北京オリンピックの男子チームに世代抗争が勃発!荻原大翔(16)、長谷川帝勝(15)がW杯初戦参戦へ

北京オリンピックの男子チームに世代抗争が勃発!ここ最近、やや苦戦気味の男子スロープスタイル&ビッグエアのチームに新しい血が導入される。今週末、スイスで開催されるワールドカップのビッグエア初戦で、荻原大翔(16)、長谷川帝勝(16)が参戦へ。トレーニング地のサースフェーで若い二人が躍動している姿を披露。

荻原大翔は自身のインスタで、バックサイド1620を披露。長谷川帝勝は、バックサイド1800からさらに、キャブ1800、スイッチバック1800、フロントサイド1800までメイクする暴れっぷり!いったい二人が、どこまで難易度が高いトリックを決める力があるのか、現在進行成長中なので定かでないが、相当、持っているのは確かだ。

男子では、世界ランク4位の大塚 健 (20) を筆頭に、6位の國武大晃(19) 、17位の飛田流輝(22) 、19位の濱田海人(21) と続いている。
そして、さらに今回のスイスW杯では、木俣椋真(19) が加わる見込み。それに加えて、 荻原大翔(16)、長谷川帝勝(15)が加わる超絶サバイバル!

北京オリンピックの参加条件は、男子30名まで。その内、1人は自国開催枠で、中国の選手に割り当てることになる。
したがって、男子29名の五輪出場枠を北京大会まで争いとなるが、1つの国の最大参加者数は、4名に限られている。
ポイントの加算される時期は、2019年7月1日から2022年1月16日までの期間に行われたFISワールドカップ大会の他、2021年に開催された世界選手権だ。その内、最高スコア4つが最高得点が採用される。

W杯の初参戦となる荻原大翔、長谷川帝勝にとっては、是が非でも良い結果を出さなければ先輩ナショナルチーム選手を抜かすことができない状況だ。

一方、これまでW杯で戦って来た先輩ライダーにとっても、うかうかしていられない状況となった。スイスW杯では、表彰台に立ってアピールをしたいところ。特に男子スロープ陣は、全体のランキングこそ良いが、強豪相手に対してのストロングな結果を得られていない。コーチ陣にとってみては、さらなる競争激化が、この熾烈な戦いから上がって来る選手を待っているのかもしれない。
そのためには、スイスでのW杯初戦は、北京オリンピックを占う意味で、超重要な戦いとなるだろう。

一方、女子ではビッグ3の鬼塚 雅 (22)、岩渕麗楽(19)、村瀬心椛(16) に加えて、芳家里菜(22)が参戦する見込み。
芳家里菜とっては、表彰台に立つことで、日本女子の最後の切り札になり得る存在となるのだろう。
一か国で男女それぞれ4選手を北京に行かせることができるが、ナショナルチームの方針としては、「表彰台を狙える選手」ということになるので、やはりこれから上がって来る選手には、表彰台が求めれるのだろう。

スイスW杯では、オリンピック・シーズンということもあり、世界の強豪選手が勢揃いする。果たして、栄えある栄冠を手にするのは誰か!
日本人選手にとっては、これまで数多くの良い結果を残して来たビッグエア大会だけに、優勝者が出ることを望みたい。
今週末は、ぜひ日本から声援を送ろう。

決勝は、10月23日(土)の現地時間、18:00から。日本では、深夜の26:00からとなるが、DMKではLIVE SCOREをお届けする予定です。
どうぞ、お楽しみに!



●関連記事
荻原大翔 13歳オリンピックに掛ける思い
https://dmksnowboard.com/hiroto-ogiwara/