news160824d

宗野かれんがSANDBOX JAPAN TEAMに加入!...

  WELCOME!! 今シーズンより、SANDBOX JAPAN TEAMに宗野かれん(KAREN MUNENO)が加入しました。 2001年生まれの”かれん”これからの活躍に期待して下さい。 (現在、富山キングスで練習中のかれん。) 「今シーズンからsandb...

news160824m

The Mile High 鬼塚 雅が3位入賞!...

  幸先上々だ!世界の多くのトップ選手が集まったThe Mile Highで、鬼塚 雅が3位入賞した。 優勝を狙っていただけに、ちょっぴり残念な結果だったようだが、シーズン初っ端の大会で結果を残したことが素晴らしい。 女子優勝は、若干16歳という若さのヘイリー・ラ...

news160824c

【動画】Diaries Downunderエピソード2 マウントクック...

  ニュージーランドのマウントクックと言ったら、キウイにとっては日本の富士山のように有名な高い山だけど、今回のDiaries Downunderエピソード2では、そのマウントクックでのヘリ・スノーボーディングの様子を紹介。 こんなエリアでスノーボーディングができるなんて夢のよう...

news160824g

【DMK CLUB REPORT】カムイみさかHPキャンプ...

  スノーボーダーにとっては、悲しい夏だけど、まだまだ滑りたい。オフでも上達したい!って気持ちはありますよね。 またシーズン中に出会った楽しい仲間と再びいっしょに楽しいひと時を過ごしたい、という気持ちもありました。 そんなわけで、DMK CLUBは、数年ぶりとなるオフの滑りのキャ...

宗野かれんがSANDBOX JAPAN TEAMに加入!

 

WELCOME!!
今シーズンより、SANDBOX JAPAN TEAMに宗野かれん(KAREN MUNENO)が加入しました。
2001年生まれの”かれん”これからの活躍に期待して下さい。

news160824d
(現在、富山キングスで練習中のかれん。)

「今シーズンからsandbox Japan Teamの一員になりました。
今まで6年くらいずっと被ってたのでとても嬉しいです!
もっとスノーボードが上手くなれるように頑張ります!
よろしくお願いします!」

news160824e

ホームゲレンデ: スノーヴァ溝の口R246 裏磐梯猫魔スキー場
スポンサー:YES.、FLUX、SPY、shredder、スノーヴァ溝の口R246、 trial bright

宗野かれん 16/17使用モデル
CLASSIC 2.0 SNOW Purple(Matte) Mサイズ
*SANDBOXを代表するツバ付きタイプのヘルメットでHARD-CORE(EPSフォーム)を採用し高い衝撃吸収性と耐久性を備えたInternational fitのヘルメットです。

news160824f

>>>> 続きを読む

The Mile High 鬼塚 雅が3位入賞!

 

幸先上々だ!世界の多くのトップ選手が集まったThe Mile Highで、鬼塚 雅が3位入賞した。

news160824m

優勝を狙っていただけに、ちょっぴり残念な結果だったようだが、シーズン初っ端の大会で結果を残したことが素晴らしい。

女子優勝は、若干16歳という若さのヘイリー・ラングランド(アメリカ)、そしてイギリスのケーティ・オーメロッドが2位。

男子優勝は、スヴェン・ソーグレン、2位マーカス・クリーブランド、3位セッペ・スミツ。

news160824n

 

【動画】Diaries Downunderエピソード2 マウントクック・ヘリ

 

ニュージーランドのマウントクックと言ったら、キウイにとっては日本の富士山のように有名な高い山だけど、今回のDiaries Downunderエピソード2では、そのマウントクックでのヘリ・スノーボーディングの様子を紹介。

こんなエリアでスノーボーディングができるなんて夢のようだね。
いつか行ってみたいものだ。


Mount Cook Heli | As good it gets! | Diaries Downunder Episode 2 | 2016. from Diaries Downunder on Vimeo.

Snowboarding, A Helicopter, Knee deep powder and the best terrain in New Zealand.
This really is as good as it gets!

>>>> 続きを読む

【DMK CLUB REPORT】カムイみさかHPキャンプ

 

スノーボーダーにとっては、悲しい夏だけど、まだまだ滑りたい。オフでも上達したい!って気持ちはありますよね。
またシーズン中に出会った楽しい仲間と再びいっしょに楽しいひと時を過ごしたい、という気持ちもありました。
そんなわけで、DMK CLUBは、数年ぶりとなるオフの滑りのキャンプを敢行!思えば、2007年のコブラーキャンプ以来の夏の滑りイベントだったかも。
来年も、こうしたオフ活動しますよ!という気持ちを込めて、先月開催されたカムイみさかHPキャンプのレポートをお届けします。

レポート:ますみ

news160824g

 

先月、DMKスノーボードクラブ久々のハーフパイプキャンプが開催されました!

7/9(土)~10(日)にカムイみさかスキー場室内ゲレンデには17人ものパイプ好きが集まりました。梅雨が開ける前の本格的な暑さではないといっても真冬とは正反対のこの時期に、これだけ集まって頂けるとは感謝感激です。

カムイみさかのパイプは午前と午後の入れ替え制で各4時間づつみっちり滑ることができます。ハイクもムービングベルトで楽ちんなのでかなりの本数を滑ることが可能。なので平均年齢が年々上がってきている我がクラブにとっては4時間以上はちょっと疲れちゃうよねってことで、初日は2nd(13:30~17:30)次の日は1st(9:00~13:00)というスケジュールです。

コーチは毎年3月にパークキャンプでお世話になっていますお二人。藤田真人(ブシくん)と藤田薫(ヤグカオさん)。二人共パイプで実績を残してきたプロフェッショナルですが、長年クラブでコーチングしてもらっているのにパイプを教わって来なかった!そのうっぷん?を晴らすべくコーチもやる気満々でキャンプをスタート。

news160824h

実践も大事だけど、理論も大事。滑る前にはなんと紙芝居!パイプを滑る上での考え方などをわかりやすく説明を受けます。

news160824i

>>>> 続きを読む

鬼塚、藤森予選通過!The Mile High 2016速報

 

オリンピックは行くのは誰なのか。今季の世界戦を占う重要な一戦、オーストラリアのペリッシャーで開催中の大会、The Mile High 2016。予選の速報が入ったのでご紹介しよう。

女子では、鬼塚雅が3位通過成功。
また藤森由香が6位通過を果たした。

一方男子では、残念ながら日本勢は予選敗退。

昨年もこの大会は悪天候で開催が危ぶまれたが、今年もこの時期、悪天候に見舞われたペリッシャー。
しかし、予選では奇跡的に天気が回復し、なんとか開催することができた。
決勝でも、ぜひ晴天の中、選手の持ち味が十分発揮できる環境でやってほしいものだ。

男子は、決勝進出12名、女性は8名。
以下、男女決勝進出者と、日本人選手の成績。

また、いつもオーストラリアの最新情報などを伝えてくれるBoardworldから予選の動画の模様もリリースしてくれたなので、合わせて紹介しよう。

news160824b
(女子予選2位通過したイギリスのケーティ。)
The Mile High 2016 予選

Mens 
1 Michael Ciccarelli CAN
2 Brandon Davis USA
3 Kelle Jaervilehto FIN
4 Sven Thorgren SWE
5 Eric Beauchemin USA
6 Brock Crouch USA
7 Tyler Nicholson CAN
8 Max Eberhardt CAN
9 Marcus Kleveland NOR
10 Eric Willet USA
11 Nicklas Baden USA
12 Seppe Smith BEL
————————–
13 Takeru Otuska JPN
14 Kaito Otsuka JPN
36 Yutaro Miyazawa JPN

 

Womes
1 Hailey Langland USA
2 Katie Ormerod GBR
3 Miyabi Onistuka JPN
4 Laurie Blouin CAN
5 Jessika Jenson USA
6 Yuka Fujimori JPN
7 Elena Koenz SUI
8 Tess Coady AUS
—————————
12 Reira Iwabuchi JPN
16 Cocomo Murase JPN
20 Michelle Kazami JPN

 


The Mile High 2016 — Qualifications from Boardworld on Vimeo.

>>>> 続きを読む

DANG SHADES「011ARTISTIC」コラボ・モデル発売へ

 
DANG SHADESより「011ARTISTIC」とのコラボ・モデルが8/25日(木)より店頭発売スタートが決定!

news160824a

アイウェア・ブランド「DANG SHADES」(ダン・シェイディーズ)が、北海道発のドメスティックスノーボードブランド「011ARTISTIC」とのコラボ・モデルを8/25日(木)から発売することが決定しました!

今回リリースされるモデルは、DANG SAHDESでは定番となるLOCOフレーム・モデルをベースに、ブラック・マットのフロント・フレームに、レッド・マット(右耳側)とブラック・マット(左耳側)のテンプル・フレームをそれぞれ組合せて、ブラック・スモークの偏光レンズを搭載した限定数のみのリミテッド・モデルになります。

>>>> 続きを読む

【フサキ日記】初代DMKステッカー発見!

 

なんと、凄いものが出て来ちゃった。

厳密に言えば、二代目だけど、まあ出回った枚数やインパクトなどを考えればこれが初代と言っていいでしょう。これが最初に、世に出回ったDMKステッカーです!

news160823c

以前、ニュージーランドでお世話になった方が、自分のフェイスブックに投稿してくれました。
確か自分は二十歳ぐらいだから、今から27年前のものかな。いや、一度カナダに行って、再びニュージーに戻ったぐらいだから・・・、1991年かその後の頃です。

僕がカナダのウィスラーで篭りのスノーボーダーしていた時、仲間の一人、与作(ニックネーム)ってやつが、「フサキさん、ウィスラーで日本のスノーボーダー、盛り上がっていますよ。チームのステッカー作りましょう!」みたいな話になったのです。

ネーミングなど任されたので、いろいろ考えていたのですが、自分には『爆弾小僧』というのがピンと来ました。
当時、ダイナマイト・キッドという元気なプロレスラーがいて。それにもあやかった形。自分たちが「爆発しようぜ!」ということで、この名前にしたんだけど。

>>>> 続きを読む

BURTON THIRTEEN FW2016/W2017コレクションのお知らせ

 

BURTON THIRTEEN 3度目となるコレクションは、アメリカンネイティブとロシアングラフィックが融合したオリジナルのキーグラフィックが落とし込まれたアイテムを中心にした13型、さらにはBURTON THIRTEEN特別仕様のスノーボードも加わっています。スノーボーダーである、デザイナー相澤陽介が考えるファッションとスノーボードが融合したラインナップをぜひご覧ください。

news160823b
http://burtonthirteen.com/

 

A Line / Yuta Watanabe in AK:

 

アラスカで残せた渡邊雄太の一本のライン。切立った山々に囲まれた氷河奥地での撮影は難しい。青かった空に一瞬で暗雲が広がり、目の前が真っ白になるなんてよくある事。 悪天候に加え、氷河の裂け目がそこら中で口を開けている状況で視界を奪われるということは死にも直結する。限られたチャンスを活かし、自分の限界を押し上げ、人を魅了するような映像を残すのは至難のわざなのだ。


A Line / Yuta Watanabe in AK from HEART FILMS on Vimeo.

www.heartfilms.com
www.facebook.com/heartfilms
Instagram: @heart_films