いよいよ来季、カナダで生まれたAIRHOLEが、再び日本の市場でも本格参戦する!
すでにAIRHOLEを愛用している人も多いかと思うが、来季は近年の中でもかなりのボリューム感を持ってリリースされる予定だ。
その中でも、最もプロショップからの受注があり、注目されているWAFFLE FLEECEは、程よい温かさに通気性も抜群だ。

特徴は、柔軟なパネル構造で顔が出しやすいこと。ちょっと下げれば簡単にアゴを出して、スナックをいただくこともできる!
撥水加工DWR(耐久性撥水)加工がしてあり、さらに軽量で通気性がある。ライディング中に激しい運動をしても、過剰な熱をワッフル構造を介して排出し、温度を調整してくれるという優れものだ。
吸湿 + 速乾性もあり、吸湿を行うと同時に生地を抜けて外に放出!素早く快適なドライ環境を提供します。毎日のスノーボードに欠かせないバラクラバ。

カラーは4色展開で新たにブルーとレッド加わることになった。

●関連リンク
独自の特許とエアーフィルターでフェイスマスクのリーディング・ブランドに!AIRHOLEのコロナ時代の対応
https://dmksnowboard.com/airhole-airfilter/

以下、来季の最新AIRHOLEカタログ。

●関連リンク
コロナ禍で世界が注目!AIRHOLEの取り組み
https://dmksnowboard.com/airhole-covid19/

AIRHOLE STORY
AIRHOLEは、アウトドアのために世界最高の技術で、冒険者たちを守るファッショナブルな製品を提供しています。
カナダのプロのスノーボーダーであるクリス・ブラウンとケイル・ステーブンスは、バックカントリーの過酷な環境で顔を守る商品がないことと、悪天候に直面している今の状況にうんざりしていました。激しい呼吸で湿り、極限の環境で凍り付いたマスクをするより何か良い方法があるはずだ。そう思っていました。
早速ケイルは使い古されたジャケットを様々な形やサイズにカットして、おばあさんの古いミシンを使い、完璧なフィットのマスクを作り上げました。その結果が、特許を取得するまでに至ったAIRHOLEの”ブレスホール” を誕生させたのです!
2006年以来、AIRHO Eは最先端の素材、人間工学に基づいたフィット、最高のグラフィックでフェイスマスク業界を発展させ、リードしてきました。
私たちの使命は雪山、防風など過酷な雪山環境から冒険者を守ることです。

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://airholefacemasks.com/