【フサキ日記】慣れないギアは大変

初めてママの車に乗ってみたのだけど、エンジンの掛け方がわからなくて困りました。
5分くらい四苦八苦して、どうしてもわからなくて電話したら…。
車の鍵をどこかに差し込むということはなく、そのままどこかに置いておいておき、ブレーキを踏みながらスタートのスイッチを押すということでした。

いやあ、こんなエンジンの掛け方ってあるんですね。

運転してからも、なんか違和感アリアリ。
いつも自分が乗っているプリウスC(アクアのカナダ版)よりも、座席の高さはあって見晴らしは良いのだけど、それ以外はどうも。
全体的にガッチリして安全性は感じたけど、硬すぎて運転し辛かったなあ。

僕は、元々、車の運転が苦手で、特に普段運転していないレンタカーなどは戸惑ってしまう性質なんです。

なんか、これって普段、使い慣れないスノボ・ギアと似ているなあ、と思いました。

どれだけ他人から良いと勧められても、長年使っていた自分のスノボ・ギアに変化があれば戸惑うものです。
自分のようにシーズンで100日以上も滑れば、さすがに慣れるけど、20日間以下くらいしか滑らないような方は、その違和感が強く
ライディングに集中できないものではないでしょうか。

ベテランのスノーボーダーの方は、それなりにギアに合わせて滑る技術があるだろうけど、スノーボードを始めて、間もない中級者レベルのような方は、おもいっきりギアに左右されそうな気がします。
特に足回りの用具、ブーツなどはあまり前のものと違うスタイルだと戸惑いも大きそう。

やはり、他人のコメントがいくら良くても、ネットでの評判がメチャクチャに高くても、自分に合う合わないというのはあると思うので、新しいギアを買う時は、注意が必要があるでしょう。
特にブーツ!
まあ、ボードとかは、そうでもないかな。中級者の人なら、その板に合わせた楽しみ方ができるのかな、と思います。