冬季五輪、北京大会の出場枠を掛けた運命の戦いが間もなくゴング!

さあ、いよいよ始まるぞ!
冬季五輪、北京大会の出場枠を掛けた運命の戦いが間もなくゴング開始!

日本勢男子オリンピック4枠出場の狭き門を賭けて、明日から開催されるW杯アメリカ・カッパーマウンテンのハーフパイプで、5名の選手がエントリーされた。

男子は2ヒートに分かれるが、1組に出場するのは、戸塚優斗(ランキング1位)、片山來夢(ランキング5位)だ。
そして、2組には、平野流佳(ランキング 3位)、平野歩夢(ランキング 34位)、平野海祝(ランキング 13位)がエントリー。奇しくも「平野」苗字が3名並んだが、 歩夢の弟が海祝で、流佳は兄弟でないのであしからず。

ランキング的には、すでに戸塚優斗、片山來夢、 平野流佳はほぼ決定で、中でも絶対的エースの戸塚は確実に出場へ。
となると、残り1枠は海祝と歩夢の兄弟の争いになりそうだ。

また男子1組には、4度目の金メダルを狙うショーン・ホワイトも出場。彼のランキングは70位なので、まずはランキングを上げてアメリカ内でのポジションを上げたいところだろう。

すでに公開練習は、2日目に入り、各選手は今季、初のワールドカップのハーフパイプ戦に向けて最終調整を終えた。

男子予選1組の出場者リスト
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/SB/6097/2022SB6097SLH1.pdf

男子予選2組の出場者リスト
https://medias1.fis-ski.com/pdf/2022/SB/6097/2022SB6097SLH2.pdf