棒バット=基本姿勢

自分の家の裏には、きれいな渓流がある。そこでよく子供たちを連れて犬を散歩する。ここで棒を持ち、石ころでバッティングする姿は、自分のことをよく知る者ならお馴染みの光景だろう。ここで、オレに付き合わされて、バッティング遊びを誘われた者も少なくない。

さて、その棒バットを持って思ったことは、「基本姿勢とはこれなんだ!」と。

棒バット=基本姿勢

みなさんは「???・・・」に違いない。
考えたって、わからないだろう。自分だって、まだよくわからないんだから(笑)
だけど、頑張ってご説明しよう。

基本姿勢、基本姿勢、基本姿勢・・・、自分はこのことをよく考えるし、このことをよく伝えて来た。

今まで伝えて来たことをまとめると、
基本姿勢というのは、骨格に逆らわない姿勢。よって捩れがない姿勢のこと。
よく、基本姿勢ってことで、上半身を無理に進行方向に向けることを伝える人がいるけど、それはどうか、と思う。
上半身を正面に向けると、両手が左右に広がり、確かに進行方向へのバランスは上がる。だから、その点ではいい。初心者で、最初のターンを学ぶ人にも有効な手。だけど、そのように上半身と下半身が捩れた姿勢は良くないと思うのである。なぜか?

理由
1)それでは自然なポジションで踏むことができないから
2)それに疲れるから(特に後ろの太もも)

だから、初心者の頃から、良いポジションで乗った方がいい。
最初はより上半身が前向きやすい、前足30度、後ろ足12度とかで、ともかくターンすることを完成させてしまう。そして、その後、徐々に後ろ足を真横へ、そしてダックにして、踏みやすい角度にしていくのだ。人それぞれの骨格により様々だけど、例えば前足21度、後ろ足マイナス6度など。
スタンス角度を最初から上半身を前向きにしやすいようにするというのがポイントだけど、決して自分で設定したスタンス角度以上に上半身を前に向けない、ということである。

以上のようなことは、これまで雑誌やキャンプなどで伝えて来たことだけど、いよいよ「棒バット=基本姿勢」の本題の説明へ。

重い棒バットを片手で持ち、ヒジを伸ばし肩の高さまで上げる。すると、ひじょうに重く感じる。なぜなら、棒バットの軸というものを無視したポジションだからだ。
だけど、棒バットの先に手のひらでバランスを取るように持ってみる。バランスを保つのがとても大変なんだけど、ともかくそうして持つと、重い棒バットが重く感じない。なぜなら、ヒジの支点、さらにはその下の下半身の支点まで利用して持つことができるからだ。

基本姿勢も上半身を前に向けて捻った姿勢(写真右のお人形さん)は、かなり辛そうでしょ? 実際、捻れた姿勢は、後ろの太ももなど、ある部分だけよけに筋力を使って、ひじょうにアンバランスな筋力の掛け具合だ。しかし、骨格に逆らわないような姿勢(写真左のお人形さん)だと、バランスよく両足の筋力を使うことができ、しかも疲れ難い。有効に筋力を使うことができるから、ジャンプするパワーだってアップする。両足裏に均等にどっしりと体重も乗せやすいのだ。

ちょっとまだうまく「棒バット=基本姿勢」と、捻らない基本姿勢がリンクするということをうまく論理的な思考で説明できないのだけど・・・。ともかく自分のお得意の(?)感覚的な思考では、以上述べたことにつながると思うんだ。まあ、最初に自分の感覚を信じて、あとから論理的な思考の後付けでも良いかな、と。

さてさて、みなさんはこの「棒バット=基本姿勢」論、どう思いますか?

最初の気づきは自分を知ること

今日ハウツー掲示板で書いたのだけど、上達するための最も基本にあることに、「自分を知る」ということがあると思う。

例えば、今日あった質問には、「自分は低い姿勢をしようとすると頭が下がる」というものなのだけど、そういうことわかっている自体が凄いことだなあ、と思うのだ。
だって、こうしてある程度、スノーボードが好きでウチのサイトをご覧になっている方なら、多少なりとも自分のライディングしている姿というのは考えられるだろうけど、世のスノーボーダーのほとんどはそんなこと考えていないと思うからだ。
あと、さらに深いレベルで考えれば、プロと言われるレベルでも「自分を知る」というのは難しいことでもある。

ある若手ライダーがいるとしよう。そのへんのお山では、右に出る者がいないと言われるほど、イケイケに飛べるライダーだ。ローカルも認める特攻隊長である。意気揚々にして「オレをスポンサードしてほしい」というビデオ映像を大手メーカーに送った。大手メーカーからしてみれば、こんなオファーを受けるのはよくあること。だけど、せっかく送られてもらったものなので、チェックする。すると、このライダーは一応はフロントサイド1080を回せるレベル。だけど、空中での姿勢で安定感がない。また着地はできても、安定感がなく体が暴れている。自分の滑りが本気でカッコいいと思い、送っているだけに「自分のことを知っていない」と気づいた。こういう奴は上達しないってことでボツにした。

もし、このライダーが謙虚に「僕はまだ回すことができますが、ご存知のように安定感がありません。これからさらにスタイルを磨くべく安定感を高めます」というようなコメントがあれば、メーカー担当者は、「おっ、コイツわかっているじゃん。まだ若いし、とりあえず用具支給からやってみるか」なんて考えてくれるかも。

まあ、かなりうまいレベルでも勘違いする、という一例であるが、こういうことはよくある話。たぶん、そのへんの雑誌に出ている一応ちょっとは名の知れたライダーでも、自分のことわかっていないかも!?

ともかく、自分を知るってことは大事。
そこで一番てっとり早い方法は、ビデオ撮影すること。
こうして、最初に自分の滑りを客観的に見た時、大抵の人は「ガーン」と来る。僕もです(笑)
そして、肯定もしたくなる。「僕はもっとうまいハズだ」なんて。だけど、ここは頑張って自分を見つめる努力だ。恥ずかしいけど、自分だけでは見えないことも多いので、友達に聞いてみる。的を得ていない回答をする人も少ないだろうけど、参考になることを言う人も多いハズ。それをメモするなり頭に入れるなりして改善する努力をする。そう、自分のイケてない部分を気づけば、そこから正しい上達の旅は始まるのだから。

その他、普段の自分のライディングを知る方法を1つ紹介しよう。
鏡の前に立つ。目を瞑る。普段、自分がライディングしている姿勢をイメージし、実際に体を動かしてみる。キッカーの踏み込みのところとか、ここぞというところで目を開けてみよう。どう、鏡の前にいる自分ってイケてる?
思ったよりも高い姿勢だったり、自分が思っていたよりも肩が開いていたり、また不恰好である、なんてこともあるだろう。
ぜひ、やってみてください。

初滑りは昨年ギアで

いよいよシーズンインが近くなった。
冷え込みが強くなり、微笑んでいる人も少なくないだろう。
自分もいよいよ明後日には初滑りだ。
※ブラッコムは急遽明後日オープンすることに決まったのだ。

来るべきシーズンに備えて、新しいギアを揃えている人も少なくないだろう。だけど、ちょっと新ギアを持って行くのは待って!というのも、初滑りでいきなり新しいギアを使うと戸惑うもなのなのだ。

初滑りでは多くの人が、「えー、こんなにうまく滑れないものだっけ!?」って感覚に陥りやすいものである。久々の感覚というのは、誰でもそんなものなのだ。シーズン初めはまだ滑るための筋力が備わっていないケースも多々ある。だから、本調子になれない。そんな時に、新しいギアだとかなり混乱は深まる。特に新しいブーツは、まだゴワゴワ感が強く、今まで散々使い切ったへにゃへにゃのブーツとは大違いだ。それでブーツが固くして足首を曲げ難く、調子が悪くなるってこともあるのだ。
「もう1つ自分の調子が悪いのは、新しいギアの戸惑いなのか? ただ単にシーズン初めなのか??」ということがわからなくなるのだ。

ボード、バインディング、ブーツが新ギアになっていたら、もし最初に自分が試すのは、新しいボード、次に新しいバインディング、そして新しいブーツになるだろう。
ボードが代わるよりもブーツが変わる方が、違和感は強い。だから、先にブーツやバインディングを代えるという方法だ。
だけど、ウィスラーのシーズン頭は、雪に岩が隠れているところもあるので、まだ新品のボードは使いたくない。だから、最初は、昨年のギアで滑り、調子が戻りつつあったら、バインディングから新しいものに。そしてブーツ。それで最後に雪が豊富になって来たら、新しいボードに乗る。このボードだって、いつかはどこで傷が付くだろうし、レールとかボックスで使っちゃうわけだけど、さすがにシーズン初っ端で傷つくのだけどは嫌だ。だから、一応はこうするのである。

良かったらご参考に!

一段環境を下げる時、上げる時

スノーボードをやっていて、
「そろそろレベルアップだ、もっと難しい斜面に行こう」
という時がある。また逆に
「練習したいので、もっと緩い斜面に行こう」
と思う時がある。

あなたもこんなこと思ったことあるでしょ?

自分の場合には、こうしている。
自分ができないことをうまくやりたい時には、より下のレベルの環境。
自分ができることをさらにうまくなりたい時には、より上のレベルの環境。

例えば、どうも中級斜面でフロントサイド・ターン前半の部分でうまく乗れないと感じる。そういう時には、その気になる部分を直すことを集中するために、1つ簡単な環境レベル、緩斜面で行うようにする。

逆に緩斜面で行うカービング・ターンは気持ちよく簡単にできてしまったとする。いくら気持ち良いと感じても2回目、3回目とその気持ち良さが薄らいでいく。そんな時にはもっと難しい急な斜面でカービングにトライするのだ。きっとよりエッジの切り替えのタイミング、過重などの掛け方も変わり難しくなるだろう。そして、そのチャレンジはおもしろいことでもあるだろう。

このことはターンに限らず、ジャンプの練習でも何にでも応用できる。
例えば、あるキッカーでどうも360がうまく決まらない。そうしたらもっと下の環境のことをやる。例えばもっと小さいキッカー、または360でなく180とか。さらに180がしっくり来なかったらスピンしないでオーリーだけで飛ぶのもいいだろう。

だけど、世の中には「難しい環境で絶対にやる!」と歯を食いしばって滑り続ける人も少なくないようだ。確かにそういう境地も大切だし、時にそういうアグレッシブな気持ちで挑むべきだとも思う。だけど、そういう環境ばかりでは燃え尽き症候群になりそうだ。自分の集中力を大切にして、もっと簡単な環境を考えてみて、一歩下がって見て、状況を見てみるといいだろう。そうすると、今まで高いところを見過ぎて、返って上達を遅らしていた状況を変えることができるかもよ。

一段環境を下げる時、上げる時、あなたなりのレベルで考えてみよう。
小さな上達はおもしろくないかもしれないけど、長い目でみたら、それが一番安全で確実で上達できる道だと思うから。

さらに一歩セルフイメージ

前回、セリフイメージという題名のコラムを書いて、「自分を過小評価せず、良いイメージを持とう」ということを伝えた。しかし、どこまで憧れのイメージを抱くか。それは自分のレベルによって様々だ。例えば、自分の場合には、いくらカッコいいスノーボーダーになりたい、と言っても「東京ドームのキッカーを飛ぶほどにうまいライダーになろう」とは思わない。今から15年以上も前、まだ20歳前後の時には、大会で輝く自分というものも想像してみたが、今は到底そこまで飛躍したイメージが抱けない。

今、このコラムを読んでいる人でも、様々ではないだろうか。人それぞれにカンファタブル(居心地の良い)セリフイメージのゾーン(範囲)がある。

ただ重ねて伝えたいのは、カンファタブルなゾーンに留まらず、さらに一歩先を目指してほしい、ということ。というのも間違いなく、自分の過去の経験、様々なライダーとの接触を通しても、目標や夢が大きいほど向上心も高く、結果、行動力も生まれて上達するからだ。

先日、目が飛び出るような契約金でアメリカ大リーグのレッドソックスに入団した松坂大輔も、高校時代の監督に「一日の目標がその人を支配する」と、言われたと聞いたことがある。実際に松坂は小学生の頃から大リーグを目指して、遂にはその夢が実現した。

それでは、我々はどこまでイメージを高めればいいのだろうか?
自分の意見としては、ドキドキするぐらいのところ。ドキドキするというのは、自分のイメージができる範囲だから、ドキドキできるのだと思う。実際にやった時の自分を想像した時にドキドキしてしまうと思うのだ。もちろんいきなりドキドキするようなことができるわけではないが、まずはそのように高いイメージを抱く、ということ。カンファタブルなゾーンでと留まらず、さらに一歩先のイメージを抱くのだ。そして、その目標達成に期限を決めて、日々努力しよう。
そうしたら、きっといつものスノーボードが、さらに内容の濃いものに変身するに違いない。

Core Snowboard Camps春の特別割引!

ウィスラーで本格的にスノーボードを学ぶプログラムCore Snowboard Campsは、スプリング・キャンプ・スペシャルと称して、特別割引を開始した。これは、4月14日から5月12日までに来る人に適用されるぞ。

ご存知のように春は雪がシャバシャバしてフリースタイルを学ぶ絶好のシーズン!
コーチ代の他、リフト券代、ホームステイ代金、空港までのピックアップなど、往来のキャンプ通りすべて含まれているぞ。くわしくは、以下、Core Snowboard Campsの日本語ページをチェックしよう。


http://www.coresnowboardcamps.com/

GLOBAL SKILL UP CAMP大成功!

GLOBAL SKILL UP CAMP大成功!

3月3日(土)、4日(日)の2日間 GLOBAL SESSIONのホーム浅貝(苗場)にてGLOBAL SKILL UP CAMP。史上まれにみる超豪華コーチが結集し、100名ものスノーボーダーが熱いセッション。見事なまでの快晴も手伝いGLOBAL SKILL UP CAMPは大成功となった!

企画段階から「場所を浅  貝にするべきだ!」「いや、浅貝ではハードなイメージで参加者が減ってしまうのでは? 」こんな懸念もあり事務局長OBA氏と相談を繰り返したのこと。しかし、  シーズン当初から浅貝にご協力を頂き「誰でも気軽に滑れるゲレンデ」 「ビギナーに優しいアイテム」 ということで、楽しいゲレンデを演出してもらい、多くの仲間達が何度も気軽に浅貝に来てくれるようなゲレンデを作ってくれた。 今まで「浅貝はうまい人が行くところだから嫌」って言っていた人も「浅貝は楽しいですね~♪」と言ってもらえる位のゲレンデになった!

「少しばかりの雪があり、青く晴れ渡った青空の下、多くの仲間がいればそれ以上は何もいらない!
みんな最高だよ!素晴らしい。
私は多くの称賛すべき仲間に囲まれて幸せです。
私を支えてくれる多くの仲間達に心から感謝いたします!
残り少ないシーズンテンションあげていこうぜ!
来年もあの場所でみんなの笑顔を見たい。
Thanks! 」 by GLOBAL SESSION ceo 沓掛 誠

コーチ
藤田真人/國岡あい/矢口 薫/江原さやか/奈須沙織
西田 崇/露崎訓史/田口美樹/川田景子/安立風太
浅岡伸一/和田なおこ

ゲスト
上田ユキエ/GOCCI/田中 幸/夏井京子/水上真理


左)Nomis新ライダー田中幸も来季フーディを来て登場!
右)初日終了時にコーチ&ローカルのデモに大盛り上がり。華麗に決めてくれたのは、田口美樹。


http://www.globalsession.jp/

「NISEKO T-BOARDERS 2004」開催のお知らせ

いつでもどこでもスノーボードのオフトレとして活躍するTボードの大会が、10月10日に北海道ニセコで行われることが決定した。スラローム自慢の方はぜひこの機会に参加して、この記念すべきTボード大会の初の王者を狙ってみては、どうだろうか。以下はTierney Rides Japanからの開催に向けてのコメント。

北海道のニセコ・スキー場で日本初のTボード・イベント「NISEKO T-BOARDERS 2004」の開催が決定しました。パイロンを立てて競うTボードのタイムトライアル。
Tボードに乗ったことがない人も午前中はTボード練習会がありますので基本的にスノーボード、スケートボード、サーフィンができる方であれば数時間である程度のレベルまで乗りこなすことができます。これを機会にみなさんご参加ください。

●主催は「倶知安観光協会ひらふ支部」
日時など基本情報は以下のページへ。
http://www.tierneyrides.jp/news_3.htm

●dmkから販売されているTボードの販売ページは以下のページから。
http://www.dmksnowboard.com/shop/t-board/index.htm

滝久美子プロのニセコ岩内パウダー&キャットツアー

滝久美子プロが今シーズンも「ニセコ岩内パウダー&キャットツアー」を開催!

昨年度大好評だった岩内パウダーツアー企画第2弾!日本海側に面したニセコ岩内スキー場は、キャットで上がると日本海を
一望できる素晴らしい景色が広がります。
プロや北海道のスノーボーダー達が、その日にあったコースへナビゲートしたり、リフトとキャットの両方を使って自由気ままに
パウダースノーを滑る企画。 ゲームや楽しいイベント満載!岩内の日本海で獲れた海の幸を満喫でき、疲れた体を温泉で癒し、北欧風の本格丸太造りの家でゆったりとした時間を過ごしませんか?

パウダー天国へ。

【 開催日 】 3月2日(金)~4(日) 2泊3日
【 場 所 】 ニセコいわない国際スキー場
【 宿 泊 】 いわない高原ホテル
【 対象者 】 全国のスノーボーダー
【募集人員】 14名(先着順)

【 料 金 】 ¥59,800(未定)
2泊3日朝2食・夕2食付、2日間キャット・リフト券、千歳空港~送迎バス付 ※航空券、延泊、他詳細については下記の申込み先にお問い合わせ下さい。

【 参加予定プロ 】滝久美子、牛山基樹、その他
【 主 催 】株式会社パワーライン

【 内 容 】
リフトと圧雪車を両方使って、自由にパウダースノーを滑りながら、プロスノーボーダーや北海道のスノーボーダーと一緒に滑ることで形にとらわれない自由な滑りも体験。
楽しく滑るために滑りのチェック&ワンポイントアドバイスやパウダースノー特有のスノーボードの滑り方を伝授。
パウダースノーを満喫する参加者の滑りをビデオで撮影し、夜は温泉でゆっくりした後にコテージで上映会をしながら参加者と北海道のスノーボーダーとのコミュニケーションを図る。

【スケジュール】
1日目(金)15:30 千歳空港送迎バス出発時刻~18:30バス到着 集合 受付~19:00夕食(ミーティング)
2日目(土)7:30 朝食~9:00 キャット・リフト乗車&滑走~12:00 昼食(各自)~13:00 キャット・リフト乗車&滑走
~16:00 解散~19:00夕食(ビデオ上映会&ウエルカムバーティー)
3日目(日)7:30 朝食~9:00キャット・リフト乗車&滑走~12:00 昼食(各自)~13:00 キャット・リフト乗車&滑走
~15:30 解散~16:30千歳空港行き送迎バス出発時刻~20:00千歳空港到着

●お申込み・お問合せ
MARIN&SNOWパラダイスツアー
担当者:鈴木 康幸
Tel: 042-354-0278
Fax: 042-334-6875
e-mail: Marinexsnow@aol.com

生まれ変わった!Core Snowboard Campsのwebサイト

カナダBC州ウィスラー、言わずと知れた北米最大リゾートだ。そのウィスラーで本格的にスノーボードを学び、カナダの文化なども学ぶCore Snowboard Campsのwebサイトが生まれ変わったぞ!

日本語サイトもあるよ!

特に見てほしいのはビデオのコーナー(CORE VIDEO)、これを見ていただければウィスラーをおもいっきり感じることができる。モチベーションもアップだ。

また最新の写真コーナーなど、ウィスラーに行く予定がない人でも興味あるコンテンツがたくさんある。ぜひ、チェックしてほしい!

以下、コア・キャンプ代表のターナーからのメッセージ。英語で難しいかもしれないけど、海外留学などに興味ある方、ぜひ読んでみてね。

"Core Snowboard Camps has just launched it’s brand new website in English and Japanese.
Please check the video, photo diary, live webcam, new programs and testimonials and coaches pages. Core Snowboard Camps is in the middle of it’s second successful year.
The Camps have been very fun this year with students from all around the world.
There is so much snow in Whistler and it’s the most snow in 27 years."

"Snowboarding is not just a lifestyle, it’s a way of life. Snowboarding is about riding together, improving our skills and having fun. See you in Whistler."

– Head Coach, Turner Montgomery


http://www.coresnowboardcamps.com/

日本で一番熱い九州ムービーを特別発売!

福岡ビッグ・エアーを中心にやたらにジブ戦士が誕生する九州。そのスノーボード熱は日本で最も熱いとも言われている。その九州を故郷に持ち、九州から世界にまで活動を広げた若手ライダーたちが集まるムービー、それが「100-PLUGS」だ。今回そのDVDがdmkから特別販売されることになった。
ニセコやウィスラーに活動拠点を広げた注目のアップカマーたち、新原雄蔵、江渕大輔、平野創など、勇姿を見ることができる。

九州熱波が遂に日本全国へ!

九州の地域だけで売られているこの注目のDVDがdmkにより全国発売となった。一般の方から熱い若手を探しているメーカーさんまで、ぜひチェックしてほしい作品だ。

出演:
濱中崇、奥村幸司、川室専、土岐陽、中山淳平、浜田幸司、平野創、長岡和夫、河部貴行、鳥居清香、江渕大輔、中村政彦、新原雄蔵、清水俊充、etc

DVDとオリジナル手拭い付きで送料込みで、3,000円!
※オリジナル手拭い付きは先着20名様のみ

オーダー方法はメールにて。
件名:100-PLUGS注文

オーダー書き方例

メール内容には、以下のことを必ず明記しましょう。

メール送り先 → fusaki@dmksnowboard.com

1)送り先住所
2)名前
3)電話番号
※送り方法は郵便パックになります。

五輪2度銀のダニー・キャスがOakleyと契約

アイ・ウェアーのブランドとしてトップのOakleyは、オリンピックのハーフパイプ種目で2度も銀メダルに輝いたダニー・キャスと契約したことを発表した。

テリエ・ハーコンセンと同スポンサーになりハッピー!

ダニー・キャスは、「伝説のテリエ・ハーコンセンと同じスポンサーになれて嬉しい」とコメント残した。

以下、Oakleyライダー名
Aaron Biittner, Anne-Flore Marxer, Bjorn Leines, Christoph Schmidt,David Aubry, Dominique Vallee, Dustin Craven, Eero Ettala, Elena Hight, Erik Leines, Filippo Kratter, Giacomo Kratter, Gretchen Bleiler, Heikki Sorsa, Jake Blauvelt, Jeremy Cloutier,・ JJ Thomas, Joni Malmi, JP Walker, Kazuhiro Kokubo, Kjersti Buaas, Kyle Clancy, Laura Hadar, Lauri Heiskari, Luke Mitrani ,・ Marie-France Roy, Matt Dano, Nicolas Muller, Sammy Luebke, Shaun White, Silvia Mittermuller, Terje Haakonsen, TJ Schneider, Travis Rice, Trevor Andrew, Tyler Lepore,・ Zach Leach and Danny Kas


http://oakley.com/