【ハウツー】スノーボードのかじ取りは前足首で!

車はハンドルで操作。じゃあ、スノーボードは?

その決めてとなるのは、前足です!
カナダの教程では、特に前足の操作を重視して教えています。

例えば、初中級者にありがちな、「急斜面でつま先側に入れないよ~」問題は、前足首の曲げのなさから来ます。結果的に、フォールライン(谷側)に入るところで、必要な前足への荷重ができません。

写真上のように、カカト側からつま先に入る時に、しっかりと前足をパタっとアクセルを踏むような動作ができるか?
もし、うまくいけば、スムースにつま先側のターンに入れます。

それができない人は、写真上のように、まるで足の動きをリードするように、前手を上げて、ターンに入る時に下げると、実際に足首もパタっと踏み込んでくれるものです。
車をイメージしてみるとわかると思います。方向を決めるのは、前輪のみ。後輪はただ付いていくだけです。同じように、スノーボードでうまくターンができない方は、前足で方向付けをして、後ろ足はただ付いていくだけ、という気持ちで滑ってみるといいでしょう。

以上の説明は、主に初心者・中級者向けですが、上級者においても、またフリースタイルのライディングにおいても、この前足首のかじ取りをすることは大切なので、ぜひ、明日スノーボードに行く方は、前足で方向付けするということを試みてくださいね。

これまで前足操作を意識していなかった方は、きっとよりスムースにボードコントロールできる感覚がつかめると思います。

飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴35シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWingでは、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、レッスンも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!
AmazonのKindleストアで最新書籍『スノーボード入門 スノーボード歴35年 1万2000人以上の初心者をレッスンしてきたカリスマ・イントラの最新SB技術書』絶賛販売中!!