二刀流の平野歩夢スケートボード世界選手権パーク種目で予選敗退

広告

先月末、コロラドのアスペンの氷点下の中、X Gamesに挑み6位の成績を残した平野歩夢は、パリ五輪の選考も兼ねた気温20度以上にもなる暑いUAEで行われたスケートボード世界選手権のパーク種目に出場!

8組目に登場した平野は、1本目でスピードにのって高さのある滑りを披露したが、キックフリップインディーに挑んだものの着地後に乱れて転倒。2本目でも圧倒的なエアの高さで観客を魅了したが、技を決めることができず。残念ながら、予選92位で準々決勝に進むことができなかった。
パリ五輪まで、およそ1年と5カ月あるが、果たして今後の歩夢の進路は!?二刀流継続するかに注目される。

この後の平野の予定は、14日後の2月24日からコロラドのカッパーマウンテンで行われるスノーボードのプロ戦、DEW TOURに出場する予定だ。
DEW TOURのカッパー大会と言えば、2021年に平野が初めてトリプルコーク1440をメイクした伝説の地。また新たな革命的なランを期待したい。

広告

●関連記事
平野歩夢の復帰戦!X GAMESスーパーパイプは6位… 優勝はスコッティ・ジェームス
https://dmksnowboard.com/monster-energy-mens-snowboard-superpipe/

広告