北京オリンピック・スノーボード観戦ガイド【スロープスタイル編】

スロープスタイルは、レールやキッカー(ジャンプ)などの様々なアイテムを呼ばれるスポットを滑る採点競技です。スキー場に行くと、パークと呼ばれる施設を見かけることがありますが、オリンピックで使用されるコースはどの豪華版と言っていいでしょう。難易度を要するレールや20メートルも飛ぶジャンプでのトリックは迫力満点!
スロープスタイルは、2014年のソチ・オリンピックから採用された種目で、今回の北京で3回目の開催となります。

Photo: Ryan R. Rausch

競技説明

スロープスタイルでは、選手がレール、ジャンプ、その他の地形アイテムなどを通過しながら、コースを滑り降りる採点競技です。高いポイントを得るために、トリックの回転数、独創性、完成度が必要です。
スロープスタイルのトリックは、主に4つのカテゴリに分類されます。エアの高さ、グラインド(レールで板を回すこと)、グラブ(ボードをつかむこと)、フリップ(縦、横、斜め回転)です。スロープスタイルでの競技で行われるほとんどのトリックは、これらの組み合わせです。

エア高さ:ジャンプの高さ。「エア」とも呼ばれます。エアが高いほどハイスコアを得ます。

難易度:トリックの難易度。

クリーンメイク:選手がどれだけトリックをうまくできるか。たとえば、スムースな回転、きれいなグラブ、身体が暴れない完璧な着陸などです。

バラエティ:いくら難易度が高いトリックでも同じものだばかりは良い評価を得ません。回転技ににしても回す方向は様々だし、グラブ技もいろいろあります、どれだけバラエティにトリックを見せれるかというところも評価基準になります。

プログレッション:スノーボードの歴史を塗り替えるような新しいトリックを決めれることは、このスポーツを前進させることにつながります。誰もが行わない高難度なトリックは、高いポイントを獲得することになるでしょう。

組み合わせとフロー:選手がトリックとトリックをどれだけスムースに組み合わせることができるか。あるセクションでトリックに集中するあまり着地に手こずればスピードを落とすかもしれません。そんな時には減点になります。全体のランをどれだけクリーンにまとめ上げられるかということも評価基準です。

全体評価:各選手のランの個人的なスタイルを含め、すべてを加味した印象も評価されます。

出場する選手は、まず予選に出場します。予選では2本滑りことができベストランがその選手の成績として採用されます。
決勝に出場した選手は、改めて2本のランを行いそこでもベストスコアで争われます。決勝では、予選で成績が良い選手が最後の方に滑り、予選スコアが低い選手ほど早い滑走順位となります。あとから滑った選手は、前の選手のスコアを確かめて、それ以上の成績を出せるように戦略を立てるのです。

過去のオリンピックやワールドカップでは、悪天候のために予選がなくなったケースもあります。

ジャッジは6人いて、それぞれが得点します。スロープスタイルはコースが長いために、各ジャッジはすべての選手のランを肉眼で確認できません。そこで、ビデオ映像が役に立ちます。
与えられたスコアのうち、最高点と最低点が切り捨てられ、残りの点の平均がスコアになります。
スロープスタイルでは、スコアに影響を与えるのは転倒です。落下すると次のセクションに移動する速度が落ちますので、その時点で諦めなければなりません。また、バランスが崩れたり、雪に少し触れたりしてもポイントが差し引かれます。

スノーボードスロープスタイルの最初のオリンピックチャンピオンは、両方ともアメリカ人で、男子はセージ・コッツェンバーグ、女性はジェイミー・アンダーソンでした。以下の動画、スロープスタイル競技を理解する上でも、ぜひご参考にしてみてください。

スキー場に行くとパークと呼ばれるエリアがあります。スロープスタイルのコースも同じように見えますが、オリンピック舞台は、はるかに大規模です。
世界中にパークライディングを愛する人が多く、このような新しい施設が建設され、競ています。こうして誰もが気軽に楽しめるパークなので、それだけに競争は激しく、1年前にチャンピオンシップを勝ち取ったトリックはうまくいかないことがよくあります。
オリンピックでは、しばし見たことがないような新トリックが飛び出すこともあり、とても楽しみな競技です。

スノーボードの最高のフリースタイル演技を披露するスロープスタイルは、超注目です!!!

(以上の写真は友人であるライアンに撮ってもらいました。これはオリンピックのスロープスタイルの会場、シークレットガーデンで撮影されました。ライアンは中国ナショナルチームのコーチの一人です)

会場: シークレットガーデン(雲頂滑雪度假村)

張家口(张家口)の崇礼郡の東に位置するゲンティン・シークレット・ガーデン・リゾート(️顶滑雪公园)は、オリンピック村から4キロメートルの場所にあります。
ここに訪れるスキーヤーとスノーボーダーは、全体で16キロのコースを楽しむことができます。リフトは、5つあります。
標高エリアは、1,702〜2,100メートルに位置します。

ゲンティンスノーパークAとBは、フリースタイルスキーとスノーボードの競技会の会場になります。それぞれ7,500人の観客を収容でき、5,000人の固定席があります。

スロープスタイル開催日程: 2月14日~2月15日

Saturday, February 5
女子スロープスタイル予選

Sunday, February 6
女子スロープスタイル決勝 + 男子スロープスタイル予選

Monday, February 7
男子スロープスタイル決勝

さらなる公開練習・時間スケジュールの詳細などは、以下のページをご参考にしてください。
https://medias4.fis-ski.com/pdf/2022/SB/6063/2022SB6063PROG.pdf

注目選手

北京オリンピックのハーフパイプに参加する注目選手をご紹介します。

マーク・マクモリス Mark McMorris

Date Of Birth: September 3, 1986
国籍: カナダ
@markmcmorris
2021 Cup Standings: 30th
Stance: Regular

競争の激しいスノーボードの歴史の中で最も成功したライダーの一人。
マーク・マクモリスは2つの五輪メダルを獲得、またXゲームズでは20回ものメダリスト!それだけに留まらず4つのUSオープン、さらにスポーツ界の名誉あるESPY受賞者も獲得しました。
しかし、多くの素晴らしい結果をもたらしました一方で、多くの困難を抱えました。

2014年ソチ五輪では、オリンピックデビュー戦スロープスタイルで銅メダルを獲得しましたが、その2週間前にはアスペンで開催されたXゲームスで肋骨を骨折しています。(以下、動画参照)

2016年2月、マークはロサンゼルスで開催されたのAir + Style(エアー・アンド・スタイル)ビッグエア大会で着地の際に右大腿骨を骨折しました。 そして、その8か月後にカムバック!2016-17シーズンは、平昌オリンピック出場するための大事なワールドカップ戦がありましたが、そこでもサクセスストーリーを決めました。

そんな素晴らしいシーズンだったのですが、3月下旬にバックカントリースノーボードの事故で、顎、左腕、骨盤、肋骨の骨折、脾臓の破裂、左肺の虚脱など、複数の負傷を負いました。 しかし、その怪我をも克服し、2017年11月下旬に北京で開催されたワールドカップ北京大会のビッグエアで優勝!!
その後、平昌で2回連続のオリンピックのスロープスタイル銅メダルを獲得しました。

マーク・マクモリスは、スノーボード界の新たなステップアップにも献立して来ています。
2011年にはバックサイドトリプルコルク1440を着陸させた最初のスノーボーダーとなりました。2017USオープンのスロープスタイルではスイッチバックサイド・トリプルコーク1620を初メイクし、金メダルを獲得しました。

2021年2月、北京オリンピック参加するポイントを得るためにスイスのワールドカップに参加しました。 しかし、スイスに行ったとき、コロナに掛かっていることがわかり、参加できませんでした。 しかし、翌月アスペンで開催されたビッグエア世界選手権では、見事に金メダルを獲得ししています。
マーク・マクモリスほど人生の正負の法則を教えてくれるライダーはいないかもしれません。
人生山あり谷ありで、良い時もあれば悪い時もあります。
マークは、スノーボードを通じて僕たちに大事なことを伝えてくれるような存在です。

マックス・パロット Max Parrot

Date Of Birth: June 6, 1994
国籍:カナダ
@maxparrot
Cup Standings: 1st
Stance: Goofy

マックス・パロットは、Xゲームスで7回も優勝し、平昌オリンピックのスロープスタイルでは、銀メダルに輝いています。

マックスはケベック州のブロモントスキー場の近くで生まれ育ちました。 彼は3歳でスキーを始め、10歳でスノーボードに出会います。マックスのお父さんは、カナダを代表するアルペンスキーレーサーで、ウィンタースポーツのサラブレッドでもあります。

マックスがここまで実績を残せた背景には、彼の故郷にあるケベックにあるMAXIMIZEという施設によるところも大きいでしょう。
MAXIMIZEには夏でも大きなジャンプができるエアマットがあり、トリックを練習できるトランポリンもあります。マックスに加えて、セバスチャン・トゥータント(平昌オリンピックの男子ビッグエア金メダリスト)とローリー・ブルーイン(平昌オリンピックの女子スロープスタイル銀メダリスト)も、 MAXIMIZE出身で活躍しています。

マックス・パロットは、スノーボードの歴史を4回塗り替えました。
2013年、彼はXゲームス大会スロープスタイルで、初となるバックサイド・トリプルコークをメイクしました。 2014年にはXゲームスでのスロープスタイルでは、トリプルコークを連続で決めています。 また2015年4月、マックスは世界初となるキャブ・クワッド・アンダーフリップ1620をメイク。そして、2016年1月、Xゲームズでキャブ1800トリプルコークを決めて、2度目となるビッグエアの金メダルを獲得しました。

スノーボード競技において、そんな輝かしい成績を収めて来たマックスですが、2018年12月なショッキングな出来事がありました。ホジキンリンパ腫と呼ばれる癌と診断されたのです。今後の競技生活が危ぶまれたしたが、その後に懸命の治療とリハビリを続けて、翌年の夏、マックスはXゲームズの舞台に戻って来ました。8月31日、ノルウェーで開催されたビッグエア大会で、奇跡のカムバック勝利を収めたのです。

マックスの生い立ちと奇跡のカムバックを伝える以下の動画もぜひご覧ください。

マーカス・クリーブランド Marcus Kleveland

Date Of Birth: April 25, 1999
国籍:ノルウェー
@marcuskleveland
2021 Cup Standings: –th

マーカス・クリーブランドは、若い頃から並外れた才能を発揮してきたプロのスノーボーダーの一人です。 彼のライディング・スタイルは、母国ノルウェーの英雄テリエ・ハーコンセンと比較されることがありました。

2018年、Xゲームスで2つのメダルを獲得しました。スロープスタイルで金メダル、ビッグエアで銀メダルを獲得しています。Xゲームスの後、USオープンのスロープスタイルでは、3位に入りました。
特に2020-21シーズンは、マーカスにとって大活躍のシーズンとなりました。多くの大会で優勝し、Xゲームスのビッグエアでは、見事に金メダルを獲得しています。

マーカスは、ナックルトリックの使い手としても有名です。
ナックルトリックは、ジャンプ台の平らな部分とランディング斜面を利用して行うトリックのことです。彼のInstagramにはナックルトリックの映像がたくさんあり、とても人気があります。とてもユニークなトリックが多く、見ていると時間が経つのを忘れさせてくれるほど楽しいです。

ジェイミー・アンダーソン Jamie Anderson

Date Of Birth: September 13, 1990
国籍: アメリカ
@jamieanderson
2022 Cup Standings: –th

ジェイミーアンダーソンは、スノーボードの歴史の中で最も成功した女性ライダーでしょう。
近年、他の女性ライダーの台頭により、その地位は脅かされつつありますが、ジェイミーは長年女王でした。

ジェイミー・アンダーソンは、ロシアのソチで開催された2014年冬季オリンピック、初の開催種目となった女子スロープスタイルイベントで金メダルを獲得しました。またその4年後、韓国の平昌で開催された2018年冬季オリンピックでもこの偉業を繰り返します。2大会連続でオリンピック金メダルを獲得した最初の女性スノーボーダーになりました。

ジェイミーは2007年、2008年とさらに2012年、2013年のXゲームのスロープスタイルで金メダルを連続して獲得しています。 なんと彼女は合計14個ものメダルを持っています。(内訳:7個の金、5個の銀、2個の銅)

ジェイミーはサウスレイクタホで5人の姉妹と2人の兄弟がいる大家族で育ちました。彼女がスノーボードに夢中になった理由の1つは、兄弟がスポーツを楽しんでいるのを見ることでした。 9歳で初めてスノーボードをし、すぐにこのスポーツに夢中になりました。

現在、ジェイミーはカナダのブリティッシュコロンビア州ウィスラーに、カナダ人プロスノーボーダーであるボーイフレンドのタイラー・ニコルソンと一緒に住んでいます。
私は、普段ウィスラー、ブラッコムでスノーボードをしているので、ジェイミーが時々、ブラッコムの巨大キッカーで華麗なジャンプをしている姿を見かけることがあります。

アンナ・ガッサー Anna Gasser

Date Of Birth: August 16, 1991
国籍: オーストリア
@annagassersnow
2021 Cup Standings: 3rd

アンナ・ガッサーは、2018年平昌オリンピックのビッグエアの金メダリストです。
彼女が初めてオリンピックに参加したのは、2014年ソチ大会でその時にはスロープスタイルに出場。予選では最高の結果を出し、決勝に進みました。しかし、決勝では2本ランとも転倒し悔しい思いをしました。

多くのオリンピックのスノーボード選手は、小さい頃からスノーボードを始め、競技に参加しています。しかし、アンナがスノーボードを始めたのは11歳の時で、大会に参加するようになったのは2010/2011シーズンから。それは彼女が9歳の時でした。スノーボードの大会に参加する前のアンナは、オーストリア国立体操チームの一員でした。彼女が、空中で行うトリックに長けているのは、元々体操で培った身体能力があるからです。

そんな彼女の身体能力の高さは、2013年11月に発揮されます。アンナは、女性ライダーとしては世界で初めて、キャブダブルコークク900をメイクし、名声を高めました。

2017年、アンナはスペインで行われたスノーボード世界選手権ビッグエアで金メダルを獲得。また、2017年にノルウェーで行われたXゲームスのスロープスタイルでも金メダルに輝き、ビッグエアでは銅メダルを獲得しています。同年のアスペンで行われたXゲームズのビッグエアでは銀メダル、翌年のアスペン大会では金メダルに輝きました。多くのスノーボーダーたちが注目するUSオープンのビッグエア大会で優勝し、世界選手権では100点というスコアで優勝しています。
アンナはスロープスタイルでも活躍していますが、特にビッグエアでは輝かしい成績を収めています。

またアンナは、2018年、女性ライダーとして初!キャブトリプル・アンダーフリップもメイクし、世間を驚かせました。以下の動画が、8万回以上も再生されています。

アンナはスノーボーダー以外でもその美しい姿でモデルの仕事をこなす時もあります。

鬼塚雅 Miyabi Onistuka

Date Of Birth: October 12, 1998
Nationality: Japan
@miyabionitsuka
2021 Cup Standings: 5th

鬼塚雅は、史上最年少のスノーボード世界チャンピオンであり、Xゲームズの金メダリストです。

雅は、雪山のない九州の熊本で育ちました。 かつて九州には屋内スノーボード練習場があり、そこでスノーボードが上手になりました。
彼女はオフシーズン中もジャンプ施設で練習を続けています。 日本にはそのようなオフシーズンの練習場が約15か所あり、これは日本チームが強い要因の1つです。

鬼塚雅はすでに6歳までに初の全国大会に出場しており、デビュー戦で初優勝を飾りました。彼女の才能を知ったバートンは、契約。鬼塚雅は、7歳の時に初めてのスポンサーが付きました。

私は彼女に初めて会ったのは、まだ8歳の時です。彼女は、夏のブラッコム・グレーシアで練習していました。

当時の雅は、まだ小さな女の子でした​​が、すでに大きなレールやジャンプに挑戦していました。
後でお母さんに聞いたのですが、「雅がカナダに来たことは大きなきっかけとなった」と言っていました。雅は、その夏、世界的に有名なプロ・スノーボーダーたちとセッションしたことにより、このステージに上がれるという強い認識を持ったのだと思います。

その後、鬼塚雅は、わずか14歳でオニールエボリューションのビッグエア大会ででトップの座をつかみます。2015年にオーストリアのクライシュベルクで行われた世界選手権では、金メダルを獲得!’史上最年少のスノーボード世界チャンピオンになりました。
彼女は、その頃から卓越したパフォーマンスで、次々と主要タイトルを獲得しました。

すでに彼女はすでに世界中のプロの大会で活躍していましたが、2014年のソチオリンピックには出場できませんでした。当時、彼女は若過ぎて日本代表チームに選ばれていなかったのです。彼女はプロ大会で輝かしい成績を収めながらも、

すでに彼女はすでに世界中のプロの大会で活躍していましたが、2014年のソチオリンピックには出場できませんでした。当時、彼女は若過ぎて日本代表チームに選ばれていなかったのです。彼女はプロ大会で輝かしい成績を収めながらも、オリンピックに出場するためのFISポイントを獲得できませんでした。

悔しさをバネに平昌オリンピックを目指していた鬼塚雅は、遂に念願の五輪ステージに立ちます。しかし、当日の平昌は強風に見舞われ予選が延期。最終的には、出場26人全員が2回の演技で順位を決めるという特別ルールの中、スロープスタイルは強行されました。コンディション不良の中、思うような技を繰り出せずに19位という悔しい結果に終わります。また得意のビッグエアでも8位という成績に終わりました。

その後の雅は、2022年の北京オリンピックに向かって走り続けて、好成績を残しています。2019年に世界チャンピオンになりました。また2020年には、Xゲームズ初出場となったビッグエア大会で金メダルを獲得しました。

2022年 北京オリンピック・スロープスタイル/ビッグエア出場者リスト現在ランキング

北京オリンピックの参加者数:男子30名、女子30名。その内、1人は自国開催枠で、中国の選手に割り当てされます。
したがって、男女それぞれ29名の五輪出場枠を北京大会まで争います。
また、1つの国の最大参加者数は、男女それぞれで4名までです。例えば、1つの国に5人のポイントが高い選手がいても、その国は4名までしか出場させることができません。

ポイントの加算される時期は、ビッグエアが2019年7月1日から2022年1月16日までの期間に行われたFISワールドカップ大会の他、2021年に開催された世界選手権も含まれます。 その内、最高スコア4つが採用されます。
スロープスタイルも同様に、2019年7月1日から2022年1月16日までの期間に行われたFISのW杯&世界選手権の最高スコア6つが採用されます。
ランキングは上記の平均スコアによって決定されます。

Men

  1. Chris Corning (USA) 435pt
  2. Marcus Kleveland (NOR) 370pt
  3. Ruki Tobita (JPN) 373pt
  4. Max Parrot (CAN) 370pt
  5. Redmond Gerard (JPN) 320pt
  6. Justus Henkes (USA) 293pt
  7. Sven Thorgren (SWE) 288pt
  8. Dusy Henricksen (USA) 287pt
  9. Nicolas Laframboise (CAN) 284pt
  10. Ryoma Kimata (JPN) 283pt
  11. Mark McMorris (CAN) 256pt

さらなる詳細順位は、以下のFISページのリンクを参考に。
https://www.fis-ski.com/DB/v2/quota/allocation/owg/sb/2022?gender=M&event=SS-BA&page=1

Women

  1. Reira Iwabuchi (JPN) 563pt
  2. Laurie Blouin (CAN) 548pt
  3. Katie Ormerod (GBR) 533pt
  4. Anna Gasser (AUT) 485pt
  5. Kokomo Murase (JPN) 478pt
  6. Jamie Anderson (USA) 448pt
  7. Zoi Synnott Sasowski (NZE) 437pt
  8. Tess Coady (AUS) 403pt
  9. Brooke Voigt (CAN) 391pt
  10. Miyabi Onitsuka (JPN) 335pt

さらなる詳細順位は、以下のFISページのリンクを参考に。
https://www.fis-ski.com/DB/v2/quota/allocation/owg/sb/2022?gender=W&event=SS-BA&page=1