平野流佳、小野光希が予選1位でW杯スイス大会決勝進出

広告

スイスで行われているLAAX OPEN(ラークスオープン)W杯でハーフパイプの予選が行われ、男子では、平野流佳が95.25ポイントで1位となって上位12人による21日の決勝に進出した。
2位は、北京オリンピック銀メダリストのスコッティ・ジェームス(オーストラリア)、そして3位に戸塚優斗。
さらに男子では、重野秀一郎が8位で予選突破。北京では世界一飛んだライダーとして名を馳せた平野海祝が11位で決勝進出を決めた。

山田琉聖は順位が一つ足りず13位、片山来夢は19位で予選敗退となった。

広告

以下、男子予選結果詳細。
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2023/SB/6273/2023SB6273RLQ.pdf

女子は小野光希1位、冨田るきが7位で、ともに8人による決勝へ進んだ。

以下、女子予選結果詳細。
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2023/SB/6274/2023SB6274RLQ.pdf

●関連記事
LAAX OPEN スイスW杯で木俣椋真が1位、荻原大翔が2位で予選突破!
https://dmksnowboard.com/laax-open-mens-slopestyle-results/

広告