今月26日オープン予定のスキー場が雪不足で延期へ

広告

いつになったら、天然雪でスノーボードができるのだろうか!?
本格的なシーズンインまでは、まだもうちょっと先のようだ。
すでに今月26日にオープンを予定していたスキー場が、雪不足のためスキーヤー、スノーボーダーの滑走の安全を確保できずに、軒並み延期をした。

関東エリアから人気の丸沼高原スキー場も雪不足。
新潟県の奥只見丸山、山形県の天元台高原も残念ながらオープンできず…。
野沢温泉スキー場の山頂付近、毛無山山頂は薄っすら白くなって来ているが、まだオープンはできなさそう。

北海道では、先週オープン見込みだった札幌国際がやはり雪不足でオープンできずにいる。山頂では30センチの積雪はあるが…。

広告

ただ、一日で大きな降雪があれば、あっという間に一面白銀の世界になるのもスキー場だけに、今後の天気予報をチェックし、本格的なシーズンインを楽しみたいものだ。今は、ギアを集めて、チューンナップなどしっかり行いオープン日に備えたい。

どこのスキー場でも、フェイスブックなどで最新情報をリリースしているので、気になる方はぜひチェックしてみよう!

野沢温泉の標高1,230mにあるパラダイスゲレンデの本日の様子。

あわせて読みたい記事:22-23シーズンのスキー場のリフト券が驚異の値上げ!

広告