YONEXのSPINE BACKからフレキシブルベース搭載のバインディング登場!

ハイバックのフレックスが選べるSPINE BACKからフレキシブルベース搭載のバインディング登場!
「SPINEBACK FB(スパインバック FB)」が、2020年10月中旬より発売開始。

ヨネックス株式会社は、シーンに合わせてハイバックのフレックス(硬さ)を選べる SPINE CUSTOMIZE SYSTEM(スパインカスタマイズシステム)を採用し、フレキシブルベースを搭載したバインディング「SPINEBACK FB(スパインバック FB)」を 2020年10月中旬より発売いたします。

スパインカスタマイズシステムは、SPINE(背骨)に装着したカーボンシャフトの硬さを変えることでハイバックのフレックスを調節できるシステムです。ハードシャフトを装着すると、ハイバックが前後方向に硬くなり、パワーの伝達が向上する一方、ソフトシャフトを装着すると、足首の自由度が高く、操作性が良くなり、シーンごとに求められるフィーリングにカスタマイズすることができます。

このスパインカスタマイズシステムに対応するバインディングが SPINE BACK と新製品の SPINEBACK FBです。ベースが硬く、ハーフパイプやカービング向きの SPINE BACK に対して、SPINEBACK FB はフレキシブルベースを搭載し、足の左右動作に柔軟にフィット。特に低~中速域でボードコントロールを行いやすく、快適な乗り心地を実現し、グラウンドトリックなど、パークでのスタイル表現の自由度がアップします。

さらに、ボードのフレックス(前後のたわみ)、トーション(左右のねじれ)にバインディングを合わせるといった調整もでき、お好みのバインディングとカーボンシャフトを組み合わせることで、カスタマイズの幅が広がり、さまざまなシーンで自由自在にライディングをお楽しみいただけます。

SPINE CUSTOMIZE SYSTEMについて

バインディングの SPINE(背骨)に装着したカーボンシャフトの硬さを変えることでハイバックのフレックスを調節できるスパインカスタマイズシステム。
横方向へは自由度が高く、フリースタイルの動きに的確に対応しながら、硬さの異なる3種類のカーボンシャフト(ハードフレックス・オールラウンド・ソフトフレックス)の中からお好みのシャフトに交換することで、ハイバックの硬さが変化します。
前後のバインディングで異なる硬さのシャフトを使うなど、細やかな調整が可能で、シーンごとに求められるフィーリングにカスタマイズできます。

お問い合わせ先
スノーボード営業部
03-3836-1221(代)