【フサキ日記】毎日のスノボに欠かせない!高品質バラクラバ AIR HOLEの特徴

先シーズンから、AIR HOLEのネックウォーマーを愛用していて、今季、毎日使っているのが、このバラクラバ!

みなさん、バラクラバって使ったことありますか?

スノーボーダーなら、とても多いと思うのですが、僕はこれまでそれほど使ったことがありませんでした。
だけど、一度、使うと、メッチャ調子いいです!

適度に温かく、それでいて装着感も良いのです。
めちゃくちゃに暑くなるわけでなく、本当に雪山で過ごしていて、快適な温かさを保てます。

そもそも、昨年バラクラバを使った時、ずいぶんと暑くなってしまうもんだな、と思ったものですが、その原因は、そもそも分厚いモデルを使用していたからでした。
だから、マイナス10度を超えるような超寒い日には、重宝したのですが、普段のプラス5度からマイナス10度ぐらいの気温を行き交う、通常のウィスラー気温だと暑く感じてしまったのです。

AIR HOLEというブランドは、ネックウォーマー関連商品としては、カナダで最も人気が高く、またそのクオリティの高さもおそらく世界で一番だと思います。
その大きな理由が、11種類もの素材によります。

以下、一番薄手のものから、超温かくなる順番になります。

DRYLITE (1)
WAFFLE FLEECE (3)
MERINO (3)
MILK FLEECE (4)
DRYTECH THRMAL FLEECE (4)
POLAR FLEECE (5)
10K SOFTSHELL (5)
10K HATDSHELL (5)
MICROFLEECE (7)
SHERPA (8)
INSULATED (10)

この量、凄くないですか!
こんなにもの素材を使用するメーカーって、聞いたことがないです。
僕が知らないだけかもしれないけど、おそらく世界一、多くの素材から選べるフェイスマスク&ネックウォーマー・ブランド。
どれだけ、このカテゴリー好きなんだ!というほどのこだわりようですね。

で、僕が昨シーズン使った「暑かった」というのは、おそらく暑さランキング3番目のMICROFLEECEだったのかな、と思います。
今、息子が使っているので、実際に何だったのかわからないけど、カタログをチェックするとそうだったような気がします。

でも、今季使っているのは、暑くない方から2番目のWAFFLE FLEECEです。
これ、メッチャ調子いい!適度な温かさで、肌触り感もバッチリ。

右横の数字は、「どれだけ暑いか」ということを示すもので、大きい数字ほど温かい、暑いということになっています。
一番上のINSULATEDというのは、もうモコモコが入ったウェアみたいものです。南極にまで行けちゃいそう!

あと、僕たちに親しまれている名称としては、よく防水用スノボ・パーカーに使われる、10K SOFTSHELL。
あとは、ソックスとかインナーにも使われるMERINOあたりですかね。
現在、自分が使用しているWAFFLE FLEECEとほぼ同じMERINOが気になります。肌触りも一層良いのかなあ。

ちなみにAIR HOLEというと、穴が空いているので、ライディング中は呼吸するので調子いいのですが、リフト乗る時にはこのコロナ時代、困ってしまいます。そんな方のために最近、この穴を防ぐアタッチメントが開発されました。以下のインスタ投稿、ご参照ください。