東京2020スケート速報!!13歳対決制し西矢椛が金メダル!中山楓奈が銅メダル!!

どれだけ凄いんだ日本のスケートボード陣!先ほど開催された東京2020スケート速報デス!!
13歳対決制し西矢椛が金メダル!さらに中山楓奈が銅メダル獲得!!
ブラジルのライッサ・レアウが、終始圧倒する展開の中、見ごたっぷり対決で最後は 西矢椛が制した。金メダルが決まった瞬間、思わず涙を流した。

おもしろ過ぎるスケートボード大会。目まぐるしく順位が移動するハラハラドキドキ対決は、見る者を魅了する。
ラスト2本となったBEST TRICK方式で遂に西矢椛がトップに立ち、最後のトリックも見事にメイクして金メダルを獲得。


ブラジルのライッサ・レアウも 西矢選手と同様の13歳。東京オリンピックの記念すべき女子スケートボード大会は、この二人の13歳コンビが盛り上げた。しかし、レアウが最後のトリックを失敗してしまい中山楓奈の最終トリックによっては、日本勢の金銀メダル展開にもなったが…、中山選手は最後決めることができずに、銅メダルとなった。


しかし、日本のスケート勢は男女で金メダルと大活躍!
スノーボード関係の代理店、メーカーはスケートの商材を扱うところも多くあり、この日本スケート勢の活躍により日本でさらにスケートブームとなって業界は活性しそうな気配だ。

金:西矢椛(日本)
銀:ライッサ・レアウ(ブラジル)
銅:中山楓奈(日本)