角野友基、相澤亮がXゲームのビッグエアー決勝へ!!

連日、世界のスノーボーダーたちを釘付けにしている世界最大級のスノー・スポーツ・イベント、X Games。
昨夜の日本女子トップ3結果も熱かったが、男子も期待できる展開が生まれた。
ビッグエアー予選で、角野友基(5位)、相澤亮)(4位)が決勝へ進んだ!!
昨年度、癌に侵されたマックス・パロットは予選1位通過に成功!

25分間のジャム・セッション。
今回初めてX Gamesに参加したルーキー、相澤亮は緊張があったのか1本目のバックサイド1440は、転倒。しかし、その後にはフロントサイド・トリプルコーク1440を見事にクリーンメイクした。
最後のランの時点では、決勝へ進むための得点圏外8位だった亮だったが、最後に伝家の宝刀クワッド1800が炸裂!これで一気に会場もヒートアップ!!逆転につながり、4位で決勝へ進んだ。

角野友基は、1本目から絶好調で、バックサイド・トリプルコーク1620、その後には フロントサイド・トリプルコーク1440を決め、コンペティションは楽しんでいる様子の中、5位でファイナルに進んだ。おそらく、決勝ではさらなるチャージで表彰台を狙って来るだろう。

昨シーズン、癌の病に侵され出場できなかったマックス・パロットは、見事な復活劇!
一本目に、キャブ・トリプルコーク1620を完璧メイクして、その後にもバックサイド・トリプルコーク1440を決めた。その後にも優位のゲームを進めて、見事に1位通過!

昨年度の成績から、セバスチャン・トゥータント、スヴァン・ソーグエン、マーク・マクモリスは予選免除されていて、本日の予選トップ6名選手を加えた9名でファイナルは争われる。
本日の予選に参加した男子9名の内、3名だけ決勝へ行けなかったが、その3選手の名は、クリス・コーニング、トレガー・バーグレム、カイル・マックというW杯表彰台の常連者たち。この予選がどれだけレベルの高い戦いか読み取れよう。

The Real Cost Men’s Snowboard Big Air 予選

RankName
1Max Parrot
2Mons Røisland
3Darcy Sharpe
4Ryo Aizawa
5Yuki Kadono
6Rene Rinnekangas
7Chris Corning
8Torgeir Bergrem
9Kyle Mack