宮村結斗がSANDBOX最新モデルICONヘルメットと共に2026年オリンピックを目標にスイスで練習開始!合宿先のサースフェーからの最新報告!!

おそらく世界でも最も早くSANDBOX最新モデルICONヘルメットをかぶった男だろう。未来のスノーボード界を引っ張るライダー、 宮村結斗がRIDER WORKS(スノーボードチーム)のスイス遠征でSTOMPING GROUNDS PARKで練習を開始した。
10月16日から28日まで13日間滞在する予定で、オフ期にマット施設で練習したトリックを雪上でもしっかりできるかを確認しながらシーズンに向けて調整を行っている。
日本では中々飛ぶことができない20メートル以上の大きさのキッカーで練習するのも目的の一つだ。

「SANDBOX ライダーの宮村結斗です。
今は2026年のオリンピックを目標にして日々練習を積んでいます!
このスイスで世界的なライダーから刺激を受けながら、さらに成長していけるように頑張っているので応援よろしくお願いします!」

https://www.instagram.com/miyamuuto/

「まだ滑走2日目なのであと1週間ほどあるので、もっといい滑りができるよう頑張ります。
instagramもやっているのでフォローよろしくお願いします!

僕が使っているSANDBOXのヘルメットは今年発売された新しいモデルのICON ASIAFITです。調子いいのでぜひチェックしてみてください!」

今回のスイス遠征で宮村結斗が使用しているモデル、ICONはこれまでのスケート系ヘルメットとは異なり、SANDBOXが特許を持つベンチレーションシステムを採用した、通気性が抜群に高くなったモデル。ロープロファイルでどこのヘルメットよりもシンプルで、シェイプを小さくまとめることに成功したデザインだ。さらにくわしくは、以下、リンクボタンをチェック!!


about Sandbox:
Sandbox(サンドボックス)は、カナダのレジェンド・プロスノーボーダーのケビン・サンサローンが、ムービープロダクションズとして、2004年に立ち上げられたブランド。
タレント性が豊かなライダーたちと数多くのシューティングを行っていたが、これまでの安全性一辺倒で遊び心のないヘルメットに不満を感じていた。そこで 2007年、ケビンはファッションのエッセンスを強く打ち出したつば付きキャップ型のヘルメットをSandboxブランドとして発表!
このスタイリッシュなヘルメットは瞬く間にウィスラー・スキー場のローカルライダーたちに受け入れられた。その勢いは、スノーボーダーに留まらずオシャレに敏感なスキーヤーまでその勢いは波状した。Sandboxはセーフティさとファッション性を兼ね備えたヘルメットとして幅広く認知され、北米を中心に世界中にファンが拡大された。
スコッティ・バイン、ジェイミー・ニコルズなど、現在のスノーボードシーンを騒がす個性的なライダーも使用している。
Sandboxは、ライダーズ・ドライビング・ブランドで、雪上でライディングする人の声を尊重し、既存のスキー、スノーボードのヘルメットでは考えられなかったカラーリングやグラフィックを生み出している。カナダで最も人気が高いヘルメット

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

Sandbox Instagram
https://www.instagram.com/sandboxjapan/?hl=ja

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp

https://www.sandboxland.com