【2020-21年版】オススメのスノーボード板メンズ 15選

DMKがまとめた恒例!オススメのスノーボード・ギア企画、スノーボード板メンズ15選。

読者の方にアンケートを取り、オススメのスノーボード(板)メーカーをピックアップ!さらにショップライダーやプロスノーボードSHOPのオーナーさんにメーカーを推薦してもらいました。ご協力していただいた方、今年もありがとうございます!
総合結果を集計し、上位に入った各メーカーさんに、オススメの板モデルをご紹介していただきました。
ぜひ今季のあなたのスノーボード板、選びのご参考してください!

※メンズ用とご紹介していますが、ここで紹介したメンズモデルは男女関係なしにオススメしている場合もあります。
※モデル名まで推薦していただいた場合には、メーカーさんにそのモデルを参考に選んでいただきました。

2020-2021 オススメのスノーボード板メンズ15選
1 YONEX / SMOOTH
2 NOAH SNOWBOARDING JAPAN / HIGH TWISTER X
3 LIB TECH / T.RICE ORCA
4 OGASAKA / CT-S
5 NEVER SUMMER / PROTO SYNTHESIS
6 K2 / NISEKO PLEASURES
7 HEAD / ANYTHING LYT
8 RIDE / WARPIG
9 SCOOTER / MACHS
10 MOSS / BURNER
11 BURTON / FAMILY TREE SENSEI
12 SALOMON / DANCEHAUL
13 ARBOR / WESTMARK ROCKER
14 CAPiTA / DOA
15 NITRO / SLASH
※掲載した順番は、順位とは関係ありません。

YONEX / SMOOTH

その名の通り乗り味「スムース」、進化を極めたオールラウンドモデル
「STOMP-TECH 3.0」、さらに振動吸収と粘り強さに優れた「NANOMETRIC XT」を投入し、ライダーの意思に的確に反応するコントロール性能と安定性を備え、パーク、パイプをはじめすべてのフリースタイルシーンでのハイレベルなライディングを可能にするボード。
フリースタイル系ボードでありながら、粘り強いしなり具合は優れたカービング性能を引き出し、フリーライディングにいたるまで幅広く楽しめるオールラウンド性能も魅力。
誰よりも質の高い滑りを求めるフリースタイル系ライダーに是非乗ってもらいたい。

価格:88,000円(税別)
サイズ:138 / 142 / 146 / 150 / 152 / 154 / 158

NOAH SNOWBOARDING JAPAN / HIGH TWISTER X

2021モデルより新たに加わったHigh Twister X。
人気のHighTwisterシリーズの中で一番柔らかく、軽く、反発もあり、これまで中上級者層がメインで乗っていたXXやXXXに加え、初中級者層やグラトリをメインに乗られるソフトフレックス好みのユーザーにもマッチするX。
Noah 独自の可変コンベックス特許構造の効果は14年間実証済。
毎年試乗会での結果からも早期予約率が非常に高く既に完売サイズも出ています。
こだわりの強い国産ブランドnoahを是非、体感ください。

価格:85,000円(税別)
サイズ:145.5 / 150 / 152.5 / 154 / 157(メンズ)
 138 / 142 / 146(レディース)

ライダーオススメのコメント:藤森由美

noahと言うブランドは知らない方も多いのですが、今季で14年目で私は初年度からずっと乗っているんです。可変コンベックス&IDキャンバー2つの特許を持っていて、広告は無し・ネット販売も無し・カタログにも詳細が無く国内の厳選されたofficial dealer のみの販売って、すごく不思議で謎だらけのブランドですよね!でも毎年、各地の試乗会では、ほとんどご予約が1位なので、乗ってみて初めてわかる国産ブランドです。

私が今メインで乗っているのはHighTwister XXXで、乗った感想はオールラウンドをこの1本でこなせるボードだと思います。高速フリーランの安定感、ジブでもプレスした時に私好みのしっくり感、反発があるのでジャンプも楽しいし、カーヴィングも可変コンベックスからキレ、コブもグイグイ、乗り初めは少し硬く感じたけどなんでもこなせるXXXにハマりました!!

このHighTwisterは、noahのなかで一番人気なのですが、X/XX/XXX と、3つのフレックスから選べるようになっていて、Xは柔らかくて凄く軽く反発もあってグラトリには調子良く、XXはXで物足りない方や、ジブ・ジャンプ・フリーランもと言う初中級者の方に、XXXは中上級者向けでスピード出しても安定するしフリーランからジャンプ・ジブとオールマウンテンを滑られる方に是非乗ってもらいたいです。そしてnoahは凄く走りますよ!!

人と被りたくない!拘りのある方!是非、noah official dealer へgo!!

LIB TECH / T.RICE ORCA

トラビスライスが開発するワイドボード”オルカ”パウダーボードはもちろん、キレキレびカービングも楽しめるオールマウンテンボード。
短くキックしたホエールテールはツリーランやタイトな沢が多い日本の山でも抜群の操作性を発揮。
世界中で大人気のモデル。

価格:90,000円(税別)
サイズ:144 / 147 / 150 / 153 / 156 / 159

OGASAKA / CT-S

「CT-S」は、カービング向けオールラウンドボードシリーズ「CT」のエキスパートユーザーモデル。
CTよりも硬いだけでなく、サイドカーブも浅いため、勝手に曲がることはない。
ターン前半からしっかりとボードを撓ませることができれば、どんどん加速していくよう設計されている。
マニュアル感の素直な乗り味で、エキスパートユーザーの欲求を満たしてくれるボードだ。
密度の詰まった「ASPコア」と「カーボン」、PCプレートには大型の「OG1」を採用しているため、高速時のボードのバタつきが軽減され、思い切ってボードを立てに行ける。簡単には乗りこなせないため、自由自在に扱えるようになるだけで上達したことがわかる修行ボードと言っても過言ではない。
19-20シーズンでは、JSBA全日本テクニカル選手権においてライダーの新野裕幸が「CT-S 158」と「CT-S 161」を使用し6度目の優勝を果たした。
次のステージへトライしたい方に、ぜひ乗ってもらいたいボードである。

価格:83,000円(税別)
サイズ:154 / 156 / 158 / 161

Rider:Hiroyuki Niino
Photo:GAMICHAN

ライダーオススメのコメント:新野 裕幸
フリースタイルカービングではライダーのイメージと動きを自由に表現できる事が大切だ。 
ボードに求めることは、どんな雪面状況においても素直に滑り降りてくれる事と、 ライダーの動きを引き出す安定した足場だ。 
この2つの要素がライダーのイメージと自由な動きを斜面にリンクさせるために重要な ポイントになる。
CT-Sにはその要素が備わっている。 そして、じっくり乗り込んでいく事でネクストステージに進む為のイマジネーションを 与えてくれる。 
何よりも乗り手である僕自身が斜面との新しいリンクを『体感』し『体現』できたと実感 している。 

NEVER SUMMER / PROTO SYNTHESIS

スノーボードの創世記からボードの形状は永きにわたり原始的ともいえるキャンバー形状で、それがスノーボードの核となっていたのは言うまでもない。
キャンバー部分には、ポジティブで、ニュートラルなエネルギーが貯まり、コアの周りにはネガティブなエネルギーがある。
キャンバー形状のボードをうまく乗りこなすためには乗り手の高い技術が必要だが、我々ネバーサマーはこのキャンバー形状という古いかたちを捨て、「SHOOK WAVE」という名のダブルキャンバーを導入した。
このダブルキャンバー形状は乗り手にポジティブなエネルギーを与えてくれるのが最新のオールマウンテンツイン・ボード、PROTO SYNTHESISだ。

形状:SHOCK WAVE ROCKER CAMBER (ダブルキャンバー)

価格:98,000円(税別)
サイズ:149 / 152 / 155 / 158 / 161 cm
            154X / 157X / 160X / 163X cm   X= ワイドバージョン
    159DF / 162DF cm  DF=Drag Free スーパーワイド

Photo: Ryu Hyodo

ライダーオススメのコメント:三島勇気
PROTO SYNTHESISに新しく採用されているSHOCK WAVE RC形状はダブルキャンバー形状をベースにキャンバー部分をより長めにすることで、従来のスタンダードキャンバーよりも大幅にコントロール性が向上し、エッジの入り方が早くよりクイックになってしっかりとしたカービングをすることができる。
ターンのきっかけもつかみ易くエッジにダイレクトに力が伝わる感じだ。
ボードを手に取ると少し硬い印象を受けますが、乗ればトーションが使いやすいのでとても扱いやすく、コアがすこし厚くなった分、反発力もあり、上に飛ばしてくれるのでオーリーなども高さを出してくれる。パークからパウダーまであらゆるシーンで答えてくれるオールラウンドにスノーボードを楽しむ方には、最高の一本!

K2 / NISEKO PLEASURES

ニセコ在住のチームライダー天海洋が、Simple Pleasuresのシェイプをベースにメローな地形に適したソフトはフレックスとトーションを採用し、リチューンしたモデル。
微調整されたキャンバー形状はターン導入とパウダーでのグライディングを手助けします。
PTEX素材の特別なサイドウォールとカーボン配合のベースが、スムースでサーフィーなライディングを実現します。

価格:85,000円(税別)
サイズ:151 / 156

ライダーオススメのコメント:天海 洋
簡単にいえばNiseko PleasuresはSimple Pleasuresというモデルをリチューンしたモデルです。
もともとカービング性能に長けた板なのですが、日本の雪質や地形に合わせて不等圧を変更しアジア人向けにフレックスを調整したものです。
その結果、ターンはもちろん日本のパウダーや3D地形でも乗りやすく動かしやすい板に仕上がり、スノーボードがさらに楽しくなりました。

HEAD / ANYTHING LYT

ANYTHINGは、ユーモアのあるターンとトリックを中心にライディングするライダーに向け開発されたボードだ。
ノーズとテールにはヘキサゴナルコアをアシメトリーに配備し、ボードを取り回す際のずば抜けた軽量感を生み出す。
グランドトリックはもちろんターントリックも容易にし、スノーボーディングの楽しみの幅を広げるだろう。
また、ボードのシェイプは、トゥサイドとヒールサイドが非対称に設計し、ヒール側のエッジが長く設定されている。このことにより、ヒールエッジを利用したターンやトリックが行いやすく、バランスキープが難しいヒールサイドに安定をサポートする。
基本ライディングを覚えたら、ぜひこのボードでトリックにチャレンジしよう!

価格:65,000円(税別)
サイズ:144 / 148 / 152 / 156 / 160 / 164

ライダーオススメのコメント:赤川隼多 
トリックがしやすい!ノーズ、テールが超絶軽くなっている ので、グラウンドトリックなどで回ったりボードを捌いたり するのに最高です。ソフトフレックスで扱いやすく、安定感 も抜群なので、ターンをこれからやりたい初心者やグラトリをやりたい人にもおすすめです。

Rider: Shunta Akagawa
Rider: Yoshiki Nemoto

RIDE / WARPIG

今までありそうでなかったWARPIGは、幾度となくテストを経て完成した1本で何でも楽しめるオールマウンテンボード。
いつもの決まったゲレンデもまた新たな感覚で楽しめます。
アスペン、竹、キリを組み合わせたパフォーマンスコアはボードの強さと軽さを完璧なバランスで実現。
ノーズ部分はきつく、テールはワイドなラディウスを組み合わせたサイドカットは最大限のグリップ力を発揮します。

価格:74,000円(税別)
サイズ:XS(142cm), S(148cm), M(151cm), L(154cm), XL(158cm)  

RIDER: KENJI “ANDY” ANDO ©jun_watanabe_photo

ライダーオススメのコメント:安藤健次
この板は僕にとっての最高のボード!
ショートファットボードですが、サイドカーブと板の太さと長さのバランスが絶妙でゲレンデでのカービングの切れ味、パークでのオーリーのかけやすさも最高です。
僕は北海道でライディングしてるので、パウダーでの浮きや操作性、マッシュやピロー、クリフジャンプなど柔らかい雪での着地ももちろん最高ですよ。
そして、この板は従来の板の選び方の身長体重も関係しますが、足のサイズと板のウェストの関係で選んで頂ければ乗りやすいと思います。
あとはビンディングのセンター出しも重要なポイントですね。
詳しくは僕のInstagramを見て頂ければ解りやすいと思いますので是非。

SCOOTER / MACHS

動き易くスマートな“パウダーボード”であり高い技術が集約された“走るカービングボード”でもあるのがMACHS(マックス)だ。
パウダーや地形を縦横無尽に動き、ピステンバーンでは鋭いカービングはもちろん、その加速性や様々な雪質や荒れ地での安定性にもこだわり抜いた真のフリーライディングモデル。
スピードに乗った質の高いカービングが楽しめるという真のフリーライディングボードだ。
浮力と加速性を重視したSキャンバーの接雪長(実際に雪に触れている部分)に対してのセットバックは0(センター)でセッティングされており、パウダーで浮くノーズロッカーを十分確保しながらカービングで必要なノーズのエッジングや前後の体重移動にも優れたバランスを確立、ツインチップに乗っているかのような軽い操作感と様々な地形に合わせ易いポジショニングにもしっかり配慮されている。
一見シンプルに見えるそのアウトラインシェイプだがターンの一連の動きの中で緻密に計算された3Rの複合サイドカーブとソール材のすぐ上の層に敷かれた
カーボン層が均一なボードのたわみに強力な反発力を蓄積し、ドルフィンキックのようにライダーを前方に送り出してくれるようなダイナミクスを実現する。
またそのたわみにより足下のエッジにしっかり力が伝わることで、雪質を選ばず荒れ地でも叩かれ難いマニュアルターンを実現、ターンするたびに加速し
ていくというところまで妥協なく突き詰められている。
パウダーで走り、ターンも速い、そして雪質も選ばないMACHSはSCOOTERが掲げるFREERIDEAUTHENTICそのものを体現する。

価格:89,000円(税別)
サイズ:156cm

ライダー満留裕人 instagram:  hiroto_mdm

MOSS / BURNER

フリーライディングをメインコンセプトに今季から新登場する『BURNER』。
パウダー、圧雪、シャバ雪の様々なコンディション状況に左右される事なく楽しめるボードとして開発。
注目すべきはキャンバーラインでスタンス間にはキャンバー、両足バインディング外側からはすぐに始まるロッカー形状の『 FR CAMBER 』を新設計し、足元だけでボードコントロールをする事を容易にする。
程よい太めのシェイプで足元の安定感も得られ、絶妙なテーパーシェイプはとてもバランスのとれた仕上がり。

価格:80,000円(税別)
サイズ:156cm

ライダーオススメのコメント:内田利法
BURNERは一言で言うとなんでも出来てしまう板です。
ワイドなウエストでありながらサイドカーブがしっかりついているのでターンもしっかり切ってくれて、柔らかめなフレックスはパークや地形遊びでも扱いやすくグランドトリックでもその力を発揮します!
ゲレンデをたのしみ尽くせる、まさにオールマウンテンボードです。

BURTON / FAMILY TREE SENSEI

いつの時代にも例外はあります。ショートでワイド? いや、ロングでナローなパウダーボードです。

Family Tree Senseiは、日本が誇るレジェンド・ライダー、竹内正則氏が手掛けたボード。
カービングとパウダーを愛する上級思考の高いライダーに最適!
クレイグ時代のオールドスクールを感じさせるシェイプで、まさに「先生」となり、スノーボーダーにパウダーの楽しさを伝授してくれるようなボード。

価格:92,000円(税別)
サイズ:151 / 156

SALOMON / DANCEHAUL

SALOMONのボード史のなかでも名機と謳われるDERBYをモチーフにした今シーズンから新たにラインナップに加わったのが、ショートファットなDANCEHAULだ。
テーパードディレクショナル形状のおかげで、どんな雪のコンディションでも安定した機動力を発揮し、フリーライド中にフリースタイルな遊びを自在に繰り出せる。
世界中で巻き起こっているフリーライドブームに切り込めるパフォーマンスを持ち合わせた一本。

価格:69,000円(税別)
サイズ:143 / 147 / 152 / 157

ライダーオススメのコメント:松井克師
今までは硬めの板を好んで乗っていたのですが、ミドルフレックスのこの板は取り回しがめちゃくちゃ楽にできる板でパウダー、ジャンプ、フリーライディングを楽しめます。
ハイブリッドでカービングからフリースタイルまで楽しみたい方に!

ARBOR / WESTMARK ROCKER

インタナショナルライダー長谷川篤が使用のWESTMARKは、フリースタイルなあなたの鍵となります。
このツインシェイプはレール、ライディングやトランジッションでの安定性を高めるため、チップとテールの面積を広く設計しています。
ミディアムフレックスにより、活気のあるポップ感が得られ、信頼性が高く応答性の高いライドが可能です。
あらゆるスタイル表現が無限です。

価格:69,000円(税別)
サイズ:149 / 152 / 154MW / 155/ 157MW / 158 / 161W

CAPiTA / DOA

CAPiTAが誇る人気・実力NO.1モデル
その理由は抜群のバランスにあり

米人気誌のグッドウッドアワードで7年連続受賞!
次世代ハイブリッドキャンバー搭載の名実ともに究極のフリースタイルボード!

CAPiTAで人気NO.1な理由は、ノーズとテールに向けて足元から段階的に、キャンバー、フラット、リバースキャンバーを搭載し、抜群の操作性を得ることができるから!
カーボンファイバーを縦に2本採用することで、フレックスもトーションも程よく強く絶妙なバランスが実現し、カーヴィングやジャンプにも最適。
ノーズ・テールはリバースキャンバーになっているのでパウダーでも浮力があり、操作も軽い。
カンタムドライブベースは硬さと強さと速さを完備し、納得のいくソールに仕上がっている。

価格:68,000円(税別)
サイズ:148 / 150 / 152 / 154 / 156 / 158 / 160

NITRO / SLASH

より短く、より広く、より良い!
パウダーチェイス、サーフスタイル、カーバー愛好家向けに設計された新しいQuiver Slashは、ショートボードの俊敏性を維持しながらフロートを改善。
特徴的なシェイプで、楽しい乗り心地を提供します。

新しくなったシェイプは、カービングターンを至福の時間とし、パウダー・スラッシュやサーフィン・ライクなターンを可能にします!
ローカルのツリーランをゆっくりと通過したり、パウダーボウルをダイナミックにターンしたりして、サーフスタイルを完璧に仕上げることができる板。
Quiver Slashスノーボードは、ボードの長さを短くし、非常に広いウエスト幅で雪山でのサーフィンを容易にするように設計されています。
すべてのライダーが、通常ご使用のボード長さよりもちょっと短くすることことができます。
より遊び心のある乗り心地を楽しめるように設計されているのです!
新しい尖ったトップ形状は、朝のパウダーの栄光のためにフロートと俊敏性の完璧にし、午後の荒れたバーンも至福の時間に!
一方、CAM-OUT(カムアウト)キャンバーは、通常のキャンバーに比べて、ノーズとテール部分のキャンバーが足下に近くにあり、その結果、操作性が高くなっています。
ターンはもちろんオーリーもスムースに!

価格:89,000円(税別)
サイズ:151 / 156 / 162

ライダーオススメのコメント:堂前和也
モデル名の通りパウダーを楽しく気持ちよくスラッシュさせるのに適したモデルです。
その理由はまず第一に、滑り出しの初速スピードを得やすいこと。
ボードを縦にしてパウダーゾーンに進入した時の、足裏から感じる確かな浮遊感とスピード感。
これがどんなコンディションのパウダーでも安定して得られると感じました。
それに加えてパウダーに当て込む前のターン、いわゆるボトムターンでの操作性に長けていること。
余計な引っ掛かりもなくスピードを維持したまま行きたいところに行けるので、結果として思う存分にパウダーをスラッシュさせられる!
これがパウダーだけでなくゲレンデコースやシャバ雪クルージングでも同様に楽しめるので、シーズン全体を通してターンやフリーライドを満喫するのに最適なモデルだと思いました。

今季のベスト・ボードの傾向

ここ数年、ずっとフリースタイル思考が強いボードが人気ありますが、今季はこれまで以上にそれが強まったように思います。
各メーカーさん、フリーライディングを愛する大人のスノーボーダー向けに、ラインナップしています。
パーク、フリースタイル以上に、フリーライディング、パウダーというテーマがさらに強くなった印象です。

これまでご紹介して来なかったメーカーでは、NOAH SNOWBOARDING JAPANと、NEVER SUMMERが入りました!
NOAHは、これまで国内で根強い人気がありましたが、一般読者の投票も増えランクイン!
NEVER SUMMERは、海外、特に北米で人気が高いメーカーです。近年、国内ブランドが強い中、見事に持前の実力を発揮して選ばれました。

こうして、15本の板を拝見すると、各メーカーさんの新ボードには、ユニークなシェイプ、また素晴らしいグラフィックのものがあります。
ぜひ、今後のボード選びの参考にしてみてください。

また、以下のSNOW BOARD BEST GEAR CATALOG 20-21には、たくさんの最新ボード情報が満載です!
見ているだけで、ワクワクしてしまうほど、楽しいボード選びができると思うので、ぜひご購入を検討されてみてください。
雪山にいなくても、スノーボーダー気分を味わえるでしょう。