ショーン・ホワイトのフリーランのイケてなさにファンも怒り!?

記者は、世界で最も有名なプロ・スノーボーダーであるショーン・ホワイトの動向をチェックするために、日々ショーンからのSNS投稿をチェックしている。そもそもフォロワーはショーンのファンばかりなので、肯定的な意見が多いが、中には一部で否定的なコメントも出ている。
今回は、遂にコアなファンが率直な痛烈批判が飛びした。

フォロワー数は、2万6千人を超えるショーン・ホワイトのライディングは、スノーボーダーなら結構多くが気になるところだろう。
ハーフパイプでは恐ろしいまでに強さを発揮するが、実を言うと専門誌でショーンのことをあまり取り上げることはない歴史もある。
というのも、彼のスノーボーディングのスタイル自体に疑問を抱く業界人が少なくないからだ。

今回インスタでアップされたインディエアーは、スタイリッシュだが、ショーン・ホワイトの投稿としてはあまりにも平凡だ。にも関わらず、この音楽でオシャレに仕上げてようする思惑に違和感があるように感じる。

先日も珍しくツリーランの映像をアップしたので、記者は本当はアップしたかったのだけどためらってしまった。
というのもショーン・ホワイトの記事をアップすると、多くのユーザーが見てくれる。一方でそのツリーランを拝見すると、あまりにも普通というか、物足りないのだ。

もちろん、うまい。だけど、「だから何?」と思ってしまうほど、平凡な印象なのだ。
世の中には、たくさんうまいスノーボーダーがいて、ショーンよりももっとカッコよくツリーランを表現してくれているライダーはたくさんいるし、今回紹介したインディもうまうけど、それくらいのことは一般スノーボーダーでもできるように思えてしまう。

今回の投稿でも全体的には、ショーン・ファンの肯定的な意見で埋め尽くされているが、一部ファンからは、このような痛烈な意見も出ているのだ。

「おい! あなたはヤギ(愚か者という意味かな)の一人だと思うので、私はそれを言うのは嫌ですが、私はあなたがハーフパイク以外で、スタイルコーチが必要だと思います😂…あなたはこれよりもはるかに優れています!」

この意見を発した人は、しっかりとショーンのパイプでの実力を認めた上で発言しているので、ただ批判したい輩とは違う。
それだけに、ショーンは耳を傾けてみるべきでは?

以上のような意見は、スノーボードに精通している人の代弁しているかもしれない。
というのもショーンがどれだけ優れたハーフパイプ・ライダーで、大きな大会ほど強い精神力を発揮できる凄いライダーであることは誰もが認めるところ。しかし、一方でスノーボードの本質とも言える映像でのスタイリッシュさをあまり表現してくれていないのだ。
それだけショーンが幼少の頃からハーフパイプに打ち込んで来たということなのかもしれないが、スノーボード界の最大のアイコン・ライダーだけに、もうちょっとファンとしてはカッコいいところみたい!という叱咤激励と言えそうだ。