ホーム タグ ショーン・ホワイト

タグ: ショーン・ホワイト

35歳ショーン・ホワイトこれからの将来への情熱はWHITESPACE SNOWBOARDSへ

0
35歳ショーン・ホワイトこれからの未来への情熱は、どこに向かうのだろうか?そんな興味深いインタビュー動画が、米NBC Newsの人気トークショー番組、The Drink with Kate Snowからアップされた。 番組では、ショーン・ホワイトがここまでに至るまでの軌跡を簡単に紹介し、その後、まだまだ人生としては若い35歳のショーンが、将来に向かってどんなことに情熱を向けていくのか、話した。ショーンは、北京オリンピック後には、まずは今まで行きたくても競技活動で見に行けなかったスーパーボウル(※アメリカンフットボールの最高の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベント)をガールフレンドとニーナと行ったことを伝えた。また、家族や友人の誕生日を祝ったり、行きたかった場所に旅行したりなど、シンプルなことができなかったので、そうしていきたいということも語った。そして、今後は、これまでに培ったスノーボードのノウハウを兄と始めた新カンパニー、WHITESPACE SNOWBOARDSを注いでいくということも宣言。おそらく、ショーンはこれからは自身のブランドWHITESPACEを通して、故ジェイク・バートン氏が見守ってくれたように、若いライダーを育てていくのではないだろうか。 https://youtu.be/HDj-zEWoWFw Shaun White discusses how he went from Southern California, to the top of the snowboarding world. Shaun tells...

ショーン・ホワイトが米人気トークショー番組に出演し引退した後のささやかな(?)夢を語った

0
ショーン・ホワイトが北京オリンピック後に、アメリカ人気トークショー番組(late-night talk show)に出演。そこで、引退した後、今のささやかな(?)夢、その気になる答えは?「スーパーボールを見に行くこと」だった。 https://www.youtube.com/watch?v=E55qpUgaKes この番組は1940年から続いている長寿番組で、ショーンは2回目の出演となった。そこで、ショーンは恋人ニーナ・ドブレフ(カナダ出身の女優・モデル)から、「引退するなら、やりたいことのリストを作らないと」と託され、そのリストの中に「スーパーボウルに行きたい」と書いたとのことだ。 スーパーボウルは、一夜限りのアメリカンフットボールの最高の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベントである。しかし、開催の時期が2月であるため、スノーボードの活動に忙しかったショーンは、今まで行くことができなかったのである。またショーンは番組の中で、ニーナとの関係がとても大事であることも伝えており、もうすぐゴールインになりそうな気配だ。 View this post on Instagram ...

平野歩夢が逆転Vで悲願の金メダル獲得!

0
最後の最後、まさに最後のランで平野歩夢がやってくれた!崖っぷちのラストワンで逆転V!悲願の金メダル獲得!!!日本人スノーボーダーとしては歴史に名を刻む初の五輪金メダリストだ。 スノーボードの歴史上で最高のルーティーンを平野歩夢が披露! 予選1位でラスト通過となった歩夢は、1本目に転倒でビハインドからの展開。2本目には直近のXゲームス大会で敗れた宿敵スコッティ・ジェームス(オーストラリア)が、92.50という高得点を出されて劣勢に。しかし、歩夢も懸命に頑張り2本目はメイクった。超大技トリプルコーク1440を皮っきりに、1440を3度も入れた。しかし得点は予想外に伸びず91.75点…。結果、このランはスコッティにわずか0.75点だけ及ばず2位となった。このジャッジが下したスコアに、会場からは激しいブーイング! ラスト3本目で歩夢の前の走者のスコッティが、そのブーイングに同様したのか、失敗ランとなり、金メダルか銀メダルか、待つ展開となった。日本中のスノーボーダーたちと、全国のオリンピック視聴者の目線が歩夢に応援する中、ラスト3本目に逆転Vを狙うためのドロップイン。 1本目のトリプルコーク1440が鮮やかに舞った!2本目のキャブ1440もOKだ。3本目のフロントサイド・ダブルコーク1260もクリア。そして勝負どころの4本目キャブ・ダブルコーク1260もクリア。さあ、ラスト1本。決めてくれー!と全国のファンが歩夢に応援するエネルギーを贈る中、果たして…。 フロントサイド・ダブルコーク1440が完璧に決まった!いつになくガッツポーズもやや強めで歩夢はクールに手を上げてくれた。2本目とまったく同じルーティーンながら、エアの高さも着地もより一層シビアに向上。 緊張感が高まる中、出たスコアは…、96点!!! マジか!ありがとう!!遂に!遂に!待ちに待った日本人スノーボーダーの金メダリストが誕生だ!本当にありがとうー!凄いぞ歩夢。 終わってみれば、「当然だよ。僕、逆転しちゃうもん」とばかりに見えるような。本人はいたって冷静に勝った印象だ。 View this post on Instagram ...

ハーフパイプ男子予選速報!平野歩夢が圧巻のルーティーンで1位通過を決めた!!ショーン・ホワイトも決勝へ

0
先ほど終わったばかりの北京オリンピック男子ハーフパイプの予選速報!平野歩夢が圧巻のルーティーンで93.25点で1位通過を決めた!!さらに平野流佳が3位、戸塚優斗が6位、平野海祝は9位と日本勢全員が決勝へ進んだ。オーストラリアの強敵スコッティ・ジェームスは2位通過、さらに今大会で引退を表明しているショーン・ホワイトが崖っぷちの2本目を決めて4位で勝ち上がった。若きライバル歩夢との最終決戦へ王者が立ちはだかることになった。 この投稿をInstagramで見る Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿 予選のトップバッターとして出場した平野歩夢は、いきなり87.25ポイントという高得点で幸先上々の出だし。しかし、4番目スタートだった宿敵スコッティ・ジェームスに88.25点を出されて抜かれていた。 1本目終わった時点で、スコッティに甘んじる2位となっていた平野歩夢は2本目にさらにチャージを掛けた!ファーストヒットでいきなりフロントサイドのダブルコーク1440を放つと、続け様にキャブ・ダブルコークの1440を決めた。3発目も高さある1260を出すが、これが着地の際にちょっとエッジを取られる。見ていてヒヤッとする場面だったが、歩夢はその後も何事もなかったように、1260、1080とすべて高さのあるダブルコークでメークしていった。この2本目のランは、93.25点でこの日の予選で最高得点となった。 決勝では3本滑ることができるが、平野歩夢は伝家の宝刀の超大技トリプルコーク1440(斜め軸に縦3回転、横4回転)を展開しだいでは温存するような形となった。というのも歩夢は1位通過となったため、決勝では最終走者となったのだ。3本終わった時点で誰も抜かせない展開になれば、トリプルコーク1440は出すまでもない。ともかく、予選で1位になった平野歩夢は後攻めができることになり、ライバル選手たちの動向を見ながら、まずは今日繰り出した14→14→12→12→10で有利な展開に持って行くことができるだろう。大舞台での金メダルは、平野歩夢にとって大きな夢であり、その夢がいよいよ現実となり近づいて来ているようだ。もちろん、国内のライバルたちも虎視眈々と金メダルを狙っており、日本人同士のメダル争いも楽しみなって来た。北京オリンピックでは、他の競技で期待された選手たちが悔しい思いもしており、オリンピックを楽しみにしている国民にもちょっとしたイライラを感じている人も少なくないだろう。そんな中、令和の時代の日の丸飛行隊が北京の舞台でうっぷんを晴らす活躍をしてくれるに違いない。 北京オリンピック 男子ハーフパイプ予選結果1位...

北京オリンピック スノーボード完全観戦ガイド【ハーフパイプ編】

0
ハーフパイプはかなり昔からあるスノーボード競技です。 すでに1988年、アメリカのストラットンでスノーボード王者を決めるUS OPENハーフパイプが開催されました。優勝したのは、フリースタイルの父と言われたテリー・キッドウェルです。そのちょうど10年後の1998年の長野で、スノーボードは初めてオリンピックの正式種目として採用され、ハーフパイプ大会が行われました。2022年の北京オリンピックでは6競技もあるスノーボードですが、ハーフパイプはその中でも最も長い歴史を誇り人気があります。 今大会では日本人ハーフパイプ選手は、過去最強とも言える選手層で最もメダル獲得の期待が掛かる競技と言っていいでしょう! 競技説明 ハーフパイプのコースの大きさは長さ約260メートル、幅21メートルです。 傾斜は18度です。ただし、雪の状態や設置されるスキー場により、サイズが多少なり変化します。左右の壁(高さ7メートル)で、そででジャンプを何本か行います。エアが大きいほどその分、距離も必要になるので、ジャンプの数は少なくなる傾向があります。前回の平昌オリンピックで金メダルに輝いたショーン・ホワイトと銀メダルに輝いた平野歩夢は共に5回のジャンプを行いました。ハーフパイプは、選手のエアの高さ(ジャンプ)、テクニックの完成度、難易度を競う、採点競技です。 予選では2本ランが行われ、最高得点が採用されます。決勝では、12人のライダーが3回滑り、最高得点が採用されます。 審査員は6名で、審査員1名の最高得点は100点です。ポイント数が最も多いジャッジとポイント数が最も少ないジャッジのスコアは除外されます。 次に、残りの4人のジャッジが平均スコアを取得して、最終スコアを決定します。 争われているのは、テクニックの難しさとトリックの難しさです。 また、空中での姿勢やボードをしっかりグラブしたか(=つかんだか)どうかなど、技の安定度も評価されます。 転倒した場合、大きな減点になります。多くの場合、転倒したランで良い結果は得られません。 他のジャッジング要因: エア(ジャンプ)の高さ高いエアは、観客を興奮させると同時に、審査員から高い評価を得ます。高いエアをするためには、選手はパイプでの高いレベルのライディング技術が必要になります。 安定性と制御パイプのライディングう中に手を置くとポイントが引かれます。 さらに完全に転倒までしてしまと致命傷。ポイントは、たくさん差し引かれ、順位を落とすことでしょう。配置できる可能性は低くなります。それと選手は、エア中に安定していることも求められます。身体が暴れるようなことがあると減点です。 バラエティまた、選手は、様々なトリックを駆使して、技術の高さを披露しているかどうかも判断されます。多様性が高いほど、ジャッジに良い印象を与えます。フロントサイドスピン、バックサイドスピントリック、バックフリップなどの3Dトリック、スイッチからのアプローチによるトリックなど、さまざまなタイプのスピントリックも必要です。 日本のエース戸塚優斗の得意技のフロントサイド・ダブルコーク1440は、縦2回転と横4回転を組み合わせたトリックになります。 ※スイッチとは、本来のライダーのスタンスとは逆の姿勢(レギュラーまたはグーフィー)でのライディングを意味します。 (以下動画、ハーフパイプ競技の進化の歴史をお楽しみください!) https://youtu.be/eI0547ynomk 会場: シークレット・ガーデンスキー場(雲頂滑雪度假村) スノーボードのフリースタイル種目の開催地である雲頂スノーパークは シークレット・ガーデンスキー場にあり、スノーボード以外にフリースタイルスキーの開催場所にもなっています。大会で使用される施設は仮設であり、大会後は所有者に引き渡されます。 パーク内には、フリースタイルスキー用のパークAと、スノーボード用のパークBの2つの会場があり、それぞれ7,500人の観客を収容できます。 シークレット・ガーデンスキー場は、河北省・張家口市にあり、北京市から車で張家口市まで3時間30分ほど掛かります。途中、万里の頂上の下のトンネルを通過して行き、距離にして190キロメートルあります。張家口市からは崇礼区を経由して12キロで到着します。高速鉄道を利用すれば、北京から張家口市まで約45分で行けます。スキー場には、5つのリフトがあります。晴天率は85%と高いので、競技観戦では晴天で見れる可能性が大。ただし、降雪量が少なく、90%が人工雪と言われているので、スノーボードを楽しみたい人は、高速のカービング系のライディングとなりそう。 この投稿をInstagramで見る ...

スノボキング!ショーン・ホワイトが五輪ラストとなるパイプ会場に君臨

0
スノーボード王として知られるショーン・ホワイトが、5度目のオリンピック挑戦!すでに今大会でラストを表明しているキングが会場であるハーフパイプに君臨。1本目のランをリラックスした様子で楽しんだ姿がインスタで公開された。 この投稿をInstagramで見る Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿 来季にリリースされる自身の板、WHITESPACEでのライディングは調子良さそう。日本屈指のライダー、平野歩夢、戸塚優斗との対戦が楽しみである。果たした本戦では、どんなドラマが待ち受けているのだろう。今大会で頂点に立つ輝くゴールドのメダルを手にするのは誰なのか。 https://dmksnowboard.com/beijing2022halfpipe/

ショーン・ホワイトがルイ・ヴィトンとのコラボレーション・ボードケースを発表!

0
先日、自身のボードブランド、WHITESPACEの立ち上げを発表して大きな話題となったショーン・ホワイトだが、今度は、ルイ・ヴィトンとの斬新的なデザインのコラボレーション・ボードケースを発表した! この投稿をInstagramで見る Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿 ヴァージル(※ルイ・ヴィトンのメンズウェアのクリエイティブディレクター)とは、マンモス・マウンテンでトレーニングをしているときに出会うことができました。スノーボードとデザインへの情熱を共有したことで、私たちはすぐに友人になりました。Whitespace(ホワイトスペース)の立ち上げを考えていた私は、ヴァージルに電話をしてアドバイスを求めました。彼はとても協力的でした。彼は、この名前と私が目指しているクリエイティブな方向性をとても気に入ってくれました。私が尊敬する先見の明のある人物から意見を聞けたことは、とても光栄なことでした。電話の中で、私はヴァージルに「ルイ・ヴィトンのスノーボード・トランクを作りたいとずっと思っていたんだ」と言うと、彼は「凄いことだ!」と答えました。「これは実現させなければならない」と。 そして、Whitespaceの全製品に採用されているホワイトストライプのデザインを見て、ヴァージルはインスピレーションを受け、LVのエンボスレザーの上にそれをペイントすることを提案したのです。このスノーボードトランクのデザインには、多くの困難がありました。ルイ・ヴィトンのクラシックなヴィンテージ・ラゲージのスタイルを踏襲しながら、軽量で機能的なものにしたかったのです。私たちは短い付き合いでしたが、ヴァージルはデザインの話をするとき、人を惹きつけるエネルギーと興奮を持っていました。 彼の死は、誰にとっても衝撃的な出来事でした。彼が完成品を見ることができなかったのは残念ですが、きっと気に入ってくれたことでしょう。私は、5回目、そして最後のオリンピックに向けて、彼を偲んで堂々と走ろうと思います。私の夢をかなえてくれたルイ・ヴィトンチームのみんなに、心から感謝します。そして何より、ありがとう、ヴァージル。安らかに眠れ、我が友よ。 ●お知らせ!DMK STOREで販売しているショーン・ホワイトの新ボード・ブランド、Whitespaceは国内代理店の株式会社HXと協議した結果、あと1週間ほどオーダーを伸ばすことができました。DMK...
CSBA

 

DMKSTORE