SANDBOX HELMETS

カナダの西海岸にべースに、SANDBOX(サンドボックス)はユニークなグラフィックとプリントでスノー・ヘルメットをデザイン。オシャレなヘルメットは、往来のヘルメット=安全という領域に留まらず、「オシャレだからかぶってみたい!」という気持ちにさせてくれます。

HISTORY

SANDBOX(サンドボックス)は、カナダのレジェンド・プロスノーボーダーのケビン・サンサローンが、ムービープロダクションズとして、2004年に立ち上げられたブランドです。
タレント性が豊かなライダーたちと数多くのシューティングを行っていたのですが、これまでの安全性一辺倒で遊び心のないヘルメットに不満を感じていました。そこで 2007年、ケビンはファッションのエッセンスを強く打ち出したつば付きキャップ型のヘルメットをSANDBOXブランドとして発表!
このスタイリッシュなヘルメットは瞬く間にウィスラー・スキー場のローカルライダーたちに受け入れられました。その勢いは、スノーボーダーに留まらずオシャレに敏感なスキーヤーまでその勢いは波状した。SANDBOXはセーフティさとファッション性を兼ね備えたヘルメットとして幅広く認知され、北米を中心に世界中にファンが拡大されました。
スコッティ・バイン、ジェイミー・ニコルズなど、現在のスノーボードシーンを騒がす個性的なライダーも使用しています。
SANDBOXは、ライダーズ・ドライビング・ブランドで、雪上でライディングする人の声を尊重し、既存のスキー、スノーボードのヘルメットでは考えられなかったカラーリングやグラフィックを生み出しています。カナダでは最も人気が高いスノー・ヘルメットです。

STYLE

スノーボーダーが経営する企業として、ライダーが実際に着用したいと思える機能やスタイルを持った製品を提供することを重要視しています。
CLASSICの特徴的なブリムスタイルから、ストリートから影響を受けたICONのスタイルまで、飽くことなく、常に開発を続けてきました。
美しいシルエットと特徴的なデザイン。できるだけ小さくデザインされたシェイプはスノーボーダーとしてのスタイルへの高い意識と誇りを持っています。

PROTECTION

アクションスポーツとライダーのニーズは絶えず進化し、進歩しています。
私たちはそのことを深く理解し、進歩と創造に献身することで、業界でも尊敬を受け、愛すべきヘルメットの一つとして選択されています。
国際的な認定を受けることも、その一つ。
硬質なEPSや柔軟なEVAフォームを使用した製品を提供することにより、スノーやウォータースポーツまで一年中アクションスポーツをサポーしています。

SANDBOXヘルメット 3つの特徴

SANDBOXヘルメットだけが持つ3つの特徴をご紹介します!

SANDBOX 3つの特徴①斬新カラー

元々、「ヘルメット=安全」だけでなく、「ヘルメット=オシャレにスタイリッシュ!」を目指したSANDBOXは、他ブランドではあまりなかった斬新なカラーやアーティスト・コラボレーション・モデルがあります。
人気のブラックにしても、艶消しのマッドブラックからカモ柄のブラック、さらにはブラックをベースにしたフラワー・グラフィティなど様々。
「オシャレなヘルメットをかぶりたい!」と思ったら、SANDBOXで間違いありません。
また、ベースボールキャップのようなツバ付きのCLASSICモデルは、SANDBOXならでの大きな特徴で、新しい斬新なカラーはCLASSICモデルから、市場に広がっていってます。

SANDBOX 3つの特徴②特許済みの優れたベンチレーションシステム

意外に知られていませんが、SANDBOXならでの特許であるベンチレーションシステムは、ライダーの頭を快適します!
前方から入って来た空気を後方へ流し、さらにゴーグルから生まれた暖気は、頭部の前方からチムニー呼ばれるような煙突のような管路を伝って上に押し上げます。これにより、温かい日でもハイクアップした日でも快適に過ごせるようになっています。
これは他のメーカーにはない、SANDBOXだけの快適システムです。

SANDBOX 3つの特徴③ハードシェル方式でシェルが小さく軽く感じる

スキー、スノーボードのヘルメットは、大きく分けてインモールド方式で作られたものとハードシェル方式で作られたものに分けられます。
国内でも軽くて評判のヘルメットのメーカーは、インモールド方式で作られています。シェルに直接緩衝材を注入してヘルメット内部で成形する製造方式になります。
こうして作れられたヘルメットは、薄くて強度はありますが、薄いだけに割れやすい事実もあります。そして、インモールドの構造的な欠点として、注入して成形するために発泡素材に圧縮をかけづらいので、国際安全基準であるCE規格を満たそうとするとインナーが厚くなります。その結果、ヘルメットのシェルも大きくなります。
一方、SANDBOXで採用しているハードシェル方式の構造ですが、装(シェル)と緩衝材(インナー)が別々に製造されます。
シェルの素材はABSが多く、緩衝材はEPS(硬質発泡スチロール)となります。ハードシェルの良い点は、とにかく丈夫なことです。
CEなどの国際基準をクリアするためにABSを厚めにしているため、割れることはかなり少ないです。ABS自体に強度があるため、インナーのEPSの厚みを抑えることができるのもハードシェルの強みです。
同じ頭のサイズでも、シルエットの小さなヘルメットができます。
初めてヘルメットをかぶった人が、「ザ・頭でっかち」になりやすいのはヘルメットのシェルが大きいからです。
一方、SANDBOXはシェルを小さくして、スマートなかぶっている姿を演出します。
また、シェルを小さくすることで、実際の重さよりも軽く感じるようになっています。
SANDBOXがカナダのスノーボーダーで一番人気あるヘルメットとなったのは、こうしたシェルのスマートさと、オシャレなグラフィックのお陰です。


CLASSIC 2.0 ASIAFIT

私たちの代表的なスタイルであるClassic2.0
その美しいシルエットのデザイン、SANDBOXを表現するブリムスタイル。特許取得済みのベントシステムは、プロテクション性能を損なうことなく仕上げられています。

CLASSIC 2.0 ASIAFIT 人気トップ3発表!!

SANDBOXヘルメットの中でも、ツバ付きのCLASSIC 2.0は最も人気が高いモデル。
21-22は、10カラーをリリースするが、その中でも最も人気が高いカラーは、1位にBLACK、2位にBLACK CAMO、そして3位はMR JAGOでした。(※全国のショップオーダー統計)
例年ブラック系の人気は高く、特に最初のSANDBOXヘルメットとして好まれる傾向があります。しかし、メーカーサイドでは、「様々なカラーに挑戦してほしいな」という気持ちがあります。今回、3位に入ったアーティストコラボモデルMR JAGOは注目が高く、こうした特殊なカラーは売り切れる傾向が高いです。ぜひ今の内に要チェック!ほしい方は、お近くのSANDBOX取扱店にて先行予約してください。



ダンカン・ジャゴの絵は、色と筆のハリケーンのようなものです。彼の芸術的キャリアは、グラフィティアートへの強い関心から始まり、ブリストルでイラストを学ぶようになりました。1990年代から2000年代初頭にかけて、Mr JAGOの作品は次第に抽象化へと発展し、形式への言及は失われました。代わりに、彼は大きなキャンバスにアクリル塗料とスプレー塗料の両方を使用して、空間を見つめ、光のスペクトル全体を見ることができるという印象を与える非代表的なシーンをレンダリングします。しずく、破裂、刺激的なストロークを彩る鮮やかな色で、Mr JAGOはストリートアートに関連する草の根の美学を超えて素材を高めます。

【ヘルメットのスタイル】
可能な限り見た目が小さくなるように、無駄を削り取る作業を経て誕生したキャップスタイルのヘルメットです。ゴテゴテとした、いかにも”プロテクター”といった感じのヘルメットとは一線を画す、シンプルできれいな曲線を描くデザインはSANDBOXのこのヘルメットでしか表現できません。同じようなサイズの他社のヘルメットよりアウターのサイズが小さく、インナーの広さが大きいのが特徴です。
頭でっかちにならず、今までヘルメットが似合わないと悩んでいた方もすっきりとした顔のラインに沿ったシルエットをお楽しみできます。

【着け心地】
ヘルメット内部はマイクロファイバーを使用した一体型のライナーを使用。肌触りが良く、包まれるような装着感は安心と快適さを両立しています。
インナーライナーは取り外しての使用もOK。安全性に影響はありません。
特にニットキャップを下にかぶるスタイルの方は外している場合が多いです。
もちろん洗濯も可能です。

【ゴーグルとの相性】
イヤーパッド側にあるあご紐とを結ぶ三角形を描くような頂点についているサイドアジャスター。このアジャスターで三角形の紐の前後のバランスを変化してみると、ヘルメットのかぶりの角度が調整できます。ツバを上に上がるように調整すれば、ゴーグルへの干渉を回避できます。また後ろ気味にかぶることにより、素敵なビーニーの色を見てほしいあなたには嬉しい機能です。
また、ヘルメットのツバがあることにより、ゴーグルの上に雪が積もらないので、ゴーグルのベンチレーションを妨げず、最高のパウダーに出会った時にも絶好の視界をあなたに提供いたします。しかも小枝などからもゴーグルを守ることもできます。絶好のラインを刻むのはあなたです。

日本を代表する女性ライダー、田中幸も愛用しています!

MR JAGO 先行予約ご注文ページへ

ICON ASIAFIT

Winter 21/22の新機能として、特許取得済みのエアフローベントシステムと洗練されたシルエットデザインを備えたLEGENDの進化形であるICONを紹介します。
ICONは、小さく、快適なシルエットを維持しながら、スタイルとプロテクションを提供します。

ACE JUNIOR

小さいのに高性能。大人と子供に必要な安全性に違いはありません。
高い安全性を誇るABS+EPSライナー。高性能のベンチレーションシステム。ACEヘルメットには大人のモデルと同様にすべての機能が採用されています。
安全でスタイリッシュに飛び出す子供たちをご覧ください︕

PARK ASIAFIT

SNOWモデルの構造を取り入れながらシンプルなスタイルに。
安全性はそのままに、イヤーパッドやゴーグルクリップを省略し、滑らかなシルエットを求めるライダーに最適!コストパフォーマンスの高さで大人気です。

CLASSIC 2.0 LOWRIDER

私たちの代表的なスタイルであるClassic2.0。
その美しいシルエットのデザイン、SANDBOXを表現するブリムスタイル。
LOWRIDERはウォータースポーツ用に設計されており、耐久性の高いABSハードシェルと防水性と衝撃低減するためにテストされた柔軟なEVAライナーを採用しています。
夏のオフ施設を利用するライダーにも人気あるモデルです。

LEGEND LOWRIDER

いつの時代でも高いデザイン性を持ったLEGEND
LOWRIDERはウォータースポーツ用に設計されており、耐久性の高いABSハードシェルと防水性と衝撃低減するためにテストされた柔軟なEVAライナーを採用しています。
こちらのモデルも、オフトレで頑張るライダーに大人気!

SANDBOX WINTER 21/22 by FIELD GATE – issuu


●関連リンク集

私のSandboxとの出会い Sandboxかぶった理由 | 日本一わかりやすいスノーボードサイト!DMKsnowboard

【コラム】カナダでは考えられない高校生スノーボーダーのヘルメット付けておらず重症事故 | 日本一わかりやすいスノーボードサイト!DMKsnowboard

【コラム】カナダ人がヘルメットをかぶる理由 | 日本一わかりやすいスノーボードサイト!DMKsnowboard

オシャレだけでないSANDBOXヘルメットのツバの役割とは?
https://dmksnowboard.com/sandbox-rim

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

Sandbox Instagram
https://www.instagram.com/sandboxjapan/?hl=ja

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://www.sandboxland.com/