スノーボード初心者のためのブーツ選び(※初心者でない方も必見!)

スノーボードのブーツ選びは、スノーボーダーにとってどんなギア選びよりも大事なこと。

履き心地が良くて、コントロール性が高いブーツを持てば、一日中楽しいスノーボーディングができる。
しかし、つま先が痛かったり、思っている以上に足首が固くてうまくボードを操作ができなければ、スノーボードは楽しいものから不快なものになってしまうかも。だからこそ、ブーツ選びは大事だし、最初に選んでほしいギアだ。

様々な情報がある中で、どのような基準でどんなブーツを選べばいいのか?お悩みの初心者スノーボーダーさんもいることでしょう。
そこで、「日本一わかりやすいスノーボード・サイト」を目指しているDMKでは、初心者の方はもちろん、一般スノーボーダーの方でもわかりやすいように、ブーツの選び方をご紹介!

さらに、購入したばかりの新しいブーツを、初めて雪山で使った日から使い心地が良いように!
準備方法もお伝えしましょう。

ブーツの種類(BOAシステム、クイックレース、紐タイプ)

ブーツの種類は大きく分かて3つ。BOA(ボア)システム、クイックレース、紐タイプがあります。

元々スノーボードのブーツの種類は、紐タイプしかありませんでした。BOA(ボア)システム、クイックレースのタイプを選べるようになったのは、ここ10年間ぐらいのこと。

スノーボードのシューズは、ランニングシューズなどと違って、アウターが固めなので、紐を締めるのは力がいるし、結構手間に感じるかもしれません。
特に指の力が弱い女性や子供は、締めるのが苦手なことから、これまでにも男性や大人を手伝うという風景がありました。
しかし、近年そんなわざらわしいシステムを解消するために、生まれたがクイックレース、BOA(ボア)システムなのです。

BOAシステムのスノーボードブーツ

紐を締める代わりにタンの上部にあるダイヤルを回して簡単に締めたり、一瞬で緩くできるシステム。
スノーボードのブーツを履く場面は、温かい宿の玄関とは限らず、寒い雪山であることもあるから、脱着がスムースにできるシステムはありがたいですね。こうした優しいシステムが、女性のスノーボーダーに人気です。
まだスノーボードのブーツの脱着に慣れていない、初心者の方にもオススメです。

ダイヤル1つで締めたり、緩めたりすることができる画期的なシステム。


以前の多くのBOAシステムのブーツは、足の甲からスネにかけて1本のワイヤーで全体のサイズ調整をしていたので、細かい調整が難しいというデメリットがありました。
また、ダイヤルが壊れたり、ワイヤーが切れてしまうことがあって敬遠されることも。
しかし、最近のBOAは壊れにくく、そもそもクイックレースのタイプでも紐タイプでもレース&紐が切れたりするので、そのデメリット感はほぼ同じと言えます。
つまり、 BOAのブーツは脱着しやすくて便利という利点だけが特出することにもなり、近年さらに人気が高まっています。

クイックレース・タイプのスノーボードブーツ

クイックレース・タイプのスノーボードブーツは、BOAシステムよりは簡単ではないけど、紐タイプよりも早く締めることができるという特徴があります。
またこのタイプはまずインナーを締めるようなシステムがあり、次にアウターの甲部分、スネ部分を締めることができます。

インナー、甲、スネという3つの部分をお好みの締め具合で調整できるのが便利なところ。
例えば、スネ部分だけを緩めることで、足首をよりフレキシブルにすることもできます。

主なクイックレース・ブーツの締め方

クイックレースのブーツというものがどういうものか理解するために、ここでクイックレース・ブーツの締め方をご説明しましょう。
今回紹介するのは、スノーボード・ブランドでは大人気のバートンのブーツです。

まずはインナー部分を締めます。赤い留め具を下げるだけ。このシステムは、BOAのブーツでもよく採用されていて、インナーはこのクイックレース・タイプで。外側をBOAシステムで締めるブーツもよく見かけます。

次にアウターの甲部分を締めます。T型した部分を上げて、留めるだけ。
人によっては、次に紹介するスネ部分を先に締める方もいます。

そして最後にスネ(ブーツの上部)を締めるだけ。
簡単ですね!

紐タイプのスノーボードブーツ

往来の紐タイプのスノーボードブーツは、古くからスノーボーダーの愛されているタイプ。力の弱い女性は紐をしっかりと締めるのに一苦労するかもしれませんが、このシンプルな作りは壊れにくい安心感も与えます。

比較的に安いモデルのブーツで採用されることもあり、コストパフォーマンスにも適していると言えるでしょう。
ただし、最近は上級ブーツのモデルにあえて、紐タイプを採用していることもあり、必ずしも安くなるとは限りません。

ショップに行ってブーツを履いてみよう!

スノーボードのブーツには、どんな種類があるかわかりましたね。
それでは、実際にショップに行って、ブーツを履いてみましょう。

ブーツは、板やビンディングと違って、ショップでその使い心地を確認できるギアです。
いろいろなブーツを試さない手はありません。
最初に履いたブーツに満足せず、必ず他のブーツも試してみましょう。
最低3足は試すといいでしょう!

実際にブーツを履いてみる時は、できれば専用のスノーボード・ソックスを事前に購入して持って行きましょう。
もしくは、薄手のソックスでなく、ちょっと厚めのソックスを履いていきましょう。
ちなみにショップの多くは、スノーボード用のソックスを用意しているものです。

正しいサイズは自分の足サイズを正しく知ることから

実際に自分の足サイズを店員さんに伝える時、あなたは正しい自分の足サイズを伝えていますか?

自分の足サイズを知らないというのは、意外によくあるケースです。
ショップに行くと、足のサイズを測るものがあるので、チェックしてみましょう。

もしかしたら、自分の左右の足サイズが違う方もいるでしょう。そんな時は、大きい足のサイズを基準に選ぶといいでしょう。

●気を付ける点

サイズを測っていて気を付ける点は、自分の足のサイズはつま先からカカトの長さだけでなく、横幅もあるということです。
ショップで測るゲージには、上下の長さだけでなく、幅も測れるものもあるのでそちらも参考にしてみてください。例えば、実際の足のサイズは25センチでも、横幅の広さを考慮すると、26センチの場合もあるのです。
人の足の形はサイズ同様に、違うもの。

ブーツのサイズはぴったり?小さめ?大きめ?

ブーツのサイズはぴったりがいいのか?
いや、そうでなくちょっと小さめ!?
いやいや不快に感じないように大きめなのか?

このサイズ感はとても大事なことなので、ここでしっかりとお伝えしますね。
様々な考え方があるので、整理していきましょう!

小さめを選ぶという考え方

僕が住むカナダのウィスラーのスノーボード・ショップでは、かなり強く小さめをオススメする店員さんが多いです。
というのも、ブーツというのは、必ず買った時よりも広がるからです。
買った時のキツいプレッシャーは、使用している内に解消されるという考え方です。

これは実際には当たっています。
しかし、つま先が曲がるほど小さいブーツでは、不快で滑りに集中できなくなるでしょう。
実際、小さめのブーツを選んで苦労しているスノーボーダーは少なくありません。
「ああ、もっと大きめのブーツを選んでおけば良かった。」と後悔している方も、僕は何人も見て来ました。

大きめを選ぶという考え方

スノーボードは寒い雪山で行うもの。そんな時、キツキツなブーツでは不快でならない。多少ゆったりしていた方がいい。
ショップの店員さんには、そんな考えから「プラス0.5センチ論」を唱える方もいます。
例えば、普段26センチのブーツを選ぶ方なら、26.5センチのブーツを購入しましょう!と。

この考えも理解できます。
特にシーズン中に、10日間以内しか行かないような方なら、ブーツはなかなか広がらない。キツくて不快な思いをしないためにも、ちょっとゆとりがあるぐらいでいい!。

ぴったりのブーツを選ぶとどうなるのか?

それでは、実際にいつもぴったりのブーツを買うとどうなるのか?
身を持った体験をお伝えしましょう。

自分の足を測ると、つま先の部分で25.5センチです。
僕は、25.5センチのブーツを買います。

最初は固くてしょうがない。使い心地がやや悪く感じます。
でも、ヨレヨレになった古いブーツよりもエッジングのグリップ力を格段に上がった印象も受けます。よりスピードに対して強くなった気分にも安定感を感じます。

使い始めて4、5日経つと、だいぶ調子が良くなってきますね。そして使ってから10日~20日ぐらいが、最もフィット感が絶好調な印象を受けるようになります。
さらに使って、50日間以上も使えば、またヨレヨレに。また新しいブーツがほしくなります。

でも、実際には、シーズンで100日以上は上がるので、だいたい100日間ぐらいはもたせています。

シーズン初めは、昨年のブーツを最初の20日間で使用して、残り80日間を新しいブーツで対応。
そして、翌シーズン、古いブーツでさらに20日間ほど頑張ってもらって、合計100日ぐらい使用していることになります。

自分の足サイズよりも0.5センチ小さいブーツを使用する方→
最初の10日間ほどは、キツくて地獄かもしれません。でも、馴染んで来たらシビアな操作も可能に。カービング愛好家とかデモンストレーターのようなタイプの方は、ちょっとキツめのブーツをチャレンジしてみるといいかも。

自分の足サイズよりも0.5センチ大きいブーツを使用する方→
シーズン中、山に行くのは10日以内かな。それなら多少ゆとりがあっていいと思いますよ。だけど、あまり緩いブーツだとカカトが浮くような症状が気になる可能性があるので、できればちょうどか、それか多少大きめを。プラス0.5センチのゆったりめは初心者にオススメのサイジングです。

自分の足サイズぴったりのブーツを使用する方→
最初はちょっと我慢。でも、使っている内に馴染んで来るので安心してください。


(USサイズで7.5は、25.5cm。サイジング通り最初は、25.5cmのブーツを購入しますが、最初はキツく感じます。)

アジアンフィットとは?

スノーボードのブーツには、日本人の足形に合ったアジアンフィットを呼ばれるモデルがあります。
日本人は西洋人の足に比べて、足の幅が広いと言われています。そんな日本人に合わせたモデルがアジアンフィット。
だけど、最近の若い子は、西洋人のように細い幅の方が増えているので、本当にアジアンフィットが良いか、一概には言えません。
メーカーによっては、同じモデル名でもアジンフィットと、世界で売られているインターナショナル・フィットもあるケースがあるので、どちらが調子良いか両方試してみましょう!

(日本人の足は、西洋の人よりも幅広い傾向。それに合わせて作られたのがアジアン・フィットのブーツ。しかし、意外に西洋人用に作ったインターナショナルタイプの方が「合う」という方もいるので、両方試してみるといいだろう。)

初心者の方には柔らかめのブーツをオススメ!

初心者には、硬いブーツよりも柔らかのブーツをオススメします。
足首もよく曲がりやすい柔らかいブーツは、よりコントロールしやすく感じるでしょう。

また柔らかいブーツは、雪上でクルクル回るようなグラトリにも最適です。

硬いブーツの良いところは、エッジングのグリップ力は高く高速安定性を感じれること。

比較的、どこのブランドも高いブーツの方が固いブーツが多いです。

柔らかいブーツ:初心者、グラトリが好きな方に適している
硬いブーツ:高速でカービングするような上級者に適している

ブーツの価格の高い安いの基準

そもそもスノーボードのブーツって、どんなとことで値段が決まるのだろう?
高いブーツの良いところって何か?
知りたいですよね。

これは一概には言えませんが、安いから悪いブーツってことは決してありません。
むしろ安いブーツの方が、初心者に最適だったり、うまい方でも合っている場合があります。

先にブーツの種類が、BOA、クイックレース、靴ひもに分かれるということを伝えましたが、当然、靴ひもよりもBOAの方が価格が高い傾向が出ます。

またスノーボードのインナーで、へたり難い良いものだったりすると、高くなる傾向があります。
インナーが軽量でサポートが高いのも高品質。
さらにアウターの素材、インソールの素材の良し悪しなどで価格は変わって来ます。

誰でも知っているようなメーカー品だったりすると、その安心から値段は高くなる傾向になります。

当然、今季に発売されたブーツは高いし、昨年販売していて売れ残ったブーツは安い傾向にあります。その中には、本来高い価格の良いブーツもあり、そういったブーツはお買い得でしょう。
昨年の残りものは、サイズ・チョイス(選び)がないですが、もし自分のサイズが見つかったら当たりですね!

僕の個人的なアドバイスとしては、ブーツはともかく自分にとってベスト・チョイスを目指すということです。
あまり値段の高さ安さに左右されず、自分が本当に良いなあ、と思ったものを選ばれるといいと思います。
なぜなら、スノーボードのブーツは、どんなスノーボードのマテリアルの中でも最も重要だと思うからです。

ブーツが快適で、操作性に優れていたら、スノーボードはとても楽しい!
だけど、キツかったり、自分に足に合っていなかったり、操作性が悪ければ、楽しいハズのスノーボードがストレスになることにもなりかねない。
だからこそ、多少目をつむって、ちょっと高いなあと思うブーツでも購入されるといいでしょう。

新しいブーツの慣らし方

新しくブーツを買って、一度も事前に履かずに雪山に行くと、凄くキツく感じるものです。
だから、事前に履いておくことをオススメします。

良い方法は、ヒーターの前にブーツに置いておくこと。目安は20分以上。

温めたら、ブーツを履いてみましょう。
しっかりとブーツの紐を締めて10分間、立っておきましょう。
その間、歩いたり、屈伸運動するのもグッドです。

そうしたらだいぶ馴染んでいることになるでしょう。

僕は、新しいブーツを買ったら、ゲレンデに出る前に何度も履くようにして慣らしています。

ブーツを履いてスクワット運動をしたり。
ブーツを履いて、料理をしたり。

やはり、新しいブーツを履いて初日から気持ち良いスノーボーディングがしたいので。
ぜひお試しください!

飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴35シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWingでは、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、レッスンも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!
AmazonのKindleストアで最新書籍『スノーボード入門 スノーボード歴35年 1万2000人以上の初心者をレッスンしてきたカリスマ・イントラの最新SB技術書』絶賛販売中!!

電子書籍は、パソコンやスマートフォン・タブレットなどで閲覧できます!いつも自分が使っている端末をそのまま使うことができますので、ぜひみなさんご購入を検討されてみてください。