オーストリア16歳の新星が世界初!驚愕のバックサイド・クイントコーク2160を披露!!!

オーストリア出身の16歳の新星エリック・ドヴヤックが世界初となる驚愕のバックサイド・クイントコーク2160を披露!!!
「クイント」というのは、聞き慣れない言葉であるが、ようは「5」のこと。「ダブルコーク」や「トリプルコーク」は、よく聞くし、
近年、「クワッド」も聞かれるようになった。しかしまさかまさかのさらにその上を行く、クイントコーク2160を決めるなんて。

自身のインスタでアップして、『backsidequintcork2160』と伝えてくれるから、なんとかわかるけど、もはや異次元過ぎて付いて行くのが大変だ。でも見返すと、確かに5回転コークしていることがわかる。
エアバックのランディングとは言え、とんでもない事件だろう。

いよいよ北京オリンピックまで146日と迫った中、欧州にとんでもない化け物ライダーが登場したようだ。

エリックという新星は、他にもフロントサイド・トリプルコーク1800、スイッチバックサイド1620、バックサイド・クワッドコーク1800なども、自身のインスタで披露している。
正直ノーマークの選手だったけに、彼の出現は本当、驚きだ!

これまでの彼の成績も調べたが、一度もワールドカップには出場したことがなく、昨シーズンはドイツで開催されたヨーロピアンカップのビッグエアでも17位という成績に留まっている。まだ16歳という若さなので、この夏、まさに急成長したようだ。