コロナ禍で世界が注目!
カナダのバンクーバー発、AIRHOLEの取り組みが、欧米スノーボード・メディアに取り上げられている。

AIRHOLEフェイスマスクは、これまでスノー関連のマスクとしては、多くの高品質マテリアルを駆使して、この世界のリーディング・ブランド。
来季は、すべてのAIRHOLEマスク(バラクラバ等含む)に対して、独自で開発したエアーフィルターを付けることを明言!
さらに、高品質のマウスマスクは、特にバンクーバー近郊の人たちに高い支持を受けて愛用されている。

このブランド独自の口元に穴を空けた設計は、激しい運動となるスノーボーディングに最適だ。オリジナル特許がありこうしたデザインを構築できるのもAirholeならでは!
しかし、コロナ禍において、リフト・ラインやレストハウスなどで、エアーホールが問題となってしまった。

そこで、Airholeはすぐに取り外しが簡単なエアーフィルターで対応することにした。今季、デリバリー分は間に合わなかったが、来季のモデルのすべてのエアーホール商品に対して、無料で付けることにしたのだ。(※すべてのエアーホール代金にフィルター代は含まれる。しかも来季の国内での定価は下げることが決まっている)

外しも簡単で、付けるのも簡単。一度付けてしまえば、洗濯で激しく洗おうと外れないエアーフィルター。

本国カナダでは、最も安心できるフェイスマスク・ブランドとして大人気であるが、来季は日本でもコロナ禍において大きな注目を浴びそうだ。
新しい代理店となったフィールドゲート社からの情報によると、プロ・ショップからのお問い合わせや注文が増えている模様。
来季は、大手チェーンショップではなく、よりコアなショップでの展開、さらに代理店保証ネットショップでもあるBEEFIVEでの販売が増えるだろう。

以下、米Snowboarder Magazineインスタによるコンテストで、Airholeパッケージセットをプレゼント実施中!
@airholefacemasksをフォローし、2人の友達にタグを付けて、選択したマスクをこの投稿にコメント。 勝者は2月15日月曜日(北米時間)にランダムに選ばれます。

AIRHOLE STORY
AIRHOLEは、アウトドアのために世界最高の技術で、冒険者たちを守るファッショナブルな製品を提供しています。
カナダのプロのスノーボーダーであるクリス・ブラウンとケイル・ステーブンスは、バックカントリーの過酷な環境で顔を守る商品がないことと、悪天候に直面している今の状況にうんざりしていました。激しい呼吸で湿り、極限の環境で凍り付いたマスクをするより何か良い方法があるはずだ。そう思っていました。
早速ケイルは使い古されたジャケットを様々な形やサイズにカットして、おばあさんの古いミシンを使い、完璧なフィットのマスクを作り上げました。その結果が、特許を取得するまでに至ったAIRHOLEの”ブレスホール” を誕生させたのです!
2006年以来、AIRHO Eは最先端の素材、人間工学に基づいたフィット、最高のグラフィックでフェイスマスク業界を発展させ、リードしてきました。
私たちの使命は雪山、防風など過酷な雪山環境から冒険者を守ることです。

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://airholefacemasks.com/