降雪コントロールがオーケーでW杯の2戦目は開催へ

北京オリンピックに向かって、その参加枠を重要な戦いでもあるワールドカップ。
来月4日、アメリカのコロラド州スチームボートでW杯ビッグエア2戦目は、開催されることになった。

Marcus Kleveland (NOR) © US Ski & Snowboard

ここ数週間、平均以上の気温が続いてて降雪コントロールへの懸念が高まっていた。
しかし、先週末から気温が低くなり、望ましい天気予報が出ていることから、ゴーサインが出た。

現在、欧州や北米では、日本以上にコロナの広がりもあり、その点でも懸念されていたが、しっかりとコントロールされ実現される方向だ。

公式練習は、早くも11月30日(火)から始まるということで、
世界からオリンピックを目指す選手たちは、これからコロラド入りを目指すことになりそうだ。

今月の開幕戦では、村瀬心椛(16)がW杯嬉しい初優勝となったが、2戦目のヒーロー、ヒロインになるのは誰なのか。
オリンピック・シーズンだけに、注目のボルテージはさらに上がること間違いなし!

●関連記事
村瀬心椛(16)がW杯初戦で初優勝!
https://dmksnowboard.com/kokomo-murase-w-cup/