ドキュメンタリー番組でショーンが五輪後「何もやる気がなくなった」と告白!

アメリカのケーブルテレビ局、HBOのドキュメンタリー番組『THE WEIGHT OF GOLD』で、ショーン・ホワイトがオリンピックの後、「まったく何もやる気がなくなってしまった」と告白した。

この投稿をInstagramで見る

It wasn’t until I heard Michael Phelps speak about mental health that I realized I was not alone in my feelings. I assumed success equaled happiness. But hearing Michael, who like me, has accomplished so much in his career as an athlete, could still feel empty at times, was strangely comforting to me. I’ve come to understand that at the end of the day, we are all just people with our own unique struggles, big or small, and it is ok to not feel ok. You don’t have to hide it in fear that others won’t understand or will judge you for it. If you haven’t seen it yet, check out HBO’s documentary #TheWeightofGold. It was not an easy conversation but empowering to share some of the ups and downs of my career and pull back the curtain on topics that are not spoken about enough … #MentalHealth needs to be a constant conversation ❤️

Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿 –

もしもあなたが、オリンピックに全身全霊に打ち込み、そして遂に栄冠の金メダルを獲得したら、どんな境地になるのだろうか?

なかなか凡人にはわからない境地だが、ショーンは「オリンピックの後には空っぽになってしまう」とコメントしている。
なぜから、世界が注目する大一番は、一日という短い時間に集約され、そこでは大きなプレッシャーを感じ、また多くのインタビューなどにも受け答え、疲れてしまうというのだ。
「次は何をすればいいのだ?」と途方に暮れるしまうと言う。

4度ものオリンピックに参加したショーンは、毎回こうした鬱のような症状に悩まされた。

しかし、ある日、水泳選手のマイケル・フェルプス(オリンピック史上最多、28個のメダルを獲得)の話を聞いた時、こうしたメンタルの支障を抱えていたことは、自分だけではないと知った。

「私と同じように、マイケルはアスリートとしてのキャリアで多くのことを成し遂げたが、時々まだ空っぽに感じることができたのを聞いて、不思議に慰められました。 結局のところ、私たちはすべて、大小を問わず独自の苦労をしている人々であり、大丈夫だと感じなくても大丈夫なんだということを理解しました。」

不安や恐れなど、隠すことなく素直に表現することが大事と悟ったショーン。

気になるこのドキュメンタリー番組、いつか日本でも字幕付きで見れるとありがたい。