美人プロ・ゴルファーがマウントフッドの現状を紹介

アメリカの有名な美人プロ・ゴルファー、ヘイリー・オストロームが、(ボーイ・フレンドかな?)ルイ・ビトーと共にマウントフッドへ。
ハーフパイプに集まる選手などを紹介。
なんとそこには、アメリカを代表するパイプ選手トビー・ミラー、さらにショーン・ホワイトの姿も!

コロナの状況で、日本人選手はこうした雪上でのハーフパイプ練習ができないが、アメリカの選手たちは確実に滑りこんで様子。ちょっと悔しい現状が見えて来る。

しかも、このパイプかなりの良コンディション。
サイズの大きさ、パイプの長さなど、最高の練習環境である。
さらにパイプの下部には、バグジャンプが設置されており、高トリックにも挑戦できるようになっている。