平昌オリンピック スノーボード完全ガイド スノーボードクロス編

 

平昌オリンピック スノーボード完全観戦ガイド【スノーボードクロス編】。
日程、競技説明、主要選手、五輪メダル予想まとめ。

これまでのオリンピックでは、一度もメダルを獲得したことがない種目。
日本女子エースの藤森由香は前人未到の3回オリンピックに参加したが、今回はスロープスタイルに転身して出場。
今回の平昌では、桃野慎也の出場に期待が掛かったが、残念ながら五輪選考の結果を残すことができなかった。

日本人選手の出場がなくて残念だが、一般的に見ててもっともおもしろいスノーボード種目ともと言われているスノーボードクロス。
ぜひ、このガイドを参考に、オリンピック観戦を楽しもう!!

ご協力:Snowboard-X Book クロスブック
https://www.facebook.com/Snowboard-X-Book-クロスブック-1568700983358671/

韓国 平昌オリンピック スノーボードクロス 開催日程

男子予選 2月15日(木) 10:00~11:30
男子決勝 2月15日(木) 12:30~13:50
女子予選 2月16日(金) 10:00~11:00
女子決勝 2月16日(金) 12:15~13:00

 

競技説明: スノーボードクロス

2006年トリノから採用された種目で、今回の平昌で4回目を迎える。
4人の選手が、同時にスタートして、ジャンプやバンクなどの障害物を滑り、最初にゴールした選手が勝ち。この明確なわかりやすいルールと、スリリングな展開の故、オリンピックになるといつも話題の人気種目となる。

予選はタイムトライアルのため一人で滑走。スタートからゴールまでのスピードを競い、男子ではトップ32位まで、女子ではトップ16位までが決勝に行く。

決勝トーナメントでは、4人同時に滑走。いわゆる多くの方がスノーボードクロス種目をイメージしている迫力ある展開レースとなる。
最後の方まで1位で通過しても最後のジャンプで抜かれるなど、これまでにも数多くのドラマ展開があった。
競技上の性質から接触などが多く、故意の妨害は当然反則となり失格となる。

決勝トーナメントでは、トップ2選手までが勝ち上がれるルール。男子トップ32位から、準々決勝へ進める選手は16人の選手。そして準決勝へ進めるのは8人の選手。最終的に4人の残った選手が、メダルの色を争うことになる。

以上のようなルールなので、1位と2位争いはそれほど激しくならない傾向にあるが、特に2位を死守したい2位、3位争いでは激しいバトルが繰り広げられ、その結果転倒することも。すると、後方の4位の選手が、上位に食い込みトーナメントに勝ち上がるという展開も生まれるわけだ。

スピード競技のため体格が劣る日本人選手には不利な面があるが、日本人選手はテクニックで体格差をカバーし上位を狙って来た歴史がある。

使用するボードは、ハーフパイプやスロープスタイルのフリースタイル・ボードよりも長めだ。

 

 

勝つためのスノーボードクロス技術

 五輪スノーボード種目のイメージというと、ハーフパイプであったり、ビッグエアーだったりと採点種目であることが多いようだ。
しかし、スノーボードクロスはスピード種目。ジャンプ台の滑り方にしろ、そこには違った技術を必要とする。
ジャンプ台では、より高くでなく、より速く。
その結果、ジャンプ台のリップを蹴るというよりも、ヒザで吸収するようにあまり高く飛ばずにスピードを遅くしないようなテクニックが使われている。
各選手のヒザは、まるで車のサスペンションのように障害物を吸収しているようにも見える。
またスタートは大変重要で、選手はいかによいスタートを切れるか練習している。
当然、展開の読むというのも重要で、実力ある選手はあえて後ろから攻めて、最終的にゴールで相手を抜き去る選手も。
こうしたことを知るだけでも、また一段とスノーボードクロスの観戦が楽しめるだろう。

これが平昌オリンピックのクロスコースだ!

 スタートからウェーブやキッカー、バンクなどを通過。
途中、コースが2つに分かれるところは、スキーヤークロス選手が左側へ、スノーボーダーは右側のコースとなる。
何度ものバンクでGに耐えながら、最後はタフな3連ジャンプ。
果たして、この難コースに最初のゴールを切って金メダルに輝くのはどの選手か!

 

 

スノーボードクロス世界強豪選手 (男子)

アレックス・プーリン(オーストラリア)Alex Pullin

昨年行われた世界選手権で銀。これまで行われた世界選手権でも2度も金メダルを獲得したミスター・スノーボードクロス。
前シーズンのワールドカップは4度もの優勝し、今季もアルゼンチンで行われたW杯で2度優勝し、さらにイタリアW杯でも優勝している圧倒的な強さを誇る。
今季も世界ランキング1位で、断然金メダル候補。

昨年行われた世界選手権で銀。これまで行われた世界選手権でも2度も金メダルを獲得したミスター・スノーボードクロス。
前シーズンのワールドカップは4度もの優勝し、今季もアルゼンチンで行われたW杯で2度優勝し、さらにイタリアW杯でも優勝している圧倒的な強さを誇る。

 

ピエール・ボルティエ(フランス)Pierre Vaultier

前回ソチ五輪で金メダル獲得!
2015-16、2016-17と2シーズン続けて世界ランキング1位。今季も2位と好調を保っている。
フランスが誇るイケメン・クロスマシーン!

 

アレッサンドロ・ヘマレ(オーストリア)Alessandro Haemmerle

23歳、比較的年齢高めの選手が多いクロス界にとっては若手。
2015ウィンターユニバーシアードで銀メダルを獲得。
現在、世界ランキング3位の上昇クロス戦士は、虎視眈々とオリンピック頂点を狙う。

 

スノーボードクロス世界強豪選手 (女子)

リンゼイ・ジャコベリス(アメリカ)

長年ワールドカップやオリンピックで活躍するクロス選手。
トリノオリンピックでは、優勝を確信して(?)最後のジャンプでグラブトリックを行い転倒、金メダルを失う失態も。
しかし、今ではW杯の決勝でわざとビリからスタートし、優勝してしまうという凄い選手。
今季の世界ランキングは3位。

 

クロエ ・レスプーシュ(フランス)Chloé Trespeuch

前回のソチで銅メダル。2017年の世界選手権では、銀メダル獲得。
今季は、アルゼンチンのW杯(2戦)で1位と3位、フランス2位、オーストリア5位、イタリアで5位、トルコで2位、と確実にトップに立ち続ける選手。
世界ランキングは1位だ!オリンピックでは確実にメダル圏内。

エバ ・サムコバ(チェコ)

前回のソチ五輪では、ゲン担ぎでひげのペインティングでレースを盛り上げた。その甲斐あって見事に金メダル!
近年も高い実力をキープしながら、X Gamesで銀メダルなど好調をキープ。
今季は、世界ランキング7位ながら、持ち前の実力でメダルを狙う存在だ。

 

関連リンク

平昌オリンピック スノーボード完全観戦ガイド ハーフパイプ編

平昌オリンピック スノーボード完全観戦ガイド パラレル大回転編

平昌オリンピック スノーボード完全観戦ガイド スロープスタイル&ビッグエアー編 

スノーボード オリンピック・ヒストリー