戸塚優斗がDEW TOUR優勝!平野歩夢が人類史上初となるトリプルコーク1440メイク!!

広告

北京オリンピックを占う意味でも重要な一戦!アメリカのコロラド州カッパーマウンテンで本日行われたDEW TOURのハーフパイプ決勝で、2020年度王者が返り咲き!戸塚優斗が優勝!また表彰台を逃す5位ながら、平野歩夢が人類史上初となるハーフパイプでのトリプルコーク1440メイクに成功した!

2位には、アメリカのテーラー・ゴールド、3位には前回W杯の覇者、平野流佳が入り、北京五輪を狙っているショーン・ホワイトは、予選4位通過ながら決勝では7位に沈んだ。

優勝した戸塚は伝家の宝刀ルーティーンを炸裂!
3本目に、フロントサイド・ダブルコーク1440→キャブ・ダブルコーク1260→スイッチ・バックサイド1080→バックサイド・ダブルコーク1260→フロントサイド・ダブルコーク1260を決めて95.5ポイント獲得し優勝した。

さらに進化を続ける注目の夏冬五輪に挑む二刀流ライダー平野歩夢は、一発目に北京五輪への切り札と言えるフロントサイド・トリプルコーク1440をメイク!この「超」難易度が高いトリックは、ハーフパイプ・コンペティション史上初メイクとなり、歩夢は再び歴史の扉を開いた。次のヒットで、キャブ・ダブルコーク1440へつなごうとしたが残念ながらヒールサイドから流れて転倒。しかし、この誰も成し遂げなかった技に挑戦するパワーは頼もしい!北京オリンピックが俄然、楽しみになって来た。

広告


Men’s Superpipe Final Results

  1. Yuto Totsuka, 95.50
  2. Taylor Gold, 92.00
  3. Ruka Hirano, 89.00
  4. Jan Scherrer, 88.00
  5. Ayumu Hirano, 86.75
  6. Valentino Guseli, 83.00
  7. Shaun White, 82.00
  8. Andre Hoeflich, 80.75
  9. Joey Okesson, 75.75
  10. Chase Josey, 29.2

一方、女子はやはりこのライダー!フロントサイド1080からのキャブ900を決めたクロエ・キムが優勝した。クロエの実力からしたら、1080のコンボを期待したいところが、そこまで出さずも女王に君臨。

Women’s Superpipe Final Results

1.) Chloe Kim, 96.00
2.) Queralt Castellet, 95.00
3.) Xuetong Cai, 89.00
4.) Sena Tomita, 86.00
5.) Ruki Romita, 79.75
6.) Haruna Matsumoto, 73.50
7.) Maddie Mastro, 25.50
8.) Mitsuki Ono, 20.75

広告