スコッティ・ジェームスが隠し持っていた大技トリプルコーク映像を公開!

広告

今頃になって北京オリンピックの銀メダリストのスコッティ・ジェームスが、隠し持っていた大技トリプルコーク映像を自身のインスタから公開!
「本当は、僕もできるんだよ!」と言わんばかりに今頃になってキャブからのトリプルコーク1440映像を公開した。
FISのインスタでも早速、彼らの英雄(?)スコッティの映像をシェアした。そこには「scottyjames31は正式にトリプルクラブのメンバーになりましたよ。」という言葉も添えられている。

オリンピックで銀メダルの者は、銅メダルの者よりも悔しいという過去データもあるようだが、最近のスコッティのインタビュー内容を見ても、「今度こそ金メダルを獲ってやるぜ!」という雰囲気が伝わって来る。

ただ、このトリプルコーク1440という技は平野歩夢が、オリンピックで披露し有名になったが、実際、日本人選手のトップクラス、戸塚優斗、平野流佳もメイクさせており、北京オリンピック開催よりも前の時期にその映像を披露している。一方のスコッティは、ただ単にSNSでの拡散は控えていて、おそらく日本チームも「彼がこの技を持っている」という警戒感はあったに違いない。その上で、各代表選手が最高のパフォーマンスをオリンピックで披露し、メダルを獲得できるように働きかけていたハズだ。

広告

それだけに、この時期にスコッティがあえてこの映像を披露するのは、「僕も本当はできるんだよ!」と言わんばかりに見えなくもない。
それ以上にちょっと心配になるのは、あいかわらずFISが欧米主義というか、スコッティ大好き度が伝わるような扱いで投稿をシェアしている点だ。過去のオリンピックでもなんとなく、欧州主義で採点が偏ったところもあり、2026年ミラノ・コルティナ・オリンピックではぜひ欧米系の選手に金メダルを獲ってもらいたい!なんて考えているようで心配…。
まっ、考え過ぎかな!?

広告