ホーム タグ 岩渕麗楽

タグ: 岩渕麗楽

ワールドカップ最終戦スロープスタイル 岩渕麗楽が優勝!村瀬心椛2位

0
スノーボードのワールドカップ、今シーズンの最終戦となったスイスのシルバプラナ大会でスロープスタイルが行われた。本来なら決勝の前日までに予選を終えているスケジュールであったが、予選日に悪天候で開催できず。昨日、日曜日に男子も女子も予選→決勝と同日に行う強行スケジュールで開催。 女子では、岩渕麗楽(19)が決勝で91.00点をマークし、今季嬉しい初優勝を決めた。これで岩渕は通算6勝目を挙げた。過去の5勝は全てビッグエアで、スロープスタイルを制したのは初めてだ。 岩渕にとってこのワールドカップでのスロープスタイルでの初勝利は、大きな意味があるに違いない。というのも、小柄な岩渕にとって、スロープスタイルで勝つことは他の選手以上に大きなハンデを背負っていると言えるからだ。岩渕が、世界から注目を浴びるようになったのは、2017年のワールドカップに参戦してからだが、最も強烈な出来事は翌2018年のX GAMESでのビッグエアのデビュー戦だろう。当時16歳の高校生だった岩渕は、バックサイドダブルコーク1080で銀メダルを獲得!衝撃デビューを飾ったのである。ただ、同じX GAMESでのスロープスタイルでは苦戦してしまった。というのも、本格的な国際舞台ならではの巨大キッカーの連続に、小さな身体では届かなかったのだ。当時、X GAMESの放送では、岩渕の身長は150cmで97ポンド(およそ44キロ)と伝えられた。あまりの体重の軽さに、スピードが乗らずに、連続したキッカーを飛び越せなかったのである。しかし、岩渕はそんな小さい身体のハンデを乗り越えて、見事に優勝したのである。 バックボード270アウトから、パイプのようなアイテムでバックサイドターンを決めて、フロントボードでジブセクションをクリア。勝負の3連キッカーでは、フロントサイド・ダブルコーク900入り、キャブ900につなげて、そして最後は得意技のバックサイドダブルコーク1080を鮮やかにメイク!さらに最後のヒップ系でバックフリップとフィニッシュだ。 https://youtu.be/giQPIhRH6oo また同じく女子で、村瀬心椛(16)が88.75点で、自己最高に並ぶ2位に入った。見事、日本女子が1、2フィニッシュを飾った。この結果、村瀬はFISスノーボードワールドカップ年間総合ポイントランキング2位!パーク&パイプ年間総合ポイントランキングでも2位となり、それぞれのカテゴリーで受賞。まだ16歳の村瀬にとって大きな学びの成長シーズンとなった。 この投稿をInstagramで見る ...

スノボ世界女王!鬼塚雅、岩渕麗楽がフリーラン&グラトリ

0
普段ビッグエアで、メチャクチャにカッコよくて難しいトリックを見せてくれるスノボ世界女王!鬼塚雅と岩渕麗楽が大会開催地であったアスペンでフリーラン&グラトリを見せるという企画。お馴染み、鬼塚雅ちゃんねるでアップされた。 女王たちの普段着な感じのフリーランを早速チェックしてみよう。 https://youtu.be/HbXtPjFRX0w 今回の動画は岩渕麗楽ちゃんといつも通り楽しくフリーラン&グラトリをする動画です!! やっぱり世界で戦う選手はフリーランもグラトリも上手ですね!

予選1、2、3フィニッシュを決めた鬼塚、村瀬、岩渕の大会シーンを追った貴重な映像

0
昨日、オーストリアのクライシュベルクで見事、鬼塚雅、村瀬心椛、岩渕麗楽が1、2、3フィニッシュを飾った。予選の結果とは言え、10か月ぶりの素晴らしい好成績に胸躍る。そんな中、1位通過の鬼塚のコメントから、3選手のウォーミングアップラン、さらに本番でのランを捉えた基調な映像が、JAPAN SNOWBOARD TEAMから、アップされているので、ご紹介しよう。 https://youtu.be/YDeuxjbJNB0 冒頭の鬼塚選手のコメントでは、「届いたばかりの新しいギアで硬かったので、フリーランをメッチャした」という驚きな内容も紹介されている。よくこんなおニューのギアで、あれだけのパフォーマンスが発揮できるものだ。ボードはともかく、特にブーツとかはある程度、履きならした使い心地が良いものが良さそうなものだけど。

世界が注目!小さな巨人・岩渕麗楽にFISがインタビュー

0
世界が注目する小さな巨人!岩渕麗楽がFISのインタビューに登場した。 https://www.fis-ski.com/en/snowboard/park-and-pipe/pipe-and-slope/news-multimedia/news/the-interview-reira-iwabuchi 前回は同じジャパンチームの飛田流輝が登場したが、2回連続のジャパンチーム登場の快挙。岩渕選手は、身体が小さいながらも世界最高峰のトリックを決め、見事にワールドツアーのビッグエアー女王に輝いた。そのことに海外からも注目されているようで、さながら小さな巨人と言ったところ。可愛らしい風貌でワールドカップの舞台で大活躍する姿、そのギャップが魅力的。 インタビューアーの人の質問も、なかなか良いところを突いていて、とてもおもしろい内容だ。 いくつかピックアップすると、現在の日本の女子シーンで鬼塚選手と村瀬選手の活躍について、質問されると、 「現在、日本の女性のスロープ/ビッグエアチームは世界で最も強力なチームの1つであり、その一員となることで、常にライディングのレベルを上げることができます」 と答えている。 また、これも意外に知られていなかったことだと思うが、これまで刺激を受けたライダーとして、アメリカのヘイリー・ラングランドを挙げた。「彼女のスタイルが大好き!彼女はただトリックをメイクするだけでなく、ひじょうにスタイリッシュに決める」と評価。ヘイリーと岩渕はほぼ同世代で、2001年生まれのヘイリーに対して、岩渕は1つだけ下。これからもお互いのスタイルを認め合って、刺激し合える間柄となりそうだ。 また、インタビューの最後には、「完璧の日はどんな日ですか?」という質問に対し、 「睡眠、チーズケーキ、スタジオジブリ映画、ライディングパウダー、また睡眠」という回答。睡眠大好きなんだね!(笑やはり、それだけ普段プレッシャーが掛かるからこその回答と言えそうだ。
CSBA

 

five   karna