彼は、何度失敗してもあきらめず、常に成功を信じて前進し続けたからこそ、成功を手にしたのだ。我々スノーボーダーも多くの失敗を繰り返して上達していく。誰もがはじめは初心者なのだ。今を輝くトッププロ達も、みんなと同じような失敗を経験している。彼・彼女たちがトッププロになれたのは、そこで挫けずに頑張ったから。自分が成功できると信じて前進し続けたから。何度失敗してもいい、次は成功するかも知れない。挑戦し続ける事こそ、上達への近道なのだから。

【コラム】達人に学ぶ-アイルトン・セナ編-

文:齋藤 稔

「レースをするのは、僕の本能だし、最も自然な姿なんだ。」

「僕がレースを続けている理由は、恐らく、走る度に新しい発見があるからだと思う。攻めれば、攻めるほど、新しいものが見えてくる。しかも、次に走った時にはまた別の発見がある、その魅力が僕をやる気にさせてくれる。」

「人生の中には、抵抗しようとしても出来ないものがある。僕には走るのを止めることは出来なかった。僕に生命を与えてくれるのは戦いだよ。この挑戦が無ければ、僕はもう、存在しないだろう…。」

1990 なぜF1を続けるのかの問いに対して

アイルトン・セナ音速の貴公子としてその名を馳せ、世界の頂上に君臨したアイルトン・セナ。彼は常に自分に挑戦し続け、そして勝ち続けた。走ることをやめられなかったセナはレース中に残念ながらその生涯に幕を下ろした。
僕たちスノーボーダーはなぜ滑り続けるのだろう?セナのように滑ることをやめることができなくなった人たちの気持ちはこのセナの言葉が表してるのではないだろうか。滑るたびに新しい発見があり、常に新鮮な輝きを感じることができる。だから僕たちは滑ることをやめられない。一度知るとやめられない麻薬。セナはレースの世界でその麻薬に捕まってしまった。僕たちはスノーボードの世界でその麻薬にとらえられてしまった。大げさに言えば僕たちは生きている事を感じるために、自分の生命力の輝きを確かめるために滑り続けているのかも知れない。最近同じ事の繰り返しと感じる人はもう一度始めた時の気持ちを思いだしてみよう。今までに無い新しい感覚、新しい感動をスノーボードは僕たちに教えてくれた。人間はなれてしまう生き物。同じ事を繰り返していると、感覚がなれてしまい感動しなくなってしまう。でも、もう一度周りを見渡してみよう。晴れた日の乾いた空気の心地よさ。吹雪の時に感じる人間の無力さ。そこには新しい発見がまだまだあなたを待っているはずだ。
セナが感じた強烈な生きているという実感を僕たちはスノーボードで感じることができる。そしてそこでは新しい発見が僕らを待っている。