東京オリンピック女子スケートボードで日本ワンツーフィニッシュ決めた!

スノーボーダーも大注目の東京オリンピック女子スケートボードのパーク種目で凄いことが起きた!
四十住さくらが金メダル、最年少12歳の開心那が銀メダル、そして銅メダルはイギリスのぶっ飛び少女、スケイ・ブラウン。
スケートボード世界ランク1位の岡本碧優がラストランに大逆転Vを狙うも、フリップインディで嫌われ超悔しい最後の最後の転倒。しかし、この後、決勝に参加した女子選手全員にその健闘を称えるハグ攻めに。
勝っても負けてもともかく全力を尽くし、相手の最高のパフォーマンスを称えるスケートボード種目にスーパー大感動だ!
数多くの感動を伝え続けて来た東京オリンピックだが、このゲームシーンはおそらく多くの人に影響を与える素晴らしいセッションであっただろう。若き女子アスリートたちに、本当に感動をありがとう!と伝えたい。

(こんなに楽しそうな表彰式見たことがない。互いに嬉しさを爆発して身体を寄せ合うメダリスト!)

(最高の女子スケーターのパフォーマンスにショーン・ホワイトもスタンディングオベーションで彼女たちの頑張りを称えた!)

(予選1位で最終滑走者となった岡本碧優は、最後の最後に転倒しスケート場にばったり倒れるも。その後、すぐに決勝に進出した選手にハグ攻めに合い、そして担がれてその挑戦を称えられた!
岡本碧優のラストランにチャレンジ精神には凄い感動させられた。またその前のスカイの爆発ランも最高で、ラスト2本が超盛り上がった素晴らしい大会となった)

SNS上では、早くも 岡本碧優の挑戦と、彼女のランの後に駆け寄るコンペティター仲間からのハグ攻めに賞賛のコメントが殺到している。

「大会で見た中でもっとも素晴らしい光景。涙が止まらなかった。
最後まで技を果敢に挑戦し最後他の選手から抱え上げられた姿
そして称え合う選手達にとても感動しました」

「最終演者の岡本碧優がメダルをかけて演技でリスクをとった最後の大技に失敗し涙。待機位置に戻ると国籍問わず全ての選手が岡本選手に駆け寄りハグ。そして仲間たちは称えるように抱え上げる。あまりに尊い光景。スポーツ、人としての大切な姿がこの一瞬にあった」

さあ、明日はいよいよ世界初スケートとスノーでオリンピック挑戦する二刀流!平野歩夢が登場!!!