Hightide Mfg Asymtrip カスタマー・プレビュー

カナダのハンドメイドボード、Hightide Mfg、そのメーカー自体がユニークで個性的だが、その中でも一際異色な非対称ボードのAsymtrip。
今季オーダーして、使用された感想を佐藤さんがレビューしてくれたので、ご紹介しよう。

感想ですが、
ゲレンデをいつも愛用している板で滑った後に乗り換えた時、違和感が強かったです。
非対称サイドカーブのせいか、非対称のテールのせいかいつもと違う感覚に少々戸惑いました。
ただ、何本滑っているうちに乗り方がわかってきてからはターンのし易さに気付きました。自分はヒールのエッジの使い方がイマイチなのですが
この板は乗り慣れて来るとヒールが入り安くいつもより倒せるし小回りが効きます。
ソールも走るので飛ばすも気持ちよかったです。

その後、乗り慣れてからは色々なシュチュエーションで乗りました。

まずは圧雪バーンはターンが気持ちよくそれなりにスピード出したカービングでガッツリ倒して乗れました。
幅があるのにクイック反応してくれます。
ハイスピードでも板がしっかりしている為、バタつきはありませんでした。

荒れたバーンもアイスバーン、シャバ雪も全く問題ないです。

地形でもかなり遊べます。

腰ぐらいパウダーでですが、浮力もありテールのスワロー形状も非対称なのに違和感がなくスピードも乗るしターンも気持ちよくいい感じでスプレーも上がります。
ただ、深いパウダーだけに関しては他の板に軍配が上がります。
パウダーに関しては156でもよかったかも知れません。

もっとも感動したのがツリーランです。
短いので取り回しも良く浮力もあるので、雪が降った日に、それなりに木が密集している場所に、そこそこのスピードで突入してもクイックに反応してくれるので、思い通りに木を躱して滑れました。
今まで以上に突っ込んでいけるので、自分がうまくなったのではと錯覚します。
これに関しては152でよかったです。
その後はほぼ、ツリーラン専用機と化しています。

降った日に一本だけしか持っていけないなら今はこの板と言えるくらいかなり気に入っています。

余談ですが、リフト待ちをしていると結構注目されます。ちょっと優越感を感じます。

https://hightidemfg.com/

Hightide MfgのDMKを通してのご注文は現在閉めています。
ご興味ある方は、公式サイトからお問い合わせなどし、ご自身の責任でオーダーしてみてください。