ホーム タグ マーク・マクモリス

タグ: マーク・マクモリス

ショック!マーク・マクモリスがコロナ陽性でX Games欠場を発表!

0
ショック!マーク・マクモリスがコロナ陽性でX Games欠場をすることを自身のSNSを通して発表した。 この投稿をInstagramで見る Mark McMorris(@markmcmorris)がシェアした投稿...

マーク・マクモリスのサースフェー映像集

0
ここ最近、自身のインスタなどで、数多くのマーク・マクモリスのサースフェー映像がアップされていたが、そのハイライト集というべき動画、『The Stomping Grounds Two - SAAS FEE - Mark McMorris』がアップ!世界最高峰のスロープスターの力強い最新ライドをチェックしよう。 https://youtu.be/5RnbKM4Iud8 Featuring: Mark McMorris, Darcy Sharpe, Mikey Ciccarelli, Tyler Nicholson, Brock Crouch

スケートも抜群のうまさ!マーク・マクモリスがウィスラーでエンジョイ

0
マーク・マクモリスがウィスラーに来てスケートをエンジョイ! この投稿をInstagramで見る Skater Spark Mark...

マーク・マクモリス HOOD

0
マーク・マクモリスの滑りを見ていると、いつでも気分を上げてくれる。オリンピック、Xゲームを代表するスーパートップ・コンペティターながら、映像フッテージを残すライダーとしても魅力的なライディング。 マクモリスとセッションするアメリカの若手ライダーたちも、真夏の太陽の下、いかんなくパフォーマンスを発揮! https://youtu.be/9VPHUDuioIc Feat: Mark McMorris, Luke Winkelmann, Judd Hankes, Jake Canter, Brock Crouch, Maria Thomsen and Alex Caccamo

マーク・マクモリス 1月にフレンズたちとのセッション

0
マーク・マクモリスが1月にフレンズ・ライダーたちとライドした様子、『Whistler - Locked Down』をアップ! パーク滑って、フリーランも楽しんで。やはり、これがスノーボーディングだよね。 マクモリスは、屋内施設やオフトレ施設の否定派とも言われているが、その分、普段からこうしてたっぷりと友達といっしょにスノーボーディングを楽しんでいるのだろう。 楽しいからたくさん滑る。滑るから上達する。楽しむために、もっと上達する。 そんな彼のメッセージが伝わるような動画だ。 https://youtu.be/Vuf3_5nzunc

マーク・マクモリスが伝えるUS OPEN舞台裏

0
マーク・マクモリスの日常を伝える映像コンテンツ、BTS RawからUS OPEN舞台裏を紹介する動画がアップ! このBTS Rawシリーズは、文字通り生映像そのままのシンプルなカット編集で、その現場で起きているlことがよく伝わる作品となっている。 残念ながらスロープ予選敗退となったマクモリスが、サンドベックと決勝でのルーティーンについて、話しているところが興味深い。 さらに最後の方では、先日も紹介したテリエとのスノースケートでの対決も改めて紹介されている。 https://youtu.be/3zpeKcnrxl0

2020 X Gamesノルウェー大会ビッグエアー マーク・マクモリスが金メダル!

0
招待選手8人によるバトル!2020 X Gamesノルウェー大会ビッグエアーは、久しぶりの頂点に返り咲きとなったマーク・マクモリスが金メダル!銀メダルに、ミスター・パーフェクトのマックス・パロット。 上位2名がカナディアンだったら、オレだって黙っていられない!とばかりにダーシー・シャープが銅メダル獲得!! なんとカナディアン3人が表彰台を独占。 https://youtu.be/JIaeGOUxjbI 金メダルを獲得した マーク・マクモリスは、 まず1本目、ご挨拶代わりにフロントサイド・トリプルコーク1440、 2本目にスイッチバックサイド1620、 3本目には、バックサイド・トリプルコーク1440インディをメイク。 さらに4本目には、3本目のトリックを成長させたバックサイド1620!! 終始トップの位置を保ちながら、最後は キャブ1260で締めて、見事1位のままゴールを切った。 この金メダルにより、実に19個目のX Gamesメダリストとなった マーク・マクモリス。(金:9個、銀:7個、銅:3個)この記録は、ショーン・ホワイトをも抜くものだった。 最後のインタビューでは、 「この舞台に立つことを夢見ていただけで、まさか自分がこんなにメダルを獲得できるなんて。」 と喜びのコメントを伝えてマクモリス。 ジュニア時代は、カナダではセバスチャン・トゥータントに隠れて、2番手と言われていたが、シニアの大会では、カナダのトップ、そして世界の頂点にも立て続けた。 オリンピックでは、下馬評1位予想の存在ながら、なぜか勝利の女神に嫌われて、ソチ、平昌共にスロープスタイル種目で銅メダルに終わる。 そんなマクモリスがX Gamesで立てた金字塔は、北京オリンピックに向けて大きなエネルギーとなったに違いない。 思えば、ショーンもソチ五輪での屈辱が、平昌での金メダルにつながった。 マーク・マクモリスも、きっと次のオリンピックに向かって、全エネルギーを使って挑むことだろう。 今回の勝利は、2年後に向かって大きな力となったようだ。 なお、この大会、日本人男子選手の出場はナシ。 Men's Snowboard Big Air Final RankName1Mark McMorris2Max Parrot3Darcy Sharpe4Mons Røisland5Sven Thorgren6Ståle Sandbech7Rene Rinnekangas8Fridtjof Sæther Tischendorf
CSBA

 

five