オレの将来

今日も暑い日だ。そして、ここ最近いつもと同じような毎日である。
午前中は執筆ワーク。午後も子供たちが昼寝ている間まで執筆。その間、ウエブでヤンキース戦を聞きながら、松井の打席になると画面をチェック。
そして、お昼過ぎにはシャーリーが仕事に行き、オレが昼寝から起きた子供たちの面倒を見る。
子供たちを家の前の公園で遊ばせながら、ふっと自分の将来について考えた。
「オレって今、何歳だっけ? 確か30代も後半に入ったよな。もう、目の前には40代が近づいて来ている。なんか、このままじゃヤバイなあ。山の仕事はまだまだ10年以上、いややる気になれば死ぬまでやってられるかな。だけど、いつまでオッサンがスノーボード雑誌に出ていていいわけでないし、キャンプだってオジサンに教わりたいと思うのだろうか。いやいや、最近はオジサン・キャラで浸透しているし、まあ読者に飽きたと思われるまでやってもいいかな。だけど、いい加減この撮影って不定期な収入のヤクザ的な仕事で生活するのも、どうかなあ。もう40代に入るし、もっと他にやることないかな? 日本にいれば、いろいろ違った立場もあっただろう。例えば雑誌の編者長にもなっていたかもしれないし。その気持ちが今やっているウエブの仕事だけど、これは一応商売という流れはできたけど、いつまでやったらこの川は太く力強くなるのか。まったく不安定だ。うーん、考えてみたら、19歳で会社を辞める決心して、スノーボードに走った時よりもマシかな。だけど、あの頃はまだ若かったしなあ。うーん・・・」
クレアちゃんのブランコを押しながら、なかなか答えが出ない将来についてさらに考えていた。
「答えが出ないなあ。だけど、このままでいいハズがない。オレが以前、考えていたお茶のカフェ商売はどうかなあ。最近は大手も始めてしまったというから手遅れか。そもそもそんな時間もお金もないなあ。とりあえずは、今、自分がやっている仕事を見つめ直すしかない。やる気になれば、いろいろできるんだけどね。なかなかお金が回らなくて停滞するというか。今年のシモンのビデオはどうかなあ。あれは、かなり行けるような気がするけど。だけど、結局、日本だけでは自分の1年の報酬を支える大きな仕事にはならない。やはり北米でも勝負できる!ってことが大切なんだよなあ」
そろそろクレアちゃんをブランコから降ろそうろとしたけど、嫌がって降りない。仕方ない、もっと押してやるか。
「10代というのは、一応、ディスコとか行ったり飲み会とかしたりして遊んだな。20代になってスノーボードと共にカナダやニュージーランドに行って、そして30代の今ではこんな活動をしている。雑誌、ウエブとか。だけど、オレの財産はクラブ活動かもなあ。最近改めて感じるけど、彼らに耳を傾けることが、結局、良い企画ができることになる。なんだかんだ言ってフサキさんって近寄って来てくれるし、ありがたい存在だよなあ。うーん、だけどこれから40代に入って、どう食って行くか。そこが難しいんだよなあ。」
もういい加減クレアちゃんをブランコから降ろした方がいいだろう。今度は砂場ならぬ小石場で遊ばせながら、考えた。
「待てよ。基本的にもっとやることあるんじゃないのかな? 今置かれている立場から。カナダに15年いて、まともな英語を話していないから、もっと積極的に英語を学ぶことが必要だろう。あと、目の前にある仕事だって、どんどんやっつけることができれば、新しい企画に着手できるんだよなあ。そうすればその仕事で報酬も上がるし。ウエブの仕事だって、リンク集とかライダーのページとかやらなきゃいけないことたくさんあるな。後は・・・」
そんな考えをして行く内に、結局、今、目の前に与えられた仕事、それはお金になるものだけでなく、子育ても含めて広く考えた部分までの仕事、それをこなしていかないといけないんだよな、という当たり前の結論に達した。それをやりつつ、40代のことを考え続けたら、きっと神様は良い道案内をしてくれるに違いない。結局、最後はいつものように強引に(?)プラス思考でまとめる自分だった。

スキムボード

今日もずいぶんと暑い日でウィスラーは気温33度になった。天気がおもいっきり夏を主張しているこのような陽気は大好き。だけど、ウィスラーの夏ってとても短くて、毎年のことながら「もう、これでおしまいか」と思う。今年こそ油断せずに夏を満喫しなくては。

とは言うものの目の前には仕事の山。この山を1つ1つ崩していかないと、明日はない、ということで、今日も朝から執筆活動。午前中はベビーシッターのジュンコちゃんが久しぶりに登場し、この間、かなり気合いを入れて作業をした。最近、気づいたのだけど、朝の仕事の能率はひじょうにいい。だから、これからは朝の仕事時間を確保できるように、ベビーシッターをセッティングするようになった。

今日は執筆作業以外にも、シモンのハウツー・ビデオの音源のことで、電話をしたり動いたりした。シモンもこの件ではなかなかきちんと返答をしなかったけど、動き出すと早い。早速、双子の弟のアンドレにコンタクトし、そのアンドレから電話があり、音源は日曜日に持って来てくれることになった。また別ルートでフレイザーの音源もトロントの方から送られて来ることになった。

シモンやフレイザーは、まだ20歳とか19歳とかなのだけど、彼らと仕事をしている、動きがいいので、気持ちいい。もう、やるべきことはパッパッと動いてくれる感じで。逆に30代のライダーとかその近くのライダーになると、他にもいろいろやることがあるのだろうが、どうも動きが遅くてイライラすることがある。というか、やはり年齢とか関係なく、出世するライダーはやることやっている、という感じだろうか。デバンにしても、きちんと電話してくれるし。マーク・アンドレとかもマメなところあるし。彼らは仕事が好きで、それに夢中なんだろうなあ。まあ、そういうライダーが出世するということなのかも。

話変わって、バケーション中のちょっとした思い出を。
海の浅瀬でやるスキムボードというのをやったのだけど、あれは結構、おもしろいね。大河の親戚関係の、そのまたの友人関係の女の子(15歳ぐらいかな?)とそのまた友達がやっていたのだけど、何度も何度もそれこそ100回くらい?続けてトライしていた。それで彼女たちが休憩している時に、オレも借りてやったのだけど、いやあ、全然うまくできなかった。まずボードを前に投げて、そこに勢いよく走ったままボードに乗る。この単純な作業で、スゥーと5、6メートルくらい走るのだけど、自分がやると1、2メートル、もしくはすぐにスタックするという感じ。それでも見よう見真似で何回か、スゥーと走らすことができたけど。あれは気軽にできる夏の遊びものだから、スノーボーダーのバランス感覚を補うためにもやってみたらいいかも?

夏バケーション

本日、バケーションから帰って来た。
久しぶりに海で全身焼けて、この痛い感覚が嬉しいなあ。
旅行中は毎日快晴でまさに夏のバカンス。
今夜から早速、仕事頑張るぞ!

トランポリン

本日から始まったサマー・ホリデー4日間。
朝一番で空港に向かい、アヤネを送った後はフェリーを使ってバンクーバー・アイランドへ。
この滞在する家には、歩いて5分ほどで海があるので大河と散歩がてら海へ。すると、途中、鹿に会った。鹿はこちらをずいぶんと警戒して動かず耳を立てながら、じっとオレたちを見ていた。最初、あまりにも動かないので剥製か?と勘違いしたけど、ゆっくり近づいて行くとちゃんと逃げて本物であることが確認できた。
この家には、大きな庭やトランポリンもあり、子供たちもシャーリーもご機嫌だ。オレも大河に誘われてずいぶんとトランポリンを楽しんだ。特にスピン系の技の着地感覚を補うことができたので、ひじょうに良い練習になった。スピン技の着地では、シャフルと言って逆回する必要がある。こうしないと、着地した後、ドライブして板が流れるのだ。その感覚を何度も磨くことができるので、トランポリンは本当に良いトレーニングだ、と思った。

バンクーバーに行ったワケ

今週、我が家では来週の月曜日にバンクーバー・アイランドに4日間旅行に行く、というニュースが流れた。いつもこのようにニュースを発表するのは、家族一番の石頭シャーリーであるが、彼女曰くこのニュースのリリースは、今月一度どこか(食事中?)で行われているとのこと。家族にしてみれば、唐突のことだが彼女の方では前から考えていた、ということである。ここで歯向かえば、毎度のことながら世界大戦が始まるので、ともかく自分はこの4日間の旅行の了承をする格好を見せ、それからこの旅行中も自分の仕事などで不備出ないように考慮した。
すると、この旅行は仕事面ではほとんど不備にならずむしろ良好である、ということがわかった。というのもシャーリーが旅行気分でハッピーに子供の面倒を見ている間、オレは仕事がおもいっきりできるのである。
金銭面でも問題は少ない。泊まるところはシャーリーの姉家族の家だし、その家族はちょうどオレたちが行く間にどこかに旅行するということだ。しかし、到着して2日目には一度合流する機会を設ける、ということだが。
ところが大きな問題が1つあった。それはチャーリーBOYの面倒を誰が見るかである。そこで、昨日からオレの方でもその捜索をし、実際、ここ最近、撮影を手伝ってくれたカオリンが朝と夕方の散歩、そして食事を与えることで了承を得た。これでまず安心なのだが、チャーリーは、朝、昼、夕と1日に3回散歩させているので、昼間の面倒を見る人がいる。本当なら誰かに家に泊まっていただいて、面倒を見てもらえたら不安がないのだが。
そんな時に現れたのはヘザーだ。彼女は、チャーリーを一目見た時から運命の再会とばかりに、何かと面倒を見てくれた人。つまり、見ず知らずの自分たちに「お宅のワンちゃんの散歩させてもらえませんか?」と尋ねて来てくれたのだ。それ依頼、ヘザーは週に何度もチャーリーを散歩に連れて行ってくれていたのだが、ここ2ヶ月旅行でいなくなっていたのだ。ところが、今週ちょうど戻って来てくれて、今回もずっとチャーリーの面倒を見てくれることになったのである。彼女なら一安心である。
仕事面、金銭面、愛犬の世話面、ほとんどクリアになったワケであるが、ちょっと気になるのは最近の我が家の食卓の寂しさ。というのもここ2週間以上もバンクーバーに行っていないので、納豆もほとんどないし、おしんこもないし、その他もろもろ日本の食材、カップラーメンやらお菓子などもないのである。ウィスラーでも買えないものでもないが、特にいつも食べているお米がなくなって来ているのは致命傷だ。そこで、今日はバンクーバーに行くことにしたのだ。ついでにヘアー・カットにも行きたかったし。あとは、アヤネもおみやげをあまり買っていないようなので、バンクーバーで最後のショピングを、という気持ちで。
そんなワケで今日は、朝に大河をデイケア(保育施設)に送って行った後、そのままクレアちゃんとアヤネといっしょにバンクーバーに行った。途中、洋服屋を見たり、ファーマセーブでオムツなどを買ったり。そして、日本食材屋さんに行って、さらに床屋、というようなコースを周ったのである。
毎度のことながら、バンクーバーに行くと買う予定もないものまで買ったりするのだが、とりあえず我が家にお菓子やビールのつまみになる裂きイカなどがあるのは、ささやかな幸せだ。仕事をした後に飲むとうまいので、もうちょっと頑張って仕事しよう、っと。

美しさ

山に上がって最後の撮影。
まだアイテムもあるし、滑ろうと思えば滑れるけど、やらなくちゃいけない仕事もあるので、今日で最後になった、と思う。天気も良かったし、楽しい撮影だった。
夕食を取った後は、あきほさんのところへ。あきほさんは、こちらの保育所のようなところで仕事している方で、時々、30代の会というのを開いてもらっている。この会は、ウィスラーに住む30代の人が集まってそれぞれ自分たちで作った食事を持ち寄って、集まるというもの。毎回、それがひじょうに楽しくて、良い時間を過ごさせてもらっている。
しかし、今日、あきほさんのところにいったのは、シモンのハウツー・ビデオのあるシーンの撮影のため。コマーシャル風に話す、外人女性風のトークが必要で、英語が堪能で声がよく通るあきほさんにお願いした、というわけだ。
もちろん、このような仕事をあきほさんはやったことないのだが、果敢にチャレンジしてくれた。あきほさんの声は、とてもクリアで最初のフレーズを聞いたところで、「お願いして良かったなあ」と思った。
慣れないから、ところどころつっかえてしまい、そのたびにそのセリフを読み直すのだが、その録音している姿勢を見て、本当に集中していただいてやってくれているんだなあ、というものがひしひしと伝わった。そして、人というのは、何事も純粋にチャレンジしている姿勢は何かアートというか、美しいものだ、とも思った。
きっと結果でないんだろうなあ。その瞬間に自分の持っている力を素直に発揮するようにして、それを続けている姿が何か人の心を打つ、というか。自分のもっているものを表現する時はアート、そして美しさであったり。
小学生の時、音楽で一人ひとり歌わせられたりして、オレなんか照れてちゃんと歌えなかったけど、クラスの女の子に何人か歌っている子がいて。今、ふっとそういった光景を思い出したけど、あれなんかも美しさを感じたシーンだったなあ。何よりもできあがっているものを見せられるようりも、その人間が持っているものを発散させている時にアートを感じるというか。
今日、撮影していたカオリンも自分の持っているものを一生懸命に出そうとしてくれて。やはり、そういう姿は美しいと思うし。
まあ、そんな分析ごとをしているばかりでなく、自分ももっとアートを作り出したたいし、美しいと思えるようなことをやってみないと!

子供たちと山へ

朝からたくさんの子供たちがやって来たので、「今日は天気もいいし、山で行こう!」ということになった。子供たちは日頃あまりバスに乗らないから、バスでビレッジまで行くのも新鮮なようで大ハシャギ。さらにゴンドラでもちょっとした揺れで盛り上がるし、とても楽しそうだった。彼らを見ていると、本当に明るい気持ちにさせてくれる。

今日、山に行くことは昨日なんとなく思い立ち、お弁当用にご飯を多めに磨いどいて正解だった。
今日の楽しい一日を振り返り、彼らの笑顔がオレのエネルギーなんだなんだなあ、と思った。

初心の心を忘れべからず

今日も快晴でとっても良い天気。
朝、ビデオの件でシモンに電話して、お願いごとをした。ビデオのちょっとしたパロディ部分で外人のお姉さんがコマーシャル風に読む原稿があるのだが、その直しを催促したのである。先日、メールで送ったことだけど、どうだろう?と伝えたら、「忘れていてゴメン」と言い、その直後に直した英文がやって来た。こういうところ、シモンは本当に助かる。
そこへ行くと、Bライダーは困りもの。ハウツー内容部分でインタビューをしなくてはいけないのだが、何度電話しても返事をして来ない。思わずフゥーってため息が出る。「お前はそんなに偉いのかい?」と思わず突っ込みたくなるけど、一度乗りかかった船ならず仕事なので、最後までしっかりと良いコンテンツを制作する義務があるのだ。ともかく、来年は発想を変えて、Bライダーを使わなくても良いハウツーができるように考えよう、と改めて思う。
冷たいようだけど、世の中このように選別されて仕事が選ばれていく。これがオレが生きるスノーボードの世界だけど、結構、他の業種でも同じでしょ?
今日、メールがあり、「送ったハウツーの写真、一部ちょっとクオリティがよくなくて使うのがキツい」と言う。写真を見ながら原稿を書いた時には、小さいサイズの写真だったので気づかなかったが、大きくすると確かにピンが甘い写真があった。と、なると再撮影が必要なわけで、この夏、もう山に上がらなくてもいいかな、と考えていた者にとってはちょっと厄介。だけど、ここで山に上がらないと後悔は目に見ているし、何より10万人以上の読者を相手にするのだから、ここで上がらない手はない、と自分自身を叱咤した。
撮影してくれたお助け隊のカオリンに連絡。カオリンは申し訳なさそうに、
「お忙しい中、2度手間をかけることになってしまい、申し訳ございません」
との返答だった。
凄い素直な回答に感激。これで、「よしっ、ますます頑張ろう!」という気になった。成功する確立を上げるために、デジから一部の撮影はフイルムに変えようとしたり、またピンが絶対に合うようにその撮影場所で決めて撮るようなことをやったり、ともかくいろいろなアイデアが浮かぶ。
しかし、世の中には不思議なほどやる気が失せる対応する方もいて、結局、人間というのはスキル以上にその精神が大切なんだなあ、と改めて思うのである。得てして、上に行く人間ほど、そういった堕落した態度を見せることもあるので、カオリンを見習って、オレも初心の心を忘れべからず、ということを肝に命じる。

ファッション

木曜日に山に上がってから、昨日、今日と天候がもう1つ良くない。ここ最近はずっと晴れだろうからと思い、もし木曜日に撮影できなくても、ずっとチャンスはあるのだろうなあ、と考えていたけどそうではなかった。結果的に木曜日に今年最後となりそうな撮影が終わり、良かった。また、この天気の流れを見て、やはりやれる時にやらないと恐いなあ、と痛感した。

今年の仕事で一番最後に持って来たのは、自分が書いて登場もするスノーボーダー誌のハウツーである。アレンジが大変なものから優先させて仕事したので、自分の仕事が残ってしまったのである。しかも、もう7月も終わりに。

だけど、この時期に自分の撮影をするのは、嫌いでない。晴れればかなり暑いので、アロハを着て滑れる。昨年のハウツーもアロハを着てやってみて、なかなか好評だったので今年もアロハを着たのだ。

このままアロハを着て6回分の連載をやり切ろう、と考えたのだが、途中で気が変わってスミスのTシャツを着ることにした。このTシャツはお気に入りのデザインだし、何かスノーボードの楽しさが伝わるポップな印象だったので、ぜひ着たいと思ったのである。それで、3回目と4回目の連載部分でこのTシャツを着た。

残りの2回をどうしようか?考えたら、今回お手伝いしてくれているカオリンがカッターシャツにネクタイがいい、というので「なるほど」と思った。しかし、残念ながら家にネクタイが1つもなかった。何か結婚式で使ったような気もするのだが・・・。仕方ないので、紺のシャツを着ることにした。なんとなく普通って感じだけど、ボタンを外していい感じ。

それを見ていたカオリンは、水上真理風ですね、と。
なるほど、確かにマリちゃんの格好のようにシャツがなびいている。その姿がなかなかいいではないか!

格好にはかなり無頓着な方だけど、こうしてファッションに気を回すというのは、なかなか楽しい作業でもある。ファッションもスノーボードの楽しさの一部かな、と改めて思った。そう言えば、若い時には常に自分の格好を気にしていたものだなあ。だけど、年齢と共に無頓着になって。これからはこれを機会にちょっとファッションにも気を配ろうかなあ。やはり、自分で気に入った格好をしている日は気分もいいからね。

★カオリン★

自分のハウツーコーナーの撮影終了。撮影ボランティア隊(と言っても一人)のカオリンは頑張ったね。ここ数年、自分のハウツー・コーナーは、プロで活躍しているカメラマンでなく、自分の周りに出て来た人で、「撮影したい! この仕事の世界を見てみたい!!」という人とやっている。彼らにいろいろ教えるのも時間が掛かる作業だし、辛抱もいる。こちらが何度も滑ったり、細かい指示を与えたり、今年の場合には町で練習日も作ったり。
しかし、ちょっとずつオレも教え方がうまくなって来て、即席カメラマンを作るのがうまくなって来た。
それで今年、来てくれたカオリンは、不思議なほど良くやってくれたね。いい意味で期待を裏切ってくれた。何か女性のカメラマンというのは男性よりもしっかりと撮影しない、という認識があった。これは女性軽視という意味にとってほしくないのだけど、一般的に男性の方がそのレンズに滑っている人間を命中させて撮影を続ける力というのがあるように思えるのだ。
だけど、カオリンはなかなかそういったところも頑張ったし(注:日頃打った注射で集中力が鍛えられたかな?)、それに加えて絵を作るということもまでやっていた。また、さらに素直にアドバイスを聞き、決してその心は屈することなく向上心に燃えていたようなのだ。だから、やるたびんにどんどん上達して行き、最後はかなり信頼できる場面も増えて来た。もう、あまりあれこれ言わなくてもいい、というか。
なんでカオリンがそんなに良い仕事をしたのかなあ、と考えるとやはりその人生にあるバックグランド、経験かな、と思う。彼女はカナダに来る前までに看護婦をやっていた。そこで、何人もの死に遭遇し、また誰かが他界すれば自分の看護の仕方が良かったかどうか深く考える。そんな大変な経験をしている間でも、その場その場で常にベストを尽くす努力をしていたのだと思う。だから、新しい仕事をやってもその仕事に集中するのだろう。
例えば、オレがこうした方がいいよ、こうしないとダメでしょ?とアドバイスを送ると、必要以上に萎縮したり、考え過ぎになってしまう人がいる。その場でどんなことをすればいいのか冷静に判断できなくなることもある。それでは良い仕事ができない。
ともかく、今年の自分のハウツーは近年にない良いものができたと思う。とても嬉しいなあ。カオリンもこういった新しい経験をして充実していたようだし、本当に良かったと思う。そして何より手伝ってくれたこと、大変感謝!

吾郎

今日は山に上がらなかったので、まず昨日撮影した素材をチェックしつつ、それぞれアラの原稿に写真を当てはまる作業をした。残念ながら、再撮影しなくてはいけないものも出て来たけど、一応、明日の撮影を最後に予定していたので、今の時点でわかって良かった。
それから、今日は猛烈にいろいろな原稿を執筆したり、いじったりした。今、残っている仕事の全体像をつかむために、その原稿の切り口などをさらに深めていったりしたのである。
例えば、タイトルの後にリード文やプロフィール文まではしっかりと書いて、さらにその原稿の大枠、項目によるページの割り当てのようなものをやった。これらのような作業を、いろいろな原稿でやったのである。だから、万が一、「その原稿を明日送ってくれ!」と言われても、一応、設計図というか、それぞれの原稿の書き方は決めたので、徹夜すればなんとかなる、という状況だ。もちろん、そんなことは言われないけど、ともかくこうしとけば何かと安心なので。
夕食の支度でポークをバーベキューしていたら、吾郎くん(小松)が参上! 相変わらず笑顔がいいね。ちょっとビールを飲んだこともあり、最近の吾郎の考えなど突っ込んで質問してみた。そうしたら、ひじょうにおもしろい内容を聞くことができた。いつかニュースで発表できるだろう。
ところで、吾郎というのは最初、オレがウィスラーにいた90年からすでにカナダに住んでいた。確か当時は中学生だったのかな。図工の時間にスケートを作っていた吾郎少年を思い出す。最初の年はほとんどいっしょに滑らなかったのだけど、夏のパイプでいっしょにJTエアー(当時憧れの縦回転技)をやったのは、今でも良い思い出。あの日、他にも周くんがいて(今、CSBAの先生)、結局、できなかったのはオレだけだったんだけど。悔しかったけど、あの日、3人でチャレンジしたことは本当に良い思い出だったと思う。
次の年は、吾郎はダイナマイト・キッズの看板ライダーだったね。つまり、今のdmkの前身のチームだ。オレはスノーボード・ショップで働いていて。そう言えば、オレは昔からスノーボードの仕事をやっていて、吾郎は昔から頂点を目指し頑張っていたんだ。そんで今でもお互いのやっていることは当時の延長にあることで。人生っておもしろいもんだなあ。オレたち5年後、10年後はどんなことやっているのだろうか。きっとお互いスノーボード関連だろう。

山+PC執筆=眠い

うわあ、眠い~。
山で撮影した後、パソコンで執筆ワークって超眠くなるなあ。
今日は疲れて夕食の支度をするのも面倒になって、外で食事を取った。
夕食の後、特集の残り分をアップ。
たまには早く寝よう、っと。おやすみなさーい!