平野歩夢が遂に出撃!W杯のためスイス、アメリカ、カナダへ

広告

SAJ(全日本スキー連盟)によると、第5次スノーボード(ハーフパイプ)遠征が発表され、平野歩夢も追加招集。
遂に今季、初のW杯に向けて、スイス、アメリカ、カナダへ出撃することになった。
歩夢は、初戦のアメリカのコロラド州で行われたワールドカップは出場しておらず、これが自身の今季、初戦となる。

派遣期間は、2023年1月9日(月)~2月13日(月)
となり、その間、ラークス(スイス)、マンモスマウンテン(アメリカ)、カルガリー(カナダ)でワールドカップ参戦となるようだ。

その他、派遣選手には、平野 流佳、戸塚 優斗、平野 海祝、片山 來夢、重野 秀一郎、山田 琉聖、金子 恵汰となっている。
男子ハーフパイプ陣は、2026年ミラノ・コルティナ オリンピックを見据えて総勢8名となった。
W杯初戦で3位に入った歩夢の弟、海祝との共演も楽しみ!

広告

一方、女子で選ばれたのは、冨田るきと小野 光希となっている。

広告